映画「陽のあたる坂道」



石原裕次郎                      北原三枝

今回は田坂具隆監督1958年製作「陽のあたる坂道」をピックアップする。
本作は石坂洋次郎氏の原作を映画化したものだが、以降1967年(日活)と1975年(東宝)で2度映画化されている。撮影は1958年1月から4月まで行われ、大田区田園調布(駅付近の道、同・駅前、多摩川台公園)、文京区小石川、新宿区(信濃町駅、外苑の銀杏並木、絵画館前)、西多摩郡羽村町などでロケーションが行われたそうだ。本編は、女子高校生役の芦川いづみさんが可憐だった。今、こんな女子高校生役が出来る女優はいないと思う。


芦川いづみ                   川地民夫(デビュー作)

【ストリー】
田代玉吉(千田是也)は出版会社の社長で、家族は妻のみどり(轟夕起子)、長男の医大生雄吉(小高雄二)、少々ひねくれ者だが自由奔放な次男信次(石原裕次郎)、それに足のわるい娘のくみ子(芦川いづみ)。女子大生倉本たか子(北原三枝)は、くみ子の家庭教師であり彼女のアパートの隣室に、高木トミ子(山根寿子)と一人息子の民夫(川地民夫)が住んでいた。ある日、父の玉吉と話をしていた信次は、ふとしたことから自分が父と柳橋の芸者との間に出来た子であることを知った。数日後くみ子はたか子を誘ってある喫茶店に行った。彼女はくみ子の夢中になっているジャズシンガーが、民夫なのでびっくりした。正月の元旦、信次はたか子の話からトミ子が自分の実母であると感知して、アパートをたずねた。しかしトミ子は不在で、留守居の民夫は裕福そうな信次に反感を抱いて、彼を部屋に入れようとしなかった。母のみどりは信次のことを心配して、やさしく彼をなぐさめた。信次の心の中には、たか子への愛情が芽生えていたが、持前のひねくれで、率直に言えなかった。当のたか子は雄吉とスキーにいって求婚されたが、なにか二人の間に隔りを感じ承諾できなかった。くみ子は医師の診断をうけ、足のなおるのがわかったので、民夫に結婚したいといった。その頃、雄吉はファッションモデルのゆり子(渡辺美佐子)と問題をおこし、そのいざこざを信次におっかぶせてしまった。しかし、信次が悪いのではないことを知ったたか子は、彼の情熱的な青年らしい真情を感じた。くみ子とたか子の計らいで、信次は民夫と会い、大喧嘩をしたがいつしか二人は兄弟愛に結ばれていった。その帰途、信次はたか子を踊りに誘い、強引に接吻した。一度は怒ったたか子も、彼の胸に抱かれるのだった。くみ子と民夫の明るい顔にも、田代家の前の坂道にも、暖かい春の陽ざしが、彼らを祝福するかのようにふりそそいでいた。


轟夕起子、石原裕次郎             芦川いづみ、轟夕起子、小高雄二

題名:陽のあたる坂道
監督:田坂具隆
製作:坂上静翁
原作:石坂洋次郎
脚本:田坂具隆、池田一朗
撮影:伊佐山三郎
照明:岩木保夫
録音:米津次男
美術:木村威夫
記録:飯村知子
編集:辻井正則
音楽:佐藤勝
製作主任:林本博佳
助監督:牛原陽一、山崎徳次郎
出演:石原裕次郎、北原三枝、芦川いづみ、川地民夫、轟夕起子、小高雄二、山根寿子、千田是也、渡辺美佐子、森川信、小沢昭一、天草四郎
1958年日本・日活/スタンダードサイズ・モノクロ203分35mmフィルム
陽のあたる坂道 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


川地民夫、石原裕次郎                北原三枝、芦川いづみ

川地民夫、芦川いづみ               石原裕次郎、小高雄二

映画「おさな妻」


関根恵子(高橋惠子)

関根恵子                      新克利

今回は臼坂礼次郎監督1970年製作「おさな妻」をピックアップする。
本作は女優、関根恵子(現:高橋惠子)さんのデビュー作品として決定していたが、「高校生ブルース」の主演予定だった女優が怪我をしたことから、代役に抜擢され1970年8月封切の「高校生ブルース」がデビュー作となった。

【ストリー】
黛玲子(関根恵子)は数カ月前、母(坪内ミキ子)を病気でなくし、みなし子になってしまった。親族会議の結果、伯母静江の家に引き取られることになった。母をなくした悲しみを、静江(近江輝子)は優しくいたわり、今まで通り高校に通わせてくれたが、静江の息子淳一(炎三四郎)だけは、いかがわしい眼つきで玲子を見ていた。ある日、淳一が静江の留守中、学校から帰った玲子に乱暴しようとしたため、玲子はこの家を出る決心をする。行くあてもなく町をブラブラしている玲子に声をかけたのは由紀子(渡辺美佐子)というあまり売れない、小劇場の舞台女優だった。由紀子に事情を説明すると、こころよく、彼女のアパートにとめてくれ、翌日、安いアパートを紹介してくれた。静江の反対を押し切ってアパートでの一人暮しを始めた玲子は、再会した幼稚園時代の先生の紹介で通学のかたわら保育園で子供たちの面倒をみるアルバイトを始めた。生活のためとはいえ、学校を抱えてのアルバイトは苦しかったが、やがてそれもなれた。園児たちはすぐ玲子になつき、ことに母のないまゆみ(佐藤久里子)は、玲子を母のようにしたうようになった。やがてまゆみを間にはさみ、父親の吉川(新克利)と玲子は食事をしたり、買い物をしたりする、楽しい時間を持つようになった。玲子は、吉川をまゆみの父親としてよりも、男性として愛情を感じ始めていた。吉川の強引な求婚に、玲子は高校生という自分の立場と吉川との年齢の開きに躊躇しながらも結婚に合意する。幸せな結婚生活が続いた。しかし、ふとしたきっかけで吉川の昔の恋人(真山知子)を知り、いまもなおその恋人が吉川を愛していることを知った玲子は、大人の愛憎の複雑さが理解できず自暴自棄になって結婚を後悔し、家庭を棄てようとするが、吉川の強い愛情を感じ、やがてまゆみと吉川との静かで平和な生活にもどっていった。


真山知子

題名:おさな妻
監督:臼坂礼次郎
企画:藤井浩明、川崎治直
原作:富島健夫
脚本:白坂依志夫、安本莞二
撮影:上原明
照明:久保江平八
録音:飛田喜美雄
美術:間野重雄
編集:糸井敬男
音楽:八木正生 主題歌:関根恵子「はじめての愛」
現像:東京現像所
製作主任:川村清
助監督:山本洋
スチール:大葉博一
出演:関根恵子(高橋惠子)、新克利、渡辺美佐子、近江輝子、坪内ミキ子、真山知子、福田豊土、八代順子、炎三四郎、佐藤久里子
1970年日本・大映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
おさな妻 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


京王井の頭線神泉駅前3000系(1970年)

映画「ギターを持った渡り鳥」

ギターを持った渡り鳥ギターを持った渡り鳥
小林旭                         宍戸錠

今回は斎藤武市監督1959年製作「ギターを持った渡り鳥」をピックアップする。
本作は、無国籍アクションという独自のジャンルを誕生させた小林旭さんの”渡り鳥シリーズ”の第一弾だ。以降1962年まで合計8作が作られた。本作は、函館港、七財橋、旧函館区公会堂、函館市地域交流まちづくりセンター、函館山ロープウェイ、函館山などの函館ロケーションが行われ、ホールを含む室内は日活調布撮影所セットの様だ。

ギターを持った渡り鳥ギターを持った渡り鳥
浅丘ルリ子                    金子信雄、宍戸錠

【ストリー】
港町にギター背中に流れて来た伸次(小林旭)は、喧嘩で危い流しのサブ(野呂圭介)を救ったことから親分の秋津(金子信雄)にひきあわされた。秋津は自分の娯楽センター拡張のため、親切ごかしに金を貸し利子の期限切れを種に暴力的に土地を立退かせていた。伸次の腕力と嚇しはマーケットの住民をふるえあがらせた。秋津は沖合にある小島にもセンターを作る関係上丸庄漁業に伸次を使にたてた。しかし庄司の女房澄子(中原早苗)が秋津の実妹と知るとこの仕事を断った。会った時から伸次に惹かれていた秋津の娘由紀(浅丘ルリ子)は叔母のために手を引いた彼に一層の好意を寄せた。ある日神戸の田口組のジョージ(金子信雄)がヤクの密輸を沖合で取引きするので舟をかりに来た。秋津の用心棒馬場(弘松三郎)は丸庄のあかつき丸を担保にとりあげた。秋津組とジョージは取引きのため沖合に出た。挨拶がわりのダイス遊びで見せた伸次の手さばきに、ジョージは彼とどこかで会ったような感じを持った。そこで厭がる伸次にむりやり拳銃を弾たせた。“判ったお前は神戸市警のデカだ。昔俺の舎弟を殺してサツを首になった奴だ”二人が拳銃を構えた時巡視艇が廻って来た。決闘は明晩までのばされることになった。その夜庄司(木浦佑三)が溺死体となって発見された。サブの口から秋津の仕業と知った伸次は秋津と手を切る決心をした。翌晩再び海に出た。密輸取引きが終り二つの影が向い合った。その瞬間を狙って馬場の拳銃が二人に向って火を吐いた。伸次は海に消えた。ジョージは傷つきながら馬場を倒した。
組のことを知り過ぎた伸次を消し密輸を一人占めしようとする秋津のたくらみであった。秋津の事務所へ伸次は飛び込んでいった。が秋津は拳銃を構えて待っていた。しかし何時の間にか裏口よりやってきたジョージに倒された。パトカーのサイレンが近づいた。ビリヤード場で対峙する二人。二人の拳銃が火を噴く。バシッとジョージの拳銃がフッ飛んだ。負けを認めたジョージを沼田刑事(二本柳寛)が逮捕に来る。別の日、復職を進める沼田に伸次は死んだ女の墓参りに佐渡に向かうと告げる。伸次の旅立ちに由紀たちが見送りに来る。また戻ってくると言って旅立つ伸次だが、由紀はそれが嘘だと判っていた…。

ギターを持った渡り鳥ギターを持った渡り鳥
金子信雄                        小林旭

題名:ギターを持った渡り鳥
監督:斎藤武市
企画:児井英生
原作:小川英
脚本:山崎巖、原健三郎
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:米津次男
美術:坂口武玄
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎
現像:東洋現像所
製作主任:桜井宏信
監督助手:神代辰巳
色彩計測:幸田守雄
スチール:式田高一
出演:小林旭、浅丘ルリ子、宍戸錠、中原早苗、渡辺美佐子、金子信雄、二本柳寛、白木マリ、野呂圭介、弘松三郎、天草四郎
1959年日本・日活/シネスコサイズ・カラー77分35mmフィルム
ギターを持った渡り鳥-DVD-

本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。
ギターを持った渡り鳥ギターを持った渡り鳥
小林旭、浅丘ルリ子
ギターを持った渡り鳥

1 2