映画「夢千代日記」


吉永小百合                       北大路欣也

今回は浦山桐郎監督1985年製作「夢千代日記」をピックアップする。
本作はテレビドラマとして高視聴率を上げた「夢千代日記」」シリーズの完結篇として原作者の早坂暁氏の要望で映画化され浦山桐郎監督の遺作(1985年10月死去、享年55歳)である。浦山桐郎監督と吉永小百合さんの「キューポラのある街」から23年後の作品で、日本を代表する女優の変わらぬ美貌とスピリチュアルな透明感が映し出されて感慨深い。


田中好子                                            左時枝、名取裕子

【ストリー】
山陰の雪深い温泉町、湯村。“はる家”の夢千代こと永井左千子(吉永小百合)は広島で被爆していた。“はる家”は夢千代が母から受け継いだ芸者の置家で、夢千代の面倒を子供の頃から見てくれている渡辺タマエ(風見章子)、気のいい菊奴(樹木希林)、スキー指導員・名村(渡辺裕之)に恋し自殺未遂を起こす紅(田中好子)、好きな木浦(前田吟)のため、彼の妻の替わりに子を宿す兎(名取裕子)、癌で三ヵ月の命だという老画伯・東窓(浜村純)に、束の間の命の灯をともす小夢(斉藤絵里)たちがいる。神戸の大学病院で「あと半年の命」と知らされた夢千代は、帰りの汽車の窓から祈るように両手を合わせて谷底へ落ちて行く女性を見た。同乗していた女剣劇の旅役者の一人、宗方勝(北大路欣也)もそれを見ていたが、彼の姿は消えてしまう。捜査の結果、その女性の駆け落ちの相手、石田が逮捕された。彼の子を身篭った女が邪魔になったのだろうという事だったが、夢千代には自殺としか思えなかった。翌日、旅芝居好きの菊奴の案内で春川一座を尋ねた夢千代は、宗方に本当のことを教えてほしいと嘆願するが、宗方は「見ていません」と冷く答えるのだった。夢千代はタマエから、死んで行くしかない特攻隊員との愛のかたみに母が女手一つで自分を産み落としたことを聞かされ、一度だけ出来た子供を堕したことを悔いた。ある夜、夢千代は春川一座へ出かけ、熱を出して倒れてしまう。そして、宗方に背おわれて“はる家”に戻ってきた。春川一座のチビ玉三郎(白龍光洋)は、母である座長や菊奴の前で宗方の夢千代に対する気持を言いあてる。その時、宗方は菊奴から夢千代の命が長くないことを知らされた。証人として宗方の身元を調べていた藤森刑事(加藤武)は、彼の名がでたらめであることを知る。さらに、15年前、父親を殺して指名手配中であることをつきとめ、夢千代に警告するのだった。宗方は一座から姿を消した。彼を隠岐行のフェリーで見かけたという紅の言葉を頼りに、夢千代は隠岐島へ向った。そして、宗方に愛を告白し、二人は結ばれた。宗方は衰弱した夢千代を“はる家”へ連れ帰る。皆の見守るなか、夢千代は息を引きとり、宗方は藤森によって逮捕されたのだった。


浜村純                                       斉藤絵里

題名:夢千代日記
監督:浦山桐郎
企画:早坂暁
製作:岡田裕介、佐藤雅夫、坂上順、斎藤一重
脚本:早坂暁
撮影:安藤庄平
照明:渡辺喜和
録音:荒川輝彦
美術:井川徳道、佐野義和
装飾:渡辺源三
背景:西村三郎
衣装:森譲、黒木宗幸
美粧・結髪:東和美粧
技斗:上野隆三
振付:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:玉木濬夫
音楽:松村禎三 和楽:浪花三之介
現像:東映化学
製作主任:長岡功
助監督:鈴木秀雄
スチール:中山健司
出演:吉永小百合、名取裕子、田中好子、樹木希林、北大路欣也、風見章子、小川真由美、河原崎長一郎、斉藤絵里、渡辺裕之、三條美紀、小田かおる、左時枝、横内正、加藤武、前田吟、岸部一徳、白龍光洋
1985年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー128分35mmフィルム
夢千代日記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


夢千代日記                                                            吉永小百合

映画「鉄道員ぽっぽや」

鉄道員ぽっぽや
高倉健
鉄道員ぽっぽや鉄道員ぽっぽや

今回は降旗康男監督1999年製作「鉄道員ぽっぽや」をピックアップする。
本作は、浅田次郎氏の同名小説(第27回直木賞受賞)を大きく膨らませ、時間軸を幌舞線の廃止と乙松(高倉健さん)が退職を迎える寸前の歳末から正月明けにかけて、乙松が回想する形式としている。物語の整合性に少々疑問を抱いたが、私も歳のせいなのか雪子(広末涼子さん)のシーンには泣かされた。舞台となる幌舞線の列車は、赤いディーゼル車1両の単行で走行する。台詞では「キハ12」と呼ばれているが、撮影当時は現存せず、キハ40形の前頭部をキハ12形風に改造した。乙松が駅長を務める「幌舞駅」は根室本線の幾寅駅を改造し、模擬の腕木式信号機や車止めを設置する装飾等をしたそうだ。

【追記・訃報】
映画監督、降旗康男さんが2019年5月20日午前9時44分、肺炎のため亡くなった。84歳だった。26日、東映が発表した。通夜、告別式は、生前の故人の遺志により近親者で密葬として執り行った。最後の監督作品は岡田准一主演の「追憶」(2017年5月公開)。1957年、東京大学文学部フランス文学部卒業後、東映に入社。1966年、「非行少女ヨーコ」で監督デビュー。菅原文太主演「現代やくざ」シリーズや高倉さん主演「網走番外地」シリーズや「鉄道員(ぽっぽや)」「駅 STATION」「あ・うん」などを手がけ、高倉健さんとの名コンビで数多くの作品を輩出した。1974年に東映を退社し、フリーに。2014年11月に83歳で亡くなった高倉さんとは数多くの作品でコンビを組んだ盟友。降旗監督の歴史は日本映画の歴史そのものだった。
5/26:18:17 配信 デイリースポーツ

鉄道員ぽっぽや鉄道員ぽっぽや
大竹しのぶ                     広末涼子

【ストリー】
北海道の幌舞線の終着駅幌舞の駅長・佐藤乙松(高倉健)は、鉄道員(ぽっぽや)一筋に人生を送ってきた男だ。幼い一人娘を亡くした日も、愛する妻を亡くした日も、彼はずっと駅に立ち続けてきた。だが、その幌舞線も今度の春で廃線になることが決まっていた。さてその最後の正月、かつて乙松と共に機関車を走らせていた同僚で、今は美寄駅の駅長の杉浦(小林稔侍)が乙松を訪ねて幌舞駅へやってきた。彼は、今年で定年になる乙松に一緒にリゾートホテルへの再就職を勧めにやってきたのだ。しかし、鉄道員一筋の乙松はその申し出を受け入れようとしない。やがて、終電が終わるとふたりは酒を酌み交わし、懐かしい想い出話に花を咲かせた。数々の出来事が、乙松の脳裡に蘇っていく—-。一人娘の雪子(広末涼子)の誕生と死、炭坑の町として幌舞が賑わっていた頃のこと、機関士時代の苦労、愛妻・静枝(大竹しのぶ)の死_。そんな乙松の前に、ひとりの少女が現れる。どうやら、正月の帰省で都会からやってきた子供らしい。乙松は、あどけない少女に優しく話しかけながら、その少女に雪子の面影を重ねていた。その夜、昼間の少女が忘れていった人形を取りに来たと言って中学生の姉が駅舎を訪れた。乙松は、彼女を歓待してやるが、彼女もまた人形を忘れて帰ってしまう。さてその翌日、杉浦が美寄に帰った後に、またしてもふたりの少女の姉と名乗る高校生がやってきた。17歳の彼女は鉄道が好きらしく、乙松の話を聞いたりして楽しい時間を過ごした。だが、実は彼女は17年前に死んだ乙松の子供・雪子だったのである。彼女は、自分が成長する姿を乙松に見せに現れてくれたのだ。そのことを知った乙松は、死に目にもあってやれなかった娘への後悔の気持ちが雪のように溶けていくのを心の中に感じる。しかし翌朝、すっかり冷たくなった乙松の亡骸が、幌舞駅のホームで発見された…。

鉄道員ぽっぽや鉄道員ぽっぽや
高倉健、小林稔侍、田中好子        大竹しのぶ、高倉健、奈良岡朋子

題名:鉄道員ぽっぽや
監督:降旗康男
企画:坂上順
製作総指揮:高岩淡
製作:石川通生、進藤淳一、角田朝雄、木村純一
原作:浅田次郎
脚本:降旗康男、岩間芳樹
撮影:木村大作
照明:渡辺三雄
特機:NK特機
録音:紅谷愃一
美術:福澤勝広
装飾:若松孝市
衣裳:江橋綾子、戸塚一
記録:石山くみ子
編集:西東清明
音楽:国吉良一 主題歌:坂本美雨
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作担当:菊池淳夫
助監督:佐々部清
スチール:渋谷典子
出演:高倉健、大竹しのぶ、広末涼子、小林稔侍、安藤政信、吉岡秀隆、奈良岡朋子、田中好子、志村けん、平田満、中原理恵、本田博太郎、中本賢、きたろう
1999年日本・鉄道員製作委員会⁺東映/ビスタサイズ・カラー114分35mmフィルム
鉄道員(ぽっぽや) [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

鉄道員ぽっぽや鉄道員ぽっぽや
中本賢、小林稔侍

映画「鏡の女たち」

鏡の女たち鏡の女たち
岡田茉莉子                     田中好子

今回は吉田喜重監督2003年製作「鏡の女たち」をピックアップする。
本作は「嵐が丘」から14年ぶりの吉田喜重監督作品になる。内容は、孫を置いて失踪した娘らしき人物と24年ぶりの再会を機に、娘、孫に渡る三世代の女性が、自らのアイデンティティを問い、広島に原爆が落とされた日から苦悩し続ける主人公の半生を描いている。撮影はコダイ・グループで大変お世話になった中堀正夫氏、照明は1994年にTVCF「井村屋・あずきバー」の撮影でお世話になった佐野武治氏が担当されている。画作りは、最強なタッグではないだろうか!なお本作は、日本を代表する名バイプレーヤー室田日出男さんの最後の映画出演作品となった。

作品リスト

鏡の女たち鏡の女たち
一色紗英                    岡田茉莉子、室田日出男

【ストリー】
東京郊外の閑静な住宅街に住む愛(岡田茉莉子)。娘の美和(田中好子)は20歳の時に家出をし、4年後に帰ってきたが娘の夏来を生むと再び姿を消してしまった。24年後、愛のもとに市役所から連絡が入る。失踪した美和の母子手帳を持った女性が、警察に保護されているとのことだった。尾上正子というその女性は記憶喪失者で、実の娘か確信を持てないまま、愛はアメリカにいる夏来(一色紗英)を呼び寄せる。やがて、少しずつ甦ってくる正子の記憶。その記憶は、愛が美和を生んだ地、広島へと3人の女たちを向かわせる……。

鏡の女たち鏡の女たち
田中好子、岡田茉莉子

題名:鏡の女たち
監督:吉田喜重
企画:吉田喜重、高橋松男
製作統括:高橋雅宏
製作:綾部昌徳、高橋松男、成澤章
脚本:吉田喜重
撮影:中堀正夫
照明:佐野武治
特機:落合保雄(NK特機)
録音:横溝正俊
美術:部谷京子
装飾:小池直実
スタイリスト:田代みゆき
ヘアメイク:葉山三紀子
記録:竹田宏子
編集:吉田喜重、森下博昭 ネガ編集:岡安和子
音楽:原田敬子、宮田まゆみ
助監督:中西健二
撮影機材:シネオカメラ
照明機材:三和プロライト
フィルム:イーストマンコダック
現像:東京現像所
プロデューサー:高田信一、尾川匠、フィリップジャクイアー、霜村裕
出演:岡田茉莉子、田中好子、一色紗英、室田日出男、山本未来、西岡徳馬、三条美紀、石丸謙二郎、犬塚弘、北村有起哉
2003年日本・グルーヴコーポレーション+現代映画社+ルートピクチャーズ+グルーヴ東京/ビスタサイズ・イーストマンカラー129分35mmフィルム
鏡の女たち [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

鏡の女たち鏡の女たち

鏡の女たち
撮影:中堀正夫氏(右) 照明:佐野武治氏(左)