映画「静かな生活」


佐伯日菜子                     渡部篤郎、佐伯日菜子

今回は伊丹十三監督1995年製作「静かな生活」をピックアップする。
本作は、大江健三郎氏の同名原作を映画化したものだが、映画としては、伊丹監督作品で最もつまらないと思った。興行的にも失敗した駄作である。DVDで初見だったが、見終えて「まさか」と思ったぐらい落胆した作品だった。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女


山崎努                         宮本信子

【ストリー】
絵本作家を目指すマーちゃん(佐伯日菜子)の家族は、作家であるパパ(山崎努)と優しく家族を束ねるママ(柴田美保子)、大学入試を控えた弟のオーちゃん(大森嘉之)、そして音楽の才に恵まれながら障害者である兄のイーヨー(渡部篤郎)の5人。ある年、家の下水を直そうとして失敗したパパは、家長としての威厳がないというプレッシャーに耐え切れず、おりから招かれていたオーストラリアの大学へ講師としてママと出向くことになった。留守を引き受けたマーちゃんは、イーヨーたちの面倒をみるのだが、痴漢事件やポーランド大使への意見運動、イーヨーの作曲した“捨て子”という曲騒動などが起こっててんやわんや。なかでもイーヨーの水泳レッスンにまつわる事件は、忘れ難いものとなってしまう。パパたちの出発後、マーちゃんはイーヨーを連れてプールに通うことになるのだが、そこでパパの昔の知り合いだという新井君(今井雅之)が、イーヨーのコーチを買って出てくれるのであった。新井君の指導は良く、イーヨーの水泳の腕はあがる一方。さらには、イーヨーに彼の大好きなテレビの天気予報のお姉さん(緒川たまき)まで紹介してくれ、彼にすっかり気を許す。ところがパパやパパの友人の団藤さん(岡村喬生)たちから、新井君の暗い過去を聞かされたマーちゃんは、誰もいないところで新井君に会わないよう忠告を受けた。しかし、それが新井君の気に障り、団藤さんが大怪我をさせられたばかりか、純情なマーちゃんまで暴行を受けそうになる。だが、マーちゃんの純潔を汚そうとする新井君にイーヨーが飛びかかり、決して新井君に勝ったわけではないけれど、マーちゃんを守り切るのだった。パパの精神状態も安定した頃、そんな事件の数々を綴ったマーちゃんの絵日記に、イーヨーは「静かな生活」というタイトルをつけるのだった。


結城美栄子、佐伯日菜子                 静かな生活

題名:静かな生活
監督:伊丹十三
製作:玉置泰
原作:大江健三郎
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:加藤松作
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斎藤昌利、北田雅也 (東洋音響カモメ) リーレコ:神保小四郎
美術:川口直次
衣裳:岩崎文男
装飾:佐藤結樹 (ポパイアート)、尾関龍生、龍田哲児
小道具:大西桂子
スタイリスト:鈴木智子、豊平ちせ
化粧:梅沢文子
特殊メイク:江川悦子、寺田まゆみ
配役:田中忠雄
擬斗:高瀬将嗣、瀬木一将
操演:白熊栄次 (サプライズ)
記録:松澤一美
編集:鈴木晄
音楽:大江光 音楽プロデューサー:立川直樹
現像:イマジカ タイミング:小椋俊一
撮影機材:三和映材社
フィルム:富士フィルム (報映産業)
プロデューサー:細越省吾、川崎隆
応援撮影:浜田毅
製作担当:岩下真司
製作進行:森太郎、荒木正人
演技事務:穂盛伊佐雄
助監督:中嶋竹彦
監督助手:蝶野博、山口晃ニ、菅原文雄
撮影助手:栗山修司、井上恵一郎、仲村志宏
応援助手:上野彰吾、平康真二、小松高志
照明助手:林信一、田辺浩、大橋陽一郎、永田英則
特機助手:竹内純
録音助手:白取貢、松本昇和
美術助手:山崎秀満、新田隆之、川村泰代
編集助手:普嶋信一
装置組付:福田義昭
水中撮影:日本水中映像
ビデオ撮影:佐藤利明 (TAO)
フードスタイリスト:石森いずみ
スタジオ録音:石井ますみ、大野誠、下野留之
デジタル合成:島村達雄、山崎貴、渋谷紀世子 (白組)・金子俊夫、武坂耕ニ、鈴木等(イマジカ)
グラフィック・デザイン:佐村憲一
マーちゃんの絵:中嶋竹彦
製作デスク:吉川次郎
スタジオ:にっかつ撮影所
出演:山崎努、柴田美保子、渡部篤郎、佐伯日菜子、今井雅之、宮本信子、岡村喬生、左時枝、結城美栄子、緒川たまき、大森嘉之、原ひさ子、阿知波悟美、柳生博
1995年日本・伊丹プロダクション/ビスタサイズ・カラー121分35mmフィルム
静かな生活 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


今井雅之、佐伯日菜子                 静かな生活

映画「探偵はBARにいる」「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」

探偵はBARにいる


大泉洋                        松田龍平

今回は橋本一監督2011年製作「探偵はBARにいる」最悪作品賞をピックアップする。
フィルムルノアールを期待させる題名の本作は、TV朝日系テレビドラマ「相棒」のスタッフで製作されたそうだ。私は安っぽい映像のビデオドラマは一切見ない。嘘っぽく安直な筋立ての日本のテレビドラマは嫌悪している。本作は、見ている内に「これって映画?」と疑問符が付く様な画面の数々、寄り画が多くアップアップのテレビドラマの様だった。とても劇場公開を考えて設計しているとは思えない。物語も陳腐でつまらなく、あくびが何ども出る内容だった。


小雪                        カルメン・マキ

【ストリー】
札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉洋)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田龍平)と酒を飲み、オセロに興じていた。
そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が……。職業柄、危険の匂いには敏感なはずが、簡単な依頼だと思い引き受け、翌日実行。だがその直後に拉致され、雪に埋められ、半殺しの目に遭ってしまう。怒りが収まらぬ探偵の元に、再び“コンドウキョウコ”から電話が入る。その依頼を渋々こなし、自力での報復に動き出した探偵と高田は、知らず知らずのうちに事態の核心に触れていく。その過程で浮かび上がる沙織(小雪)という謎の美女と大物実業家・霧島(西田敏行)の存在。そして、探偵は4つの殺人事件にぶつかる……。果たして“コンドウキョウコ”は何を目論んでいるのか。事件と事件のつながりは何なのか……。


西田敏行                        竹下景子

題名:探偵はBARにいる
監督:橋本一
企画:香月純一、桑田潔
製作:平城隆司
原作:東直己「バーにかかってきた電話」
脚本:古沢良太、須藤泰司
撮影:田中一成
照明:吉角荘介
録音:田村智昭
音効:北田雅也
整音:室園剛
美術:福澤勝広
装飾:大庭信正
編集:只野信也
音楽:池頼広 主題歌:カルメン・マキ「時計をとめて」
プロデューサー:上田めぐみ、須藤泰司、今川朋美
製作 – 鈴木武幸、神山郁雄、木下直哉、日達長夫、畑中達郎、鈴井亜由美、古玉國彦、村田正敏、萩谷忠男、岩本孝一、山本晋也、大辻茂、古賀太
助監督:高橋浩
制作担当:畑山佳津子
制作プロダクション:東映東京撮影所
出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、野村周平、田口トモロヲ、カルメン・マキ、安藤玉恵、吉高由里子、本宮泰風、石橋蓮司、竹下景子、松重豊、高嶋政伸
2011年日本/ビスタサイズ・カラー125分デジタルシネマ
探偵はBARにいる -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


探偵はBARにいる

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点


大泉洋                          松田龍平

今回は橋本一監督2013年製作「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」最悪作品賞をピックアップする。前作に落胆したので「今回こそは!」と期待したが無駄だった。
ライティングもフィルムルノアールなのにフラットで明るすぎる。否、質の悪いドタバタ・コメディ・バラエティか?これは映画じゃないよ!役者の芝居もオーバー気味で下手。感情移入なんて出来やしない。私はテレビタレントを俳優とは言いたくない。シリーズ3が劇場公開されてたそうだが、もう見る気はしない。最悪作品賞最悪作品賞最悪作品賞


尾野真千子

【ストリー】
札幌ススキノ。探偵(大泉洋)行きつけのショーパブの従業員で友達のオカマのマサコちゃん(ゴリ)が殺害された。マサコちゃんは手品が得意で、マジックコンテストの全国大会に出場。二日前にその祝賀会を探偵の相棒・高田(松田龍平)や仲間の皆で祝ったばかりだった。捜査が一向に進まない状況の中、「マサコちゃんは政界の闇に触れたから殺された」という噂が探偵の耳に入る。時を同じくして、探偵を尾行してきたという女から事件究明の依頼が舞い込む。友達の死の真相を探るため、再び探偵と高田は疾走する……。


松重豊                         渡部篤郎

題名:探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点
監督:橋本一
企画:有川俊、桑田潔
原作:東直己
脚本:古沢良太、須藤泰司
撮影:田中一成
照明:吉角荘介
録音:田村智昭
整音:室薗剛
美術:福澤勝広
装飾:大庭信正
編集:只野信也
音楽:池頼広
音楽プロデューサー:津島玄一
プロデューサー:須藤泰司、栗生一馬、大川武宏、八木征志
製作:白倉伸一郎、平城隆司、木下直哉、日達長夫、畠中達郎、鈴井亜由美、香月純一、村田正敏、樋泉実、岩本孝一、山本晋也、大辻茂、笹栗哲朗、早川浩
助監督:倉橋龍介
制作プロダクション:東映東京撮影所
出演:大泉洋、松田龍平、尾野真千子、田口トモロヲ、渡部篤郎、片桐竜次、松重豊
2013年日本/ビスタサイズ・カラー119分デジタルシネマ
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

映画「復讐の帝王」

復讐の帝王復讐の帝王
渡部篤郎

今回は成田裕介監督1995年製作「復讐の帝王」をピックアップする。
本作は桑原譲太郎氏のハードボイルド同名小説を映画化したもので本作はVシネマとして製作され劇場公開された作品、スーパー16mmで撮影されている。監督の成田裕介氏は、1976年に若松プロ(若松孝二監督)入りし、崔洋一監督の助監督を経てから1989年に「バカヤロー!2 幸せになりたい」でスクリーンデビュー、1999年大島渚監督「御法度」では監督補佐を努め、病後の大島監督を支えた方だ。

復讐の帝王復讐の帝王
渡部篤郎                       岸本祐二

【ストリー】
優しい妻と可愛い娘、そして結婚間近の妹たちに囲まれ、四条辰也は幸せな日々を送っていた。だがある日、妻と娘は狂人じみた通り魔に殺され、さらに妹は謎の自動車に轢き逃げされてしまう。生きがいを失って気落ちした四条に対しジャーナリストの森下は、一連の事故は殺人事件だと告げる。訝しがる四条をよそに森下は調査を進めるが、核心をつかんだという電話を最後に何者かに殺されてしまった。通り魔は組織によってヤクに侵された人間であり、殺された家族たちはその現場を目撃したために事故を装って始末されたらしい。四条は手掛かりをつかもうと自分で調べ始めるが、その行く手を阻むかのように関係者が次々と消されていく。そして四条は組織の者らしい見知らぬ男に襲われ、特殊な薬物を注入されて強度の神経衰弱に陥ってしまった。そのうえ四条は組織の息のかかった病院へと幽閉される。このまま生殺しにされると思われた頃、亡き妹の婚約者・東海俊太郎が病院へ面会に訪れた。やはり東海も事故を不審に思い、独自の調査を進め事件の背後を探っていたのだ。同じ悲しみと苦しみを分かち合う者として東海は四条を元気づけた。病院から退院した四条は魂の抜け殻のようだったが、東海の必死の励ましと復讐への誘いにやがて正気を取り戻す。復讐を決意した四条と東海は、元傭兵でその道のスペシャリストである朴を訪ね、彼を雇って戦うプロフェッショナルとなる特訓を受け始めた。組織の殺し屋らしい中国人・華らの追跡をかわしながら、二人は一人前の戦士へと成長していく。東海の調査結果からまずは金田組の吉野という男にターゲットを絞った二人は、吉野を追いつめ真の黒幕が稲葉組の増岡であることを知った。華を含め完全防備で構える増岡の別荘へ、四条と東海は捨て身の覚悟で乗り込んでいく。激しい戦いを経て、もはや敵を独力で倒しきれなくなったと悟った二人は手にした爆弾を爆破させるのだった。

復讐の帝王復讐の帝王
長谷川初範                   ジョー山中

題名:復讐の帝王
監督:成田裕介
企画:夏山静香、末吉博彦
製作:夏山静香
原作:桑原譲太郎
脚本:我妻正義
撮影:佐野哲郎
照明:中村裕樹
録音:井家眞紀夫
美術:伊藤章雄
殺陣:中瀬博文
記録:杉山昌子
編集:田中慎二
音楽:ジョー山中
フィルム:日本コダック
撮影機材:映像サービス
現像:東映化学
プロデューサー:夏山昌一郎
助監督:蝶野博
出演:渡部篤郎、岸本祐二、長谷川初範、ジョー山中、室田日出男、清水アキラ、桑名正博、安岡力也、宍戸錠、大沢逸美、比企理恵
1995年日本・シネマパラダイス/ビスタサイズ(Supper16)・イーストマンカラー95分16mmフィルム
復讐の帝王 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

復讐の帝王復讐の帝王
復讐の帝王

1 2