映画「博徒列伝」

博徒列伝博徒列伝
鶴田浩二                        大木実

今回は小沢茂弘監督1968年製作「博徒列伝」をピックアップする。
本作は、数多くの東映任侠映画を監督してきた小沢茂弘監督の代表作「博徒」「博奕打ち」シリーズに並ぶ人気シリーズとして打ち出された「列伝」シリーズになる。また本作はオールスターキャストの任侠映画として正月興行として当時人気を二分していた「新・網走番外地(監督:マキノ雅弘)」と同時公開されるも、オールナイト興行では出演者たちが登場する度に拍手が沸き起こり、盛り上がりを見せていたそうだ。それというのも、本作が公開された頃はすでに主要な出演者全員、単独の看板番組を持っており、各々主役級で観客を呼べる大スターたちばかりであったため実に贅沢な配役に観客が熱狂したという。

博徒列伝博徒列伝
若山富三郎                       高倉健
博徒列伝博徒列伝
藤純子                        北林早苗

【ストリー】
昭和の初期。大木戸一家の若松組組長若松勇次部(鶴田浩二)は、3年間の懲役に服するため、大木戸一家二代目の跡目を弟分の川田(大木実)に譲り、服役後も川田の右腕とたって働いていた。一方、監獄一家の組長金光(天津敏)は、若勇の縄張を狙い、あくどいいやがらせを度重ねた。業を煮した若勇は、監獄一家に喧嘩状を叩きつけたが、関東きっての顔役、浅草の甲田(河津清三郎)が仲裁を買ってでた。若勇は、甲田の申入れを断ったものの、川田は甲田の甘言にのり、兄弟分の盃を交わすという条件で若勇のしきる芝浦埠頭の実権を金光に譲ってしまった。それからの工事現場は、若勇の案じた通りだった。人足たちの不平不満はつのり、渡世人あがりの人足小桜(北島三郎)は、単身金光にたち向った。小桜が、兄貴分の治療費を捻出するため、女房を売り、その身受金を稼ぐため、人足をしていると知った若勇は、賭場で稼ぎ小桜を助けるのだった。これには、三次(若山富三郎)や芸者勝弥(藤純子)の隠れた協力があった。その勝弥が、富士家一家の子分に因縁をつけられた。同道していた若勇は、勝弥を助けたものの、相手を傷つけ留置されてしまった。やがて、富士上健吉(高倉健)と和解した若勇を金光たちが隅討した。子分を殺された若勇は、弔合戦を川田に相談したが、甲田との摩擦をきらう川田は聞き入れず、逆に若勇を破門する始末だった。新年。親分衆の初寄合で、甲田と川田は兄弟分の盃を交わした。だが、当初より大木戸一家の縄張を狙う甲田は、金光に命じ川田を闇討し、さらに若勇の命をも狙った。その危難を小桜に救われた若勇は、川田の許へ駆けつけた。川田は、苦しい息の下から若勇に自分の非をわび世を去っていった。富士上の助勢を得た若勇が、甲田、金光に怨念を晴したのは、それから間もなくのことだった。

博徒列伝博徒列伝
菅原文太                        博徒列伝
博徒列伝博徒列伝
北島三郎                       橘ますみ
博徒列伝博徒列伝
河津清三郎                       天津敏

題名:博徒列伝
監督:小沢茂弘
企画:俊藤浩滋、橋本慶一、日下部五朗
脚本:笠原和夫
撮影:鈴木重平
照明:増田悦章
録音:堀場一朗
美術:井川徳道
装置:吉岡茂一
装飾:宮川俊夫
美粧:佐々木義一
結髪:妹尾茂子
衣裳:松田孝
擬斗:谷明憲
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:渡辺岳夫 主題歌:北島三郎「博徒の花道」
フィルム:富士フィルム
製作主任:福井良春
助監督:大西卓夫
スチール:杉本昭三
出演:鶴田浩二、若山富三郎、藤純子(富司純子)、高倉健、菅原文太、北島三郎、大木実、河津清三郎、待田京介、北林早苗、橘ますみ、天津敏、名和宏、北村英三、八名信夫、汐路章、玉川良一、人見きよし
1968年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
博徒列伝 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

博徒列伝博徒列伝
玉川良一                       博徒列伝
博徒列伝博徒列伝
博徒列伝                      鶴田浩二、藤純子

映画「座頭市 牢破り」


勝新太郎                       三國連太郎

今回は山本薩夫監督1967年製作「座頭市 牢破り」をピックアップする。
本作は、勝プロダクション第一回作品で、“座頭市”シリーズ第16作目になる。俳優陣はベテランが勢揃いして山本薩夫監督が演出された事もあり、勧善懲悪の座頭市にならずに、刀による闘いでの人の生死を、観客に問いかける作りが良かった。

座頭市シリーズ


西村晃                        浜田ゆう子

【ストリー】
一宿一飯の恩義から富蔵親分(遠藤辰雄)の使いに立った座頭市(勝新太郎)は、相手の朝五郎親分(三國連太郎)の気っぷのいい態度に難題をまとめることができたのだが、朝五郎を追い落す機会だと、もめごとが起るのを待っていた富蔵の反感を買った。おまけに市が、百姓を大切にする朝五郎に惚れて頼まれもしないのにインチキ賭博の人質にとられていた百姓を富蔵の手から助け出したことから、頭にきた富蔵は子分の貞松(酒井修)や仁三郎(細川俊之)らに市を襲わせた。彼らが市の居合にかなうはずもなかった。市はその夜、千葉周作直伝の腕を持ちながら、国の大本は農にありと剣を捨てて土地の百姓たちと農業に励む大原秋穂(鈴木瑞穂)を知った。大原は剣の道は虚しいと、暗に市をさとした。しかし翌日、再び市を狙う富蔵たちに、市は手向わずにはおれなかった。富蔵を斬った市は再び旅に出た。アンマ仲間に入って安らかな日々を得たいと願った市だったが、成金にへつらう盲人の世界もいやらしいものだった。そんなある日、市の前に仁三郎が現われ、関八州出役の須賀(西村晃)から十手を預った朝五郎が百姓を痛めつけ、仁三郎の恋人志乃(浜田ゆう子)を須賀の妾にされたと語った。朝五郎の人柄を知る市は耳をかさなかった。ところが数カ月後、市は女郎屋で会った志乃から彼の言葉が正しかったことを知った。百姓をたぶらかし一揆を企てたとの理由で大原が縛についているとも知った市は、急ぎ村に戻った。村は荒れはて、須賀や新興商人の山源(松下達夫)と結託した朝五郎一家に、百姓たちは惨めな生活をしていた。朝五郎を信頼していた市にとって、これは意外なことだった。そんな市を朝五郎はせせら笑っていた。市は大原を助けようと朝五郎一家に殴り込んだが、一足ちがいに大原は江戸に送られた。その後を追った市は峠で一行に追いつき、須賀や朝五郎らと悽惨な闘いをまじえ、彼らを倒して峠を一面の血の海に染めた。市は大原を助けることができたものの、朝五郎に裏切られた。彼の心は、何か虚しく、またひとり、何処ともなく旅だっていくのだった。


鈴木瑞穂                        細川俊之

題名:座頭市 牢破り
監督:山本薩夫
企画:伊藤武郎、宮古とく子
製作:永田雅一
原作:子母沢寛
脚本:中島丈博、松本孝二、 猿若清方
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:林土太郎
美術:西岡善信
擬斗:土井茂
記録:藤岡輝夫
編集:菅沼完二
音楽:池野成
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:土井茂
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、三國連太郎、西村晃、浜田ゆう子、鈴木瑞穂、細川俊之、石山健二郎、遠藤辰雄、藤岡琢也、松下達夫、玉川良一、京唄子、鳳啓助、古川緑九、伊達三郎、酒井修
1967年日本・勝プロダクション+大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
-座頭市 牢破り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


勝新太郎「座頭市 牢破り」

映画「不良番長 手八丁口八丁」


「不良番長 手八丁口八丁」大原麗子

今回は内藤誠監督1971年製作「不良番長 手八丁口八丁」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第12弾になる。
今作のカポネ団は、国定忠治でお馴染みの群馬県赤城山に舞台を移し、コメディ・アクションを繰り広げるという内容だ。



梅宮辰夫                                                              大原麗子

【ストリー】
窃盗罪で刑務所入りしていた神坂(梅宮辰夫)以下カポネ団の面々は、暴力団中西興業に睨まれ喰いつめていたが、どうした風の吹きまわしか、中西興業社長の中西(室田日出男)から高速道路の利権問題に絡んだ土地買収の話が持ち込まれ、赤城の山で知られる上州国定村へと旅立つ。しかし、士地を所有する忠治の子孫で神主の長岡(玉川良一)はなかなか手放しそうになかった。しかし、長岡の好色ぶりに目をつけた神坂は、団員のヨーコ(フラワー・メグ)を使ってお色気戦法で迫るが、土地のヤクザ島田一家の女親分スミ(宮城千賀子)に見つかり、この一件から手を引くように脅されてしまう。ところが島田一家代貸の北原栄次(待田京介)が神坂のネリ鑑仲間だったことから、神坂は、これまでの中西の悪どさを知り、善良な市民のために立ち上ることを決心する。数日後、神坂の後を追ってきた夏子(大原麗子)も、父の復讐のために仲間に加わった。このことを知った中西は、スミを闇討ちにしてしまった。さらに、事件の核心に迫ろうと、建設会社に探りを入れ公団総裁と中西の関係に気ずいたカポネ団のサッポロ(地井武男)とヨーコをも殺してしまった。神坂は、中西への復讐の念に燃え上った。翌朝、神坂、五郎(山城新伍)、ジャブ(鈴木ヤスシ)、アパッチ(安岡力也)らは中西がいる公団事務所へと殴り込みをかけた。また北原栄次もその後を追うのだった。


「不良番長 手八丁口八丁」大原麗子

フラワー・メグ                                                          ピーター

題名:不良番長 手八丁口八丁
監督:内藤誠
企画:吉田達
脚本:松本功、山本英明
撮影:山沢義一
照明:大野忠三郎
録音:広上益弘
美術:北川弘
装置:根上徳一
装飾:神谷好孝
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣裳:長谷稔
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修
音楽:玉木宏樹 主題歌:梅宮辰夫「番長シャロック」
現像:東映化学
進行主任:坂本年文
助監督:三堀篤
演技事務:石原啓二
スチール:藤井善男
出演:梅宮辰夫、大原麗子、ピーター、フラワー・メグ、待田京介、宮城千賀子、玉川良一、由利徹、丹下キヨ子、山城新伍、鈴木ヤスシ、安岡力也、地井武男、安部徹、室田日出男、小林稔侍、園佳也子、大泉滉
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
不良番長 手八丁口八丁 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山城新伍、安岡力也、梅宮辰夫、地井武男、鈴木ヤスシ                          待田京介、梅宮辰夫

室田日出男                                                         宮城千賀子、玉川良一

不良番長 出たとこ勝負

1 2 3 5