映画「喜劇 初詣列車」


渥美清                                 佐久間良子

今回は瀬川昌治監督1967年製作「喜劇 初詣列車」をピックアップする。
本作は、東映が1967年に東宝や松竹の喜劇映画に対抗し、国鉄の全面協力で製作した喜劇列車シリーズの第3作(最終作)だ。翌年からスタートする松竹の「男はつらいよシリーズ」の渥美清さんが、寅さんを演じる前に撮られたシリーズである。尚、前作は「喜劇 急行列車」「喜劇 団体列車」である。


城野ゆき                             楠トシエ、中村玉緒

川崎敬三                              小松政夫、渥美清

【ストリー】
国鉄の車掌の新作(渥美清)は、妻幸江(中村玉緒)と、平凡だが幸せな毎日を送っていた。ある日、列車の中で幼な馴染みの美和子(佐久間良子)と会った新作は、何故か沈みがちな彼女を元気づけた。幼い頃から新作の憧れの的だった美和子は、新潟地震で父母を失い、芸者になりながら、行方不明になった弟の研吉(小松政夫)を探しているということだった。新作はそんな美和子のために、何かと相談相手になってやるのだった。ところが、事情を知らない幸江は、そんな新作を見て、浮気をしているのではないかと疑い出したのである。新作はそれに構わず、研吉を探すために四方八方を駆けずり回った。彼は、研吉とは恋仲で、行方知れずになった研吉を探している房子(城野ゆき)と会った。房子の言葉から、研吉が平凡な生活に愛想をつかしてフーテンになったらしいと知った新作は、前衛芸術家の溜り場、ソープランド、深夜スナックなどを探し歩いた。ある日、彼はついにフーテン姿の研吉を探しあてた。根の正直な新作は、フーテンの心理は理解出来なかったが、ともかくも普通の平凡な生活にこそ、本当の幸せがあるのだと熱心に説き、はては自らフーテン姿になって、研吉の心を理解しようと努めるのだった。一方、幸江は新作が女にもてるはずはない、と思いながらも、やはり心おだやかではなく、新作の弟夏男(川崎敬三)に頼んで、夫の行状を調べてもらったりした。そんな時、研吉を連れた新作が、フーテンの飲むクスリを飲み、フラフラになって家に帰ってきた。新作の姿に驚いた幸江は、気が狂ったのではないかと泣いたり、医者を呼んだり、大騒ぎを演じた。そこへ新作から、研吉発見の知らせを受け取った美和子がやってきた。美和子から事情を聞いた幸江は、すっかり今までの誤解をといた。研吉も、新作の尽力で鉄道弘済会に勤めることが決った。やがて正月が来た。春に式を挙げることに決った研吉と房子を伴ない、新作夫婦はお伊勢参りに出発した。ちょうど彼らの乗った新幹線の列車の窓からは、二見ケ浦から昇る新年の太陽が望まれた。


若水ヤエ子、西村晃                     左卜全、渥美清

題名:喜劇 初詣列車
監督:瀬川昌治
企画:秋田亨、加茂秀男
製作:大川博
脚本:舟橋和郎
撮影:西川庄衛
照明:元持秀雄
録音:井上賢三
美術:北川弘
編集:祖田富美夫
音楽:河辺公一
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:伊藤源郎
助監督:高桑信
スチール:丸川忠士
出演:渥美清、中村玉緒、佐久間良子、川崎敬三、小松政夫、城野ゆき、楠トシエ、西村晃、財津一郎、若水ヤエ子、財津一郎、左卜全
1967年日本・東映/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
喜劇 初詣列車 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


城野ゆき、小松政夫                          国鉄165系電車

映画「喜劇 急行列車/団体列車」

喜劇 急行列車喜劇 急行列車
渥美清                        楠トシエ

喜劇 急行列車
今回は瀬川昌治監督1967年製作「喜劇 急行列車」をピックアップする。
本作は、渥美清さんが、男はつらいよシリーズ 開始以前に東映で主演していた列車シリーズの第一作だ。寝台特急さくらは、EF65-509号機に牽引された20系客車が舞台となる訳だが、東京車掌区の点呼から始まり、車内検札、乗客係による寝台のセッティング、食堂車など貴重な映像が盛りだくさんだ。寝台特急さくらは、九州に入線するとED73形、長崎本線ではDD51形ディーゼル機関車の43号機に牽引される。長崎本線は当時未だ非電化で、電化は本作劇場公開から9年後だった。

【追記・訃報】
喜劇映画を得意とし、「列車」シリーズなどで知られる映画監督の瀬川昌治さんが2016年6月20日に老衰のため東京都内の自宅で死去した。テレビドラマでも山口百恵さんの「赤い」シリーズのほか、「スチュワーデス物語」「ホテル」などを演出。後年は若手俳優を育成する「瀬川塾」を主宰した。

喜劇 急行列車喜劇 急行列車
佐久間良子                       楠トシエ

【ストリー】
特急列車の専務車掌青木吾一(渥美清)は、十七歳から鉄道一筋に生きてきたベテランで、妻きぬ子(楠トシエ)との間にできた四人の子供も、特急・さくら・つばめ・ふじと汽車の名前をつけるほどの鉄道キチガイだ。持ち前の顔は少し間が抜けているが、乗客には徹底した奉仕、部下の指導にはなかなかのウルサ型だ。食堂車のウェイトレス洋子と恋愛中の乗客掛古川(鈴木ヤスシ)など年中、青木の叱言をあびていた。東京出発、長崎行「さくら号」に乗組んだ青木は、乗客のなかにかつての知合いで初恋の人、塚田毬子(佐久間良子)を発見した。毬子は夫とうまくいっておらず、一人旅に出て来たというのだ。久し振りに会った二人は何となくホンわかした気持になった。徳山を過ぎた頃、事件が起きた。ホステス五人組の貴重品がなくなったのだ。が、青木の活躍とそれに毬子の機転で犯人は捕まった。列車は長崎に着いた。明日の上りまで勤務を解かれた青木は、毬子と楽しい一夜を過ごし、他日、鹿児島での再会を約して東京に帰った。家に帰ってきた青木のそわそわした態度に、疑問を持った妻きぬ子は、鹿児島行特急“富士号”の勤務についた夫の後を追って列車に乗りこんでしまった。忽ち二人は大喧嘩となったが、とにかく、二人は終点まで一緒に行くことになった。初めて夫と一緒に乗って、車掌という仕事がきびしいものであると知ったきぬ子は、夫を見直すことになった。乗り越しの乗客の世話や、部下の失敗を自分の失敗として処理する青木。心臓病手術のため、別府に向う少年をはげまし、心のこもったサービスをする青木、きぬ子は感動した。終着駅西鹿児島駅についた。ホームには、毬子が夫慎太郎(江原真二郎)と共に姿を見せていた。和解がなってもう一度やり直す--という毬子の言葉に心から喜ぶ青木。きぬ子と夫と久しぶりに水入らずの時が持てて幸せそうだった。

喜劇 急行列車喜劇 急行列車
西村晃

題名:喜劇 急行列車
監督:瀬川昌治
企画:秋田亨、加茂秀男
製作:大川博
脚本:舟橋和郎
撮影:飯村雅彦
照明:元持秀雄
録音:小松忠之
美術:北川弘
編集:祖田富美夫
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:武田英治
助監督:山口和彦
協力:日本国有鉄道
スチール:加藤光男
出演:渥美清、楠トシエ、佐久間良子、江原真二郎、関敬六、楠トシエ、西村晃、小沢昭一、大原麗子、鈴木やすし、西村晃、三遊亭歌奴、根岸明美、桜京美、三原葉子、左卜全、桑原幸子、田沼瑠美子
1967年日本・東映/シネスコサイズ・フジカラー90分35mmフィルム
喜劇 急行列車 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

喜劇 急行列車喜劇 急行列車
大原麗子                 大原麗子、鈴木やすし
喜劇 団体列車喜劇 団体列車
渥美清                    城野ゆき


喜劇 団体列車
今回は瀬川昌治監督1967年製作「喜劇 団体列車」をピックアップする。
本作は、喜劇列車シリーズの第2作で、第一作との物語上の関連はない。国鉄四国支社(現・JR四国)の全面協力で奥道後温泉、松山、宇和島、高松、高知、足摺岬などの観光スポットを中心に四国全土でオールロケを敢行している。伊予和田駅のモデルとして撮影されたのは、予讃線の堀江駅だそうで、登場する車両のうち、C58形蒸気機関車333号機は、廃車後に多度津工場に保存されている。また土佐電気鉄道(現・とさでん交通)の路面電車も登場している。

喜劇 団体列車喜劇 団体列車
佐久間良子                   佐久間良子、渥美清

【ストリー】
奥道後温泉をひかえた小さな駅、伊予和田駅に勤務する山川彦一(渥美清)は、30歳で独身、母親お杉(ミヤコ蝶々)と二人暮しである。過去三回助役試験に落っこちてはいるが、四度目を前に張切っていた。国鉄ローカル各線は赤字に悩んでおり、赤字克服の手段として、伊予和田駅では、倉持駅長(市村俊幸)以下が、団体旅行客の獲得に大わらわであった。ある日、彦一は迷子の坊やを拾ったことから、その母親志村小百合(佐久間良子)と知り合になった。小百合は学校の先生で未亡人。彦一は小百合の美しさにぼーっとなってしまった。そんな時に、叔父の風間八五郎(由利徹)から見合の話を持込まれた。相手は、昔国鉄に勤めていた日高友造(笠智衆)の娘邦子(城野ゆき)で、父の友造は助役試験に八回も落ちた人物だと聞かされ、彦一は見合を承諾した。友造は、好人物で、邦子も明るい娘であった。だが、彦一の頭には何故か小百合の面影がちらついて離れなかった。そんなうちに、助役試験の日がやって来た。第一次試験はパス。二次試験は自由討論であった。受かった二人、山川彦一と太宰淳一(大辻伺郎)はテーマの「四国鉄道の赤字の克服」で激論を戦わした。だが彦一はまたも落ちてしまった。ヤケ酒をあおる彦一は、飲み屋で友造にバッタリ。落第記録保持者の友造に慰められ、彦一は一晩中友造と飲み屋をほっつきまわるのだった。ある日、四国巡りの団体客に、彦一が添乗としてついて行くことになった。その中には、子供を連れた小百合もいた。彦一は張り切った。だが、出発間際には、邦子も乗りこんできた。高知から徳島へ向う途中、邦子から彦一は求婚された。しかし彦一は上の空、チャンスをみつけて、小百合に恋をうちあげようと思うからである。しかしである、逆に彦一は、小百合から再婚話の相談をうけるはめになった。彦一はがっくりとなった。それから一年が過ぎた。五回目にやっと助役試験にパスした彦一は、大阪で開かれる講習会に出席するため、伊予和田駅を発った。見送りには、今は彦一の妻となった邦子の姿があった。

喜劇 団体列車喜劇 団体列車
笠智衆                      小沢昭一

題名:喜劇 団体列車
監督:瀬川昌治
企画:秋田亨、加茂秀男
製作:大川博
脚本:舟橋和郎
撮影:坪井誠
照明:元持秀雄
録音:小松忠之
美術:北川弘
編集:祖田富美夫
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
進行主任:武田英治
協力:日本国有鉄道四国支社
スチール:田中真紀夫
出演:渥美清、城野ゆき、佐久間良子、小沢昭一、笠智衆、由利徹、楠トシエ、ミヤコ蝶々、三遊亭歌奴、大辻伺郎、市村俊幸
1967年日本・東映/シネスコサイズ・フジカラー91分35mmフィルム
喜劇 団体列車 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

喜劇 団体列車喜劇 団体列車
城野ゆき