映画「女番長(スケバン)」


杉本美樹                        宮内洋

今回は鈴木則文監督1972年製作「女番長(スケバン)」をピックアップする。
本作は、”女番長シリーズ”第4作目として。1973年1月に全国公開された。内容は大阪・梅田を舞台に、女番長同志の対決と、彼女らを弾圧する暴カ団たちとの争いを描いたものだ。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


池玲子                         衣麻遼子

天津敏                         三原葉子

【ストリー】
少年特別院送りの護送車から、美貌の女番長、関東小政こと篠原政子(杉本美樹)、大阪・梅田で番を切る高校総番長の学ラン会の摩耶(池玲子)、そして摩耶と勢力を二分する黒菊団の女番長のゴロメン燎子(衣麻遼子)、それに鈴江(太田美鈴)、ラン子(丘ナオミ)、桃子(西来路ひろみ)たちが脱走、それぞれ関西方面へと逃れていった。小政の貫禄に惚れた鈴江、ラン子、桃子らは、小政を番長とし、ジプシー団を結成し大阪へ潜り込む。しかし、学ラン会や、黒菊団はジプシー団を目の仇とつけ狙い、三者は入り乱れて縄張り争いをつづけた。ある日、小政は警察に追われチンピラの一郎(荒木一郎)のアパートに逃げこみ、難を救われる。一郎は地元の暴力団・北竜会の予備軍でもある三星会の一員で、三星会のリーダーの達夫(宮内洋)は、かつての摩耶の愛人だった。その達夫が、北竜会と手を結ぶ国税局の役人二官の息子を恐喝したことから組長・淀(天津敏)の激怒にふれ、上納金を倍額納めるように命しられた。達夫のピンチに小政と一郎は二官夫人(三原葉子)を強引にプルーフィルムのモデルにしてしまい、150万円稼ぎ、達夫に渡す。数日後、ジプシー団は、北竜会の賭場を急襲するが、四人共捕われてしまう。しかし達夫は借りを返すぺく、小政を救出。二人は身を秘めている間、いつのまにか抱きあっていた。そこに摩耶が現われた。火花を散らす再会。一方、鈴江たちは黒菊団に連れられて、ソープランドセンターに行く途中、小政が襲撃、燎子を痛めつける。さらに勢いに乗った小政は摩耶とも対決。そこへ、達夫が来て、摩耶を強引に淀のところへ連れていく。かつて摩耶は淀に傷つけたことがあったのである。なぶりものにされる摩耶。しかし、小政が摩耶救出に成功。達夫は追って来た北竜会の銃弾から摩耶を守って死んでいった。それぞれの復讐の念を胸に北竜会本部へ殴り込む、小政と摩耶。そして小政に惚れた弱味から助っ人として乗り込み、死んでいった一郎の犠牲を得た。二人の怒りのダイナマイトが火を吹き、ドスが、ナイフが、淀たちを次次と血祭りにあげていった。


荒木一郎                        池玲子

題名:女番長(スケバン)
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:大原清秀、皆川隆之、鈴木則文
撮影:増田敏雄
照明:和多田弘
録音:堀場一郎
美術:雨森義允
装置:吉岡茂一
装飾:松原邦四郎
美粧・結髪:東和美粧
衣装:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:牧野叔子
編集:堀池幸三
音楽:八木正生 主題歌:杉本美樹「女番長流れ者」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:長岡功
演技事務:伊駒実麿
助監督:皆川隆之
スチール:諸角義雄
出演:杉本美樹、宮内洋、衣麻遼子、太田美鈴、池玲子、西来路ひろみ、丘ナオミ、碧川ジュン、一の瀬レナ、須藤リカ、城恵美、渡辺やよい、三原葉子、成瀬正孝、天津敏、遠藤辰雄、名和宏、大泉滉、田中小実昌、荒木一郎
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
女番長(スケバン) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


宮内洋、池玲子                 女番長(スケバン)

映画「女番長ゲリラ」


杉本美樹                           成瀬正孝

今回は鈴木則文監督1972年製作「女番長ゲリラ」をピックアップする。
本作は、女番長(スケバン)シリーズ第3作目になる。
この映画が公開された1972年にあがた森魚さんの楽曲「赤色エレジー」が大ヒットした。
「赤色エレジー」は漫画雑誌ガロに林静一氏が1970年に連載した漫画で、漫画家を目指す一郎と恋人の幸子の同棲生活を描いたものをモチーフにしたものだが、本作は設定を変えて幸子(杉本美樹)と一郎(成瀬正孝)としている。あがた森魚さんもご本人役で出演している。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。

 ←あがた森魚「赤色エレジー」

あがた森魚                         小林千枝、大泉滉


池玲子                           水島道太郎、安部徹

衣麻遼子                       鳳啓助、京唄子

【ストリー】
揃いのジャンプスーツに赤のヘルメット、帰山幸子(杉本美樹)をリーダーに、ユキ(城恵美)、みどり(木本リンダ)、浮子(小林千枝)ら新宿赤ヘル団が京都へやって来た。早速地元の女番長リカ(衣麻遼子)たちと、一騒動起こるが、たちまちリカたちを支配下に置く。そして暴力団筒井組の幹部、中原修治(林彰太郎)の妹奈美(池玲子)や、尼寺のお桂(丘ナオミ)という頼もしい仲間が増えた。幸子たちの派手な行動が筒井組にとって面白いわけがなく、折角恐喝で稼いだ100万円も筒井組に横取されてしまった。その頃幸子は将来チャンピオンを夢見る六回戦ボーイの宮崎一郎(成瀬正孝)と知り合い急速にひかれていった。ところが筒井は一郎の所属する八田ジムの会長、八田正剛(水島道太郎)を抱きこみ八百長試合を仕組もうとしていたが、八田はガンとして聞き入れなかった。それではと、筒井は八田の娘千津子(三浦夏子)を誘拐。事の一部始終を知った幸子は奈美の応援を得て、千津子救出に成功する、が、逆に捉えられ、リンチを受ける。そして救出に来た一郎は無残にも筒井たちのドスを受けて死んでしまった。無事脱出した幸子と奈美は、一郎の仇をとるべく筒井を尾け廻し、筒井の車が名神ハイウェーを走るところを事故に偽装して海へと転落させた……。にがい思い出を捨て去るように一人旅に立つ奈美と別れた幸子ら赤ヘル団は、風の吹くまま気の向くままに単車を駆って京都を後にするのだった。

題名:女番長ゲリラ
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:皆川隆之、鈴木則文
撮影:赤塚滋
照明:和多田弘
録音:堀場一朗
美術:石原昭
装置:米沢勝
装飾:宮川敏夫
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:市田勇
音楽:津島利章 主題歌:杉本美樹「女番長流れ者」挿入歌:あがた森魚「赤色エレジー」
製作主任:渡辺操
助監督:清水彰
演技事務:森村英次
スチール:諸角義雄
出演:杉本美樹、成瀬正孝、丘ナオミ、池玲子、小林千枝、城恵美、三原葉子、鳳啓助、京唄子、岡八郎、大泉滉、水島道太郎、安部徹、田中小実昌、女屋実和子、あがた森魚、衣麻遼子、三浦夏子
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
女番長ゲリラ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


女番長ゲリラ

映画「温泉こんにゃく芸者」


温泉こんにゃく芸者

女屋実和子                                  荒木一郎

今回は中島貞夫監督1970年製作「温泉こんにゃく芸者」をピックアップする。
本作は、東映ニューフェイス第13期の女屋実和子さんのデビュー作であり、温泉芸者シリーズ第3弾である。
芸妓400人、置屋30余り、北陸の花街片山津温泉の絶頂期に撮られたものだそうだ。


殿山泰司、小池朝雄、松井康子               上田吉二郎、女屋実和子

【ストリー】
珠枝(女屋実和子)はこんにゃく屋の徳助(殿山泰司)に育てられた孤児であった。不能者の徳助は、同じ悩みに苦しむ男たちを救済するためと称して、性具の研究に余念がなかった。珠枝はそんな徳助の面倒をみていたが、勤めていた避妊具工場が倒産、一時しのぎの金をつくるため、片山津温泉へやってきた。その日、珠枝は退職金代りに貰った避妊具を売りに入った、ヌード・スタジオで店主の荒川(荒木一郎)にあっさり体を与えた。置屋の女将満子(武智豊子)は、そんな珠枝をインスタント芸者に仕立て上げた。最初の客は水源寺の了賢和尚(田中小実昌)であった。そしてミミズ千匹にめぐり会ったという了賢の感激話はパッと広まった。徳助が珠枝と一緒に生活を始めたのもその頃だった。やがて珠枝は製薬会社々長の田中作兵衛(上田吉二郎)という男に身請けされた。だが、まもなく作兵衛は徳助が生涯の夢をかけて瀟洒な妾宅に作った、こんにゃく風呂の中で転倒し、あっけなく世を去った。一方、どうしたことか徳助の男が25年ぶりによみがえった。そして、徳助は隣室のツタ子(松井康子)と恋におちた。結婚話まで決めこんだ二人にとっての障害は、ツタ子のヒモ、池永(小池朝雄)への慰謝料と所帯資金であった。その頃、名器の持ち主としての珠枝の評判は、日本中に広まっていた。日本各地から芸者スカウトが殺到し、札束をつんだ。なかでも、大きく出たのが500万円もの移籍料をつんだ関西の西川(小松方正)だった。徳助は珠枝に、最後の頼みと頭を下げた。珠枝は西川に蒲団の上での勝負を挑んだ。精力くらべである。一対一の三本目、やがて、「勝負ありました」と立会人満子の声と共に、西川が口笛を吹きながら、姿をあらわした。だが次の一瞬、その体は音をたてて崩れ落ちた。身を案じて部屋に馳けこんだ徳助とツタ子に珠枝は、ニッコリと微笑んだ。


小松方正                                菅井きん

題名:温泉こんにゃく芸者
監督:中島貞夫
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:掛札昌裕、金子武郎、中島貞夫
撮影:鈴木重平
照明:金子凱美
録音:溝口正義
美術:石原昭
装置:矢守好弘
装飾:清水悦男
美粧:中野進明
衣装:豊中健
擬斗:三好郁夫
振付:藤間勘眞次
記録:牧野叔子
編集:神田忠男
音楽:広瀬健次郎
現像:東映化学 フィルム:富士フィルム(ノンクレジット)
製作主任:西村哲勇
助監督:篠塚正秀
スチール:藤本武
出演:女屋実和子、荒木一郎、小松方正、松井康子、安城由貴、桜京美、榊浩子、武智豊子、片山由美子、常田富士男、大泉滉、小池朝雄、殿山泰司、上田吉二郎、菅井きん、田中小実昌
1970年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
温泉こんにゃく芸者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


温泉こんにゃく芸者

1 2 3