映画「動乱」


「動乱 第1部海峡を渡る愛」高倉健、吉永小百合      吉永小百合

永島敏行、小林稔侍                   田村高廣

今回は森谷司郎監督1980年製作「動乱」をピックアップする。
二部構成の本作は、第一部「海峡を渡る愛(48分)」と第二部「雪降り止まず(102分)」でインターバルはない。内容は昭和史の起点となった515事件から226事件までを背景に、寡黙な青年将校とその妻の愛を中心に描いている大作だ。


佐藤慶                      米倉斉加年、高倉健

桜田淳子、にしきのあきら               志村喬

【ストリー】
第一部「海峡を渡る愛」(48分)
昭和7年4月、仙台連隊。宮城啓介大尉(高倉健)が隊長をつとめる中隊の初年兵、溝口(永島敏行)が脱走した。姉の薫(吉永小百合)が貧しさから千円で芸者に売られようとしていたからだ。溝口は捜索隊の上司を殺してしまい、宮城は弁護を申し出るが聞き入れられず、溝口は銃殺刑に処せられた。宮城は父に用立ててもらった千円を香典として渡す。当時、日本は厳しい経済恐慌に包まれ、これを改革すべく、一部の海軍将校と陸軍士官候補生らが決起した。5・15事件である。クーデターは失敗に終り、陸軍内部の皇道派と統制派の対立を激化させた。この影響は仙台にいる宮城にまで及び、部下から脱走兵を出した責任で朝鮮の国境守備隊へ転任を命じられる。そこは、朝鮮ゲリラへ軍需物資の横流しが平然と行なわれる腐敗したところだ。官城は将校をねぎらう宴に招待され、そこで芸者になった薫と再会する。薫を責める宮城。数日後、薫が自殺を図った。宮城は軍の不正を不問にすることで、薬を入手し薫の命を救う。その頃、国内では統制派によって戦争準備が押し進められていた。

第二部「雪降り止まず」(102分)
昭和10年10月、東京。宮城は第一連隊に配属になり、薫と共に居をかまえた。
しかし、二人の間にはまだ男と女の関係はなかった。官城の家には多くの青年将校が訪れ、“建設か破壊か”と熱っぽく語り合っていく。憲兵隊の島謙太郎(米倉斉加年)はそんな宮城家の向いに往みこんで、四六時中、見張りを続けていた。ある日、宮城は恩師であり皇道派の長老格でもある神崎中佐(田村高廣)を薫と伴に訪れた。神崎の家庭の幸せを見て、薫は「私の体は汚れているから抱けないんですか」と宮城につめよる。数日後、宮城が決行を決意していた軍務局長暗殺を神崎が単身で陸軍省におもむき果してしまった。この事件は青年将校たちに“時、来る”の感を持たせ、昭和維新への機運いっきに高まった。官城たちの行動に、心情的には同調しながらも、憲兵という職務から事を事前にふせごうと島は苦悩する。決行の日が決まり、宮城は実家に帰り父に薫のことを頼むと、はじめて彼女を抱くのだった。決行の日が来た。時に昭和11年2月25日。夜半から降りはじめた雪は、男たちの熱い思いと、女たちの哀しい宿命をつつみこんで、止むことなく降り続いていた……。


米倉斉加年                       吉永小百合

題名:動乱
副題:第1部海峡を渡る愛 第2部雪降り止まず
監督:森谷司郎
企画:池田静雄、坂上順、岡田裕介
脚本:山田信夫
撮影:仲沢半次郎
照明:川崎保之丞
録音:広上益弘
音効:原尚
美術:中村州志、今村力
装置:中村文栄
装飾:田島俊英
衣装:河合啓一
美粧:入江荘二
美容:宮島孝子
記録:高津省子
編集:戸田健夫
音楽:多賀英典 主題歌:小椋佳「流れるなら」
現像:東映化学
進行主任:小島吉弘
製作担当:東一盛
助監督:沢井信一郎
演技事務:和田徹
スチール:遠藤努
出演:高倉健、吉永小百合、米倉斉加年、田村高廣、桜田淳子、志村喬、佐藤慶、田中邦衛、にしきのあきら、川津祐介、戸浦六宏、小林稔侍、田中邦衛、小池朝雄、岸田森、日色ともゑ、永島敏行、相馬剛三
1980年日本・東映+シナノ企画/シネスコサイズ・カラー150分35mmフィルム
動乱 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「動乱 第2部雪降り止まず」

高倉健、吉永小百合

映画「悪名一番勝負」

悪名一番勝負悪名一番勝負
勝新太郎                        江波杏子

「悪名一番勝負」江波杏子
悪名一番勝負
安田道代                        小川真由美

今回はマキノ雅弘監督1969年製作「悪名一番勝負」をピックアップする。
本作は”悪名シリーズ最終作”の第15作になる。今まで勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴えた”悪名シリーズ”だったが、唯一本作は、田宮二郎さんが出演していない。田宮二郎さんは1968年「不信のとき(監督:今井正)」」の宣伝ポスター序列で、大映首脳部と揉め退社する事になった為だ。”悪名シリーズ”最終作は、豪華俳優陣で補完する様に作られているが、異質なものとなっている。

悪名シリーズ

悪名一番勝負
「悪名一番勝負」安田道代
悪名一番勝負悪名一番勝負
田村高廣                     津川雅彦、勝新太郎

【ストリー】
朝吉(勝新太郎)は、大西の賭場で暴れ、長屋の住人たちの用心棒になった。そこへ放れ駒の政吉(田村高廣)が旅から帰ってきた。朝吉は、大西(河津清三郎)の賭場で負けた。旅の女賭博師おりん(江波杏子)が、いかさまを見破って金を返したが、朝吉は受け取らなかった。大西は、花島(山本学)の縄張りに新設される貨物の停車場の荷役の権利を狙って、関西鉄道の島田常務(内田朝雄)を抱き込み、花島を潰すため朝吉を子分にしようとしたが、朝吉は断わった。花島卯之助は渡世のことは何も知らず、代貸の白石(水島道太郎)が組を仕切っていた。白石も大西へ色目を使っていて、花島の女房お妙(小川真由美)だけが気をもんでいた。遂に長屋の測量を始めたので、住人たちは騒然となった。その頃朝吉は、河内の親分河徳(辰巳柳太郎)を訪ねて助力を頼んでいた。朝吉に心を寄せるやとなのお浜(安田道代)は、長屋を救うため、大西の女になる決心をしたが、なぜかおりんが助けた。そんな折、朝吉の弟分仙次(津川雅彦)がトラックにひかれて川に流された。それを見舞った花島は帰途、大西の許を訪ね、話をつけようとしたが、白石に斬られた。それを知った政吉は、殴り込みをかけたが、古傷の眼が痛みだし、何も見えず、大西の子分に斬り殺された。怒った朝吉は長屋を飛びだしたが、おりんが立ちはだかり、朝吉を傷つけて止めた。しかし、朝吉は傷をおさえ、大西の家に乗り込み、白石を斬り、大西を追いつめると長屋の連中のために誓約書を書かせた。

悪名一番勝負悪名一番勝負
芦屋小雁                        辰巳柳太郎 
悪名一番勝負悪名一番勝負
内田朝雄、河津清三郎                 水島道太郎
悪名一番勝負
江波杏子                     江波杏子、勝新太郎

監督:マキノ雅弘
企画:早川雅浩
原作:今東光
脚本:マキノ雅弘、宮川一郎
撮影:今井ひろし
照明:山下礼二郎
録音:海原幸夫
美術:加藤茂
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:稲垣雅彦
助監督:黒田義之
スチール:都筑輝孝
出演:勝新太郎、江波杏子、安田道代、田村高廣、津川雅彦、小川真由美、山本学、辰巳柳太郎、河津清三郎、水島道太郎、金子信雄、石山健二郎、内田朝雄、芦屋小雁
1969年日本・大映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
悪名一番勝負 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「清作の妻」


若尾文子                      田村高廣

今回は増村保造監督1965年製作「清作の妻」をピックアップする。
本作は吉田絃二郎氏の同名小説を新藤兼人監督が脚色したものを映画化したもので、日本が軍国主義に突入した日露戦争当時、貧しい農村の娘が村の模範青年と結ばれるが、戦争に奪われる夫との別離に耐えかねて発作的に夫の両目を刺し潰すという激しくも哀しい純粋な女の姿を描いたものだ。


若尾文子、殿山泰司                若尾文子、田村高廣

【ストリー】
お兼(若尾文子)は病身の父を抱えた一家の生計を支えるため、60を越えた隠居(殿山泰司)に囲われた。今その隠居も千円の財産をお兼に残すと他界した。そしてお兼の父も時を同じくして死んだ。大金を手にした母お牧(清川玉枝)は、かつて逃げるようにして離れた村に喜々として帰った。気のすすまぬまま母に従ったお兼は、ものうい放心した日を送っていた。村一番の模範青年清作(田村高廣)の除隊は、お祭り騒ぎの内に迎えられたが、村八分同様のお兼らには関知せざることであった。清作は軍隊で貯えた金で鐘を作り、村人を堕眠から覚ます警鐘を鳴らし、村人からは英雄視されていた。そんな清作とお兼が愛しあうようになったのは、お牧の急病で、清作が医者のもとへ走ってからであった。お牧の野辺送りも清作の尽力で無事終った。二人の結婚は村人の敵視の中で行われ、清作は家を捨ててお兼の家に入った。お兼の性格は一変し、野良仕事に精を出す毎日は、甘く充ち足りた日々であった。だが日露戦争の勃発は、二人の上にも暗い影を落した。清作は召集され、お兼は孤独と冷やかな周囲の目の中で過した。ある日、清作は名誉の負傷を受けて送還された。英雄となった清作に、お兼は殊更村人から疎外された。だが二人の愛情は、周囲の反撥にもめげず高まっていった。やがて傷が癒えて、戦場に帰る時が来た。村人たちは今度は清作が英雄から神になることを期待し、清作も軍国の模範青年たることを疑わなかった。出発の時間が迫り、お兼と清作が二人になった時、お兼は五寸釘で清作の両眼を刺した。突差の出来事に呆然とする村人の中で、お兼は半狂乱であった。清作が虚飾に満ちた自分の過去を悟り、お兼の愛の深さを知ったのは、日露戦争も終った頃であった。


成田三樹夫                    田村高廣、若尾文子

題名:清作の妻
監督:増村保造
企画:伊藤武郎
製作:永田雅一
原作:吉田絃二郎
脚本:新藤兼人
撮影:秋野友宏
照明:伊藤幸夫
録音:渡辺利一
美術:下河原友雄
編集:中静達治
音楽:山内正
製作主任:上嶋博明
助監督:岡崎明
スチール:椎名勇
出演:若尾文子、田村高廣、紺野ユカ、殿山泰司、小沢昭一、成田三樹夫、清川玉枝
1965年日本・大映/シネスコサイズ・モノクロ93分35mmフィルム
清作の妻 -DVD-
2018年3月現在、DVDレンタルはありません。


小沢昭一、田村高廣                 若尾文子

1 2