映画「前科おんな 殺し節」


「前科おんな 殺し節」池玲子

池玲子                           杉本美樹

今回は三堀篤監督1973年製作「前科おんな 殺し節」をピックアップする。
本作は「温泉みみず芸者」で同時デビューを果たした池玲子さんと杉本美樹さんが、復讐を誓うマキと、その相手の情婦に扮して東映ポルノ女王の座を競い合う共演10作目になる。小松方正さん、地井武男さんら個性派キャストが脇を固めている。


葉山良二                       地井武男

「前科おんな 殺し節」池玲子

【ストリー】
羽鳥マキ(池玲子)は、覚せい剤の売人をしていた父が、新興やくざ大場興業の手にかかり殺されたため、大場喜一(葉山良二)を仇として襲うが、失敗し、逮捕され、女子刑務所へ送られた。マキはバイク気違いの木村夏子(風間千代子)とともに雑居房へ入れられた。その中には芦田かおる(片山由美子)、中川雪江(宗田政美)、そして女博徒の谷政代(杉本美樹)らがいた。ある日、ふてぶてしいマキの態度に怒った政代は決闘を挑んだ。しかし、長時間の死闘の結果、二人の間に互いに友情が生まれた。マキの根性を見直した女囚たちは、マキの復讐の話に聞きいった。だが、政代の顔色が変った。政代は大場の情婦だったのである。数年後、出所したマキは、夏子、かおる、雪江の三人の助けをかりて、大場への復讐を始めた。ユキは、大場興業と敵対している浜安組の実子の鉄(地井武男)に近ずき、大場との喧嘩をけしかけた。一方、政代は大場の情婦におさまっており、ユキたちが大場を狙っていると知ると、マキを尋ね、復讐を断念するように頼む。しかし、マキは聞き入れようとはしなかった。そんなマキが大場興業に捕われた時、政代は友情に免じて、一度だけ脱走の手助けをした。逃げのびたマキは、大場の覚せい剤の取り引きの情報を鉄に知らせた。そして鉄は見事、横取りに成功。その頃、マキは最初の筋書き通り、鉄の居所を3,000万円で大場に教えた。やがて大場たちは、鉄の隠れ場を襲い、鉄を殺すが、その後から武装したマキたち4人が襲いかかり大場を殺した。マキは念願の復讐を終えた。しかし、マキの前に政代が現われ、再度の死闘が行われた……。


片山由美子、杉本美樹                  前科おんな 殺し節

題名:前科おんな 殺し節
監督:三堀篤
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:松田寛夫、神波史男
撮影:飯村雅彦
照明:桑名史郎
録音:内田陽造
美術:北川弘
装置:小早川一
装飾:上原光男
美粧:住吉久良蔵
美容:石川靖江
衣装:内山三七子
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:祖田富美夫
音楽:八木正生 主題歌:池玲子「ふうてんぐらし」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:入葉一男
助監督:橋本新一
演技事務:石川通生
スチール:加藤光男
出演:池玲子、杉本美樹、片山由美子、風間千代子、宗田政美、葉山良二、地井武男、小松方正、由利徹、日尾孝司、堀田真三
1973年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
前科おんな 殺し節 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


池玲子                             前科おんな 殺し節

前科おんな 殺し節

映画「監獄人別帳」


「監獄人別帳」渡瀬恒彦、大辻伺郎

渡瀬恒彦                        伊吹吾郎

今回は石井輝男監督1970年製作「監獄人別帳」をピックアップする。
「殺し屋人別帳」に続く人別帳シリーズ第2弾(最終)の本作は、過酷な豪雪の北海道を舞台にした脱獄劇である。
内容の途中からは「網走番外地 望郷篇」とほぼ同じ展開になっている。


大辻伺郎、渡瀬恒彦                   佐藤允

内田良平                       上田吉二郎、大泉滉

【ストリー】
酷寒の網走刑務所。その中には傷害罪の橘真一(渡瀬恒彦)。悪徳警察署長・岩倉(沢彰謙)に殺された父親の復讐に失敗した殺人未遂罪の吉岡誠吉(佐藤允)。そのほか、無期徴役刑の阿久田老人(嵐寛寿郎)、殺人犯モンマルトルの鉄(伊吹吾郎)、夜這いの松こと浅吉(大辻伺郎)、牢名主の異名をとる放火ダルマの剛造(上田吉二郎)ら、様々な囚人の顔があった。温情な典獄長・月形(内田良平)は別として、所長の緒方(千葉敏郎)と典獄たちは囚人たちを虫けら同然に虐待し脱獄者は皆無だった。そんなある日、誠吉の弟秀(尾藤イサオ)と妹珠枝(賀川雪絵)が、送られてきた。真一は吉岡兄妹が仇と狙う岩倉が道庁の警視総監として赴任してきたことを知り、脱獄のチャンスをうかがった。やがて、好機到来。この脱獄に参加したのは吉岡三兄妹と真一、鉄、浅吉の6人。脱獄のベテラン鉄をリーダーに吹雪の中に出た一行だが、浅吉の密告で脱獄は失敗、そして二人ずつ手錠をかけられた。だが、この危機を救ってくれたのは阿久田老人だった。左足に銃弾をうけた鉄は自分の左腕を自ら切断、秀を単身逃がした。一方、真一と誠吉は一度は改心した浅吉の犠牲で危機を脱するが、執拗に迫りくる追手に万事休す。だが、片手の鉄の出現で再び窮地を脱するのだった。こうして脱獄に成功した誠吉と珠枝は目ざす岩倉の屋敷にのり込むが、多勢に無勢。しかし、吉岡兄妹の安否を気づかってやってきた真一と鉄の協力で形勢は逆転、岩倉邸は修羅場と化した。やがて鉄は口笛を残して死んでいった。逃げまどう岩倉を追いつめた真一は、誠吉に無事仇を、とらせてやった。そして、吹雪が冷く舞う中を刑務所へもどってゆく真一の姿があった。


清川虹子                        嵐寛寿郎

尾藤イサオ                                                           沢彰謙

題名:監獄人別帳
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、掛札昌裕
撮影:古谷伸
照明:中山治雄
録音:中山茂二
美術:石原昭
装置:米沢勝
装飾:山田久司
美粧:田中利男
結髪:横田美佳代
衣裳:松本俊和
擬斗:三好郁夫
振付:藤間勘具次
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:鏑木創 主題歌:渡瀬恒彦「監獄ブルース」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:上田正道
監督補佐:荒井美三雄
助監督:依田智臣
スチール:中山健司
出演:渡瀬恒彦、伊吹吾郎、佐藤允、大辻伺郎、賀川雪絵、清川虹子、内田良平、尾藤イサオ、荒木一郎、嵐寛寿郎、沢彰謙、上田吉二郎、大泉滉、葵三津子、片山由美子、相川圭子、千葉敏郎
1970年日本・東映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
監獄人別帳 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


監獄人別帳

映画「温泉こんにゃく芸者」


温泉こんにゃく芸者

女屋実和子                                  荒木一郎

今回は中島貞夫監督1970年製作「温泉こんにゃく芸者」をピックアップする。
本作は、東映ニューフェイス第13期の女屋実和子さんのデビュー作であり、温泉芸者シリーズ第3弾である。
芸妓400人、置屋30余り、北陸の花街片山津温泉の絶頂期に撮られたものだそうだ。


殿山泰司、小池朝雄、松井康子               上田吉二郎、女屋実和子

【ストリー】
珠枝(女屋実和子)はこんにゃく屋の徳助(殿山泰司)に育てられた孤児であった。不能者の徳助は、同じ悩みに苦しむ男たちを救済するためと称して、性具の研究に余念がなかった。珠枝はそんな徳助の面倒をみていたが、勤めていた避妊具工場が倒産、一時しのぎの金をつくるため、片山津温泉へやってきた。その日、珠枝は退職金代りに貰った避妊具を売りに入った、ヌード・スタジオで店主の荒川(荒木一郎)にあっさり体を与えた。置屋の女将満子(武智豊子)は、そんな珠枝をインスタント芸者に仕立て上げた。最初の客は水源寺の了賢和尚(田中小実昌)であった。そしてミミズ千匹にめぐり会ったという了賢の感激話はパッと広まった。徳助が珠枝と一緒に生活を始めたのもその頃だった。やがて珠枝は製薬会社々長の田中作兵衛(上田吉二郎)という男に身請けされた。だが、まもなく作兵衛は徳助が生涯の夢をかけて瀟洒な妾宅に作った、こんにゃく風呂の中で転倒し、あっけなく世を去った。一方、どうしたことか徳助の男が25年ぶりによみがえった。そして、徳助は隣室のツタ子(松井康子)と恋におちた。結婚話まで決めこんだ二人にとっての障害は、ツタ子のヒモ、池永(小池朝雄)への慰謝料と所帯資金であった。その頃、名器の持ち主としての珠枝の評判は、日本中に広まっていた。日本各地から芸者スカウトが殺到し、札束をつんだ。なかでも、大きく出たのが500万円もの移籍料をつんだ関西の西川(小松方正)だった。徳助は珠枝に、最後の頼みと頭を下げた。珠枝は西川に蒲団の上での勝負を挑んだ。精力くらべである。一対一の三本目、やがて、「勝負ありました」と立会人満子の声と共に、西川が口笛を吹きながら、姿をあらわした。だが次の一瞬、その体は音をたてて崩れ落ちた。身を案じて部屋に馳けこんだ徳助とツタ子に珠枝は、ニッコリと微笑んだ。


小松方正                                菅井きん

題名:温泉こんにゃく芸者
監督:中島貞夫
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:掛札昌裕、金子武郎、中島貞夫
撮影:鈴木重平
照明:金子凱美
録音:溝口正義
美術:石原昭
装置:矢守好弘
装飾:清水悦男
美粧:中野進明
衣装:豊中健
擬斗:三好郁夫
振付:藤間勘眞次
記録:牧野叔子
編集:神田忠男
音楽:広瀬健次郎
現像:東映化学 フィルム:富士フィルム(ノンクレジット)
製作主任:西村哲勇
助監督:篠塚正秀
スチール:藤本武
出演:女屋実和子、荒木一郎、小松方正、松井康子、安城由貴、桜京美、榊浩子、武智豊子、片山由美子、常田富士男、大泉滉、小池朝雄、殿山泰司、上田吉二郎、菅井きん、田中小実昌
1970年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
温泉こんにゃく芸者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


温泉こんにゃく芸者

1 2