映画「黒部の太陽」


「黒部の太陽」三船敏郎

三船敏郎                                                   石原裕次郎

今回は熊井啓監督1968年公開「黒部の太陽」をピックアップする。
本作は、1962年に日活から独立し石原プロモーションを設立した石原裕次郎さんと1964年に東宝から独立し三船プロダクションを設立した三船敏郎さんの独立プロ二社の共同制作と劇団民藝の全面協力を得て1年以上の撮影期間を経て作られた。
電力会社やその下請け・関連企業に大量のチケットを購入して貰い観客動員に成功し、1968年の日本映画配給収入第1位(約16億円)、観客動員数は約730万人を獲得したそうだ。また本作の版権は石原プロモーションが所有し、石原裕次郎さんの遺言「映画館の大迫力の画面・音声で見て欲しい」で永らくビデオ化されていなかった。
(石原プロモーション創立50周年の2013年3月にDVD、Blu-ray版が発売)


「黒部の太陽」石原裕次郎

樫山文枝                                                                高峰三枝子

三船敏郎、日色ともゑ                                           宇野重吉、寺尾聰

【ストリー】
関西電力は黒部川上流に第四発電所を建設するため、太田垣社長(滝沢修)総指揮のもとに社運をかけて黒四ダム工事に当たることになった。間組の国木田(加藤武)と熊谷組の下請会社の岩岡源三(辰巳柳太郎)は、ともに現場責任者の北川(三船敏郎)を訪れ、ダム工事の難しさを知らされた。源三の息子剛(石原裕次郎)は、トンネル掘りのためにどんな犠牲も省りみない源三に反抗し、家を出て設計技師として図面をひいていた。国木田はそんな剛と、北川の長女由紀(樫山文枝)と見合いさせようと提案して、源三を驚かした。昭和31年8月、世紀の大工事といわれた黒四工事は、大自然との闘いの火蓋を切った。9月に入って剛は偶然、由紀と会い、親しさを増していったが、彼女が父の北川の身を心配するのを見て、源三の様子を見に黒部に向った。源三はめっきりと体が弱くなっていた。北川の黒四にかける熱意にほだされた剛は父に代ってトンネル掘りの指揮をとることになった。こうして工事が始って半年、犠牲者はすでに16人を数え、難工事であることが現場の人たちに不安を抱かせ始めた。翌年の4月、北川たちが恐れていた事態が起った。軟弱な花岡岩帯にぶつかったのだ。5月に入ってすぐ、山崩れと大量の水がトンネルを襲った。この危機を切り抜けるため、色々な技術プランが検討されたが、工事は一向に進まなかった。そんな折りも折り、北川は次女の牧子(日色ともゑ)が白血病にかかって入院し、生命はあと一年と知らされたが、大仕事をかかえているので、娘のそばについているわけにはいかなかった。現場は労務者が一人、二人と去っていく状態で、彼らの士気は上らなかった。一方、太田垣はあらゆる手を尽して危機を乗り切るため莫大な金を投入、技術陣の科学的な処置と、北川や源三たちの努力が実を結び、その年の12月、ついに難所を突破。翌年11月、剛は由紀と結婚した。そして2月、北アルプスを抜いてトンネルが開通した。その瞬間を躍り上って喜ぶ労務者たちの中で、北川は牧子の死を知らせる電報に接し、激しく慟哭した。昭和38年3月、黒四ダムは多数の犠牲を出して完成した。その日はちょうど北川の停年退職の日であったが、北川や剛たちはダムの偉容に、無限の感動を覚えていた。


黒部の太陽

トンネル工事のシーンは、愛知県豊川市の熊谷組の工場内に再現セットが作られた。出水を再現する420トンの水タンクがあり、切羽(トンネル掘削の最先端箇所)の奥から、多量の水が噴出するシーン(上画像)では水槽のゲートが開かれると、10秒で420トンの水が流れ出し、俳優もスタッフも本気で逃げたそうだ。


辰巳柳太郎、武藤章生                                                佐野周二

題名:黒部の太陽
監督:熊井啓
企画:中井景
製作:三船敏郎、石原裕次郎
原作:木本正次「黒部の太陽」
脚本:井手雅人、熊井啓
撮影:金宇満司
照明:平田光治
録音:安田哲男、紅谷愃一
音効:杉崎友治郎
美術:平川透徹、山崎正夫、小林正義
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
現像:東洋現像所
製作補佐:銭谷功、小林正彦
製作担当:知久秀男
助監督:片桐直樹
色彩計測:宮崎秀雄
特別技術指導:熊谷組、笹島建設
協力:関西電力、間組、鹿島建設、熊谷組、大成建設、佐藤工業
スチール:飯高鋼
出演:三船敏郎、石原裕次郎、辰巳柳太郎、滝沢修、宇野重吉、寺尾聰、樫山文枝、日色ともゑ、川口晶、高峰三枝子、北林谷栄、二谷英明、山内明、志村喬、加藤武、大滝秀治、佐野周二、芦田伸介、岡田英次、鈴木瑞穂、下川辰平、下條正巳、佐野浅夫、清水将夫、武藤章生
1968年日本・三船プロダクション+石原プロモーション/シネスコサイズ・カラー196分35mmフィルム
黒部の太陽 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


黒部ダム

映画「錆びたナイフ」


石原裕次郎                                                     北原三枝

今回は舛田利雄監督1958年製作「錆びたナイフ」をピックアップする。
本作は日活の看板俳優総出で石原慎太郎氏原作の小説を映画化したものだ。石原裕次郎さんが歌った同名主題歌は、184万枚を売り上げる大ヒットとなった。ロケーション撮影は、福岡県北九州市門司で行われたそうだ。


小林旭、白木マリ                北原三枝、石原裕次郎

【ストリー】
--さる新興の工業都市。勝又運輸の社長勝又(杉浦直樹)が、検察庁に召喚された。狩田検事(安井昌二)の鋭い追求も、後難を怖れた被害者と目撃者の沈黙の前には無力だった。その殺人事件はまたも迷宮入りとなった。が、5年前自殺した西田市会議長は他殺だという投書が届いた。投書の主、島原は目撃者として自分の他に橘、寺田という二人の男を知らせてきた。しかし、島原(宍戸錠)は西下の途中、何者かに列車から突き落されて死んだ。橘(石原裕次郎)は町はずれのバー・キャマラードの支配人だ。かつて、やくざであり、恋人のために人を殺した。前科者。彼は平凡な市民になることが念願だった。アナウンサーの啓子(北原三枝)がこのバーに遊びにきて、この男に惹かれた。彼女の許婚者は橘と学校友達で間野(弘松三郎)といい、紳士として評判の高い市会の実力者間野真吾(清水将夫)の息子だ。啓子が持参した街頭録音のテープで、橘は5年前の自分の恋人が暴行された事件は大勢の男が関係していることを知った。寺田(小林旭)が彼にかくれて、勝又から金を貰い、ズべ公の由利(白木マリ)と遊び廻っていたことを知り、橘は寺田を怒鳴りつけた。寺田は兄貴の恋人暴行事件の張本人は勝又だと捨ぜりふして飛び出して行った。勝又は何者かから無線機による指令を受けていた。小僧ヲ整理シロ。寺田は勝又に死のトラックに乗せられたが、橘が追ってきて救った。橘が勝又を縛り上げ、検察庁に着いたとき、先に知らせにきた寺田は、どこからか飛来してきた銃弾に倒れた、--護衛に高石刑事がいたのに。--新聞は勝又の逮捕で町が明るくなるだろうと一斉に書きたてたが、勝又が差し入れの毒まんじゅうで自殺し、あっけない幕切になった。が、はたして、そうか。橘は勝又の後に黒幕がいることに気づいた。彼は警察の裏庭で高石刑事が怪しい男と連絡しているのを見た。彼はイヌだったのだ。橘は無線機を使って、黒幕の男を海岸におびきだした。啓子は無線機のその声に思い当り、間野邸の真吾の居間へ行き、そこに無線機を見た。間野が仕込杖で高石を殺した直後、橘は海岸に着き、間野を面罵した。乱闘。彼が錆びたナイフを振り上げた時、啓子が必死にとめた。間野は自分の子分の車にひかれて死んだ。危く罪を重ねかけた自分、--橘は砂山をトボトボとたどった。啓子は狩田検事に励まされ、彼の後を追って行った。


宍戸錠                        杉浦直樹

題名:錆びたナイフ
監督:舛田利雄
製作:水の江滝子
原作:石原慎太郎
脚本:石原慎太郎、舛田利雄
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:橋本文雄
美術:松山崇
編集:辻井正則
音楽:佐藤勝 主題歌:石原裕次郎「錆びたナイフ」
製作主任:中井景
助監督:河辺和夫
出演:石原裕次郎、北原三枝、小林旭、宍戸錠、白木マリ、安井昌二、杉浦直樹、清水将夫、河上信夫、相原巨典、弘松三郎
1958年日本・日活/日活スコープ(シネスコサイズ)・モノクロ90分35mmフィルム
錆びたナイフ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石原裕次郎、北原三枝                石原裕次郎

映画「潮騒」

潮騒潮騒
浜田光夫                                                          吉永小百合

今回は森永健次郎監督1964年製作「潮騒」をピックアップする。
本作は三島由紀夫氏の同名小説を日活が映画化したものだ。ロケ地は、三重県鳥羽市(神島、八代神社、鳥羽港、歌島の桟橋、連絡船神風丸)で行っている。「潮騒」は1954年(監督:谷口千吉/主演:青山京子)1975年(監督:西河克己/主演:山口百恵)1985年(監督:小谷承靖監督/主演:堀ちえみ)と東宝でも映画化している。

潮騒潮騒
松尾嘉代

【ストリー】
歌島は伊勢海に面する周囲一里にもみたない小島である。そこでは、男達は漁に出、女達は海女となって貝をとった。漁師の息子新治(浜田光夫)は、今日も太平丸に乗って浜に帰ってきた。そこで新治は舟を引きあげようとする船主照吉(石山健二郎)の娘初江(吉永小百合)に会い、手をかして舟を引きあげてやった。新治は浜にあがると、山の手にある灯台長のところに魚を届けにいった。しかしそこで新治は、もらったばかりの給料を浜で落したことに気づき、あわてて引きかえした。浜には、そんな新治を、笑いながらも、給料袋をひろって家に届けてくれた初江がまっていた。家に帰っても新治は、初江の美しい瞳が忘れられなくなっていた。そんな新治の様子を察した母トミ(清川虹子)は、初江が高嶺の花であることを言いきかせた。だが新治は、初江のことを想いぼんやりする日が多くなった。そんなおり、弟の十吉(菅井一郎)から、初江の婿になるのは、東京の大学を出て島に帰って来た安夫(平田大三郎)だという噂を聞いた。ある日新治は林の中の“観的哨跡”でマムシにかまれた初江を助けてやり、漁の休みの日に再会を約した。やがて漁が休みの嵐の日に、二人は観的哨で会った。ずぶぬれになった二人は互いに着物を脱いで焚火をかこみ自然に唇が触れ合った。数日後初江は水くみにいった林の中で、安夫に襲れた。新治に好意を寄せる灯台長の娘千代子(松尾嘉代)が、新治と初江の仲のいいのをみて、あることないこと安夫につげ口したのだった。噂は島中にひろがり、二人は会うことを禁じられた。しかし一人前の漁師になるために、歌島丸に乗りこんだ新治は、嵐の中を、海にとびこみ、ロープで船をつなぎとめて、船を救った。照吉も、もはや二人の仲をさこうとはしなかった。

潮騒潮騒
吉永小百合

題名:潮騒
監督:森永健次郎
企画:笹井英男
原作:三島由紀夫
脚本:棚田吾郎、須藤勝人
撮影:松橋梅夫
照明:高島正博
録音:太田六敏
美術:西亥一郎
特殊技術:金田啓治
記録:新関良子
編集:近藤光雄
音楽:中林淳真
現像:東洋現像所
製作主任:山下昭
助監督:藤浦敦
色彩計測:佐藤重
スチール:式田高一
出演:吉永小百合、浜田光夫、清川虹子、石山健二郎、菅井一郎、松尾嘉代、清水将夫、高橋とよ
1964年日本・日活/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
潮騒 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

潮騒潮騒

1 2