映画「暴走パニック 大激突」


渡瀬恒彦                                杉本美樹

今回は深作欣二監督1976年製作「暴走パニック 大激突」をピックアップする。
本作は「いつかギラギラする日」の原型となったと言われる”日本で最初のカーチェイス映画”であり、ドル箱シリーズ「仁義なき戦い 完結篇」の一旦終了から派生したカーチェイス要素を新機軸とした。この東映カーアクション路線は、本作と中島貞夫監督「狂った野獣」の2作だけで、共に興行は振るわずその後は続かなかった。

余談になるが、1979年10月から石原プロモーション制作による「西部警察」がテレビ映画(16mm)で始まった。パート3が1984年10月まで続くが、テレビ映画作品にもかかわらずカーチェイスの物量、破壊力、市街地ロケーションなどでの画の迫力は、本作よりかなり上回っている。これはプロデュース、企画力の違いであると思う。

※「西部警察(テレビ朝日系)」の破格の製作費は、広告代理店を通さずテレビ朝日との直接契約だった。
これは広告代理店から無条件に手数料を搾取されるリスクはなくなり、その分を制作費に回せた。
CMスポンサー獲得は、積極的に石原プロモーションが行い、取りまとめを東急エージェンシーが行ったそうだ。


小林稔侍                            室田日出男

【ストリー】
混血の元モデル・緑川ミチとバーテンの山中高志は海外への生活を夢み、仲間の関光男と組んで、銀行強盗を続けていたが、神戸の銀行を襲った時に、光男が車にはねられて死んだ。光男の兄・勝男は、浮浪者同様の生活をしていたが、山中と光男が銀行強盗をしていた事を知り、山中を追いかけ始めた。指命手配の山中を追う警官の中の一人畠野は、大学卒の上役にいびられてさっぱり仕事に熱が入らず、婦人警官の愛子と寝てばかりいる。少年院出身でガソリンスタンドで働く益夫は、客から預ったスポーツカーを持ち出したが、暴走族に傷をつけられ帰るにも帰れなくなってしまった。一方、山中とミチは銀行を襲い大金を手に入れたが非常線にひっかかり、とあるモーテルに身を隠した。その頃、畠野は愛子を他の警官に寝取られてしまい、そのうっ奮を山中へと向けた。そして、上司の指示に従がわず、山中のいるモーテルに単身乗り込み、二人を逃がしてしまった。逃げる山中とミチの車を、畠野のパトカー、その後を山中の金を横取りすべく勝男の車が追った。やがて、勝男の車は電柱に追突したために、勝男は丁度通りかかった益夫のスポーツカーに乗り込み、さらに二人を追った。しばらく三つ巴のカーチェイスが続いた後、パトカー、白バイが続々と連らなり、やがて、暴走族、ダンプカー、観光バスまでを捲き込んで、狂ったように車と車をぶつけ始めた。横転した車が炎上し、消防車、救急車、機動隊が駆けつけるが、それらも狂走集団に捲き込まれてしまう。集った野次馬は逃げまどいながら投石を始め、凄まじいパニック状態に発展していった……。


渡辺やよい、川谷拓三                            潮健児

題名:暴走パニック 大激突
監督:深作欣二
企画:本田達男、杉本直幸
脚本:神波史男、田中陽造、深作欣二
撮影:中島徹
照明:若木得二
録音:中山茂二
美術:富田治郎
装置:吉岡茂一
装飾:西田忠男
背景:西村三郎
美粧:田中利男
結髪:白鳥里子
衣装:高安彦司
擬斗:上野隆三
カー・アクション:東洋レーシングチーム
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:津島利章
製作主任:長岡功
助監督:篠塚正秀
演技事務:森村英次
スチール:中山健司
出演:渡瀬恒彦、杉本美樹、渡辺やよい、室田日出男、川谷拓三、小林稔侍、風戸佑介、三谷昇、潮健児、汐路章、片桐竜次
1976年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
暴走パニック 大激突 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


渡辺やよい、川谷拓三

暴走パニック 大激突                   杉本美樹、渡瀬恒彦

映画「女番長(スケバン)」


杉本美樹                        宮内洋

今回は鈴木則文監督1972年製作「女番長(スケバン)」をピックアップする。
本作は、”女番長シリーズ”第4作目として。1973年1月に全国公開された。内容は大阪・梅田を舞台に、女番長同志の対決と、彼女らを弾圧する暴カ団たちとの争いを描いたものだ。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


池玲子                         衣麻遼子

天津敏                         三原葉子

【ストリー】
少年特別院送りの護送車から、美貌の女番長、関東小政こと篠原政子(杉本美樹)、大阪・梅田で番を切る高校総番長の学ラン会の摩耶(池玲子)、そして摩耶と勢力を二分する黒菊団の女番長のゴロメン燎子(衣麻遼子)、それに鈴江(太田美鈴)、ラン子(丘ナオミ)、桃子(西来路ひろみ)たちが脱走、それぞれ関西方面へと逃れていった。小政の貫禄に惚れた鈴江、ラン子、桃子らは、小政を番長とし、ジプシー団を結成し大阪へ潜り込む。しかし、学ラン会や、黒菊団はジプシー団を目の仇とつけ狙い、三者は入り乱れて縄張り争いをつづけた。ある日、小政は警察に追われチンピラの一郎(荒木一郎)のアパートに逃げこみ、難を救われる。一郎は地元の暴力団・北竜会の予備軍でもある三星会の一員で、三星会のリーダーの達夫(宮内洋)は、かつての摩耶の愛人だった。その達夫が、北竜会と手を結ぶ国税局の役人二官の息子を恐喝したことから組長・淀(天津敏)の激怒にふれ、上納金を倍額納めるように命しられた。達夫のピンチに小政と一郎は二官夫人(三原葉子)を強引にプルーフィルムのモデルにしてしまい、150万円稼ぎ、達夫に渡す。数日後、ジプシー団は、北竜会の賭場を急襲するが、四人共捕われてしまう。しかし達夫は借りを返すぺく、小政を救出。二人は身を秘めている間、いつのまにか抱きあっていた。そこに摩耶が現われた。火花を散らす再会。一方、鈴江たちは黒菊団に連れられて、ソープランドセンターに行く途中、小政が襲撃、燎子を痛めつける。さらに勢いに乗った小政は摩耶とも対決。そこへ、達夫が来て、摩耶を強引に淀のところへ連れていく。かつて摩耶は淀に傷つけたことがあったのである。なぶりものにされる摩耶。しかし、小政が摩耶救出に成功。達夫は追って来た北竜会の銃弾から摩耶を守って死んでいった。それぞれの復讐の念を胸に北竜会本部へ殴り込む、小政と摩耶。そして小政に惚れた弱味から助っ人として乗り込み、死んでいった一郎の犠牲を得た。二人の怒りのダイナマイトが火を吹き、ドスが、ナイフが、淀たちを次次と血祭りにあげていった。


荒木一郎                        池玲子

題名:女番長(スケバン)
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:大原清秀、皆川隆之、鈴木則文
撮影:増田敏雄
照明:和多田弘
録音:堀場一郎
美術:雨森義允
装置:吉岡茂一
装飾:松原邦四郎
美粧・結髪:東和美粧
衣装:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:牧野叔子
編集:堀池幸三
音楽:八木正生 主題歌:杉本美樹「女番長流れ者」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:長岡功
演技事務:伊駒実麿
助監督:皆川隆之
スチール:諸角義雄
出演:杉本美樹、宮内洋、衣麻遼子、太田美鈴、池玲子、西来路ひろみ、丘ナオミ、碧川ジュン、一の瀬レナ、須藤リカ、城恵美、渡辺やよい、三原葉子、成瀬正孝、天津敏、遠藤辰雄、名和宏、大泉滉、田中小実昌、荒木一郎
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
女番長(スケバン) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


宮内洋、池玲子                 女番長(スケバン)

映画「不良番長 のら犬機動隊」


梅宮辰夫、藤竜也                 八並映子、山城新伍

今回は野田幸男監督1972年製作「不良番長 のら犬機動隊」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第14弾になる。共演者は、日活から藤竜也さんと深江章喜さん、大映からは 峰岸隆之介(峰岸徹)さんと八並映子さん、さらに東映ポルノ路線で人気絶頂だった池玲子さんが華を添えている。物語は、シリアスなハードボイルド色が強いという原点回帰になっている。



池玲子                       峰岸隆之介(峰岸徹)

【ストリー】
新宿を根城にした、不良番長グループ・カポネ団、番長・神坂(梅宮辰夫)を筆頭に、サブ(藤竜也)、ゼニ(峰岸隆之介)、ゴーカン(岡崎徹)、ギター(久保浩)、バクダン(誠直也)、コーラ(安岡力也)、三回戦(植田峻)、ガリ(八並映子)たちは、相変らず傍若無人に暴れまわっている。ある日、神坂は、ネリカン時代に知りあった西城(山城新伍)に再会した。西城は東京進出を企てていた。一方、カポネ団の横暴に暴力団、加納組の圧力がかかり始める。博奕場を開いていた空ビルは追立てをくい、麻薬をやると、風俗嬢圭子(池玲子)に横取りされるなど、やる事すべて裏目になってしまう。折りも折、神坂とサブは風俗嬢幹施の容疑で警察に逮捕される。ようやく出所した神坂は、この逆境にも圭子をくどき、豊満な肉体をむさぼりうそぶく。「俺たちゃ野良犬よ、暴力団相手だろうが、餌の匂いにゃ喰いつくのが身上だぜ」。はからずも藤村製薬が新型覚せい剤を製造している情報をキャッチした神坂は、カポネ団をあげてこの勝負に賭ける。先ずブツを横取し、藤村製薬をおどし、首尾よく3,000万円を獲得した。ところが、藤村(永井秀明)は、裏で加納組と結託して麻薬で莫大な利益を上げているのだ。当然の事ながら、加納組のカポネ団に対する執拗な復讐が始まる。加納(内田良平)は西城の女を押さえて、西条に神坂殺しを強制すると共に、サブを人質にする。対決する西条と神坂。その時分けて入って来たガリ。ガリは西城の妹だったのだ。サブと3,000万円の交換を要求する加納組。神坂は札束から一枚づつ札を抜き、150万円せしめ、交換に応じる。これで五分と五分、加納組の痛烈なカポネ団狩りが始まった。ゴーカン、ギター、ガリと次々と殺されていく。妹を殺され敢然と立ち上がった西条も銃弾に倒れる。「バラバラじゃいけねえ。相手のラウンドだろうが、ここは一発勝負してやるぜ」残ったカポネ団残党は、ナチのシュマイザーを主力武器に最後の殴り込みをかけるのだった。戦いは終った。生き残ったのは神坂と圭子のたった二人。虚脱した二人は狂ったようにオートバイを飛ばす。神坂の手にした現金のつまったスーツケースの蓋が開いている、宙に舞い散る札。それとも知らぬ二人は、オートバイを走らせつづける。


今井健二                     内田良平、八名信夫

題名:不良番長 のら犬機動隊
監督:野田幸男
企画:吉田達
脚本:松本功、山本英明
撮影:稲田喜一
照明:川崎保之丞
録音:内田陽造
美術:藤田博
装置:吉田喜義
装飾:神谷好孝
美粧:入江荘ニ
美容:宮島孝子
衣裳:内山三七子
擬斗:日尾孝司
記録:山内康代
編集:長沢嘉樹
音楽:八木正生 挿入歌:久保浩「海にかえろう」
現像:東映化学
進行主任:坂上順
演技事務:山田光男
助監督:三堀篤
スチール:藤井善男
出演:梅宮辰夫、藤竜也、池玲子、八並映子、渡辺やよい、山城新伍、峰岸隆之介(峰岸徹)、深江章喜、安岡力也、久保浩、内田良平、今井健二、安部徹、八名信夫、植田峻、誠直也、岡崎徹、中田博久、久保浩、植田峻、永井秀明
1972年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
不良番長 のら犬機動隊 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


八並映子、藤竜也                     不良番長 のら犬機動隊

1 2 3