映画「反逆のメロディー」


原田芳雄                                               地井武男、藤竜也

今回は澤田幸弘監督1970年製作「反逆のメロディー」をピックアップする。
本作は、原田芳雄さんの映画デビュー作であり、ヤクザ映画の定石を覆した新しいアウトロー像を作り上げ、時代の息吹を感じる作品である。


梶芽衣子                         富士真奈美

【ストリー】
淡野組が解散した翌日、哲(原田芳雄)は新興都市K市にいた。昔、K市は立花組が仕切っており、哲は立花(梅野泰靖)の腹違いの弟だった。組が解散したのでK市へやって来たのだった。組長は刑務所に入っており、立花組は矢東会から乗り込んできた武沢(曽根晴美)、ドス建(永山一夫)、宮坂の三人に押えられていた。哲は偶然、出会ったゲバ作(佐藤蛾次郎)と共に、矢東会に挑戦しはじめた。さらに立花組の再建に取り組んだ哲は、若い者を引き連れて暴れ廻った。そんなある日、淡野大次郎(須賀不二男)が関東の暴力組織を解散させるために、K市へやって来た。哲は空港に出迎えた。淡野の口添えで関東の暴力団が続々解散を表明したが、実はK市の新興都市に建設会社、観光会社、運送会社などの名称で流れ込んでいたのだった。淡野は哲にK市の建設会社には手を出すなと忠告した。折も折、立花が仮釈放で出所した。立花への義理から哲は組を出ようとしたが、ゲバ作等が建設会社に殴り込みをかけ、リンチを受けて殺されたと聞く。この事から、淡野と敵対するハメになり、仕返しに建設会社の仕事現場を破壊した。淡野は今度の事件をきっかけに立花組を警察に頼んで合法的に壊滅させようとした。たちまち立花組に警察が乗り込み、組員たちには手錠がかけられた。その間に立花は何者かによって刺し殺されていた。数カ月後、工場完成で賑わう祝賀会会場に、哲は以前から淡野をつけ狙っていた滝川(藤竜也)と共に殴り込んでいった。


原田芳雄、佐藤蛾次郎                青木義朗、曽根晴美

題名:反逆のメロディー
監督:澤田幸弘
企画:水の江滝子
脚本:佐治乾、蘇武道夫
撮影:山崎善弘
照明:高島正博
録音:神保小四郎
美術:千葉和彦
編集:井上治
音楽:玉木宏樹
現像:東洋現像所
製作担当:長谷川朝次郎
助監督:伊地智啓
色彩計測:畠中照夫
スチール:土屋豊
出演:原田芳雄、地井武男、藤竜也、梶芽衣子、富士真奈美、佐藤蛾次郎、深江章喜、青木義朗、須賀不二男、曽根晴美、梅野泰靖、沖雅也、永山一夫
1970年日本・日活/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
反逆のメロディー -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤竜也、原田芳雄、地井武男、梶芽衣子        藤竜也、原田芳雄

映画「玄海つれづれ節」

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
吉永小百合                        八代亜紀

今回は出目昌伸監督1985年製作「玄海つれづれ節」をピックアップする。
1986年1月に全国公開された本作は、北九州市若松区を舞台に夫に蒸発された女性が仲間に助けられながら自立していく姿を描いたものだ。内容的には、豪華俳優陣の顔ぶれなのだが、整合性が薄いプロットと展開が冗長なのが面白味をなくしている。
吉永小百合さんのトルコ嬢のシーンは、無理失理入れた感じでサマになってない。小百合様にトルコ嬢役をさせてはいけないのである。一方、八代亜紀さんは軽い濡れ場をこなしながら存在感を醸し出していた。これは大物歌手としての貫禄から出たものであろう。

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
風間杜夫                      吉永小百合、樹木希林

【ストリー】
横浜、山岡家の女主人ゆき(吉永小百合)は、旅行鞄一つで邸から追い出されようとしていた。外国商品を扱う商社の三代目社長である夫・駿介(岡田裕介)が事業に失敗。数億円の負債を残して蒸発してしまったのだ。ゆきの前に、ケースワーカーが駿介が外で産ませた子・マサル(岩渕健)を連れて来た。母親が急性の心臓病で亡くなり、駿介を頼って来たという。また、借金取り立て人、緑川月代(八代亜紀)がゆきに近づいてきた。月代の言葉で駿介が九州に行ったことを知ったゆきは、マサルと共に向かった。彼女は生まれ故郷の北九州市若松区バタバタ横丁(神田のれん街)を訪れ、ハナエ(樹木希林)の家に身をよせることになった。テキヤのおもちゃ職人で同級生の竹田一平(風間杜夫)は、未だにゆきを慕い続けており、駿介探しを手伝うことになる。ある日、ゆきの前にサラ金の取り立て人が現われ、彼女をソープランドに売りとばしてしまう。だが、竹田の助けを借りて逃亡に成功。マサルの預金通帳を見つけたゆきは、それで借金の一部を返済した。ゆきの耳に、近くの銀映館という映画館の話が入ってくる。士地の顔役、松藤(三船敏郎)が、古い建物を壊し近代的なスーパーマーケットを建てるために、子会社のサラ金を使って立ち退き工作をやっているが、往年の夢をもう一度と願う銀映館の経営者、南條京太郎(伏見扇太郎)が応じないというのだ。ゆきは月代を映画プロデューサーに仕立て上げ、念願の時代劇を製作するということで南條から銀映館の権利書をだまし取る。そして、その権利書を持って松藤のもとに向かう。そのことを知った竹田は激怒。半分やけっぱちで月代と同棲を始める。そんな時、ゆきは夫の駿介と出会う。駿介は借金で蒸発したのではなく、人に頼られて働きバチのように働くことに嫌気がさして、逃げ出したのだと告白した。そして、今は福岡の大峯病院の理事長である俊江(草笛光子)の庇護を受けているという。ショックを受けたゆきが得たものは、バタバタ横丁の人々の人情と、竹田と月代の友情であった。ゆきは松藤と南條に全てを打ち明け、銀映館の権利書は無事、南條のもとへ戻った。しかし、映画づくりに夢破れた南條は、町の人々に映画の前売券を買ってもらい、一日だけの満員の映画館でかつて自分が主演した時代劇を上映する。翌日、南條は銀映館の土地を大峯に売り渡し、姿を消した。ゆきは大峯俊江に会いに行く。俊江は駿介と正式に離婚することと、マサルを引き渡すことを条件に土地の権利書を渡すという。マサルと別れることはつらかったが、ゆきは離婚届けに判を押した。土地は暫く何もしないという約束で、松藤のものとなった。だが、翌日から工事が始まる。騙されたと知ったゆきは、松藤に掛け合うが出張とかで会わせてもらえない。ゆきを心配した竹田は、松藤のしきる賭場へ乗り込むが、八百長がばれ、腕を切られるか、家の権利書を渡すかと迫られる。月代と共に駆けつけたゆきは、自分の体を張って、バタバタ横丁を守った。

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
三船敏郎                        岡田裕介 

題名:玄海つれづれ節
監督:出目昌伸
企画:岡田裕介、坂上順、和田徹
原作:吉田兼好「徒然草 第38段」
脚本:笠原和夫、下飯坂菊馬、兵頭剛(岡田裕介)
撮影:飯村雅彦
照明:川崎保之丞
記録:久保田民子
録音:林鉱一
音効:原尚
美術:中村州志
装置:開米慶四郎
装飾:若松孝市
背景:植田義明
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣裳:福崎精吾
擬斗:清水照夫
振付:一の宮はじめ
編集:西東清明
音楽:星勝 主題曲:マーク・ゴールデンバーグ
現像:東映化学
進行主任:高井義典
助監督:吉崎元、長谷川計二
演技事務:宮下博
製作事務:山田光男
音楽事務:新井明美
方言指導:竜まさと
九州ロケコーディネーター:前田秀一郎
製作協力:柳弥寿子 衣装協力:加藤悦子、宇野喜子
ヘアーデザイン:佐藤満
スチール:渋谷典子
出演:吉永小百合、八代亜紀、風間杜夫、樹木希林、草笛光子、三船敏郎、伏見扇太郎、今福将雄、野村昭子、山谷初男、深江章喜、山田吾一、南利明、岡本信人、仲谷昇、木内みどり、岡田裕介、岩渕健
1985年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー135分35mmフィルム
玄海つれづれ節 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
草笛光子                        木内みどり
玄海つれづれ節
「玄海つれづれ節」風間杜夫、吉永小百合
玄海つれづれ節玄海つれづれ節
八代亜紀、風間杜夫                   八代亜紀、風間杜夫
玄海つれづれ節玄海つれづれ節
玄海つれづれ節                   若戸大橋

映画「やくざと抗争 実録安藤組」


安藤昇                        藤浩子

今回は佐藤純彌監督1973年製作「やくざと抗争 実録安藤組」をピックアップする。
前作「やくざと抗争」が予期せぬヒットを記録し、岡田茂東映社長が続編の製作を命じ「やくざと抗争 実録安藤組」というタイトルを付けた。安藤昇氏の原作・主演の第二弾であるが、「安藤組」が結成されるまでの自伝映画は、本作が初めてで、いわゆる“実録安藤組”シリーズの第一作であった。以降、東映は”実録”作品を量産することになる。


安藤昇、佐藤蛾次郎、安岡力也           室田日出男、内田朝雄

【ストリー】
昭和24年、渋谷。制帽をあみだにかぶり、学生服をラフにひっかけた大学生・矢頭(安藤昇)をリーダーとするチンピラたちと、愚連隊・ドス健(山本麟一)、橋場組は顔を合わせると喧嘩の毎日だった。そしてある日、矢頭はドス健に顔面深く斬り裂かれる。傷の痛みをこらえて歩き廻っていた矢頭は、幼な馴染みの早苗(藤浩子)と会い、看護を受ける。傷の癒えた矢頭は、橋場の兄弟分でもある児島(丹波哲郎)の仲裁を無視して、ドス健を襲い、仲間の三吉(佐藤蛾次郎)がドス健を殺してしまった。児島の助力も得て勢いづいた矢頭は次第に仲間を増し、橋場組の縄張りを侵略していき、ついに、橋場(諸角啓二郎)を殺し、縄張りを手中に収めた。そんな矢頭に関東桜会の榊原(内田朝雄)と大幹部・蓮見(渡辺文雄)が接近してきた。榊原は渋谷に進出するために、実子の勇吉(郷鍈治)を矢頭の兄弟分にしようと企だてたのである。それと知った矢頭は、地元の十文字一家と関東桜会を鉢合せさせようと画策する。まず、勇吉を痛めつけ、その身柄を十文字一家へ持ち込んだ。そして一方では関東桜会へ通報したのである。やがて矢頭にたぶらかされた大文字一家は関東桜会へ殴り込みをかけ、全滅してしまった。やがて、児島が現われ、矢頭に桜会との手打ちの話を持ってきた。その条件とは渋谷の縄張りを矢頭たちが仕切るというのである。ここに渋谷矢頭「安藤組」が結成されたのであった。


丹波哲郎                    安岡力也、江守徹、小林稔侍

題名:やくざと抗争 実録安藤組
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
原作:安藤昇
脚本:石松愛弘
撮影:仲沢半次郎
照明:川崎保之丞
録音:内田陽造
美術:中村修一郎
装置:石井正男
装飾:住吉久食蔵
美容:花沢久子
衣裳:内山三七子
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:長沢嘉樹
音楽:日暮雅信 主題歌:安藤昇「血と命」「明日はない」
現像:東映化学
進行主任:入葉一男
助監督:深町秀煕
演技事務:石川通生
スチール:加藤光男
出演:安藤昇、藤浩子、丹波哲郎、佐藤蛾次郎、郷鍈治、安岡力也、深江章喜、内田朝雄、江守徹、山本麟一、諸角啓二郎、渡辺文雄、松井康子、今井健二、室田日出男、小林稔侍、八名信夫、小林千枝、相馬剛三
1973年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
やくざと抗争 実録安藤組 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


やくざと抗争 実録安藤組

1 2 3