映画「女番長 タイマン勝負」


池玲子                         藤山律子

今回は関本郁夫監督1973年製作「女番長 タイマン勝負」をピックアップする。
本作は、”女番長シリーズ”第6作目として1974年1月に全国公開されたが、元々本作は、シリーズ第7作目として、このシリーズ次回作である「女番長 玉突き遊び」より後に公開される予定であった。主演の叶優子さんが撮影中に重傷を負った事で製作が中断し、同作の公開が延期された。しかし同作は製作中止とはならず、叶優子さんの復帰後に撮影が再開され、本作と公開の順番が入れ替わったそうだ。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


渡瀬恒彦                        藤山律子、成瀬正孝

【ストリー】
姉を死に追いやった大島興業のボス・大島文男を復讐のために傷を追わせ、少年院送りになった相沢桂子は、いつしか稲妻桂子の異名を持つ女番長に成長していた。シャバへ出た桂子は、配下の幸恵、節子とともに、入院当時痛めつけられたヒマワリ会の女番長・立花美和に借を返すべく、その行方を捜した。ある日、節子は彼女がホステスをしているクラブの用心棒たちに、百万円の借金があると連れていかれてしまった。その店の経営者が、あの大島である事を知った桂子は節子に代って借金を返却することにした。そんなある日、ヒマワリ会の根城をつきとめた桂子は美和を捜すが、番長はカミソリの絵里になっていた。桂子は絵里を決闘で破り、番長となった。やがて、百万円を集めた桂子は、節子を連れ戻しに行くが、大島たちにリンチされそうになる。だが、関東侠友会の幹部・黒木に救われた。黒木は組の命で、工場建設地の買収を大島に命じに来たのだ。その黒木が、正体不明に酔いつぶれた絵里を見て驚いた。彼女は十年来探していた妹だったのだ。しかし、黒木はこのことを桂子に口止めした。一方、桂子はあるスクラップ工場で今は堅気となって工場の持ち主の健一と生活している美和と会った。桂子の復讐心はいつしか消え失せた。その健一の工場は買収予定地に入っているが、健一は買収には断呼として応じなかった。丁度、桂子たちが工場に居候していたので、絵里は一石二鳥とばかり、大島に頼み、工場を襲わせた。桂子は既にいなかったが、大島らは健一に無理矢理、契約書にサインを押させ、美和を輪姦した。そして健一は惨殺された。卑劣な大島に怒った黒木は、この仕事からおろすことにした。大島は絵里に拳銃を渡し、黒木、桂子を殺すように命じた。黒木めがけて発砲しようとした絵里に、桂子は彼が兄である事を知らせた。呆然とする絵里。その時、大島たちが武装して彼女らを襲ってきた。そして、桂子たちをかばおうとした黒木は、蜂の巣のように撃たれた……。黒木、健一を手厚く葬った桂子、絵里、美和たちは、それぞれの復讐を胸に秘め、健一の残した車に乗り込むや、大島を血祭りにあげるべく、突進していった。


岡八郎                              女番長 タイマン勝負

題名:女番長 タイマン勝負
監督:関本郁夫
企画:杉本直幸、奈村協
脚本:鴨井達比古、志村正浩
撮影:古谷伸
照明:和多田弘
録音:荒川輝彦
美術:雨森義允
装置:温井弘司
装飾:西田忠男
美粧・結髪:東和美粧
衣装:高安彦司
擬斗:土井淳之祐
記録:石田照
編集:市田勇
音楽:広瀬健次郎
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学(ノンクレジット)
進行主任:大岸誠
助監督:萩原将司
演技事務:森村英次
スチール:諸角義雄
出演:池玲子、衣麻遼子、藤山律子、田島晴美、渡瀬恒彦、成瀬正孝、安部徹、由利徹、岡八郎、一の瀬レナ、須藤リカ、城恵美、早乙女りえ、葵三津子
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
女番長 タイマン勝負 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


安部徹                          池玲子

女番長 タイマン勝負

映画「女番長 感化院脱走」


杉本美樹                         渡瀬恒彦

今回は中島貞夫監督1973年製作「女番長 感化院脱走」をピックアップする。
“女番長シリーズ”第5作目の本作は、スケバン同士の抗争がなく、日活の”野良猫ロックシリーズ”に近い仕上がりでテンポの良い構成になっている。私は東映作品で、杉本美樹さんの最高傑作ではないかと思う。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


叶優子                        伊佐山ひろ子

「女番長 感化院脱走」伊佐山ひろ子

【ストリー】
京都にある特別教護施設を脱走して捕まった青木るり子(杉本美樹)は、傷害事件を起して補導される松本三奈(須永かつ代)とともに、再び学院に戻された。教官の小池(今井健二)が、一人の脱走は連帯責任として、全員に懲罰を課したために、清美(太田美鈴)、勝子(早乙女りえ)たちが、マキ(須藤リカ)、ユキ(大森不二香)たちるり子一派に、露骨なイヤガラセをするのだった。ただ一人、三奈だけが、財界の大物、遠山実をパトロンにしているため、学院長・秦野(金子信雄)が特別に目をかけているので、彼女らの対決を静観していた。そんなある日、法務省の役人が視察に来た時、生徒たちが暴力をおこした。怒った秦野は、生徒全員に厳罰を下した。その夜、るり子、杏子(叶優子)、三奈、マキ、ユキの五人が脱走した。五人はそれぞれバラバラに散った。るり子はドライブインで、強盗犯人で逃走中の菊村洋一(渡瀬恒彦)と知り合い、トラックを盗み共に逃走することにした。二人はやがて、北陸の海辺にやって来た。以前、るり子が脱走する度に集めて埋めておいたダイナマイトがあるのだ。これで船を乗っ取って日本脱出を計るつもりだった。ところが、一度バラバラになった杏子たちも、この海辺に偶然集まって来た。彼女たちも、るり子の計画に乗って準備を進めたが、杏子を尾けていた小池が、警察に知らせたために、たちまち警官隊にとり囲まれてしまった。猟銃、火焔ビルの抵抗も虚しく、全員逮捕されしまった。だが、洋一だけは、トラックごと阻止線のドラムカンに激突した……。


金子信雄、室田日出男                   菅井きん

【訃報】
テレビ時代劇「必殺」シリーズの姑(しゅうとめ)役など、味のあるわき役として人気を集めた俳優の菅井きん(すがい・きん、本名佐藤キミ子<さとう・きみこ>)さんが2018年8月10日、心不全で亡くなった。92歳だった。1926年、東京生まれ。戦時中は文部省の事務職員を務めていた。戦後、東京芸術劇場の「人形の家」を見て主人公ノラの生き方に感動し、1946年に同劇場研究所に入った。その後俳優座に移り、黒澤明監督の「生きる」など映画でも活躍。30代のころからもっぱら老け役、わき役として持ち味を発揮した。1973年からテレビ時代劇「必殺」シリーズ(朝日放送)で藤田まことふんする婿・中村主水の姑役を20年間演じ、「婿どのっ」のせりふで主水に詰め寄るコミカルな婿いびりの演技で人気を集めた。1985年には映画化された「必殺」と、故伊丹十三監督の「お葬式」の2作品で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。1990年に紫綬褒章、1996年に勲四等宝冠章を受けた。2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」が最後のドラマ出演となった。
朝日新聞デジタル2018年8月23日配信


「女番長 感化院脱走」渡瀬恒彦、杉本美樹

題名:女番長 感化院脱走
監督:中島貞夫
企画:天尾完次
脚本:鴨井達比古、中島貞夫
撮影:古谷伸
照明:金子凱美
録音:荒川輝彦
美術:井川徳道
装置:米沢勝
装飾:柴田澄臣
美粧・結髪:東和美粧
衣装:森譲
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:市田勇
音楽:荒木一郎 挿入歌:太田美鈴「好きではじめた女じゃないが」
進行主任:長岡功
助監督:牧口雄二
演技事務:西秋節生
スチール:諸角義雄
出演:杉本美樹、渡瀬恒彦、叶優子、須永かつ代、太田美鈴、伊佐山ひろ子、須藤リカ、早乙女りえ、一の瀬レナ、城恵美、金子信雄、室田日出男、今井健二、川谷拓三、菅井きん、名和宏
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
女番長 感化院脱走 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


須永かつ代、渡瀬恒彦、杉本美樹              杉本美樹

女番長 感化院脱走

映画「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」


川地民夫、菅原文太                    浜木綿子

今回は山下耕作監督1973年製作「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作はシリーズ第5作になる。同時上映は「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」であった。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


渡瀬恒彦                         ひし美ゆり子

【ストリー】
刑務所を釈放されたばかりの、まむしのゴロ政(菅原文太)は弟分の不死身の勝次(川地民夫)と神戸へ繰り込んだ。ところがバー“ユキコ”のママ、倉石優子(浜木綿子)にひと目惚れし、優子の4歳になる娘を、名古屋で水上生活を送るおばあちゃんのたか(三益愛子)が、預ったまま返してくれないと聞いた政と勝は名古屋へと向かった。名古屋へ着いた二人は、早速、暴力バーやインチキソープランドに引っかかり、大暴れしたものの、痛めつけられ放り出された。その二人を助けてくれたのが、たかだった。翌日、政と勝次は先日の暴力バーのマスター真吉(渡瀬恒彦)がたかの息子だと知る。そして、その真吉に芝江組が狙いをつけ、ショバ代を捲き上げようと責めたてていた。そんなある日、神戸から優子自らユキコ(鎌田知佐)を引きとりに来たが、たかは、赤ん坊を捨ててとび出した女には可愛いい孫を渡せぬ、と頑強に拒否。思いあまった優子はユキコの父親、芝江組々長の多三郎(小松方正)に会うが、冷たく突っぱねられ、挙句の果てに、組員たちに凌辱されてしまった。ぼろ布のようになって帰って来た優子を見たたかは「私が悪かった」と詫びるのだった。怒った政と勝次は、持ち前のしつこさで、何度も何度も芝江組に殴り込むうちに政が警察に掴ってしまった。一方、芝江組の脅迫を受けて、優子、ユキコ、たか、真吉らは神戸へ逃げ出そうとしたが、追って来た子分に真吉が殺されてしまった。やがて、出所した政と勝次は、盗んだパトカーで芝江の邸宅へ突っ込み、奪った猟銃や拳銃で大暴れ、真吉の仇を討つのだった。


三益愛子                     曽根晴美、渡瀬恒彦

小松方正                              川地民夫、菅原文太、女屋実和子、三島ゆり子、浜木綿子

題名:まむしの兄弟 刑務所暮し四年半
監督:山下耕作
企画:俊藤浩滋、橋本慶一、武久芳三
原案:斯波道男
脚本:野上龍雄
撮影:山岸長樹
照明:井上孝二
録音:野津裕男
美術:富田治郎
装置:稲田源兵衛
装飾:西田忠男
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:高安彦司
擬斗:上野隆三
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:広瀬健次郎
フィルム:富士フィルム
進行主任:植田正直
助監督:俵坂昭康
演技事務:西秋節生
スチール:諸角義雄
出演:菅原文太、川地民夫、渡瀬恒彦、三益愛子、浜木綿子、三島ゆり子、女屋実和子、ひし美ゆり子、遠藤辰雄、小松方正、南利明、曽根晴美、大泉滉、鎌田知佐
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
まむしの兄弟 刑務所暮し四年半 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


渡瀬恒彦、ひし美ゆり子               菅原文太、菅原文太

1 2 3 10