映画「現代やくざ 盃返します」


菅原文太                       松方弘樹

今回は佐伯清監督1971年製作「現代やくざ 盃返します」をピックアップする。
本作は1969年「現代やくざ 与太者の掟(監督:降旗康男)」に始まった菅原文太さん主演の”現代やくざ”シリーズ第3作(全5作)である。

1969年「現代やくざ 与太者の掟(監督:降旗康男)」
1969年「現代やくざ 与太者仁義(監督:降旗康男)」
1971年「現代やくざ 盃返します(監督:佐伯清)」
1971年「現代やくざ 血桜三兄弟(監督:中島貞夫)」
1972年「現代やくざ 人斬り与太(監督:深作欣二 )」


野川由美子                      小池朝雄

【ストリー】
昭和43年夏、大阪豊中の博徒堂本組組長堂本(小池朝雄)は、大阪池田の博徒三鬼組の鬼丸組長(諸角啓二郎)と組んで、大阪伊丹空港の拡張地や阪急沿線の観光利権を早くから握っていた大阪箕面の博徒萩原組組長(水島道太郎)を暗殺、その利権を得ようと計った。親分の堂本から萩原暗殺の命令を受けた関根辰次(菅原文太)は、堂本組とは兄弟分同様の萩原を殺すことに疑問を感じたが、仁義に乗っ取りその役目を果して刑務所に入った。2年後、関根は出所した。その間、萩原の一人娘冴子(工藤明子)は親の遺言通り組を解散、望月(中田博久)と共に細々とバーを始めた。やがて、関根は分家して関根組を名乗るが、冴子のことが気になり、そのバーに足を向けた。そこで、この辺一帯の縄張りを狙っている三鬼組とぶつかるが、その場は、殺された萩原の弟分にあたる柴山組組長柴山(松方弘樹)の仲裁で収まった。鬼丸は、柴山をいっきに叩こうと、柴山の賭場に殴り込むが、客の長尾組組長(中村竹弥)に傷を負わせてしまった。長尾ほどの大親分を敵にまわすことは、鬼丸と堂本にとって本意ではないので早速詫びを入れた。仁義に反する堂本の行動にいや気のさした関根は、同郷の小料理屋をしている芳子と世帯を持ってヤクザの足を洗おうと考えた。しかし、堂本は何かと自分に反抗する関根を柴山殺害の道具に使うことにした。しかしこの仕組まれた罠を知った関根は、盃を返すと、鬼丸と堂本にドスをふりかざした。


工藤明子、中田博久               野川由美子、菅原文太

題名:現代やくざ 盃返します
監督:佐伯清
企画:俊藤浩滋、矢部恒
原案:村上和彦
脚本:大和久守正
撮影:星島一郎
照明:川崎保之丞
録音:広上益弘
美術:藤田博
装置:吉田喜義
装飾:米沢一弘
技斗:日尾孝司
編集:田中修
記録:勝原繁子
音楽:菊池俊輔
現像:東映化学
進行主任:志村一治
助監督:福湯通夫
現像:東映化学
スチール:藤井善男
出演:菅原文太、松方弘樹、野川由美子、小池朝雄、伊吹吾郎、工藤明子、諸角啓二郎、中村竹弥、水島道太郎、中田博久、谷村昌彦、汐路章、たこ八郎
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
現代やくざ 盃返します -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


現代やくざ 盃返します