映画「やさぐれ刑事」


原田芳雄                        大谷直子

今回は渡邊祐介監督1976年製作「やさぐれ刑事」をピックアップする。
本作は藤本義一氏の同名小説を映画化したもので、物語の展開が良い作品になっている。70年代の原田芳雄さんの存在感が最も出ている作品ではないかと思う。松竹らしからぬ作風も新鮮だった。


高橋悦史                        清水章吾

【ストリー】
全国制覇をたくらむ関西十文字組の策謀に呼応して、各地で一斉に同系列の暴力団が動き始めた。当然、警察の動きも活発になった。北海道・札幌。暴力団取締りの中心にいた大西警部(神田隆)が殺されるという事件が起きた。犯人は、十文字系列の組の幹部・杉谷(高橋悦史)で、彼はすでに女連れで札幌から姿を消していた。大西警部直属の部下である西野警部補(原田芳雄)は、杉谷を追って北海道の最南端まで辿り着いたが、杉谷は下北半島に渡った後だった。しかも、杉谷と共に逃げているのは西野の妻・真穂(大谷直子)である事が判明した。職務に追われる西野にかまってもらえない妻はいつも寂しい思いをしていた、そこに情報を集めていた杉谷がとり入ったのだ、と西野は思った。西野は杉谷を、妻を、激しく憎んだ。二人を追う決心をした西野は警察を辞めた。法を守っていたのでは二人を追いつめることはできない、刑事でありながら法を破ることはできないからだった。西野の復讐の旅が始った。青森--。西野は真穂と再会した。西野は真穂を犯しながら、十文字組の情報を流すように命じた。相馬--。杉谷の臭いをかいで十文字組の事務所に侵入した西野はチンピラたちがブルー・フィルムに写る真穂の裸身をなめるように見ているのに出くわした。血が逆流する思いの西野は、ガスのコックを全開し、事務所ごと爆破した。東京--。西野は十文字組の背後に、政界に陰然たる影響力を持つ野村昭蔵(大滝秀治)の存在を知り、真穂は野村付きの高級コールガールとしてあてがわれていた。大阪・神戸--。真穂の情報をもとに、西野は十文字組の若衆頭を射殺、3億円にのぼる麻薬を押収した。鹿児島--。西野は十文字組の麻薬ルートの連絡中継点である浅見俊江(赤座美代子)の家を見つけ出した。だが、杉谷は沖縄に麻薬の取り引きに出て留守だった。「杉谷が抱いた女は、すべて犯す」西野は冷たい眼差しで俊江を犯した。遂に杉谷から坊ノ津港に来る、という連絡が入った。西野は杉谷と坊ノ津港の突堤で対峠した。西野のリボルバーが火を吹き、杉谷の眉間をぶち抜いた……。その頃、枕崎のとあるバーで、真穂は涙で頬を濡らしながら客を引いていた。夜目にも白く光る窓外の海、刑事二人に護送される西野は「あいつも可哀想な奴だった」と咳いた。それは、西野の一番愛していた真穂のことにちがいなかった。


絵沢萠子                         大谷直子

「やさぐれ刑事」大谷直子、原田芳雄

「やさぐれ刑事」原田芳雄、絵沢萠子

「やさぐれ刑事」赤座美代子、原田芳雄

題名:やさぐれ刑事
監督:渡邊祐介
企画:松本常保、大志万恭子
製作:猪股尭
原作:藤本義一
脚本:渡邊祐介、国弘威雄
撮影:丸山恵司
照明:三浦礼
録音:鈴木功
調音:小尾幸魚
美術:重田重盛
装置:新映美術工芸
装飾:宗田八郎
衣裳:松竹衣装
擬斗:美山晋八
編集:寺田昭光
音楽:鏑木創
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製作進行:柴田忠
助監督:白木慶二
スチール:石田康男
出演:原田芳雄、大谷直子、高橋悦史、清水章吾、赤座美代子、絵沢萠子、大木実 、大滝秀治、花澤徳衛、佐藤蛾次郎、下川辰平、谷村昌彦、本郷直樹、神田隆、梓ようこ、ひろみどり
1976年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
やさぐれ刑事 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


原田芳雄、大谷直子                   原田芳雄

映画「必殺仕掛人 梅安蟻地獄」


緒形拳                           林与一

今回は渡邊祐介監督1973年製作「必殺仕掛人 梅安蟻地獄」をピックアップする。
本作は、“必殺仕掛人”シリーズ第二作目である。テレビ版「必殺仕掛人」に見慣れた観客からの要望で、メインキャスト2人がテレビ版の緒形拳さん、林与一さんに変更された。原作で活躍した浪人剣士、小杉十五郎が登場し、林与一さんが好演している。


松尾嘉代                      津坂匡章、緒形拳

【ストリー】
鍼医者・梅安(緒形拳)は、ある夜、一人の浪人に本道医師・宗伯(小池朝雄)と間違えられて襲われた。人違いと知ったその浪人は闇に消えた。数日後、梅安は仕掛の元締・半右衛門(山村聡)から伊豆屋長兵衛(佐藤慶)の暗殺を頼まれた。伊豆屋は5年前に江戸に来て以来、急速に財をなしており、その私生活は謎につつまれていた。ある日、梅安は伊豆屋と宗伯が密会しているのを張り込んでいたところ、先日の浪人も宗伯を見張っていた。浪人は小杉十五郎(林与一)と名乗り、薄幸な女郎お仲(津田京子)の母を犯し自殺に追いやった宗伯を狙っていたのだった。やがて調査で宗伯と伊豆屋の過去が判明した。伊豆屋は紀州家の侍であったが、藩内部の政権争いで、二人の家老のために宗伯から毒薬を手に入れ、藩主を秘かに毒殺したのだった。以後、侍を捨てた伊豆屋は、家老から金を強請っていたのだった。伊豆屋の仕掛を依頼したのもその家老だった。一方自分たちが狙われていると察知した伊豆屋は、宗伯を甲府へ逃がし、他の仕掛人に梅安、小杉の殺しを依頼した。梅安の家に罠が仕掛けられた。帰って来た梅安と小杉に襲いかかる殺し屋たち。それは一度入ったら抜けられぬ蟻地獄だった。危機に立つ二人だったが、かけつけてきた半右衛門の助けでどうやら助かった。殺し屋の一人から宗伯の居場所を聞き出した小杉は、すぐ後を追い、斬った。祭りの夜、やぐらの上で銭まきをしていた伊豆屋が転落した。騒ぎをよそに、面を被った梅安が、くわえた針を納め、人ごみを離れた。


佐藤慶                          小池朝雄

題名:必殺仕掛人 梅安蟻地獄
監督:渡邊祐介
製作:織田明
原作:池波正太郎「梅安蟻地獄」
脚本:宮川一郎、渡邊祐介
撮影:小杉正雄
照明:佐久間丈彦
録音:中村寛
調音:小尾幸魚
美術:森田郷平
装置:森勇
装飾:宗田八郎
衣裳:松竹衣装 かつら:八木かつら店
殺陣:湯浅謙太郎
編集:寺田昭光
音楽:鏑木創 主題曲:平尾昌晃
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:柴田忠
助監督:白木慶二
スチール:小尾健彦
出演:緒形拳、林与一、津坂匡章(秋野太作)、松尾嘉代、山村聡、佐藤慶、小池朝雄、岩崎和子、津田京子、ひろみどり、野村昭子
1973年日本・松竹京都撮影所/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
必殺仕掛人 梅安蟻地獄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


林与一、緒形拳、津坂匡章               緒形拳、山村聡

映画「必殺仕掛人」


田宮二郎                      高橋幸治、田宮二郎、山村聰

今回は渡邊祐介監督1973年製作「必殺仕掛人」をピックアップする。
本作は、1972年9月から1973年4月まで朝日放送と松竹京都撮影所で制作された人気テレビ映画(16mm)「必殺仕掛人(全33話)」を映画化したものだ。藤枝梅安役は、テレビ版の緒形拳さんから田宮二郎さんが映画第1作で演じている。その後1973年に映画版「必殺仕掛人 梅安蟻地獄」1974年「必殺仕掛人 春雪仕掛針」で再び藤枝梅安役を緒形拳さんが演じている。


川地民夫、野際陽子                    森次晃嗣

【ストリー】
鍼医者・藤枝梅安(田宮二郎)は、仕掛人の元締・音羽屋半右衛門(山村聡)から前金二十五両と引換えに日本橋蝋燭問屋・辻屋文吉の後添いお照(川崎あかね)を殺した。お照は、盗っ人稼業駿府の音蔵の娘で、音蔵が乾分の徳次郎(浜田寅彦)に殺された後は、孫八(川地民夫)と組んで悪事を重ねていた。その上、老い先短い文吉(穂積隆信)をたぶらかして後妻に入り込み辻屋の身代を狙っていた。文吉がお照の仕掛を依頼したのもそのためであった。翌日、梅安は血の匂いを消すため、今では梅安の助っ人となっている徳次郎を連れて甲州へ旅立った。二人の後を、梅安のお照殺しを目撃していた孫八が尾けていた。その夜、徳次郎は裏切者として孫八に殺された。仕掛人西村左内(高橋幸治)は研師を稼業としていたが、その喧嘩さばきを買われて、八丁堀同心峯山又十郎(室田日出男)から町方同心になることをすすめられていた。ただし、与力、組頭への手土産として三十両が必要だという。だが、それは又十郎の地位利用のユスリタカリだった。街はずれの私娼宿の女将・お吉(野際陽子)は、上野界隈を縄張りとする香具師・三の松の平十(河村憲一郎)の妾だが、今では平十の乾分になっている孫八とも深い仲であった。やがて、病弱な平十は、度々難癖つけてユスっていた又十郎の殺しを音羽屋に依頼して息を引き取った。平十の弟分・聖天の大五郎(三津田健)もあらためて又十郎殺しと、そしてお吉の仕掛を依頼した。音羽屋は、又十郎を左内に、お吉の仕掛を梅安に命じた。左内の大刀が一閃した。又十郎は愛妾の絶叫を聞きながら死んでいった。一方、梅安は、お吉と孫八が情欲の後、熟睡している時を狙って殺した。平十の遺児・為吉(森次晃嗣)は、お吉、孫八、又十郎と邪魔者が亡くなって平十の縄張りを継いだ。ところが、大五郎はかねてからの計画通りに、為吉を殺し、縄張りを手中にした。だが、大五郎に利用されたと知った音羽屋は、大五郎を許さなかった。音羽屋の白扇の柄からスッと抜かれた細い刃が一閃した……。数日後、音羽屋、梅安、左内が酒を交わしていた。そして、梅安が淋しそうに言った。「あのお吉の目が、おふくろの目にそっくりだったんですよ……。」


野際陽子                                                                  浜田寅彦

題名:必殺仕掛人
監督:渡邊祐介
製作:織田明
原作:池波正太郎
脚本:安倍徹郎、渡邊祐介
撮影:小杉正雄
照明:佐久間丈彦
録音:中村寛
調音:小尾幸魚
美術:森田郷平、佐藤之俊
装置:小島勝男
装飾:宗田八郎
衣裳:松竹衣装
かつら:八木かつら店
刺青:北島一男
擬斗:湯浅謙太郎
編集:寺田昭光
音楽:鏑木創 主題曲「荒野の果てに」
現像:東映化学
製作主任:峰順一
製作進行:柴田忠
助監督:白木慶二
スチール:長谷川宗平
出演:田宮二郎、高橋幸治、山村聰、野際陽子、川地民夫、津坂匡章(秋野太作)、森次晃嗣、浜田寅彦、三津田健、室田日出男、谷村昌彦、穂積隆信、川崎あかね
1973年日本・松竹京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
必殺仕掛人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高橋幸治、室田日出                   必殺仕掛人

1 2