映画「花と嵐とギャング」


「花と嵐とギャング」高倉健

高倉健                         鶴田浩二

今回は石井輝男監督1961年製作「花と嵐とギャング」をピックアップする。
本作は、1961年に新東宝が倒産した事で東映に移籍した石井輝男監督の第一作になる。新東宝で「女王蜂の怒り」「女王蜂と大学の竜」などの”女王蜂シリーズ”や「黒線地帯」「黄線地帯」「セクシー地帯」などの”地帯(ライン)シリーズ”などで磨き上げたキレのいい演出が継承されている。


「花と嵐とギャング」小宮光江

小宮光江                         新井茂子、清川虹子、小川守 

【ストリー】
母親をはじめ子供達全部が悪の世界で暮らしている悪党一家があった。母親まさ(清川虹子)は安宿を経営しているが、裏では凄腕の女傑で通っている。長男は香港ジョー(鶴田浩二)の異名をとる国際的大物。長女佐和(小宮光江)は女ながらも前科者、それにスマイリー健(高倉健)という河北組の兄貴株で刑務所帰りを亭主にしているこれまた大変な女。次男正夫(小川守)でさえ一ぱしやくざを気取っている。河北組のツンパの山藤(沖竜次)は、健を蹴落そうと銀行ギャングを計画、その指揮を健に指名した。健は厭がる正夫と、犬猿の仲の殺し屋、楽隊(江原真二郎)とウィスパー(曽根晴美)、それに権爺(打越正八)を加えて綿密な作戦をたてた。銀行ギャングは見事成功するが、そのドサクサにまぎれてウイスパーは、楽隊を撃って逃走した。楽隊は警察病院に収容され一命をとりとめるが、ウイスパーを狙って病院を脱走した。紙弊ナンバーが知られた札とあって、山藤は、略奪金をドルと交換に出かけるが香港ジョーに奪われてしまった。その頃、河北組組長(佐々木孝丸)の暗殺命令を正夫が拒否したため、佐和は正夫がもどってくるための人質となった。正夫は恋人の圭子(新井茂子)とある牧場に隠れていた。それを知った河北組は、山藤、ウイスパーが健を監視して牧場に乗りこんだ。牧場には正夫の身を案じた香港ジョーが、一足先に潜入していたが、佐和の身を思う健はジョーにまで拳銃を向けた。組長の秘密命令を持つウイスパーは、ジョー、正夫もろともに健まで葬り去ろうとした一瞬、突如、楽隊が出現、ウイスパーは倒された。そのすきをみて三兄弟は協力して射ちまくった。三人三様の見事なガンさばきは、山藤達を圧倒、断崖に追いつめられた山藤は、ジョーから取り返した略奪金を手にしたまま谷底に滑り落ちていった。


江原慎二郎                      曽根晴美、小宮光江

題名:花と嵐とギャング
監督:石井輝男
企画:斎藤安代、吉田達
原作:藤原審爾「花と嵐とギャング」
脚本:佐治乾
撮影:星島一郎
照明:原田政重
録音:小松忠之
美術:近藤照男
編集:鈴木寛
音楽:三保敬太郎
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学(ノンクレジット)
進行主任:白浜汎城
助監督:鷹森立一
スチール:山守勇
出演:高倉健、鶴田浩二、江原慎二郎、曽根晴美、小宮光江、新井茂子、小川守、佐々木孝丸、清川虹子、山本麟一、沖竜次、八代万智子、八名信夫、打越正八、鈴木志郎、潮健児、愛川かおる
1961年日本・ニュー東映(東京撮影所)/シネスコサイズ・モノクロ83分35mmフィルム
花と嵐とギャング -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


小宮光江                        高倉健

映画「喜劇 女は度胸」


「喜劇 女は度胸」倍賞美津子、河原崎建三

倍賞美津子                       河原崎建三

今回は森崎東監督1969年製作「喜劇 女は度胸」をピックアップする。
本作は森崎東監督のデビュー作であり、倍賞美津子さんの第一回主演作品になる。次の監督作品は、翌年に渥美清さん主演の人気シリーズ第2作「男はつらいよ・フーテンの寅」になる。世界観がまるで違う両作品だが、家族に対するシリアスなモチーフは、喜劇を前置きする必要はないと思った。

【追記・訃報】
「喜劇・女は度胸」「時代屋の女房」など庶民の反骨精神を明るく描いてきた映画監督の森崎東(もりさき・あずま)さんが2020年7月16日死去した。92歳だった。1956年に松竹入社。野村芳太郎や山田洋次の助監督に付き、69年、「男はつらいよ」第1作の脚本を山田とともに執筆する。初監督は同年、山田の原案になる泥臭い人情ドラマ「喜劇・女は度胸」。翌年には「男はつらいよ フーテンの寅」を監督するが、過激な描写が寅さんの雰囲気に合わないとして、シリーズからはずされる。その後、「喜劇・女は男のふるさとヨ」「喜劇・女生きてます」など人情豊かな喜劇を監督。「喜劇ではなく怒劇」と自ら称するように、社会から虐げられている庶民の怒りを代弁する作品を生涯撮り続けた。75年フリーになり、「黒木太郎の愛と冒険」を発表するも不遇が続く。83年に古巣松竹で撮った夏目雅子主演の「時代屋の女房」がヒット。85年の「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」も話題を集めた。04年の「ニワトリはハダシだ」で芸術選奨文部科学大臣賞。認知症の母親の介護を明るくつづった13年公開の「ペコロスの母に会いに行く」が、キネマ旬報ベスト・テンの1位に選ばれた。これが最後の作品になった。
2020.7/17(金)12:00配信 朝日新聞デジタル


渥美清、花沢徳衛                          清川虹子

【ストリー】
桃山学(河原崎建三)は自動車修理工で、夜間大学の受験勉強に励んでいる。というのも、父泰三(花沢徳衛)は怠け者だし、母ツネ(清川虹子)は働く以外は生きる術を知らないし、ダンプカーの運転手をやっている兄勉吉(渥美清)は衝動的な若さを爆発させる動物のように思えたからだった。学はこんな人間の集った桃山家を「家庭」だとは思わなかった。彼は白い柵に囲まれた小さな芝生の庭のある「家庭」を夢みている。そんな学が恋をした。彼女の名前は白川愛子(倍賞美津子)、学は愛子にゲーテの詩集を贈り、二人で別の世界を築いてゆこうと心に決めた。そんなある日、勉吉が見覚えのある詩集を持って帰って来た。勉吉は酒くさい息で「あんないい子がコールガールやってんのかな……」と囁いた。学の疑惑に苦しめられる毎日が始まった。学は連れ込み旅館で問題の女に逢った。その子は愛子ではなかったが、友達からあの本を借りたという。学はホッとしたものの、恋人の仲間にこんな女がいるかと思うと気が狂わんばかりだった。学の苦しみを見て泰三は愛子の友人笑子(沖山秀子)に会った。この一件より勉吉は泰三と大喧嘩し、学も笑子とつき合っている愛子と絶交してしまった。それからというもの、泰三も勉吉も学でさえも寝るため以外には家に戻らなくなった。そんなある日、愛子と笑子が訪ねて来た。愛子は学と、笑子は勉吉とよりを戻しにやって来たのだ。二人を迎え入れたツネは、いつになく優しく「うちの倅と結婚してくれないかね……」と頼むのだった。


沖山秀子                    花沢徳衛、渥美清、久里千春、清川虹子

題名:喜劇 女は度胸
監督:森崎東
製作:上村力
原案:山田洋次
脚本:大西信行、森崎東
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:田中俊夫
調音:松本隆司
美術:熊井正雄
装置:関根安重
編集:浦岡敬一
音楽:山本直純 主題歌:倍賞美津子「恋の芽ばえ」
現像:東洋現像所
製作主任:馬道昭三
監督助手:大嶺俊順
進行:池田義徳
スチール:長谷川宗平
出演:倍賞美津子、河原崎建三、清川虹子、渥美清、沖山秀子、花沢徳衛、有島一郎(東宝・特出)、佐藤蛾次郎、春川ますみ、久里千春、中川香奈、大橋壮多
1969年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
喜劇・女は度胸 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「喜劇 女は度胸」河原崎建三、倍賞美津子

清川虹子、花沢徳衛                     倍賞美津子、河原崎建三

京浜急行電鉄デハ230形 (空港線)

映画「極道VSまむし」

極道VSまむし極道VSまむし
若山富三郎                      川地民夫、菅原文太

今回は中島貞夫監督1974年製作「極道VSまむし」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が作られたが、本作は、”まむしの兄弟シリース”第8作、”極道シリーズ”全11作中第10作のコラボ作品になっている。苦肉の策としての企画だった様だが、二つの東映看板キャラクターを美貌の西宮恭子(瞳順子)に一目惚れするというモチーフだけで、展開するのは無理がある様に思う。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫

極道VSまむし極道VSまむし
若山富三郎、瞳順子                若山富三郎、志賀勝

【追記・訃報】
志賀勝さん(しが・まさる=俳優、本名亀山勝彦<かめやま・かつひこ>)が2020年4月3日、拡張型心筋症で死去、78歳。通夜は6日午後7時、葬儀は7日午前10時から京都市右京区西院東貝川町46の3のセレマ天神川ホールで。喪主は長男亀山大(だい)さん。映画「仁義なき戦い」シリーズなどに出演。東映大部屋俳優たちで結成した「ピラニア軍団」の一員として活躍した。
朝日新聞デジタル 2020年4月4日 23時01分

【ストリー】
前科9犯、島村組々長の島村清吉(若山富三郎)は、獄中にて組の解散を宣言、5年の刑期を終えて出所した。清吉は電車の中でスリにあった美貌の女性、西宮恭子(瞳順子)に一目惚れ。スリ団の一人を捕えた清吉は、その男がかつての自分の子分・カメこと林亀五郎(志賀勝)と知って呆然とする。女房のみね子(清川虹子)が経営するホルモン焼屋に居侯を決めこんだ清吉は、四散した子分たちの消息が気になり、神戸栄町で運送会社を営む元幹部の高村角三(成瀬正孝)を訪ねるが、角三は急死していた。角三の死に不審を抱いた清吉は、角三が出入りしていた北斗海運が組織暴力団、北斗会の系列に属する事から北斗海運に出向くが、会長の重光(遠藤太津朗)、顔見知りの坂垣組長(小松方正)らに堅気呼ばわりされ追い返されてしまう。神戸に腰を据えた清吉は、愚連隊の才八(川谷拓三)、サブ(町田政則)らを使って北斗会の縄張り荒らしを始め、角三の家を改造して“大日本ホルモン焼KK・神戸支店”の看板をかかげた。一方、41回目の出所をしたまむしのゴロ政(菅原文太)と不死身の勝(川地民夫)は無一文で古巣の新開地へ舞戻って来た。政は昼間出逢った養護施設、日の丸学園の美しい保母、恭子の事が脳裏にこびりつき離れない。偶然にも清吉の店で無銭飲食を決めこんだ政と勝は、清吉と一戦交えるが勝負は互格、いつしか両者は意気投合した。数日後、店の金を持ち出したサブをはじめ、勇、才八をこらしめようとした清吉だったが、恭子が現われ、サブたちが半年前に焼けた、日の丸学園の再建資金のために盗みを働いている事を聞かされて、清吉も協力を申し出た。だが、恭子が角三の許婚者だったと知って清吉はガックリ。やがて、北斗会が日の丸学園に、立ち退きをするか、2,000万円を払うか、と要求して来た。清吉は北斗会が覚醒剤を扱っていたため、それで北斗会を恐喝した。一方、政と勝は北斗会から清吉殺しを2,000万円で引き受けた。清吉とまむしの兄弟の凄まじい死闘……が、勝は傷つき、政もあっさり負けを認めた。政は名誉挽回とばかり、北斗海運の密輸品の横取りを計画するが失敗する。清吉は恭子から、角三が元やくざだった事から、北斗会に無理矢理麻薬の運送を強いられていたことを知らされた。やがて、恭子が北斗会の子分に殺された……。それぞれの怒りと復讐を胸に、清吉、政、勝は北斗会本部へと殴り込んだ……。

極道VSまむし極道VSまむし
石山律雄、若山富三郎、桜木健一、瞳順子          小松方正
極道VSまむし極道VSまむし
清川虹子                           川谷拓三

題名:極道VSまむし
監督:中島貞夫
企画:橋本慶一、松平乗道
脚本:松本功、山本英明、中島貞夫
撮影:鷲尾元也
照明:中山治雄
録音:野津裕男
美術:富田治郎
装置:米沢勝
装飾:松原邦四郎
背景:宮内省吾
美粧・結髪:東和美粧
衣装:杉本俊和
擬斗:三好郁夫
記録:森村幸子
編集:神田忠男
音楽:広瀬健次郎
進行主任:上田正直
演技事務:伊駒実麿
助監督:依田智臣
協力:A級京都・ミュージック劇場
スチール:諸角義雄
出演:若山富三郎、菅原文太、川地民夫、瞳順子、桜木健一、清川虹子、志賀勝、遠藤太津郎、戸浦六宏、睦五郎、小松方正、三島ゆり子、女屋実和子、石山律雄、初音礼子、川谷拓三、成瀬正孝、遠藤太津朗、町田政則
1974年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
極道VSまむし -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

極道VSまむし極道VSまむし
三島ゆり子、菅原文太、川地民夫、女屋実和子    若山富三郎、志賀勝、石山律雄

1 2 3 6