映画「暴力街」


安藤昇                          小林旭

今回は五社英雄監督1974年製作「暴力街」をピックアップする。
本作は、500人以上の構成員が在籍した安藤組の元組長であった安藤昇さんが主演である。
安藤昇さんは、1964年に安藤組解散後、1965年に自らの自叙伝を松竹で映画化した「血と掟」に主演し、映画俳優へ転向した。1967年には東映に移籍して「懲役十八年」で東映初出演をする。また五社英雄監督は、東映京都撮影所がホームグラウンドであった為、本作は東映東京撮影所で撮った唯一の作品になった。製作当時、岡田茂東映社長は、東映ポルノ路線から撤退し”今後は実録ものとギャングもの、それに歌謡路線を強化して行く”という新方針を打ち出した背景があった。


室田日出男、安藤昇、夏八木勲              赤座美代子

【ストリー】
もと関東東菊会幹部江川組々長・江川紘一(安藤昇)は、今では足を洗い銀座のクラブ・マドリッドを経営し、情婦の晃子(川村真樹)と平穏な生活を送っていた。関西西日本連合会が全国制覇の最後の拠点、東京・銀座に乗り出して来た。銀座の中心マドリッドに目をつけた西日本連合会だが、東菊会の剛原(高田繁司)も同幹部・矢崎竜二(小林旭)を指し向けて、マドリッド買収に乗り出した。しかし、江川はあくまでマドリッドを守る態度を示した。一方、東菊会たちの仕業に腹をすえかねた江川の配下の望月(室田日出男)たちは、江川に内密で江川組再建を企てた。望月はチンピラ数人で、東菊会経営の新興企画の新人歌手・天野マリ(中津川みなみ)を誘拐し、それを西日本連合会の仕業にみせかけ1億円の恐喝を行なった。そして、数日後、天野マリが死体で発見され、マスコミはこの事件の背後に関東・関西の暴力団の抗争がからんでいると騒ぎたてた。望月は1億円を手に入れ、元江川組々員・浜勇喜(夏八木勲)に金を預けた。そして望月、浜は江川に組再建を打診するが、江川は拒否する。一方、天野マリ誘拐が望月たちの仕業だと知った東菊会は、殺し屋を雇い望月たち江川の配下を殺した。今まで沈黙を保っていた江川は、配下の無残な死に様を見て、遂に剛原に喧嘩状をたたきつけた。それを知った浜は、かつての江川組々員に連絡し、解体屋をしているギザゴロの辰(菅原文太)を江川に紹介した。辰は解体屋をしながら、手製の銃を百挺余り作っていた。戦いの用意は整った。江川たちは、西日本連合会に対する作戦を練っている東菊会の幹部たち--諸木(小池朝雄)、二橋(葉山良二)、山岡(佐藤京一)、東松(八名信夫)、西田(土山登志幸)、そして矢崎の中に殴り込みをかけた。銃撃戦が繰り広げられ、江川と辰は山岡、東松、西田を殺し逃走するが、途中で辰は殺されてしまった。江川は、剛原の妻で、もと恋人の悠子に助けられ逃げのびる。一方、必死で江川を探す矢崎は、江川の情婦・晃子のアパートへ行き、江川をおびき出そうとした。江川は、罠にはまってしまったが一目散に逃げ、ある養鶏場に身を隠す。矢崎は、江川の逃げ場所を察知するが、単身で江川に対決を挑んだ。一方、剛原は江川の銃弾で倒れてしまったために、幹部の諸木が東菊会の会長に納まり、西日本連合会々長・島村と手を組んだ。そして、島村たちにとって邪魔な江川、矢崎の二人を殺す相談を秘かに進めていた……。


中津川みなみ                     川村真樹

安岡力也                       マダム・ジョイ

小池朝雄、葉山良二                  暴力街

題名:暴力街
監督:五社英雄
企画:吉田達
原案:五社英雄
脚本:掛札昌裕、中島信昭
撮影:山沢義一
照明:梅谷茂
録音:広上益弘
美術:中村修一郎
装置:小早川一
装飾:田島俊英
美粧:入江荘二
美容:石川靖江
衣裳:宮下貞子
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:祖田富美夫
音楽:佐藤勝 挿入歌:中津川みなみ「恋はノンノン」
現像:東映化学
進行主任:東一盛
助監督:福湯通夫
演技事務:山田光男
スチール:遠藤努
出演:安藤昇、小林旭、夏八木勲、川村真樹、赤座美代子、小池朝雄、葉山良二、室田日出男、菅原文太、丹波哲郎、マダム・ジョイ、高田繁司、松井康子、中津川みなみ 、佐藤京一、八名信夫、安岡力也、土山登志幸、潮健児
1974年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
暴力街 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


安藤昇、菅原文太                    安藤昇

映画「日本女侠伝 激斗ひめゆり岬」


「日本女侠伝 激斗ひめゆり岬」

藤純子、菅原文太                    待田京介

今回は小沢茂弘監督1971年製作「日本女侠伝 激斗ひめゆり岬」をピックアップする。
シリーズ第5作、最終作である本作は、沖縄がアメリカから返還される1年前に撮影された。アメリカの占領統治下にあった沖縄で撮影された作品は、石井輝男監督1966年製作の「網走番外地 南国の対決」があるが、本作の方が沖縄の歴史を絡めようとしている内容だった。また「緋牡丹博徒シリーズ」や「女渡世人」といった当時の藤純子さんのイメージを一新したキャラクターで新たな魅力が引き出されている。


天津敏                     水島道太郎、藤純子

【ストリー】
与那嶺ゆり(藤純子)は、戦死した両親の意志をつぎ、運送会社を経営していた。ある夜、暴力団岩松組にからかわれていた花売娘を助けたことから、ゆりの母親の郷里新城集落の悲惨な現状を知る。しかし、集落をたて直すためには岩松組のルートを通さねばならない。だが岩松組はスクラップの中に日本軍の九六式榴弾が混っていることを知ると横取りを計画した。そんな時東京の中上組々長中上鉄(菅原文太)が岩松組の客分として迎えられたが、岩松の卑劣な手段に反撥していつしかゆりの作業に協力をするようになった。一方、ゆり、中上殺害に失敗した岩松は、中上がパスポート偽造入国であることをMPに密告し、再び新城集落を襲い厳重な強制労働を強いた。中上は、東京から迎えにやってきた子分の秀(南利明)に東京へは戻らぬ決意を告げ、ドスをふところに単身新城集落へ向う。秀から一部始終を聞いたゆりは、社員の当間(水島道太郎)をつれ、中上の後を追う。新城集落では岩松組との凄惨な死闘が展開する。当間の犠牲でバリケードを突破した二人は死にもの狂いで岩松を追いつめ、刺した。米軍憲兵隊に連行された二人だが、事件の一切の罪を被った中上はMPによって銃殺された。かなしみにうちしおれたゆりは、沖縄の別れの曲“花風”を愛をこめて無心に舞いつづけた。


水島道太郎、藤純子              日本女侠伝 激斗ひめゆり岬

題名:日本女侠伝 激斗ひめゆり岬
監督:小沢茂弘
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:笠原和夫
撮影:吉田貞次
照明:増田悦章
録音:溝口正義
美術:鈴木孝俊
装置:近藤幸一
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:森譲
技斗:上野隆三
空手指導:民峯将真
方言指導:比嘉清子
記録:牧野淑子
編集:宮本信太郎
音楽:津島利章
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:上田正直
助監督:篠塚正秀
スチール:木村武司
出演:藤純子(富司純子)、菅原文太、大木実、待田京介、水島道太郎、天津敏、南利明、北村英三、潮健児
1971年日本・東映/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
日本女侠伝 激斗ひめゆり岬 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「日本女侠伝 激斗ひめゆり岬」藤純子

日本女侠伝 激斗ひめゆり岬

日本女侠伝 激斗ひめゆり岬

日本女侠伝 激斗ひめゆり岬

映画「日本侠客伝 斬り込み」


高倉健                                                               天津敏、渡辺文雄

今回はマキノ雅弘監督1967年製作「日本侠客伝 斬り込み」をピックアップする。
本作は、日本侠客シリーズ第7作、今回はテキヤ稼業に就いた健さんが、新宿の利権をめぐる争いに巻き込まれて行くというもの。ラストの斬り込み成敗後、警察に捕まらずに縁日を歩く姿のハッピーエンドで終わるのは珍しいバターンだった。


長門裕之                                                         金子信雄、南田洋子

【ストリー】
腕斬り真三の異名を持つ一匹狼の渡世人中村真三(高倉健)が、東海道のある港町に来た時、旅の疲れから一人息子の五歳になる秀男(斎藤信也)が病に伏した。頼るものとてなく、金もない真三は、白鞘一本を手に土地の顔役源蔵(石山健二郎)に雇われた。母のない秀男は源蔵の一人娘お京(富司純子)を慕い、真三もまた自分ら父子に好意を寄せる彼女にほのぼのとした愛情を抱くのだった。一方、源蔵はかつて新宿の露天商を集めてまっとうな同盟を作ろうとして挫折した経験を思い出し、それを真三の腕に託した。今、新宿では弁天福(金子信雄)や仙太郎(那須伸太朗)たち露天商がどの一家にも属さずに、街商同盟を組織して自分らの利益を守っていたが、板橋の相州一家が新宿を縄張りにしようと狙っていた。お京や秀男と共に上京した真三は不なれな露天商として店を出した。やがてやくざの真三にかすかな不安を抱きながらも湧き出る恋心を押え切れないお京と、殺伐な生活に女の愛を望む真三が結ばれ、二人は弁天福たちに祝福されながら仮祝言をあげたのだった。しかし、街商同盟と相州一家の対立は血を呼ぶ様相を呈し、関東花若一家の総長若松(大木実)が仲裁に入った。にもかかわらず相州一家の妨害はやまず、そのうえ、若松一家が新宿に食指を動かしているという噂が広まった。若松の人柄を信じる真三はその噂を打ち消すため、自ら一家の名乗りを上げ、関東一円の親分衆からそれを認められたのである。そんな時、源蔵の訃報に接した真三は、秘かにお京を幸せにしようと決意するのだった。しかし、その真三も、若松が相州一家の喧嘩鉄の銃弾を受けて倒れたとき、ついに立ち上がった。新しい中村組の面々は相州一家に殴り込んだのである。悽惨な闘いのあと、相州一家を叩き潰して出てきた真三を、彼の身を気づかって迎えに来たお京は堅く抱きしめるのだった。


高倉健                                                               石山健二郎

題名:日本侠客伝 斬り込み
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
原案:河野英雄
脚本:笠原和夫
撮影:山岸長樹
照明:中山治雄
録音:堀場一朗
美術:井川徳道
装置:米沢勝
装飾:松原邦四郎
美粧:佐々木義一
結髪:西野艶子
衣装:松田隆
技斗:谷明憲
記録:矢部はつ子
編集:堀池幸三
音楽:齋藤一郎
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
製作主任:並河匡夫
助監督:原田隆司
スチール:中山健司
出演:高倉健、藤純子、金子信雄、渡辺文雄、那須伸太朗、潮健児、香川良介、天津敏、石山健二郎、南田洋子、長門裕之、大木実、斎藤信也
1967年東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
日本侠客伝 斬り込み -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤純子                                                           高倉健、藤純子 

1 2 3 4 5 6