映画「女咲かせます」

女咲かせます女咲かせます
松坂慶子                        役所広司

今回は森崎東監督1987年製作「女咲かせます」をピックアップする。
本作は、結城昌治氏の原作「白昼堂々」を映画化したものであるが、同じ松竹で野村芳太郎監督が、1968年に「白昼堂々」を制作している。本作はそのリメイク版であるが、原作から着想を得ているだけで全くの別物になっている。

女咲かせます女咲かせます
川谷拓三                    名古屋章、平田満、田中邦衛

【ストリー】
石山豊代(松坂慶子)は年の頃なら30歳前後、目の醒めるような美人だが、その正体は泥棒--万引きの常習犯で前科2犯だった。亡き父も大泥棒だったが、その薫陶を受けて豊代の仕事ぶりはいつも鮮やか。決してヘマはしない。ところが、ある日同じ下宿屋に住む貧乏音楽家・三枝高志(役所広司)に恋をし、そろそろ足を洗う気になった。しかし、そのためには最後の大仕事をしてガッポリお金を稼いでおく必要があった。そんな豊代をずっと追っている大耳清十郎(川谷拓三)という刑事がいたが、彼は惚れた弱みでいつも温情をかけてしまう。が、豊代は大耳の説教を聞きながらも、ついつい手は財布へと伸びるのだった。晩秋、豊代は長崎の高島炭坑を訪ね、大仕事のため昔の父の仲間のワタ勝(田中邦衛)、タケ(平田満)さんらに助っ人を頼むが、あっさりと断わられた。しかし、三枝に恋心を抱く豊代は彼が欲しがっている最高級の楽器をプレゼントするためにも、今回の仕事は成功させなければならないと思った。あるとき三枝の部屋を若い女が訪ね、豊代は嫉妬したが、実は妹(山本理沙)で母(佐々木すみ江)と一緒に上京してきているのだった。ある日、豊代はデパートで万引きをしていたところ珍しくドジを踏んで保安室に連行されてしまった。が、そこの保安員はなんとかつての父の泥棒仲間・富田銀三(名古屋章)だった。見逃がしてもらったあげく、豊代は銀三にも仕事を持ちかけるのだった。豊代の計画とはデパートの売上げ金強奪で、年末には10数億円もの金額になることがわかっていた。長崎からはワタ勝らも上京し、本格的に準備も進められていった。しかし、いよいよ決行の日が近づいたというときどこからか計画が大耳にもれてしまい、豊代たちは予定を早めて前日に実行に移した。工事夫を装いマンホールを固めエレベーターを使って侵入。まんまと金を奪いジュラルミンのトランクに詰めて逃走したが、大耳も警官を動員して出口を張っていた。デパートの中は大騒動。豊代らはダスター・シュートから金を運び出し、仕事はまんまと成功した。一方、豊代の素性など知らない三枝はコンサートを控え、練習に励んでいた。田舎からは母と妹が上京してきている。豊代は東京駅のホームにネッカチーフとサングラスで顔を隠して潜んでいたが、偶然、三枝の家族に見つかり、大耳にもバレてしまった。豊代は大耳に「三枝と話があるから少し時間を欲しい」という。ホームのベンチで豊代は自分の生い立ちからすべてのことを涙ながらに話した。黙って聞いている三枝。横では大耳ももらい泣きしている。話し終わると豊代はおとなしく大耳に捕まった。刑務所に面会に来た三枝は「自分の気持ちは変わらない。いつまでも待っている」と気持ちを伝えた。数年後、豊代は出所、迎えに来た仲間たちと、隠してあった金を取り出し、山分けにした。

女咲かせます女咲かせます
山本理沙、佐々木すみ江             松坂慶子、役所広司

題名:女咲かせます
製作:杉崎重美
プロデューサー:中川滋弘
原作:結城昌治「白昼堂々」
脚本:梶浦政男、森崎東
監督:森崎東
撮影:坂本典隆
照明:八亀実
録音:原田真一
調音:小尾幸魚
美術:森田郷平
装置:渡辺英雄
装飾:剣持政司
美粧:吉野桂子
ヘアーメイク:アートメイクトキ
スタイリスト:小田島弘枝
衣裳:松竹衣装
音楽:佐藤勝
編集:太田和夫
現像:イマジカ
製作担当:小松譲
製作進行:土田真樹
監督助手:梶浦政男
ロケ協力:内田忠男
スチール:赤井博且
出演:松坂慶子、役所広司、川谷拓三、平田満、名古屋章、田中邦衛、清川虹子、柄本明、草野大悟、梅津栄、山本理沙、浦田賢一、佐々木すみ江、あき竹城
1987年日本・松竹/ビスタサイズ・カラー94分35mmフィルム

女咲かせます女咲かせます
浦田賢一、田中邦衛、松坂慶子、平田満           松坂慶子

映画「銀座の恋の物語」

銀座の恋の物語銀座の恋の物語
石原裕次郎                      浅丘ルリ子

今回は藏原惟繕監督1962年製作「銀座の恋の物語」をピックアップする。
本作は、1961年に発売された石原裕次郎さんと牧村旬子さんの同名デュエット曲がヒットした事から制作された古典的な純愛作品である。東京都中央区の銀座の街、和光の時計台、数寄屋橋交番などのロケに加え、当時日活撮影所にあったオープンセットも多く使われている。

銀座の恋の物語銀座の恋の物語
ジェリー藤尾                     江利チエミ

【ストリー】
伴次郎(石原裕次郎)はジャズ喫茶のピアノひきの宮本(ジェリー藤尾)と一つ部屋を仕切って同居する絵かきで、「銀座屋」の針子秋山久子(浅丘ルリ子)を愛していた。そして二人は一緒に考えた“銀座の恋の物語”を大事に胸に秘めていた。次郎と宮本は苦しい生活の中で助けあった。次郎は久子の肖像画作成に没頭した。一方、宮本はバーテンたちの企みで、クラブをクビになってしまった。次郎は久子と結婚するために信州の母のところへいくことになった。田舎行きの為、次郎は今まで売ろうとしなかった久子の肖像画を春山堂に売り払った。出発の日新宿へ見送りにいった久子は、横からとびだした車にはねられてしまった。久子は事故現場から姿を消したままになっていた。次郎にはやけ酒の日が続いた。ある日、宮本のピアノをひきあげにきた月賦屋を次郎と宮本は悪酔いが手伝って殴り、留置所にいれられた。次郎と宮本が釈放されて帰ってみると、二人の家は消えてなくなり、「銀座屋建築用地」の立札。宮本は憤り、次郎のとめるのもきかず、何処かへきえ去った。幾週かがすぎ次郎は久し振りで宮本にあった。宮本は豪華なアパートに住み、次郎の描いた久子の肖像画をもっていた。宮本の部屋からでた次郎はデパートに流れる久子の声を耳にした。久子は記憶喪失症になっていた。次郎は久子の記憶回復につとめ、二人の記憶がつながる肖像画を買いとりに、宮本の所へ行ったが彼は絵を手ばなさないといった。その時電話がなり、宮本は蒼然と外へとび出していった。彼は偽スコッチ製造の主犯だった。彼はひそかに久子をおとずれ、例の肖像画をおいて、そそくさとでていった。数日後、春山堂で次郎の個展がひらかれ、会場に流れる“銀座の恋の物語”のメロディに久子の記憶は回復した。

銀座の恋の物語銀座の恋の物語
ジェリー藤尾、井上昭文、石原裕次郎        下條正巳、石原裕次郎

題名:銀座の恋の物語
監督:藏原惟繕
企画:水の江瀧子
脚本:山田信夫、熊井啓
撮影:間宮義雄
照明:藤林甲
録音:福島信雅
美術:松山崇
記録:大和屋叡子
編集:鈴木晄
現像:東洋現像所
音楽:鏑木創 主題歌:石原裕次郎、牧村旬子「銀座の恋の物語」
製作主任:亀井欽一
助監督:西村昭五郎
色彩計測:竹内茂三
スチール:井本俊康
出演:石原裕次郎、浅丘ルリ子、江利チエミ、ジェリー藤尾、和泉雅子、清水将夫、深江章喜、清川虹子、高品格、河上信夫、三崎千恵子、井上昭文、南風洋子、下條正巳
1962年日本・日活/シネスコサイズ・カラー 93分35mmフィルム

銀座の恋の物語銀座の恋の物語
石原裕次郎                    浅丘ルリ子、石原裕次郎
銀座の恋の物語

映画「あすの花嫁」

あすの花嫁
「あすの花嫁」吉永小百合
あすの花嫁あすの花嫁
吉永小百合                       浜田光夫

今回は野村孝監督1962年製作「あすの花嫁」をピックアップする。
本作は壷井栄氏の原作を映画化したものだが、当時の世相や価値観にギャップがあるものの小豆島の美しさと可憐な吉永小百合さん(撮影時17歳)に魅了される作品である。1962年に日活専属俳優だった吉永小百合さんは「さようならの季節」「上を向いて歩こう」「キューポラのある街」「激流に生きる男」「赤い蕾と白い花」「霧の夜の男」「星の瞳をもつ男」「若い人」「ひとりぼっちの二人だが」と本作を含め10作品に出演している。今では考えられない1年での作品数である。

あすの花嫁あすの花嫁
村瀬幸子、奈良岡朋子                宇野重吉、浜田光夫

【ストリー】
汐崎百合子(吉永小百合)は小豆島から神戸の藤陰短大に入学した。母親フヨ(奈良岡朋子)が女手一つでここまで育て上げ、自分の母校に入れてやったのだ。母となじみの寮監瀬川(北林谷栄)にあたたかく迎えられ、勉強兼アルバイトの学校生活がはじまった。快活な百合子はすっかり寮生たちの人気をさらってしまった。一方、小豆島では、百合子の幼ななじみでオリーヴ園に働く宇太郎(浜田光夫)が、取材に来た大井川(宇野重吉)という中年の男を案内していた。彼はかってフヨと激しく愛しあった仲だった。当時無理矢理ひきさかれた二人の胸には再び青春の炎がもえあがった。夏休みが来た。帰って来た百合子は母の様子が今までと違うのをいぶかったものの、遊びにやってきた学友の十糸子(岩本多代)や宇太郎とはしゃぎまわった。お盆になって、フヨは神戸へ行き大井川と会った。祖母のハツ(村瀬幸子)の話をふと立ち聞きして愕然となった百合子は娘らしい潔癖から帰ってきた母を責めた。そこへ十糸子(岩本多代)が自殺未遂という電報がきた。母親をふりきって神戸行の汽船にのった百合子は、偶然乗り合わせた宇太郎にすがったが力強くさとす宇太郎の男らしさに救われた。十糸子に「反抗だけじゃいけないのよ」宇太郎の言葉をかみしめながら慰める百合子だった。病院のかえり道、宇太郎は彼女に大井川をひきあわせた。「東京へ行きます、もうお母さんにはお会い出来ないでしょう」と静かに語る大井川に百合子は何も言えなかった。彼女の顔に明るい微笑がよみがえったのは間もなくだった。街で夫婦茶碗を二組買った百合子は、一組は「お母さんと大井川さんに」と、そしてもう一組の大きい方を恥ずかしそうに宇太郎にさし出すのだった。

あすの花嫁あすの花嫁
吉永小百合、南寿美子、下條正巳、岩本多代

題名:あすの花嫁
監督:野村孝
企画:笹井英男
原作:壷井栄
脚本:棚田吾郎
撮影:横山実
照明:河野愛三
美術:千葉和彦
録音:福島信雅
音楽:池田正義 主題歌:吉永小百合「あすの花嫁」
編集:鈴木晄
現像:東洋現像所
製作主任:山野井政則
助監督:吉田憲二
色彩計測:北泉成
方言指導:荘野忠
スチール:石川久宣
出演:吉永小百合、浜田光夫、宇野重吉、奈良岡朋子、北林谷栄、村瀬幸子、清川虹子、下條正巳、南寿美子、堀恭子、岩本多代、木島一郎、長尾敏之助
1962年日本・日活/シネスコサイズ・カラー77分35mmフィルム

あすの花嫁あすの花嫁
奈良岡朋子、吉永小百合              吉永小百合
あすの花嫁
あすの花嫁

1 2 3 7