映画「血染の代紋」

血染の代紋血染の代紋
菅原文太、梅宮辰夫          待田京介、曽根晴美、 室田日出男、菅原文太

今回は深作欣二監督1969年製作「血染の代紋」をピックアップする。
1970年1月31日に公開された本作の舞台は横浜、厳しい警察の取り締まりにより資金源を押さえられた暴力集団が、コンビナート拡張にからむ利権をめぐって、新しい抗争を始めようとしていた。その最中、生まれ故郷の横浜に戻ってきた元ボクサーは、幼友達が浜本組の組長となったことを知る。二人は利権抗争の中で、心ならずも敵味方となるが、横浜を食い物にしようとする組織に対し、命を賭けた戦いを開始する――。

血染の代紋血染の代紋
鶴田浩二                       渡辺文雄

【ストリー】
横浜・浜安組の新組長を襲名した郡司健策(菅原文太)は、岩切組組長岩切(内田朝雄)の勧めで、倉庫業への転身を計画した。だが、この計画実行には、アンコ達の住むスラムを壊さなければならなかった。説得に当る郡司の前に幼な友だちで元ボクサーの速水(梅宮辰夫)が立ちふさがった。速水は、混血のジョージ(ケン・サンダース)に自分の夢を託して育てていたが、ジョージの怪我を治す金欲しさから大門組に買収されていた。それに大門(渡辺文雄)もまた倉庫の利権を狙っていたのだ。そんなある日、浜安組の元代貸・黒木(鶴田浩二)が刑期を終えて出所して来た。郡司と黒木の説得で、スラムの住人・大将(長門勇)やドモ竹(砂塚秀夫)も協力を約束し、立退きは軌道に乗りはじめた。一方、大門の妨害も激しさを増し、組員の風間(待田京介)が惨殺された。この間に岩切は大門と組んで倉庫の利権をわがものにしようと企んだ。ある夜、大将とジョージが殺された。大門組のしわざと知る速水は、大門への怒りに燃えたった。またこれが浜安組のしわざと思ったスラムの住民は大門組の煽動にのって暴動を起した。大門と岩切の企みを知った黒木は単身岩切組へ殴り込み、岩切と共に命を絶った。この騒ぎの間に大門はまんまと倉庫の利権を握り、新埠頭での起工式に臨んだ。式が終って会場から出る大門と組員たちの前に郡司と速水が立ちはだかった。郡司の短刀が大門の腹を刺した。が、彼の背中にも無数の白刃が襲った。大門に止めをさした速水も銃弾に倒れた。二人は血に染りながら固く手と手を握った。

血染の代紋血染の代紋
菅原文太、宮園純子                 ケン・サンダース、梅宮辰夫

題名:血染の代紋
監督:深作欣二
企画:俊藤浩滋、太田浩児
脚本:深作欣二、内藤誠
撮影:仲沢半次郎
照明:元持秀雄
録音:小松忠之
美術:北川弘
装置:松野太三郎
装飾:米沢一弘
記録:宮本依子
編集:祖田富美夫
擬斗:日尾孝司
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:坂本年文
助監督:三堀篤
スチール:田中真紀夫
出演:梅宮辰夫、菅原文太、待田京介、宮園純子、鶴田浩二、長門勇、渡辺文雄、鈴木やすし、曽根晴美、内田朝雄、ケン・サンダース(ジョー・山中)、室田日出男、八名信夫、砂塚秀夫、木川哲也、滝島孝二、北川恵一、日尾孝司、藤山浩二、土山登士幸、南廣、久地明、河合絃司、小松方正(Na)
1969年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
血染の代紋 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

血染の代紋血染の代紋
長門勇                        血染の代紋

映画「昭和残侠伝 人斬り唐獅子」


高倉健                         池部良

今回は山下耕作監督1969年製作「昭和残侠伝 人斬り唐獅子」をピックアップする。
本作は “昭和残侠伝”シリーズ” の第6弾になる。ワンパターンになりがちな様式美のマンネリを監督の作風と配役によって避けているなと感じる作品だった。
1960年代は、映画会社が自社作品を直営館、系列館に流すブロック・ブッキング・システムによって量産していた訳だが、”寅さんシリーズ“を見ても思うが、観客を飽きさせない為の工夫が随所に見られる。


片岡千恵蔵                      小山明子

【ストリー】
花田秀次郎(高倉健)は、7年ぶりに出所して浅草に帰ってきた。浅草は、皆川一家と東雲一家が争っていた。秀次郎は、義兄弟の風間重吉(池部良)が代貸を勤めている東雲一家に草鞋を脱ぐ。秀次郎は重吉から、かつて愛し合った芸者の雅代(小山明子)が皆川(大木実)の後妻になったと聞く。重吉は何か心配そうだった。親分の下河原重蔵(須賀不二男)が、大陸浪人の山村(内田朝雄)にそそのかされて皆川一家の縄張りに手をのばし始めたからだった。皆川一家は、皆川や代貸・梶(葉山良二)の巻返しも空しく、劣勢が目立ってきた。皆川一家の子分数人が東雲一家に袋叩きにあった日、皆川の息子・誠吾(長谷川明男)は一人で下河原に斬りかかったが、重吉に押えられる。そして身柄受け渡しを求めに来た梶と共に、激しい私刑を受けた。見かねた秀次郎は、下河原に許しを乞うた。その夜、渡世の義理から皆川を斬った秀次郎は、上野剣一家の剣持(片岡千恵蔵)に後事を託すと浅草を去った。一年後、旅から戻った秀次郎は、皆川の墓前で雅代と再会する。詫びる秀次郎に雅代は、どうしても秀次郎を恨めなかったと語る。その頃、皆川一家の縄張りを狙う山村と下河原は関東義政会の結成を呼びかけたが、彼らの狙いを察知した剣持が反対し、両者の対立は深まる。やがて皆川の遊郭が爆破され、誠吾は梶と東雲一家に殴り込んだが、梶は殺され、誠吾も重傷を負った。そして剣一家は東雲一家に奇襲され、剣持以下全員が斬殺された。秀次郎は、雅代がとめるのをふりきって、単身、東雲一家に向かった。途中で、下河原の義理を欠いたやりかたに反発し破門された重吉と合流し、東雲一家に突入。下河原と山村を斬り捨てるのだった。


葉山良二、長谷川明男               池部良、高倉健

題名:昭和残侠伝 人斬り唐獅子
監督:山下耕作
企画:俊藤浩滋、吉田達
脚本:神波史男、長田紀生
撮影:林七郎
照明:元持秀雄
録音:小松忠之
美術:藤田博
装置:松野太三郎
装飾:田島俊英
疑斗:日尾孝司
記録:宮本依子
編集:田中修
音楽:菊池俊輔  主題歌:「昭和残侠伝」高倉健
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
製作主任:伊藤源郎
助監督:山口和彦
スチール:遠藤努
出演:高倉健、池部良、片岡千恵蔵、小山明子、大木実、長谷川明男、葉山良二、須賀不二男、沼田曜一、寺島達夫、内田朝雄、藤山浩二、夏珠美、丹羽又三郎、砂塚秀夫、久地明、長谷川弘、諸角啓二郎、小林稔侍、須賀良、高月忠、河合絃司、植田灯孝、片山滉、滝島孝二、志摩栄、佐藤晟也、花田達、日尾孝司、中島信義
1969年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー105分35mmフィルム
昭和残侠伝 人斬り唐獅子 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高倉健、片岡千恵蔵                池部良、高倉健