映画「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」


池玲子                         杉本美樹

今回は鈴木則文監督1972年製作「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」をピックアップする。
本作は、女番長(スケバン)シリーズ第2作目になる。
温泉みみず芸者」で主演デビューした池玲子さんが、巨乳を惜しげもなく披露する東映ポルノ・アクションである。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


風間千代子                       小山明子

【ストリー】
ナオミ(渡辺やよい)、知子(杉本美樹)、軽子(潤まり子)、お良(東映子)、悦子(岡邦子)ら5人の団員を指揮する京都パール団の女番長真紀(池玲子)は、愚連隊の荒木(荒木一郎)と手を組んで修学旅行売春、枕捜しなとで盛り場一帯を荒しまわり、その名を京都中に轟かせていた。ところが、大阪を根城とするズべ公グループ黒百合会が京都に勢力を伸ばしてきたため、両派の激突が相次いで起こり始めた。真紀は黒百合会の番長ユリ(風間千代子)とグループの運命を賭けて勝負するが、レーサーを夢みる栄三(宮内洋)の仲裁で一時引き分ける。栄三はユリの幼友達だったのだ。数日後、真紀達は好色坊主玄海を(由利徹)たらし込んで数百万円を捲き上げるが、地元の暴力団黒地組にバレてしまう。黒地租は牝犬狩りを実施して一大売春組織を作る計画をたてていたのだ。パール団と黒百合会の決戦で真紀に敗れたユリは、栄三の心が真紀に傾いたと誤解して黒地組に接近、黒地(小池朝雄)の情婦となってパール団と対抗しようとした。黒地組は、時をうつさず黒百合会を解散させ、いやがる団員をコールガールに仕立てあげていった。また黒地組にのりうつった一郎がパール団の根城をバラしたため真紀たちにも魔手がしのびより、真紀は軟禁されてしまう。その頃、栄三の兄貴分で今は一流レーサーとして名をあげている宮原明(梅宮辰夫)は、栄三を東京に連れ戻すために京都にやってきた。しかし、栄三は真紀、ユリの二人の身を案じてか、東京行をやめるのだった。一方、挙銃ブローカー宮内(穂積隆信)らの取引きに、黒地は、真紀を求うことを条件に、栄三を利用しようとする。これが黒地の罠とも知らず、真紀を求うために仕事を引きうけてしまった栄三は、影山たちのむごいリンチを受け、右目を失明、レーサーへの夢は断念しなければならなくなってしまう。また黒地組にあやつられていたユリは自分のあやまちに目をさまし、傷ついた真紀を救出し、脱走をくわだてる。しかし計画は発覚し、ユリは影山に殺されてしまう。翌日、ユリの助力で脱出に成功した真紀は、ユリが犠牲になって殺されたことを知ると、ズベ公の意地を見せるため、単身、黒地組に殴り込みをかけるのだった。


梅宮辰夫、宮内洋                   小池朝雄

岡八郎、荒木一郎                 山城新伍、由利徹

題名:女番長ブルース 牝蜂の挑戦
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:皆川隆之、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:北口光三郎
録音:荒川輝彦
美術:吉村晃
装置:近藤幸一
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:高安彦司
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:八田富子「女番長ブルース」
製作主任:俵坂孝宏
助監督:皆川隆之
演技事務:森村英次
スチール:杉本昭三
出演:池玲子、小山明子、宮内洋、風間千代子、渡辺やよい、杉本美樹、女屋実和子、潤まり子、小池朝雄、荒木一郎、岡八郎、由利徹、山城新伍、穂積隆信、梅宮辰夫、東映子、岡邦子
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
女番長ブルース 牝蜂の挑戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」池玲子

「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」池玲子

「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」池玲子

女番長ブルース 牝蜂の挑戦                             宮内洋、風間千代子

映画「温泉スッポン芸者」


「温泉スッポン芸者」杉本美樹

杉本美樹                              三原葉子

今回は鈴木則文監督1972年製作「温泉スッポン芸者」をピックアップする。
本作は”温泉芸者シリーズ”全7作の5作目である。前作に続き東映ポルノ路線であるが、カメオ出演が凄い!団鬼六氏、笹沢左保氏、福地泡介氏と常連の田中小実昌氏が、濡れ場込みで出ている。

【東映温泉芸者シリーズ】
1968年「温泉あんま芸者」監督:石井輝男 出演:橘ますみ、三原葉子
1969年「温泉ポン引女中」監督:荒井美三雄 出演:橘ますみ、葵三津子
1970年「温泉こんにゃく芸者」監督:中島貞夫 出演:女屋実和子、松井康子
1971年「温泉みみず芸者 」監督:鈴木則文 出演:池玲子、松井康子、杉本美樹
1972年「温泉スッポン芸者」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、城恵美、女屋実和子
1973年「温泉おさな芸者」監督:鷹森立一 出演:田辺節子、沢リミ子、深田ミミ
1975年「東京ふんどし芸者」監督:野田幸男  出演:堀めぐみ、茜ゆう子、三井マリア
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「温泉スッポン芸者」名和宏、三原葉子

三原葉子                             山城新伍、名和宏

【ストリー】
温泉芸者をしていた姉(松村康世)が交通事故で死んだため、浅井夏子(杉本美樹)は早速その温泉町にかけつけて来た。姉には、服部倉次郎(菅貫太郎)というスッポンの研究をしている変人の恋人がいた。偶然夏子がその町の観光ポスターのモデルになったところ、経総連理事長石橋(殿山泰司)に目をつけられ、芸者置屋の女将富子(三原葉子)の仲介で一夜を共にすることになったが、夏子の名器が、石橋のカラダを放さなくなり、病院に連れ込まれ大騒動。一躍、夏子はスッポン芸者の異名をとどろかすことになった。そんな夏子に、怪し気な研究家毛利高麿(山城新伍)と、偶然再会した昔の恋人信治(成瀬正孝)とがつきまとっていた。その頃、女体ブローカー竿師段平(名和宏)が町に現われた。段平はその精練されたセックステクニックで次々と芸者たちを、骨抜きにしていった。最後に段平は夏子にセックス勝負を挑んで来た。両者相ゆずらぬ白熱のセックス合戦が展開され、勝負はなかなかつかず、夏子は今しも悶絶せんとするが、その時現われたスッポンの幻影に勇気ずけられ、最後の気力をふりしぼった夏子が、遂に段平を倒した。翌日、賞金額を惜しげなく倉次郎に与え、いずこへともなく去って行くのだった。


「温泉スッポン芸者」田中小実昌(右)

成瀬正孝、金子信雄、大泉滉                    城恵美

題名:温泉スッポン芸者
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
原案:掛札昌裕
脚本:関本郁夫、鈴木則文
撮影:増田敏雄
照明:金子凱美
録音:堀場一朗
美術:雨森義允
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:荒木一郎 主題歌:杉本美樹「温泉スッポン芸者」
進行主任:上田正直
演技事務:伊駒実麿
助監督:関本郁夫
スチール:中山健司
出演:杉本美樹、城恵美、潤まり子、三原葉子、成瀬正孝、菅貫太郎、金子信雄、殿山泰司、大泉滉、山城新伍、名和宏、殿山泰司、女屋実和子、笹沢左保、田中小実昌、団鬼六、福地泡介、一条さゆり、川谷拓三、菅原文太、松村康世、岡八郎、月亭可朝、川谷拓三
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
温泉スッポン芸者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「温泉スッポン芸者」杉本美樹

成瀬正孝                                                              菅貫太郎

温泉スッポン芸者