映画「黒の奔流」


「黒の奔流」岡田茉莉子

岡田茉莉子                       山崎努

今回は渡邊祐介監督1972年製作「黒の奔流」をピックアップする。
本作は、松本清張氏の推理小説「種族同盟」を映画化したものだ。先が読める筋立てだったが、山崎努さんと岡田茉莉子さんの上質な芝居にエンドロールまで安心して観れる作品だある。


松坂慶子、松村達雄                  谷口香、山崎努

【ストリー】
ある殺人事件の裁判が始まった。事件とは多摩川渓谷の旅館の女中、貝塚藤江(岡田茉莉子)がなじみの客(穂積隆信)を崖から突き落した、というのである。しかし藤江はあくまでも無罪を主張した、が、状況的には彼女の有罪を裏付けるものばかりだった。この弁護を担当したのが矢野武(山崎努)である。矢野はこの勝ち目の薄い事件を無罪に出来たら一躍有名になり、前から狙っている弁護士会々長・若宮正道(松村達雄)の娘朋子(松坂慶子)をものにできるかもしれない、という目算があったのである。弁護は難行したが、藤江に有利な新しい証人が現われ、矢野は見事、無罪判決を勝ら取る。そして矢野の思惑通り、マスコミに騒がれるとともに、若宮と朋子の祝福を受け、若宮は朋子の結婚相手に矢野を選ぶのだった。一方、藤江を自分の事務所で勤めさせていた矢野は、ある晩、藤江を抱いた。藤江は今では矢野への感謝の気持ちが思慕へと変っていたのである。やがて藤江は矢野が朋子と結婚するということを知った。藤江が朋子のことを失野に問いただすと、矢野は冷たく「僕が君と結婚すると思っていたわけではないだろうね」と言い放ち、去ろうとした。そこで藤江は、あの事件の真犯人は彼女であること、もし矢野が別れるなら裁判所へ行って全てを白状すると逆に矢野を脅迫する。矢野は憔悴の夜を送った。藤江はやりかねない。それは矢野の滅亡を意味する。やがて矢野は藤江に対して殺意をいだく。翌日、矢野は藤江に詫びを入れ、旅行に誘うと、藤江は涙ながらに喜び、数日後、富士の見える西湖畔に二人は宿をとった。藤江は幸福だった。翌朝、矢野は藤江を釣に誘った。人気のない霧の湖上を二人を乗せたボートが沖へ向った。矢野が舟を止めると矢野の殺意には既に気が付いていたと藤江がつぶやいた。矢野は舟底のコックを抜いた、奔流のように水が舟に入って来る。矢野が脱出しようとした瞬間、藤江の体が矢野の上にのしかかり、矢野の悲鳴が上った。「先生を誰にも渡さない!」藤江の頬には止めどなく涙が流れた。折りしも流れて来た濃い霧の中に慟哭とともにボートと藤江と矢野の姿は消えていった。


佐藤慶                          黒の奔流

題名:黒の奔流
監督:渡邊祐介
製作:猪股尭
原作:松本清張「種族同盟」
脚本:國弘威雄、渡邊祐介
撮影:小杉正雄
照明:佐久間丈彦
録音:中村寛
調音:小尾幸魚
美術:森田郷平
装置:森勇
装飾:宗田八郎
衣裳:松竹衣裳
編集:寺田昭光
音楽:渡辺宙明
現像:東映化学 オプチカル合成:石川智弘
製作主任:峰順一
製作進行:柴田忠
助監督:白木慶二
スチール:金田正
出演:岡田茉莉子、山崎努、松坂慶子、谷口香、佐藤慶、松村達雄、中村伸郎、穂積隆信、玉川伊佐男、菅井きん、谷村昌彦、高木信夫
1972年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
黒の奔流 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山崎努                       岡田茉莉子、山崎努

映画「悲愁物語」


原田芳雄                             白木葉子

今回は鈴木清順監督1977年製作「悲愁物語」をピックアップする。
鈴木清順監督が日活との訴訟の為に10年ぶりに制作した本作は、梶原一騎氏の原作を大和屋竺氏が脚色した。
2018年10月に惜しくも急逝した江波杏子さんの怪演が素晴らしい作品である。

【三協映画】
「巨人の星」「あしたのジョー」に代表されるスポ根漫画の原作者として知られる梶原一騎氏は映画『愛と誠(1976年)』の成功によって自身の興行的または文芸的欲望を満たすものとして映画製作会社を設立する。テレビアニメ黎明期より東京ムービーを立ち上げ、梶原一騎原作漫画の「巨人の星」や「あしたのジョー」といったアニメを手がけた藤岡豊氏。そして日活から石原プロモーションの映画のプロデューサーとなり、TV版「愛と誠」を手掛けた川野泰彦氏。異なる三つの世界の製作者が”三人で協力する”ものして命名されたのが”三協映画”であり、映画については、1976年公開の「愛と誠・完結篇」から「紅蓮華」1981年公開の「リトルチャンピオン」までに11作品を制作した。
(ウィキペディア参照)


「悲愁物語」江波杏子

岡田眞澄                                佐野周二

【ストリー】
女子体操競技で世界中を熱狂させたチェブルスカをライバル社の極東レーヨンにさらわれた日栄レーヨン社長の井上(仲谷昇)は、対抗馬のタレント発見を急ぐよう命令する。企画室長の森(玉川伊佐男)や広告代理店の田所(岡田眞澄)は、若くてプロポーション抜群のプロゴルファー・桜庭れい子(白木葉子)の起用を決定。れい子をまずなんと言っても、女子プロゴルフ界のチャンピオンにしなければと、雑誌「パワーゴルフ」の編集長でれい子の恋人でもある三宅(原田芳雄)に特訓をたのむ。れい子のハード・トレーニングが昼夜続き、れい子はその特訓に耐え、全日本女子プロゴルフ選手権に優勝。れい子の人気は、爆発し、日栄レーヨンのポスターは店頭からまたたくまになくなった。れい子は、日栄レーヨンと専属タレント契約を結び、3,000万円を手にする。れい子は、弟・純(水野哲)といっしょに郊外に大邸宅を構え、テレビのホステスにも起用された。しかし、れい子の家の近所の主婦たちの憧れは、しだいにドス黒い嫉妬へと変っていった。多忙なれい子の唯一の心のやすらぎは、三宅の胸に抱かれている時だけであった。そんなある日、三宅とれい子の乗った車に近所の主婦、仙波加世(江波杏子)ははねられてしまった。実は、れい子に嫉妬した加世が自分から車に飛び込んだのだが、二人はそうとは知らずその場を逃げてしまった。罪の意識におののくれい子の前に加世が現れ、彼女は大スターであるれい子の弱味をにぎったせいか、それ以来、れい子をメイドのように酷使した。あろうことかそのうえ、加世はれい子に自分の亭主(小池朝雄)に抱かれることを命じた。それを知ったれい子の弟・純の怒りが爆発した。純のナイフが、加世の背中から胸を貫いた。そして、寝室にとびこんだ純は、血まみれのナイフをれい子の乳房に突き刺した。れい子の美しい死顔には、何故かやすらぎが漂っていた。


「悲愁物語」白木葉子

「悲愁物語」白木葉子

江波杏子、左時枝、千代恵            原田芳雄、小池朝雄

宍戸錠                          仲谷昇

野呂圭介                        江波杏子

題名:悲愁物語
監督:鈴木清順
製作:梶原一騎、藤岡豊、川野泰彦、浅田健三、野村芳樹
原案:梶原一騎
脚本:大和屋竺
撮影:森勝
照明:小林秀之
録音:大橋鉄矢
美術:菊川芳江
配役:西岡昭
記録:津田のり子
編集:鈴木晄
音楽:三保敬太郎、主題歌:とみたいちろう「戻っておくれ」
フィルム:イーストマンコダック
現像:東映化学
製作補佐:島田十九八
製作担当:秋田一郎
製作宣伝:東京プランニング
助監督:斉藤信幸
色彩計測:田村輝行
スチール:大輪真之
出演:原田芳雄、白木葉子、江波杏子、佐野周二、岡田眞澄、和田浩治、仲谷昇、小池朝雄、玉川伊佐男、左時枝、千代恵、葦原邦子、野呂圭介、水野哲、石井くに子、宍戸錠
1977年日本・三協映画+松竹/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
悲愁物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


江波杏子、原田芳雄                         悲愁物語

映画「殺しの烙印」

殺しの烙印
宍戸錠   
殺しの烙印殺しの烙印
宍戸錠                                                                 真理アンヌ

今回は鈴木清順監督1967年製作「殺しの烙印」をピックアップする。
本作を最後に日活の専属契約を解消され、監督は10年間も劇映画を撮れなかった経緯があった。脚本を書いた具流八郎とは大和屋竺、木村威夫、田中陽造、曽根中生、岡田裕、山口清一郎、榛谷泰明、各氏の共同ペンネームだ。その中で助監督をしていた(No4の殺し屋を演じている)大和屋竺氏は、本作後に日活を退社してフリーになり、若松孝二監督の若松プロダクションで「裏切りの季節」で監督デビューする。本ブログでは名作「荒野のダッチワイフ」を紹介した。

殺しの烙印殺しの烙印
南原宏治                                                              小川万里子

【ストリー】
プロの殺し屋としてNo3にランクされている花田(宍戸錠)は、500万円の報酬である組織の幹部を護送する途中、No2とNo4らの一味に襲撃された。花田の相棒春日(南廣)は倒れたが、組織の男の拳銃の腕前はすばらしいもので、危うく危機を脱した花田は、その男を無事目的地に送り届けた。仕事を終えたあとの花田は緊張感から解放されたためか、妻の真美(小川万里子)と野獣のように抱き合うのだった。ある日、花田は薮原(玉川伊佐男)から殺しの依頼を受けた。しかも、四人を殺して欲しいというのだ。花田は自分の持つ最高のテクニックを用いて、次々と指名の人間を消していった。しかし、最後の一人である外国人を殺すのに手間どり、結局失敗してしまった。殺し屋に失敗は許されない。
組織は女殺し屋美沙子(真理アンヌ)を差向けてきた。家に逃げ帰った花田に妻の真美が拳銃を向けた。真美も殺し屋だったのだ。九死に一生を得た花田は美沙子のアパートに転げこんだ。そんな花田を美沙子は射つことが出来なかった。その夜、二人は殺し屋の宿命におびえながらお互いを求めあった。やがて花田殺しに失敗した美沙子は組織に捕われ、彼女を救いに行った花田は組織の連中と対決したが、そこに現われたのは、かつて花田が護送した男大類(南原宏治)だった。大類こそ、幻の殺し屋といわれるNo1なのだ。
大類は対決の場所として後楽園ジムを指定した。花田は腕は大類の方が一枚上であることを悟り、捨身戦法で対決しようと覚悟した。それが効を奏し、大類は花田に倒されたが、花田も大類の一弾を受けていた。ジムの中によろめき立っている花田の前に美沙子が現われたが、すでにその見分けのつかない花田は彼女を射った。そして花田も、「No1は誰だ!」と絶叫してその場に崩れ落ちていった。

殺しの烙印
真理アンヌ

題名:殺しの烙印
監督:鈴木清順
企画:岩井金男
脚本:具流八郎
撮影:永塚一栄
照明:三尾三郎
録音:秋野能伸
美術:川原資三
編集:丹治睦夫
音楽:山本直純
スチール:坂東正男
出演:宍戸錠、南原宏治、玉川伊佐男、真理アンヌ、小川万里子
1967年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ91分35mmフィルム
殺しの烙印 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

殺しの烙印殺しの烙印
殺しの烙印
殺しの烙印殺しの烙印
殺しの烙印

1 2