映画「極道VSまむし」

極道VSまむし極道VSまむし
若山富三郎                      川地民夫、菅原文太

今回は中島貞夫監督1974年製作「極道VSまむし」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が作られたが、本作は、”まむしの兄弟シリース”第8作、”極道シリーズ”全11作中第10作のコラボ作品になっている。苦肉の策としての企画だった様だが、二つの東映看板キャラクターを美貌の西宮恭子(瞳順子)に一目惚れするというモチーフだけで、展開するのは無理がある様に思う。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。

極道VSまむし極道VSまむし
若山富三郎、瞳順子                若山富三郎、志賀勝

【ストリー】
前科9犯、島村組々長の島村清吉(若山富三郎)は、獄中にて組の解散を宣言、5年の刑期を終えて出所した。清吉は電車の中でスリにあった美貌の女性、西宮恭子(瞳順子)に一目惚れ。スリ団の一人を捕えた清吉は、その男がかつての自分の子分・カメこと林亀五郎(志賀勝)と知って呆然とする。女房のみね子(清川虹子)が経営するホルモン焼屋に居侯を決めこんだ清吉は、四散した子分たちの消息が気になり、神戸栄町で運送会社を営む元幹部の高村角三(成瀬正孝)を訪ねるが、角三は急死していた。角三の死に不審を抱いた清吉は、角三が出入りしていた北斗海運が組織暴力団、北斗会の系列に属する事から北斗海運に出向くが、会長の重光(遠藤太津朗)、顔見知りの坂垣組長(小松方正)らに堅気呼ばわりされ追い返されてしまう。神戸に腰を据えた清吉は、愚連隊の才八(川谷拓三)、サブ(町田政則)らを使って北斗会の縄張り荒らしを始め、角三の家を改造して“大日本ホルモン焼KK・神戸支店”の看板をかかげた。一方、41回目の出所をしたまむしのゴロ政(菅原文太)と不死身の勝(川地民夫)は無一文で古巣の新開地へ舞戻って来た。政は昼間出逢った養護施設、日の丸学園の美しい保母、恭子の事が脳裏にこびりつき離れない。偶然にも清吉の店で無銭飲食を決めこんだ政と勝は、清吉と一戦交えるが勝負は互格、いつしか両者は意気投合した。数日後、店の金を持ち出したサブをはじめ、勇、才八をこらしめようとした清吉だったが、恭子が現われ、サブたちが半年前に焼けた、日の丸学園の再建資金のために盗みを働いている事を聞かされて、清吉も協力を申し出た。だが、恭子が角三の許婚者だったと知って清吉はガックリ。やがて、北斗会が日の丸学園に、立ち退きをするか、2,000万円を払うか、と要求して来た。清吉は北斗会が覚醒剤を扱っていたため、それで北斗会を恐喝した。一方、政と勝は北斗会から清吉殺しを2,000万円で引き受けた。清吉とまむしの兄弟の凄まじい死闘……が、勝は傷つき、政もあっさり負けを認めた。政は名誉挽回とばかり、北斗海運の密輸品の横取りを計画するが失敗する。清吉は恭子から、角三が元やくざだった事から、北斗会に無理矢理麻薬の運送を強いられていたことを知らされた。やがて、恭子が北斗会の子分に殺された……。それぞれの怒りと復讐を胸に、清吉、政、勝は北斗会本部へと殴り込んだ……。

極道VSまむし極道VSまむし
石山律雄、若山富三郎、桜木健一、瞳順子          小松方正
極道VSまむし極道VSまむし
清川虹子                           川谷拓三

題名:極道VSまむし
監督:中島貞夫
企画:橋本慶一、松平乗道
脚本:松本功、山本英明、中島貞夫
撮影:鷲尾元也
照明:中山治雄
録音:野津裕男
美術:富田治郎
装置:米沢勝
装飾:松原邦四郎
背景:宮内省吾
美粧・結髪:東和美粧
衣装:杉本俊和
擬斗:三好郁夫
記録:森村幸子
編集:神田忠男
音楽:広瀬健次郎
進行主任:上田正直
演技事務:伊駒実麿
助監督:依田智臣
協力:A級京都・ミュージック劇場
スチール:諸角義雄
出演:若山富三郎、菅原文太、川地民夫、瞳順子、桜木健一、清川虹子、志賀勝、遠藤太津郎、戸浦六宏、睦五郎、小松方正、三島ゆり子、女屋実和子、石山律雄、初音礼子、川谷拓三、成瀬正孝、遠藤太津朗、町田政則
1974年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
極道VSまむし -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

極道VSまむし極道VSまむし
三島ゆり子、菅原文太、川地民夫、女屋実和子    若山富三郎、志賀勝、石山律雄

映画「悪名波止場」

悪名波止場悪名波止場
勝新太郎                      藤原礼子、田宮二郎

今回は森一生監督1963年製作「悪名波止場」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第7作になる。
前作「悪名市場」のラスト・シーンから始まる本作は、広島の瀬戸内海沿岸を舞台に、朝吉と清次は四国からの帰りの船中、清次そっくりな男・三郎(藤田まこと)に出会った。目の前でイカサマ賭博をはじめた三郎に清次は激怒。「かわいそうな妹のためや」と泣いて謝る三郎に、朝吉はつい侠気を出し、物語が展開する。 歌手の青山ミチさん、水原弘さんが出演している。
悪名シリーズは第1作「悪名」と2作「続・悪名」が戦前編、3作「新・悪名」と4作「続・新悪名」からは戦後編になっている。

悪名シリーズ

悪名波止場悪名波止場
滝瑛子                       水原弘、紺野ユカ
悪名波止場悪名波止場
藤田まこと、田宮二郎、勝新太郎          ミス・ワカサ、清川虹子、弓恵子

【ストリー】
おなじみ朝吉(勝新太郎)・清次(田宮二郎)の二人は四国からの帰りの船中で清次と名乗る三郎(藤田まこと)にであった。怒る清次の前で、これも妹のためと謝る三郎に、朝吉は力になってやることにした。三郎に連れていかれた薄汚い小屋には、悦子(滝瑛子)という女と三郎の妹おとし(紺野ユカ)がいた。おとしは麻薬中毒の症状を呈していた。三郎は鬼瓦(吉田義夫)の乾分であるが、朝吉を案内したまま鬼瓦組の金をもってドロンしてしまった。おとしの体からその金を払わせようとする鬼瓦に、朝吉と清次は出迎えのお照(藤原礼子)を金策に大阪へやり、その間人質として鬼瓦の経営する三ツ鯛運輸で働くことになった。鬼瓦たちは、副業として麻薬の密売をやっており、入手先は、おなご舟から手に入れていた。しかし、朝吉、清次たちを知ったおとしが先頭になって、おなご舟の連中は麻薬運びを拒否した。怒つた鬼瓦は、おとしのヒモ、仙太郎(水原弘)を使ってみせしめのためにおとしを殺させた。一部始終をみた悦子はこの仲間から足を洗おうとするが、その機会は仲々なかった。抜けめのない清次は、託児所から渡血少女マリ(ジニー・マリッチ)をおとしの娘として、チャッカリ慰謝料をまきあげてしまった。マリは悦子の実子であったため悦子は半狂乱になって怒った。その半狂乱の状態から、悦子がおとし殺しの実状を知っているらしいと狙らんだ鬼瓦は、マリを罠に悦子を殺害しようとした。九死に一生を得た悦子はすべてを朝吉に告げた。八尾の朝吉として、朝吉の立つ時がついにやってきた。朝吉、清次の後には、おなご舟の連中も立った。呆然とする鬼瓦一味は、正の鉄拳の前に次々とのされていくのだった。

悪名波止場悪名波止場
青山ミチ、田宮二郎                  悪名波止場

題名:悪名波止場
監督:森一生
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:本多省三
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:城修
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
現像:東洋現像所
製作主任:大菅実
助監督:大洲斉
音楽:斎藤一郎 挿入歌:青山ミチ「淋しいときには」「ひとりぼっちで思うこと 」
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、田宮二郎、滝瑛子、水原弘、藤原礼子、藤田まこと、紺野ユカ、弓恵子、青山ミチ、清川虹子、吉田義夫、伊達三郎、毛利郁子、真城千都世、杉狂児、島ひろし、ミス・ワカサ、ジニー・マリッチ
1963年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
悪名波止場 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名波止場悪名波止場
勝新太郎、田宮二郎                ジニー・マリッチ、滝瑛子
悪名波止場

映画「監獄人別帳」


「監獄人別帳」渡瀬恒彦、大辻伺郎

渡瀬恒彦                        伊吹吾郎

今回は石井輝男監督1970年製作「監獄人別帳」をピックアップする。
殺し屋人別帳」に続く人別帳シリーズ第2弾(最終)の本作は、過酷な豪雪の北海道を舞台にした脱獄劇である。
内容の途中からは「網走番外地 望郷篇」とほぼ同じ展開になっている。


大辻伺郎、渡瀬恒彦                   佐藤允

内田良平                       上田吉二郎、大泉滉

【ストリー】
酷寒の網走刑務所。その中には傷害罪の橘真一(渡瀬恒彦)。悪徳警察署長・岩倉(沢彰謙)に殺された父親の復讐に失敗した殺人未遂罪の吉岡誠吉(佐藤允)。そのほか、無期徴役刑の阿久田老人(嵐寛寿郎)、殺人犯モンマルトルの鉄(伊吹吾郎)、夜這いの松こと浅吉(大辻伺郎)、牢名主の異名をとる放火ダルマの剛造(上田吉二郎)ら、様々な囚人の顔があった。温情な典獄長・月形(内田良平)は別として、所長の緒方(千葉敏郎)と典獄たちは囚人たちを虫けら同然に虐待し脱獄者は皆無だった。そんなある日、誠吉の弟秀(尾藤イサオ)と妹珠枝(賀川雪絵)が、送られてきた。真一は吉岡兄妹が仇と狙う岩倉が道庁の警視総監として赴任してきたことを知り、脱獄のチャンスをうかがった。やがて、好機到来。この脱獄に参加したのは吉岡三兄妹と真一、鉄、浅吉の6人。脱獄のベテラン鉄をリーダーに吹雪の中に出た一行だが、浅吉の密告で脱獄は失敗、そして二人ずつ手錠をかけられた。だが、この危機を救ってくれたのは阿久田老人だった。左足に銃弾をうけた鉄は自分の左腕を自ら切断、秀を単身逃がした。一方、真一と誠吉は一度は改心した浅吉の犠牲で危機を脱するが、執拗に迫りくる追手に万事休す。だが、片手の鉄の出現で再び窮地を脱するのだった。こうして脱獄に成功した誠吉と珠枝は目ざす岩倉の屋敷にのり込むが、多勢に無勢。しかし、吉岡兄妹の安否を気づかってやってきた真一と鉄の協力で形勢は逆転、岩倉邸は修羅場と化した。やがて鉄は口笛を残して死んでいった。逃げまどう岩倉を追いつめた真一は、誠吉に無事仇を、とらせてやった。そして、吹雪が冷く舞う中を刑務所へもどってゆく真一の姿があった。


清川虹子                        嵐寛寿郎

尾藤イサオ                                                           沢彰謙

題名:監獄人別帳
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、掛札昌裕
撮影:古谷伸
照明:中山治雄
録音:中山茂二
美術:石原昭
装置:米沢勝
装飾:山田久司
美粧:田中利男
結髪:横田美佳代
衣裳:松本俊和
擬斗:三好郁夫
振付:藤間勘具次
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:鏑木創 主題歌:渡瀬恒彦「監獄ブルース」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:上田正道
監督補佐:荒井美三雄
助監督:依田智臣
スチール:中山健司
出演:渡瀬恒彦、伊吹吾郎、佐藤允、大辻伺郎、賀川雪絵、清川虹子、内田良平、尾藤イサオ、荒木一郎、嵐寛寿郎、沢彰謙、上田吉二郎、大泉滉、葵三津子、片山由美子、相川圭子、千葉敏郎
1970年日本・東映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
監獄人別帳 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


監獄人別帳

1 2 3 6