映画「悪名十八番」

悪名十八番悪名十八番
勝新太郎                        田宮二郎

今回は森一生監督1967年製作「悪名十八番」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第14作になる。
1968年1月13日封切りされた。本作は、”悪名シリーズ”で田宮二郎さん最後の出演作となる。

悪名シリーズ

悪名十八番悪名十八番
安田道代(大楠道代)                  森光子

【ストリー】
岡山の喧嘩騒ぎで過剰防衛の罪に問われた朝吉(勝新太郎)が、兄の辰吉(金田龍之介)の奔走で、執行猶予つきながら出所してきた時、辰吉は土地の悪徳ボス中沢(西村晃)のために大怪我をさせられた。辰吉は土地の浄化のために市会議員選挙に立候補したのだが、それが中沢の邪魔になったのだ。折角、兄の仕事を手伝い、堅気の生活に入ろうと決心した朝吉は、こんな状態に巻込まれては、持前の喧嘩好きの性分が頭をもたげてくるのをどうしようもなかった。兄の会社の事務員鈴子(安田道代)に慕われた朝吉は、夜、鈴子と歩いている途中、中沢組の者に襲われ、罠にかかって殺人犯に仕立て上げられてしまった。その上、朝吉の無実を証明出来る鈴子は中沢組に捕われ、大阪に連れていかれたのである。そんな時、新聞で朝吉の急を知った清次(田宮二郎)が、重傷を負って入院している身をおしきって駆けつけて来た。警察の目を逃がれて、鈴子を探すべく大阪へ来た二人は、鈴子を中沢の子分荒雲(松枝錦治)の手から救い出した。そして、鈴子と共に真犯人を知る荒雲を連れて兄の家に戻った朝吉は、辰吉が中沢に連れ去られたことを知った。中沢は辰吉が市議になっては、競輪場をつくってひと儲けしようという計画が潰れてしまうため、辰吉を自動車事故を装って殺そうと計っていたのである。自分の子分を殺しておいて、朝吉をその殺人犯に仕立てたのも、辰吉の当選に不利な事件を起こそうとしてのことだった。朝吉と清次は、そうした中沢の悪だくみを知ると、辰吉が監禁されている場所に乗り込み、派手に暴れ回った。辰吉を助け出した二人は、中沢をさんざんいためつけ警察に引渡した。一方、救い出された辰吉は、朝吉がいてはいざこざが絶えないと、やむを得ず旅に出るよう勧めるのだった。数日後、朝吉と清次は四国への連絡船の中で、辰吉当選のラジオニュースを聞き、満足そうに頬笑み交すのだった。

悪名十八番悪名十八番
西村晃                        金田龍之介
悪名十八番悪名十八番
藤田まこと                    森光子、勝新太郎、藤田まこと
悪名十八番悪名十八番
京唄子、鳳啓助                    芦屋小雁 

題名:悪名十八番
監督:森一生
企画:辻久一
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:今井ひろし
照明:美間博
録音:林土太郎
美術:太田誠一
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:大洲斉
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、田宮二郎、安田道代(大楠道代)、森光子、西村晃、藤田まこと、金田龍之介、芦屋小雁、京唄子、鳳啓助、松枝錦治、八泉鮎子、南都雄二、守田学、水原浩一、伊達三郎
1967年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
悪名十八番 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名十八番悪名十八番
八泉鮎子                     田宮二郎、勝新太郎

映画「悪名一代」


勝新太郎                        田宮二郎

今回は安田公義監督1967年製作「悪名一代」をピックアップする。
本作は、勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第13作になる。素手で相手を倒す事をモットーとする朝吉が、遂にドスを使ってしまったという”悪名シリーズ”の異色作になる。

悪名シリーズ


長門勇                              森光子


森光子、上田吉二郎、勝山まゆみ              浜田ゆう子

【ストリー】
行先も定めずふらりと山陰線の汽車に乗った朝吉(勝新太郎)は、渡り仲居のお澄(森光子)に初恋の男と間違われた。朝吉は人の善いお澄に勧められるままに、彼女の勤める旅館に泊った。ところがそこには、近くアメリカから帰国する伯母から三億円の遺産を相続することになっているという蔦江(浜田ゆう子)が軟禁されていた。見張りは女高校生環(勝山まゆみ)で、彼女の父はかつて朝吉に悪事をあばかれた沖縄の源八(上田吉二郎)だった。源八は朝吉に、3億円に目をつけた二代目シルクハット(長門勇)が蔦江を無理に妾にしたので助け出したのだと語ったが、朝吉は蔦江を奪って、シルクハットの家へ乗り込んだ。意外にも、そこには清次(田宮二郎)がシルクハットの妹お美津(坪内ミキ子)を女房にして住んでいた。朝吉はシルクハットを詰問したが、とても一筋縄でいく男ではなく、様子を見るため、当分の間居候することにした。一方、1年前、刃物を使って親分の朝吉に怒鳴られ、姿を消した清次は、朝吉の怒りを解こうと懸命だった。その頃、源八は3億を山分けすることにして新興やくざのお十夜一家にこの話を持ち込んだ。やがて、盆踊りの太鼓が鳴り出した日、蔦江の伯母お菊(本間文子)が帰ってきた。蔦江を押さえているシルクハット、お菊を抱き込もうする源八とお十夜一家。小さな町にやくざの策略と陰謀が入乱れた。その有様を静観していた朝吉だったが、清次がだまし討ちにあって重傷を負い、しかもお美津までが斬り殺されるに及んで立ち上った。お十夜一家に、乗り込み、初めてドスを手にして暴れ回った。その朝吉にお十夜(小池朝雄)は倒され、助け出されたお菊は蔦江と涙ながらの対面をするのだった。一方、シルクハットは妹のお美津の死にショックを受け、3億円を諦めた。朝吉はこうしてすべてが終った後、ひとり自首するために出ていくのだった。


坪内ミキ子                      勝新太郎

題名:悪名一代
監督:安田公義
企画:奥田久司
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:牧浦地志
照明:古谷賢次
録音:大角正夫
美術:加藤茂
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:村井昭彦
助監督:宮嶋八蔵
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、田宮二郎、森光子、長門勇、浜田ゆう子、坪内ミキ子、勝山まゆみ、上田吉二郎、小池朝雄、本間文子、早川雄三、北城寿太郎、毛利郁子
1967年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
悪名一代 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山陰本線C57蒸機

映画「悪名桜」

悪名桜悪名桜
田宮二郎、勝新太郎                   市原悦子

今回は田中徳三監督1966年製作「悪名桜」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第13作になる。
今作は、朝吉と清次のコンビが堅気となって街の一角でやきとり屋を営んでいる事から始まる。毎作、拳銃などで武装した暴力団に素手で立ち向かう設定に違和感が残るが、不良少年を更生させようとしたり、朝吉の幼馴染である菊枝(市原悦子)が押しかけ女房になったりとプロットにマンネリ回避の試みが見られる。

悪名シリーズ

悪名桜悪名桜
藤岡琢也                        沢村貞子

【ストリー】
大阪周辺の繁華街でやきとり屋になっていた朝吉(勝新太郎)と清次(田宮二郎)は暴力団に襲われた新聞記者(浜田雄史)を助けて一躍街の英雄にされたが、朝吉を刺しにきた愚連隊の少年猛(酒井修)は、逆に朝吉に捕まってーやきとり屋を手伝わされることになった。また、八尾からやってきた幼馴染の菊枝(市原悦子)は、朝吉の父の死水をとってきたといい、その遺言で女房にしてほしいと居坐ってしまった。悪名の報いで父の墓参さえ許されぬ朝吉だけに、猛をまともにしてやりたく、その親沢村亀之助(多々良純)をたずねた。ところが、朝吉らの家主であり界隈の大地主でもある沢村は、妻房枝(沢村貞子)と共に体面ばかりを重んじて、朝吉の意をくまぬばかりか、息子猛がやきとり屋にいることを嫌い、なじみのやくざ大鯛組に取戻し方を頼んだ。朝吉は意地でも猛を真人間に叩きあげる決意をした。だが、ある日大鯛組が大挙してやきとり屋になぐり込み、朝吉や清次の奪戦も空しく、家はこわされ猛は脱走してしまった。そんな折も折、清次は菊枝が妊娠しているのを知り、朝吉の子だと誤解し、愛相をつかして去っていった。しかし、菊枝はいきずりの男にだまされて子をはらんでいたのだ。そんなこととは知らぬ清次は、出かけの駄賃にと、大鯛組の後藤(須賀不二男)をおどし、20万円を捲きあげて朝吉の家へ投げこんだ。また猛は大鯛組のやくざと争って一人を傷つけ、ABCクラブへ駆けこんだ。ABCクラブの組長乾は猛をダシに沢村と手を握り、界隈に娯楽センターを作り、その共同経営をすすめた。やがて大鯛組、ABCクラブ、沢村、それに朝吉とそれぞれの思惑が入乱れ、虚々実実のかけ引きが展開された。そんなある目、ABC幹部におだてられだ猛は、大鯛組の幹部後藤を射殺し、朝吉の家へとびこんできた。朝吉は誤解をとき、舞いもどってきた清次同道で猛を自首させることにしたが、途中猛はABC組員に射殺された。憤懣やるかたない朝吉は、菊枝を八尾に送りかえすと、清次とともに、ABCクラブ、次いで大鯛組となぐりこみ完膚なきまでに二つの組をたたきのめし、旅にでていった。それから数日、朝吉と清次のもとに、菊枝から三つ児が生れたという、明るい知せが届いた。

悪名桜悪名桜
多々良純                        酒井修
悪名桜悪名桜
須賀不二男                       悪名桜

題名:悪名桜
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:大角正夫
美術:西岡善信
擬斗:楠本栄一
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:土井茂
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、田宮二郎、市原悦子、須賀不二男、藤岡琢也、沢村貞子、多々良純、酒井修、守田学、高杉玄、浜田雄史
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
悪名桜 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名桜悪名桜
市原悦子                     勝新太郎、田宮二郎

1 2 3 6