映画「肉体の門」


宍戸錠                         野川由美子

今回は鈴木清順監督1964年製作「肉体の門」をピックアップする。
本作は5度も映画化された田村泰次郎氏の同名原作を、鈴木清順監督が映画化したものだ。
以前、五社英雄監督1988年東映制作「肉体の門」を紹介したが、本作は、調布の日活撮影所内の煙突を臨む焼跡のオープンセットを始めとする木村威夫氏の美術が秀悦であり、清順ワールドで構築された「肉体の門」になった優れた作品である。

【肉体の門】
1948年 監督:マキノ正博、出演:轟夕起子、制作:太泉スタジオ(後の東映)
1964年 監督:豊田四郎、出演:団令子、制作:東宝
1977年 監督:西村昭五郎、出演:加山麗子、制作:日活
1988年 監督:五社英雄、出演:かたせ梨乃、制作:東映
※五社英雄監督1988年製作「肉体の門


肉体の門

和田浩治、河西都子                  富永美沙子

【ストリー】
敗戦に虚脱し、疲れきった男たちの間に、毒々しい悪夢の花を咲かせる女たち。17歳のマヤ(野川由美子)が、関東小政のおせん(河西都子)のグループに仲間入りしたのも、たった一人の兄をボルネオで亡くし、米兵に肌を奪われてからだ。焼ビルの地下には、ジープのお美乃(松尾嘉代)、ふうてんお六(石井富子)、町子(富永美沙子)と、皆暗い過去を背負った女たちがたむろしていた。今日も闇市では、仲間の掟を破った夜の女が、激しいリンチをうけていた。彼女らの中には、よその女に縄張りを荒させない、ただで男と寝ないという掟が生きていた。一方関東小政の刺青をもつ、おせんは、進駐軍の兵隊を半殺しにした復員姿の新太郎(宍戸錠)を助けた。すさんだ生活をしていても、小政たちもやはり女だ。たくましい男を見て、彼女らの中に愛に、似た感情が湧いて来た。そんな時、町子が小笠原(江角英明)というなじみの客と、結婚を約束して代償なしに身体を与えていることがバレてしまった。怒り狂った小政、マヤらは、地下室に町子を宙吊りにすると、リンチを加えた。途中、新太郎にさえぎられたものの、すさまじいリンチは、マヤの身体に忘れていた女の生理をよみがえらせた。そして新太郎に強烈にひきつけられていった。一方、新太郎は、進駐軍のペニシリンをもっていた。小政の口ききで新太郎は阿部(和田浩治)と兄貴分の石井(野呂圭介)にそれを売り、莫大なお金を受けとった。祝い酒に酔った新太郎は、焼跡に絡がれた牛を地下室にひっぱって来ると久しぶりの牛肉にありつき乱痴気さわぎがつづいた。飲み食い、ひもじさから解放されたマヤは、新太郎を廃船につれこむと、愛撫を求めた。彼も激情にかられ、マヤを抱くと、「新しい生活へのスタートをきろうと約束した」しかし、かげでこれを聞いた小政は、マヤに激しいリンチを加えるのだった。けれど、希望に満ちたマヤの瞳は美しかった。一方、新太郎は小政に、ペニシリンがインチキだと密告され、石井らの一団とMP、警官に追われた。新太郎は必死に逃げたが、MPの弾丸が容赦なく新太郎の身体に食いこんでいった。何も知らないマヤは新太郎の約束の場所に急いでゆくのだった。


「肉体の門」江角英明、富永美沙子

松尾嘉代                        石井富子 

肉体の門

題名:肉体の門
監督:鈴木清順
企画:岩井金男
原作:田村泰次郎
脚本:棚田吾郎
撮影:峰重義
照明:河野愛三
録音:米津次男
美術:木村威夫
編集:鈴木晄
音楽:山本直純
現像:東洋現像所
製作主任:薮内善明
色彩計測:森勝
助監督:葛生雅美
スチール:目黒祐司
出演:宍戸錠、和田浩治、河西都子、野川由美子、石井富子、松尾嘉代、富永美沙子、玉川伊佐男、野呂圭介、チコ・ローランド、若葉めぐみ、堺美紀子
1964年日本・日活/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
肉体の門 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「肉体の門」野川由美子

河西都子、富永美沙子               宍戸錠、河西都子

「肉体の門」富永美沙子

映画「黒の奔流」


「黒の奔流」岡田茉莉子

岡田茉莉子                       山崎努

今回は渡邊祐介監督1972年製作「黒の奔流」をピックアップする。
本作は、松本清張氏の推理小説「種族同盟」を映画化したものだ。先が読める筋立てだったが、山崎努さんと岡田茉莉子さんの上質な芝居にエンドロールまで安心して観れる作品だある。


松坂慶子、松村達雄                  谷口香、山崎努

【ストリー】
ある殺人事件の裁判が始まった。事件とは多摩川渓谷の旅館の女中、貝塚藤江(岡田茉莉子)がなじみの客(穂積隆信)を崖から突き落した、というのである。しかし藤江はあくまでも無罪を主張した、が、状況的には彼女の有罪を裏付けるものばかりだった。この弁護を担当したのが矢野武(山崎努)である。矢野はこの勝ち目の薄い事件を無罪に出来たら一躍有名になり、前から狙っている弁護士会々長・若宮正道(松村達雄)の娘朋子(松坂慶子)をものにできるかもしれない、という目算があったのである。弁護は難行したが、藤江に有利な新しい証人が現われ、矢野は見事、無罪判決を勝ら取る。そして矢野の思惑通り、マスコミに騒がれるとともに、若宮と朋子の祝福を受け、若宮は朋子の結婚相手に矢野を選ぶのだった。一方、藤江を自分の事務所で勤めさせていた矢野は、ある晩、藤江を抱いた。藤江は今では矢野への感謝の気持ちが思慕へと変っていたのである。やがて藤江は矢野が朋子と結婚するということを知った。藤江が朋子のことを失野に問いただすと、矢野は冷たく「僕が君と結婚すると思っていたわけではないだろうね」と言い放ち、去ろうとした。そこで藤江は、あの事件の真犯人は彼女であること、もし矢野が別れるなら裁判所へ行って全てを白状すると逆に矢野を脅迫する。矢野は憔悴の夜を送った。藤江はやりかねない。それは矢野の滅亡を意味する。やがて矢野は藤江に対して殺意をいだく。翌日、矢野は藤江に詫びを入れ、旅行に誘うと、藤江は涙ながらに喜び、数日後、富士の見える西湖畔に二人は宿をとった。藤江は幸福だった。翌朝、矢野は藤江を釣に誘った。人気のない霧の湖上を二人を乗せたボートが沖へ向った。矢野が舟を止めると矢野の殺意には既に気が付いていたと藤江がつぶやいた。矢野は舟底のコックを抜いた、奔流のように水が舟に入って来る。矢野が脱出しようとした瞬間、藤江の体が矢野の上にのしかかり、矢野の悲鳴が上った。「先生を誰にも渡さない!」藤江の頬には止めどなく涙が流れた。折りしも流れて来た濃い霧の中に慟哭とともにボートと藤江と矢野の姿は消えていった。


佐藤慶                          黒の奔流

題名:黒の奔流
監督:渡邊祐介
製作:猪股尭
原作:松本清張「種族同盟」
脚本:國弘威雄、渡邊祐介
撮影:小杉正雄
照明:佐久間丈彦
録音:中村寛
調音:小尾幸魚
美術:森田郷平
装置:森勇
装飾:宗田八郎
衣裳:松竹衣裳
編集:寺田昭光
音楽:渡辺宙明
現像:東映化学 オプチカル合成:石川智弘
製作主任:峰順一
製作進行:柴田忠
助監督:白木慶二
スチール:金田正
出演:岡田茉莉子、山崎努、松坂慶子、谷口香、佐藤慶、松村達雄、中村伸郎、穂積隆信、玉川伊佐男、菅井きん、谷村昌彦、高木信夫
1972年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
黒の奔流 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山崎努                       岡田茉莉子、山崎努

映画「悲愁物語」


原田芳雄                             白木葉子

今回は鈴木清順監督1977年製作「悲愁物語」をピックアップする。
鈴木清順監督が日活との訴訟の為に10年ぶりに制作した本作は、梶原一騎氏の原作を大和屋竺氏が脚色した。
2018年10月に惜しくも急逝した江波杏子さんの怪演が素晴らしい作品である。

【三協映画】
「巨人の星」「あしたのジョー」に代表されるスポ根漫画の原作者として知られる梶原一騎氏は映画『愛と誠(1976年)』の成功によって自身の興行的または文芸的欲望を満たすものとして映画製作会社を設立する。テレビアニメ黎明期より東京ムービーを立ち上げ、梶原一騎原作漫画の「巨人の星」や「あしたのジョー」といったアニメを手がけた藤岡豊氏。そして日活から石原プロモーションの映画のプロデューサーとなり、TV版「愛と誠」を手掛けた川野泰彦氏。異なる三つの世界の製作者が”三人で協力する”ものして命名されたのが”三協映画”であり、映画については、1976年公開の「愛と誠・完結篇」から「紅蓮華」1981年公開の「リトルチャンピオン」までに11作品を制作した。
(ウィキペディア参照)


「悲愁物語」江波杏子

岡田眞澄                                佐野周二

【ストリー】
女子体操競技で世界中を熱狂させたチェブルスカをライバル社の極東レーヨンにさらわれた日栄レーヨン社長の井上(仲谷昇)は、対抗馬のタレント発見を急ぐよう命令する。企画室長の森(玉川伊佐男)や広告代理店の田所(岡田眞澄)は、若くてプロポーション抜群のプロゴルファー・桜庭れい子(白木葉子)の起用を決定。れい子をまずなんと言っても、女子プロゴルフ界のチャンピオンにしなければと、雑誌「パワーゴルフ」の編集長でれい子の恋人でもある三宅(原田芳雄)に特訓をたのむ。れい子のハード・トレーニングが昼夜続き、れい子はその特訓に耐え、全日本女子プロゴルフ選手権に優勝。れい子の人気は、爆発し、日栄レーヨンのポスターは店頭からまたたくまになくなった。れい子は、日栄レーヨンと専属タレント契約を結び、3,000万円を手にする。れい子は、弟・純(水野哲)といっしょに郊外に大邸宅を構え、テレビのホステスにも起用された。しかし、れい子の家の近所の主婦たちの憧れは、しだいにドス黒い嫉妬へと変っていった。多忙なれい子の唯一の心のやすらぎは、三宅の胸に抱かれている時だけであった。そんなある日、三宅とれい子の乗った車に近所の主婦、仙波加世(江波杏子)ははねられてしまった。実は、れい子に嫉妬した加世が自分から車に飛び込んだのだが、二人はそうとは知らずその場を逃げてしまった。罪の意識におののくれい子の前に加世が現れ、彼女は大スターであるれい子の弱味をにぎったせいか、それ以来、れい子をメイドのように酷使した。あろうことかそのうえ、加世はれい子に自分の亭主(小池朝雄)に抱かれることを命じた。それを知ったれい子の弟・純の怒りが爆発した。純のナイフが、加世の背中から胸を貫いた。そして、寝室にとびこんだ純は、血まみれのナイフをれい子の乳房に突き刺した。れい子の美しい死顔には、何故かやすらぎが漂っていた。


「悲愁物語」白木葉子

「悲愁物語」白木葉子

江波杏子、左時枝、千代恵            原田芳雄、小池朝雄

宍戸錠                          仲谷昇

野呂圭介                        江波杏子

題名:悲愁物語
監督:鈴木清順
製作:梶原一騎、藤岡豊、川野泰彦、浅田健三、野村芳樹
原案:梶原一騎
脚本:大和屋竺
撮影:森勝
照明:小林秀之
録音:大橋鉄矢
美術:菊川芳江
配役:西岡昭
記録:津田のり子
編集:鈴木晄
音楽:三保敬太郎、主題歌:とみたいちろう「戻っておくれ」
フィルム:イーストマンコダック
現像:東映化学
製作補佐:島田十九八
製作担当:秋田一郎
製作宣伝:東京プランニング
助監督:斉藤信幸
色彩計測:田村輝行
スチール:大輪真之
出演:原田芳雄、白木葉子、江波杏子、佐野周二、岡田眞澄、和田浩治、仲谷昇、小池朝雄、玉川伊佐男、左時枝、千代恵、葦原邦子、野呂圭介、水野哲、石井くに子、宍戸錠
1977年日本・三協映画+松竹/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
悲愁物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


江波杏子、原田芳雄                         悲愁物語

1 2 3