映画「人生劇場 飛車角」


鶴田浩二                     佐久間良子

今回は沢島忠監督1963年製作「人生劇場 飛車角」をピックアップする。
人生劇場は、1936年に内田吐夢監督が日活で製作したのが始まりで、東宝、大映でも製作されているが、物語の脇役に過ぎない飛車角こと小山角太郎に着目し、スピンオフ作品として作られたのが本作である。
当時の東映社長であり製作総指揮を執った岡田茂氏が、東映京都撮影所で時代劇を中心に活躍していた沢島忠監督を東映東京撮影所に呼び寄せ製作した。描かれた義理と人情と男の悲哀、その中で生きるヤクザ者の姿が、熱狂的な支持を集め大ヒットした。これからヤクザを主体に据えた新しいジャンル「ヤクザ映画」が生まれ、仁侠映画、実録路線、女ヤクザを生んで行ったという。


高倉健                      月形龍之介

【ストリー】
横浜の遊女だったおとよ(佐久間良子)と逃げのびて来た飛車角こと小山角太郎(鶴田浩二)は、小金親分(加藤嘉)の計らいで深川の裏町に住むことになった。そんなある日、小金一家と文徳組は喧嘩になった。一宿一飯の義理を持つ飛車角は、宮川健(高倉健)と熊吉を連れて文徳一家に殴りこんだ。そこで飛車角は文徳(沢彰謙)を刺し殺し、吉良常(月形龍之介)と名のる老人に救われた。吉良常は一目みて飛車角に惚れこんだ。小金の弟分奈良平(水島道太郎)の計らいでおとよと逢った飛車角は、警察に自首、五年の刑で前橋刑務所に服することになった。飛車角の帰りを待つおとよを、奈良平は深川不動の夏祭に誘った。その二人の目の前で小金親分が何者かに殺された。奈良平の冷たい笑いにおとよは総てを察した。おとよは逃げた。そのおとよを宮川が救った。そこで二人は同じような身の上であることを知って自然に結ばれた。だが、宮川はおとよが飛車角の女と知って愕然とした。そして悩んだ。そんな頃、恩赦で飛車角が刑務所を出た。吉良常一人が出迎えに出ていて、おとよと宮川のことを飛車角につげた。飛車角は男らしくおとよをあきらめ、吉良常の勧めるまま吉良へ足を運んだ。吉良で青成瓢(梅宮辰夫)吉と知り会った飛車角は、吉良で骨を埋めようと決心するのだった。吉良常が娘のように可愛がっている料理屋よしだやの娘お千代(本間千代子)も、そうした飛車角を慕うようになった。そうした飛車角のところに宮川とおとよが詫びを入れに来た。飛車角はだまって二人を許してやるのだった。そしてまた何カ月が過ぎた。仁吉まつりの権利をめぐって吉良常は、土地のテキ屋浜勝(山本麟一)と争うことになった。飛車角は単身浜勝おとずれ、仁吉まつりには指一本ふれないという証文をとりあげた。浜勝も飛車角の男らしい態度に手も足も出なかった。
そんなところへ熊吉がやって来た。男を立てようとした宮川が、小金親分を殺したのが奈良平だと知って、単身殴り込みをかけて殺されたというのだ。飛車角はお千代の止めるのもきかず東京へ飛んだ。お千代の泣き声を背にするのはつらかったが、吉良常は分ってくれると思ったのだ。「飛車角来たる!」奈良常一家は沸いた。一家総動員で飛車角を待ちうけていた。これを知ったおとよは、必死になって飛車角を止めたが、「あの世で逢おうぜ」と飛車角はずらりと並んだ刃の中へ飛びこんでいったのだった。


村田英雄                    村田英雄、高倉健

題名:人生劇場 飛車角
監督:沢島忠
企画:岡田茂、亀田耕司、吉田達
原作:尾崎士郎
脚本:直居欽哉
撮影:藤井静
照明:川崎保之丞
録音:大谷政信
美術:進藤誠吾
殺陣:谷俊夫
編集:田中修
音楽:佐藤勝 主題歌:村田英雄「人生劇場」
現像:東映化学
製作主任:白浜汎域
助監督:田口勝彦
出演:鶴田浩二、高倉健、佐久間良子、月形龍之介、村田英雄、梅宮辰夫、本間千代子、曽根晴美、山本麟一、田中春男、加藤嘉、潮健児、水島道太郎、沢彰謙
1963年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
人生劇場 飛車角 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


人生劇場 飛車角」高倉健、佐久間良子      鶴田浩二、高倉健

映画「竜馬暗殺」


中川梨絵、原田芳雄                   石橋蓮司

今回は黒木和雄監督1974年製作「竜馬暗殺」をピックアップする。
本作は、16mmフィルムで撮影され35mmにブローアップして上映された作品である。
白黒フィルムは、EKプラスエックス、ダブルエックスを使用したと思われるが、狙いで増感現像し粗粒子にしている。オリジナルネガから新たに作られたニュープリントをHDVテレシネしたD5テープを基に、DVD用オーサリングでNTSC方式に変換したデジタルぺーカムを使用したそうだ。それをキャプチャーしてデータ化(MPEG圧縮)したのがDVDである。ブローアップにこの工程で、暗部は潰れハイライトは飛んでいる。幕末青春群像の雰囲気は出ているが、35mm上映プリントで観たかった。


桃井かおり                        松田優作

【ストリー】
慶応3年11月13日。氷雨の下、京の街並を走り抜けていく男がいた。海援隊の常宿“酢屋”から“近江屋”の土蔵へ身を移す、坂本竜馬である。新しい時代を求めて、抗争と内紛の絶えなかったこの頃、身の危険を感じての竜馬の逃亡だったが、佐幕派の密偵がこれを見逃すはずがなかった。佐幕派はもちろん、大政奉還後の権力のせめぎあいから、勤皇派からもさえ竜馬は“危険な思想家”として狙われていた。しかし近江屋へ移った竜馬は意外なほど悠然とかまえていた。竜馬はすぐ隣の質屋に囲われている幡と知り合い、急速に接近した。だが、幡の許に通っている男が、新撰組隊士・富田三郎であることは知る由もなかった。そんな竜馬を狙わざるを得ない立場に追い込まれたのは、かつての同志、陸援隊々長・中岡慎太郎である。竜馬への友情を棄てきれない慎太郎は、竜馬を自分以外の男の手にはかけさせない、と決心していた。その慎太郎には近江屋の娘・妙という恋人がいた。妙は竜馬のかつての恋人である。一方、竜馬を狙う薩摩藩士・中村半次郎配下のテロリストで右太という瀬戸内の漁村から出奔した少年がいた。右太は幡の弟であった。十一月十四日。集団舞踏“ええじゃないか”を待つ町人や百姓たちをよそに、竜馬を狙う右太、慎太郎、そして幕府の密偵たち。狙われていることを知りながら慎太郎への友情を棄てきれない竜馬は、慎太郎に会うために女装して“ええじゃないか”の群にまぎれ込んだ。一方、幡は痴話喧嘩のはずみで、富田を殺害していた。その頃、“権力”は慎太郎をも抹殺することを決意していた。十一月十五日。この日、土蔵から近江屋の二階に移った竜馬と慎太郎は、何者かの手にかかって暗殺された。竜馬と慎太郎を殺し、右太をも葬り去ったのは、一体何者だったのか。“竜馬暗殺”を目撃した唯一の証人、幡は、折から叶屋になだれこんだ“ええじゃないか”にまぎれ込んで、二度と姿を現わすことがなかった……。


田村亮                         中川梨絵

題名:竜馬暗殺
監督:黒木和雄
企画:葛井欣士郎、黒田征太郎、富田幹雄
製作:葛井欣士郎、黒田征太郎、富田幹雄、宮川孝至
脚本:清水邦夫、田辺泰志
撮影:田村正毅
照明:上村栄喜
録音:加藤一郎
音効:中村幸雄
美術:山下宏
装飾:金杉正弥
衣裳:福富英治 (京都衣裳)
抜髪:福山善也
結髪:大沢菊枝
殺陣:久世竜
記録:安藤豊子
編集:浅井弘
音楽:松村禎三
撮影機材:三和映材社、記録映材社、青林舎
照明機材:東洋照明、加藤澄弘、C.T.C
現像:東京現像所
助監督:後藤幸一
監督助手:中田新一、李学仁
撮影助手:川上皓市、小林達比古、篠田昇
照明助手:栗田泰冶、淡路俊之、小原輝明
録音助手:矢野勝久
編集助手:鶴淵允寿、松永恒男
製作助手:岩城信行、山口秀矢
美術協力:阿部三郎、新富浩之、村山義博
抜髪助手:山崎邦夫
製作デスク:小松幸子
録音スタジオ:セントラル録音
題字:野坂昭如
協力:映像京都、東放制作、久世七曜会、人力舎
スチール:浅井慎平、佐々木美智子
出演:原田芳雄、松田優作、桃井かおり、石橋蓮司、中川梨絵、山谷初男、外波山文明、平泉征、田中筆子、田村亮、田中春男、粟津號、野呂圭介、川村真樹、天坊準、石井宣一、伴勇太郎、秋元健、西村克己、赤石武生
1974年日本・映画同人社+日本ATG/スタンダードサイズ・モノクロ118分16mmフィルム
竜馬暗殺 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


中川梨絵、原田芳雄、松田優作、石橋蓮司         竜馬暗殺

映画「悪名市場」

悪名市場悪名市場
勝新太郎                      田宮二郎、藤原礼子

今回は森一生監督1963年製作「悪名市場」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第6作になる。
今作は、朝吉と清次の贋者コンビ(芦屋雁之助・芦屋小雁)がいる四国の港町が舞台だ。制作当時に人気があったテレビ番組「てなもんや三度笠」の白木みのるさん、藤田まことさんがカメオ出演している。

悪名シリーズ

悪名市場悪名市場
瑳峨三智子                     芦屋小雁、芦屋雁之助

【ストリー】
刑務所に入った清次(田宮二郎)から、彼を陥いれたペテン師が四国にいることを聞いた朝吉(勝新太郎)は、単身その港町に渡った。ところが、目指す菱屋運輸には一足お先に贋の朝吉(芦屋雁之助)と清次(芦屋小雁)が現われ、金を捲き上げていったというので、さすがの朝吉も唖然となった。朝吉は菱屋に潜り込んで二人を探ったが、これも長年売り込んだ悪名のせいだと、あまりあくどいこともやりそうでない贋者兄弟を許すことにした。ある日、パチンコ屋を経営する美人の咲枝(瑳峨三智子)を知ったが、彼女は贋の朝吉こと一郎にぞっこん惚れこんでいて、“悪名”にあこがれ朝吉のそれとない忠告も耳に入らぬ始末。その頃、ペテン師柿本(田中春男)は港の商店街の主人達を巧みに丸めこみ、改築移転をすすめていた。彼は実は隣町の追風組親分鷺原(松居茂美)の片腕で、勢力拡張のため工作していたのだ。また柿本は鷺原の意に従い、咲枝を連れ出してにせ朝吉の正体をあばき妾になれと迫るが、後を追って来た朝吉に叩き伏せられた。柿本をしめ上げ、総てが鷺原のからくりだと知った朝吉は折からの仮出所でかけつけた清次と力をあわせ、商店街に入りこんだ子分共を叩き出し、もとの持主に返した。折から四国、中国の親分衆の会合が開かれ、会場に乗込んだ朝吉は並いる親分衆の前で鷺原に対決し、果し合いをすることに決った。翌朝約束の場所、朝吉と清次は数十人の追風組と睨みあった。双方が入り乱れようとした。瞬間、轟然たる爆音と共に土砂が吹っ飛び、混乱に乗じて躍り込んだ朝吉、清次はさんざんに一味をやっつけた。ハッパのスイッチを入れたのは咲枝だった。鷺原、柿本を警察に引き渡した朝吉と清次は大阪へ帰る船の人となったが、その客の中にまたしてもそっくりの恰好をして清次と名のる男(藤田まこと)がいた。

悪名市場
勝新太郎、茶川一郎                 勝新太郎、田宮二郎

監督:森一生
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:今井ひろし
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:城修
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:橋本正嗣
助監督:渡辺稔
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、田宮二郎、瑳峨三智子、芦屋雁之助、芦屋小雁、藤原礼子、茶川一郎、西岡慶子、田中春男、松居茂美、花澤徳衛、曽我廼家五郎、島田憲三、毛利郁子、藤田まこと、白木みのる
1963年日本・大映/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
悪名市場 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名市場
田宮二郎、勝新太郎

1 2 3 4