映画「座頭市逆手斬り」

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
勝新太郎                         藤山寛美

今回は森一生監督1965年製作「座頭市逆手斬り」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第11作目になる。今作は松竹喜劇の名優藤山寛美さんが、ニセ座頭市として登場するが、脚本がその魅力を減衰させる内容にしているのが残念だ。だいたいニセ・ヒーローが出てくる様な内容になるとアイディアの枯渇が露呈される事が多い。この当時、勝新太郎さんは「兵隊やくざ」シリーズが始まり「座頭市」「悪名」と合わせて3本の人気シリーズを抱え、名実共に大映のドル箱スターになっている。

座頭市シリーズ

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
滝瑛子                         石山健二郎

【ストリー】
もぐりバクチの罪で捕った座頭市(勝新太郎)は、牢内で無実の罪で死刑を宣せられたやくざ島蔵(水原浩一)から、彼の無実を証明する兄弟分・黒馬の仙八(原田玄)か荒磯の重兵衛親分(石山健二郎)をたずねてくれるようにと頼まれた。翌朝牢を出た市は、若いやくざ百太郎(藤山寛美)と一緒になったが、市とは縁の深い青田の鎌十(玉置一恵)の許へわらじを脱いだ市が、下にもおかぬもてなしをうけるのに腹をたてて市と別れた。数日後、大洗の宿で黒馬の仙八を訪ねあてた市は、島蔵の身の上を話して協力を頼んだ。一度はこれをひきうけた仙八だったが、その夜市は黒馬一家に寝込みを襲われた。得意の居合斬りで刺客を蹴散らした市は仙八をしめあげ、役人を買収し島蔵をおとしいれたのは、荒磯の重兵衛であることを聞きだし、さらに黒馬一家に監禁されていた妖艶な女お米(滝瑛子)を救けた。その後お米は市を慕って、どこまでも後を離れようとはしなかった。それからまた数日、市は百太郎の扮するニセ座頭市に悩まされながらも、島蔵の身を案じて、荒磯の重兵衛の許に急いだ。そのころ島蔵の娘お千代(明星雅子)は、何とか島蔵を救おうと、必死の思いで重兵衛に嘆願した。しかし重兵衛は、そんなお千代の弱身につけこんでお千代の身体を奪おうとした。が、危機一髪かけつけた市は、必殺の逆手斬りで重兵衛の仔分をなぎたおし、重兵衛に島蔵の無罪を証明させる書付を書かせた。そこで市は、お千代から百太郎が島蔵の息子であることを聞かされた。市は早速重兵衛の書状を、刑場にはこばれる島蔵の許に届けた。無罪を証明されて涙を流してよろこぶ島蔵をあとに、市の孤影は鹿島灘の砂丘に消えていった。必死に後を追うお米をしたがえて……。

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
藤山寛美、勝新太郎

題名:座頭市逆手斬り
監督:森一生
企画:財前定生
原作:子母沢寛
脚本:浅井昭三郎
撮影:今井ひろし
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:吉見光男
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:大森盛太郎
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督: 大洲斉
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、藤山寛美、滝瑛子、明星雅子、村瀬幸子、石山健二郎、島田竜三、水原浩一、南部彰三、守田学、原田玄、玉置一恵、伴勇太郎
1965年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー77分35mmフィルム
座頭市逆手斬り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
座頭市逆手斬り

映画「座頭市血笑旅」

座頭市血笑旅座頭市血笑旅
勝新太郎                          高千穂ひづる

今回は三隅研次監督1964年製作「座頭市血笑旅」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第8作目になる。座頭市のキャラクターを、赤ん坊とお香との道行を通じて一歩入り込んで描いている。座頭市が赤ん坊に感情移入して行く様は、勝新太郎さんの芝居の深さを感じずにはいられなかった。流石、映画俳優である。

座頭市シリーズ

座頭市血笑旅座頭市血笑旅
高千穂ひづる、勝新太郎                座頭市血笑旅
座頭市血笑旅座頭市血笑旅
金子信雄、勝新太郎                  座頭市血笑旅

【ストリー】
甲州路を行く座頭市(勝新太郎)を見えがくれに追う5人組の殺し屋、文珠の和平次(石黒達也)、島蔵(藤山浩二)、猪蔵(橋本力)、菊蔵(北城寿太郎)、鶴蔵(千石泰三)らは、市が乗った駕を先廻りして刺した。だが駕の中は赤ん坊を抱いた若い女おとよ(川口のぶ)であった。市は途中で、急病に苦しむおとよに、駕をゆずったのだった。おとよの死を知った市は、その亭主信州宮本村の宇之助(金子信雄)の許まで、赤ん坊を届けることにした。赤ん坊を抱いて、”めくらの市”は、駕かき土平(沖時男)と馬助(越川一)を連れて子守旅を始めた。だが、5人組は、そんな市に襲いかかった。市の居合斬りで、一人を斬られた5人組。土平、馬助は退散して、市は赤ん坊と二人の旅を続けた。仲間を殺されて怒った殺し屋は、顔みしりの麻古女の半五郎(杉山昌三九)を味方にして、おしめを替えている市に斬りかかった。だがそこでも市の刀は半五郎一家十人の命を奪っていた。盲目の市が、赤ん坊の世話をしながらの、やくざ旅は、苦労の連続であった。一夜賭博で金を作った市は、翌朝、田舎侍に追われる女巾着切り、お香(高千穂ひづる)を助け、子守り代りにお香を雇った。市の気っぷに惚れたお香は、市と口喧嘩をしながらも、よくめんどうをみた。ある日、お香が赤ん坊を二階からおしっこさせたのが、通りがかった相撲取り小手丑(天王寺虎之助)にかかり、市との間に乱闘が起きた。丁度通りがかった4人組は仕込杖を持たない市に、襲いかかったが、お香の機転でのがれることができた。市とお香が、お互い離れ難い愛情が湧いたころ、市は、今ではやくざの親分となっている宇之助を訪ねた。しかし宇之助は、子分に命じて赤ん坊を抱いた市を追い払った。宇之助の態度に怒った市は、赤ん坊をおとよの遺髪と共に菩提寺瑞光院の和尚(加藤嘉)に預けた。時しも寺の外では、宇之助を味方にした殺し屋、和平次らが竹槍の先に火をつけて、市を包み討うと襲った。市の居合破りを考えた和平次の作戦であった。振りかかる火と刃の中で四人組と子分を倒した市は、可愛いい赤ん坊の父親、宇之助だけは命を許した。赤ん坊と別れる市とお香の眼に涙が光った。

座頭市血笑旅座頭市血笑旅
勝新太郎                        加藤嘉

題名:座頭市血笑旅
監督:三隅研次
企画:高森富夫、財前定生
原作:子母沢寛
脚本:星川清司、吉田哲郎、松村正温
撮影:牧浦地志
照明:山下礼二郎
録音:大谷巖
音効:倉島暢
美術:内藤昭
装置:伊藤万次郎
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
製作主任:今村喬
助監督:友枝稔議
色彩技術:小池清茂
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、高千穂ひづる、金子信雄、加藤嘉、石黒達也、天王寺虎之助、北城寿太郎、毛利郁子、伊達三郎、藤山浩二、橋本力、南部彰三、杉山昌三九、越川一、沖時男、川口のぶ、近江輝子、南条新太郎、石原須磨男、玉置一恵、堀北幸夫、木村玄、藤川準、愛原光一、千石泰三、黒木英男、原田清子
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
座頭市血笑旅 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市血笑旅