映画「殺しの烙印」

殺しの烙印
宍戸錠   

【追記・訃報】
「エースのジョー」の愛称で親しまれ、アクションスターとして日活の黄金期を支えた俳優の宍戸錠(ししど・じょう、本名同じ)さんが2019年1月21日に死去した。86歳。大阪市生まれ。関係者によると、都内の自宅で倒れていたという。あくの強さを出すため豊頬(ほうきょう)手術を受け、膨らんだ頬がトレードマークだった。日大芸術学部在学中の1954年、日活の第1期ニューフェイスに合格。翌55年に「警察日記」で本格デビューし、二枚目スターとして売り出されたが、自ら進んで豊頬手術を受け、敵役として活路を開いた。小林旭主演の「渡り鳥」「流れ者」シリーズや故赤木圭一郎さん主演の「拳銃無頼帖」シリーズに敵役として登場。時に主役を食う人気を博した。70年代になるとテレビにも進出し、「巨泉×前武のゲバゲバ90分」「カリキュラマシーン」「元祖どっきりカメラ」などのバラエティーにも出演。1982~83年にはフジテレビ系「くいしん坊!万才」にレポーターとして出演し、長男で俳優の宍戸開ものちにレポーターを務めた。10年4月に元女優でエッセイストの宍戸游子(ゆうこ)さんががんのため77歳で死去。2013年2月には東京・世田谷区上祖師谷の自宅が全焼する被害に遭うなど、晩年は悲しい出来事が続いた。
最終更新:2020/1/821(火) 16:45 スポニチアネックス

殺しの烙印殺しの烙印
宍戸錠                                                                 真理アンヌ

今回は鈴木清順監督1967年製作「殺しの烙印」をピックアップする。
本作を最後に日活の専属契約を解消され、監督は10年間も劇映画を撮れなかった経緯があった。脚本を書いた具流八郎とは大和屋竺、木村威夫、田中陽造、曽根中生、岡田裕、山口清一郎、榛谷泰明、各氏の共同ペンネームだ。その中で助監督をしていた(No4の殺し屋を演じている)大和屋竺氏は、本作後に日活を退社してフリーになり、若松孝二監督の若松プロダクションで「裏切りの季節」で監督デビューする。本ブログでは名作「荒野のダッチワイフ」を紹介した。

殺しの烙印殺しの烙印
南原宏治                                                              小川万里子

【ストリー】
プロの殺し屋としてNo3にランクされている花田(宍戸錠)は、500万円の報酬である組織の幹部を護送する途中、No2とNo4らの一味に襲撃された。花田の相棒春日(南廣)は倒れたが、組織の男の拳銃の腕前はすばらしいもので、危うく危機を脱した花田は、その男を無事目的地に送り届けた。仕事を終えたあとの花田は緊張感から解放されたためか、妻の真美(小川万里子)と野獣のように抱き合うのだった。ある日、花田は薮原(玉川伊佐男)から殺しの依頼を受けた。しかも、四人を殺して欲しいというのだ。花田は自分の持つ最高のテクニックを用いて、次々と指名の人間を消していった。しかし、最後の一人である外国人を殺すのに手間どり、結局失敗してしまった。殺し屋に失敗は許されない。
組織は女殺し屋美沙子(真理アンヌ)を差向けてきた。家に逃げ帰った花田に妻の真美が拳銃を向けた。真美も殺し屋だったのだ。九死に一生を得た花田は美沙子のアパートに転げこんだ。そんな花田を美沙子は射つことが出来なかった。その夜、二人は殺し屋の宿命におびえながらお互いを求めあった。やがて花田殺しに失敗した美沙子は組織に捕われ、彼女を救いに行った花田は組織の連中と対決したが、そこに現われたのは、かつて花田が護送した男大類(南原宏治)だった。大類こそ、幻の殺し屋といわれるNo1なのだ。
大類は対決の場所として後楽園ジムを指定した。花田は腕は大類の方が一枚上であることを悟り、捨身戦法で対決しようと覚悟した。それが効を奏し、大類は花田に倒されたが、花田も大類の一弾を受けていた。ジムの中によろめき立っている花田の前に美沙子が現われたが、すでにその見分けのつかない花田は彼女を射った。そして花田も、「No1は誰だ!」と絶叫してその場に崩れ落ちていった。

殺しの烙印
真理アンヌ

題名:殺しの烙印
監督:鈴木清順
企画:岩井金男
脚本:具流八郎
撮影:永塚一栄
照明:三尾三郎
録音:秋野能伸
美術:川原資三
編集:丹治睦夫
音楽:山本直純
スチール:坂東正男
出演:宍戸錠、南原宏治、玉川伊佐男、真理アンヌ、小川万里子
1967年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ91分35mmフィルム
殺しの烙印 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

殺しの烙印殺しの烙印
殺しの烙印
殺しの烙印殺しの烙印
殺しの烙印

映画「対決」


高橋英樹、葉山良二                  小林旭

今回は舛田利雄監督1967年製作「対決」をピックアップする。
日活で任侠ものを作ると東映とは全く違うスタンスになる。セット画作りの奥行き感は、素晴らしいものがあるが、東映作品に比べキャラクターが弱いと思った。社風カラーの違いがよく出ている。


和泉雅子                       青木義朗

【ストリー】
大正末期。上州富河原一帯に勢力を張っている芝寅一家は新興やくざの高安一家に押され気味だった。芝寅(安部徹)は次々と縄張りを荒されるに及んで、ついに殴り込みを決意し、それを銭山(青木義朗)にまかせた。銭山は代貸清太郎(中谷一郎)の弟直二郎(高橋英樹)や客人の満州常(小林旭)を率いて高安一家に殴り込んだ。彼らは高安(山田禅二)と代貸益子(玉川伊佐男)を逃がしたものの、勝負は芝寅一家の勝利に終った。しかし翌日、芝寅の宴会の席に高安とその残党が殴り込み、電灯の消えた暗闇の中で芝寅と高安が殺された。このため直二郎は清太郎の命令で、一切の責任を負って自首したのだった。
それから6年後、出所した直二郎が帰ってみると富河原は手を結んだ金山と益子に支配され、清太郎は乞食同然に放り出されていた。しかも直二郎と相思相愛の仲だったおしん(北林早苗)は銭山によって遊廓に売られ直二郎に会うと自殺してしまった。怒った直二郎は暴れ回ったが、益子に捕われて悽惨なリンチを受けた。それを見た銭山はさすがにとめようとしたが、益子は狂気のように直二郎を痛めつけるのだった。しかし、直二郎は益子の洩らした言葉から、芝寅を殺したのが、銭山に命ぜられた満州常であることを知った。その満州常は、かつての殴り込みの際、直二郎に命を助けられた恩を返すため、彼を益子のリンチから救い出したのだった。芝寅の死にからんで対立する二人の間に、友情が芽生えたのはその時からだった。一方、仲間割れで益子を殺した銭山は直二郎を逃がした満州常を怒って捕えたが、今度は直二郎が救い出した。直二郎は芝寅の本当の仇は銭山とばかり斬りつけたが、銭山のとどめを刺したのは清太郎だった。銭山の子分らが、彼らと手を切った満州常と、直二郎に倒されたのはその直後だった。


北林早苗、高橋英樹                    安部徹

題名:対決
監督:舛田利雄
企画:高木雅行
脚本:池上金男、舛田利雄
撮影:萩原憲治
照明:宮崎清
録音:福島信雅
美術:木村威夫
技斗:高瀬将敏
記録:土屋豊
編集:井上親弥
音楽:真鍋理一郎 主題歌:小林旭「落日」
現像:東洋現像所
製作主任:戸倉寿
助監督:小澤啓一
色彩計測:前田米造
スチール:土屋豊
出演:高橋英樹、小林旭、和泉雅子、北林早苗、葉山良二、三条泰子、中谷一郎、玉川伊佐男、青木義朗、安部徹、山田禅二
1967年日本・日活/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
2017年7月現在、DVD販売・レンタルはありません。


「対決」

小林旭、高橋英樹「対決」

映画「黒い賭博師」

黒い賭博師
冨士眞奈美
黒い賭博師黒い賭博師
小林旭                     小林旭、冨士眞奈美

今回は中平康監督1965年製作「黒い賭博師」をピックアップする。
東映のリアルな賭博ものと違いおしゃれな娯楽作品になっている本作はシリーズ化され、小林旭さん主演で「黒い賭博師・ダイスで殺せ(1965年監督:江崎実生)」「黒い賭博師・悪魔の左手(1966年監督:中平康)」が製作された。私は本作の冨士眞奈美さんが美しいのに衝撃を受けた。

黒い賭博師黒い賭博師
小林旭、横山道代                 高橋昌也、冨士眞奈美

【ストリー】
東京に舞いもどった氷室浩次(小林旭)は、以前、氷室が色々世話になったバー“トト”のママ時子(横山道代)のところに身を奇せていた。そんな時、スベニア王国大使館でレセプションが開かれ、氷室も招待客の一人として参加した。ところがこの催しは、レセプションとは名だけで、高倉商事社長、高倉(玉川伊佐男)やその子分でカード師の異名をもつ犬丸(小池朝雄)、その愛人玲子(冨士眞奈美)らが加わった大賭博会であった。氷室と犬丸の勝負は氷室の一方的な勝利に終った。その後、氷室の後を玲子が影のようにつきまとうようになった。そんなある日氷室は、賭けに負け国際賭博団マルコムの団員楊に狙われている女ニーナ(シェーリー・ヘレン)を助け、その場で楊に復讐戦を挑んだ。しかし氷室は楊のイカサマを見破れず敗れた。それ以来氷室は、楊(高橋昌也)との再戦を誓って資金集めに賭場を渡り歩く一方、相棒一六に楊の身辺を洗わせた。だが数日後、昔なじみの花田刑事が一六の死を知らせてきた。その夜氷室は再び楊と対決し、見事にイカサマを見破ったその足で氷室はニーナのホテルに向い、楊からとりかえした金を渡した。が、意外にも氷室はニーナがマルコムの情婦であり、さらに横浜に着く国際観光団にマルコムの団員がまぎれこみホテルで大賭博が催されることを知った。だが氷室を恐れる犬丸は、氷室を襲い、彼の左手を痛めつけた。当日氷室は傷ついた左手をかかえて賭場にのりこみ、見事な腕の冴えを見せた。マルコムは氷室たちを始末しようとするが、そこに花田刑事(谷村昌彦)が乗り込んできたことによりなんとかマルコムたちを撃退する。警察に連行されるマルコムたち。が、その警察は実はマルコム団の変装だったのだ。氷室は東京を離れまたあてどない旅に出ていくのだった。

黒い賭博師黒い賭博師
小池朝雄                     小林旭、冨士眞奈美

題名:黒い賭博師
監督:中平康
企画:児井英生
原作:野村敏雄
脚本:小川英、中西隆三
撮影:山崎善弘
照明:高島正博
録音:古山恒夫
美術:大鶴泰弘
特技:金田啓治
記録:堀北昌子
編集:辻井正則
音楽:伊部晴美
現像:東洋現像所
製作主任:栗橋正利
助監督:村田啓三
色彩計測:金田啓治
スチール:浅石靖
出演:小林旭、冨士眞奈美、横山道代、小池朝雄、高橋昌也、野呂圭介、益田喜頓、谷村昌彦、榎木兵衛、柳瀬志郎、玉川伊佐男、シェーリー・ヘレン
1965年日本・日活/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
黒い賭博師-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

黒い賭博師黒い賭博師
小林旭、野呂圭介、益田喜頓、谷村昌彦、冨士眞奈美

1 2 3