映画「こちら55号 応答せよ!危機百発」

こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
坂上二郎、萩本欽一(コント55号)              長山藍子
こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
倍賞美津子                        珠めぐみ

今回は野村芳太郎監督1970年製作「こちら55号 応答せよ!危機百発」をピックアップする。
本作は、当時人気沸騰中のコント55号(坂上二郎、萩本欽一)と野村芳太郎監督のコンビによる第5作である。

こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
財津一郎                       萩本欽一、由利徹
こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
皆川おさむ                        石立鉄男

【ストリー】
萩本金助(萩本欽一)は中学時代、村の駐在酒井大作(フランキー堺)の一人娘静子(長山藍子)に恋をするが、間もなく彼女は少年院の院長として転任する父親と共に九州へ去ってしまう。初恋はみごとに破れたが彼女への純情を貫ぬこうと決意し、やがて刑事となり東京の城南署に赴任する。そこで先輩の蟹形平次郎(坂上二郎)とコンビを組んで仕事をすることになるのだが、平次郎は少年時代、非行少年として少年院に収容され、そこで酒井院長の娘静子を知ることになり模範院生となって卒業後、静子をめとり今や前途有望なべテラン刑事である。このように奇しき運命によって結ばれた前途多難を思わせるコンビの初仕事は、管内で対立する血桜組と三日月組とのいさかいから生じた三日月組の代貸松崎(財津一郎)が尻をさされるという珍事件に始まった。犯人を追う二人の前にやがてチンピラヤクザ修一(石立鉄男)の線が浮かび、修一の妹マユミ(倍賞美津子)と知りあう。そして彼女の口から修一の恋人でラーメン屋に勤めている悦子(珠めぐみ)とも知りあった金助は修一逮捕のため悦子の勤め先のラーメン屋に張りこんでいるうちに、マユミに好意をよせるようになってしまうのだが、ふとしたきっかけで平次郎の妻が初恋の人であることを知って愕然とする。その頃、単独張込みに出かけた平次郎は偶然にも修一と悦子が明日開かれるピーターのリサイタル会場で落ち合うことを知り、当日二人はリサイタル会場に出かけるのだが、先手を打つように会場には血桜組と三日月組が待ちかまえ、修一と悦子に襲いかかる。修一と悦子の二人は必死の努力で無事逃げのび、翌日悦子に付き添われた修一が二人の前に自首し、事件は落着する。

こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
ピーター                        土居まさる
こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
加藤剛                    坂上二郎、萩本欽一(コント55号) 

題名:こちら55号 応答せよ!危機百発
監督:野村芳太郎
製作:升本喜年、浅井良二
脚本:野村芳太郎、ジェームス三木、吉田剛
撮影:川又昂
照明:三浦札
調音:栗田周十郎
整音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:中村良三
装飾:印南昇
衣裳:東京衣装
振付:一宮はじめ
編集:浜村義康
音楽:木下忠司
主題歌:坂上二郎「55号 平次の歌」 挿入歌:ピーター「夜と朝の間に」皆川おさむ「サッちゃん」
現像:東洋現像所
助監督:山根成之
製作主任:吉岡博史
製作進行:玉生久宗
スチール:赤井博且
出演:萩本欽一、坂上二郎、倍賞美津子、長山藍子、珠めぐみ、ピーター、石立鉄男、フランキー堺、財津一郎、加藤剛、吉田吉二郎、由利徹、桜京美、皆川おさむ、土居まさる
1970年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
こちら55号 応答せよ!危機百発 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「暗黒街の顔役 十一人のギャング」

暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
鶴田浩二                        高倉健

今回は石井輝男監督1962年製作「暗黒街の顔役 十一人のギャング」をピックアップする。
まるで新東宝の作品であるごとく、シネスコフレーム、美術セット、ハイコントラストの照明は引き継いでいると言ってよいハードボイルド映画の本作である。石井輝男監督は1942年に東宝で撮影助手として入社し、1946年に新東宝に演出部に転籍し、渡辺邦男、清水宏、成瀬巳喜男監督に師事する。1957年新東宝で「リングの王者 栄光の世界」で監督昇進し作品を量産する。新東宝倒産の1961年に東映と専属契約を結び「花と嵐とギャング(ニュー東映)」が移籍第一作、東映での7作目が本作である。1963年1月15日に公開された。

暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
鶴田浩二、江原真二郎                  杉浦直樹
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
丹波哲郎                        木暮実千代

【ストリー】
浜松市にある東和鋼管では、給料の袋詰め作業を給料日の前日にしていた。それを狙って権藤(鶴田浩二)と別当(杉浦直樹)は綿密な計画をたてていた。別当はこの計画の手始めとして、浜松運送の定期便運転手、沢上(高倉健)に接近して24日の定期便で必ず彼が乗り込むこと、トラックが市外の東和鋼管附近で二人の男を拾うことを約束させた。一方、権藤は昔の仲間、海老名(江原真二郎)をたずねて仲間に引き入れ、山之内美和(木暮実千代)をゆすり今度の計画に必要な資金調達を果した。また権藤は、立川のバーのマスター、ジョージ(アイ・ジョージ)をたずね自動小銃と拳銃ワルサーを手に入れた。それに、襲撃現場で使う車の運転手も権藤の愛人、ユキ(瞳麗子)がやることになった。深夜、山之内美和邸で最後の作戦会議が開かれ、権藤、別当、ユキ、それに美和と彼女の情夫、芳賀(丹波哲郎)の間で周到な打合せが行われた。襲撃の日が遂にやってきた。権藤、別当、ユキ、海老名と彼の仲間の葉室(待田京介)、広岡(高英男)らは浜松に集結した。が、定期便運転手の沢上は酔っていた。が、キャバレーの女給まゆみ(三原葉子)に説得され承諾した。権藤、別当、海老名、葉室、広岡らは東和鋼管に闖入した。唖然とする課員を尻目に別当と広岡は金をダンボールに詰め込んだ。5人は無事脱出した。別当は一人待機していたユキの車に送られ、附近の松林で定期便を待った。ユキの車は引返して権藤や海老名を乗せて反対方向へ走った。沢上の運転する定期便がユキの車とすれ違ったとき、権藤は定期便に乗り移った。車はスピードアップした。そこへ浜松のギャング・黒部達(安部徹)が迫り海老名らを射殺し、車を奪い定期便の後を追った。一方、別当を拾った定期便内では、秘かに乗っていたまゆみをめぐり、別当、権藤、沢上が対立していた。が、その時、黒部達の車が近づいた。壮烈な射撃戦が展開され、数十分の後、硝煙の漂う中にギャング達は全員死んでいた。

暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
三原葉子                        瞳麗子
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
待田京介                       アイ・ジョージ

題名:暗黒街の顔役 十一人のギャング
監督:石井輝男
企画:岡田茂、亀田耕司、片桐譲
脚本:石井輝男
撮影:西川庄衛
照明:元持秀雄
録音:廣上庄三
美術:森幹男
編集:鈴木寛
音楽:八木正生
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:松田義夫
助監督:鷹森立一
スチール:山守勇
出演:鶴田浩二、高倉健、江原真二郎、梅宮辰夫、杉浦直樹、本間千代子、三原葉子、瞳麗子、木暮実千代、待田京介、高英男、吉川満子、伊沢一郎、安部徹、アイ・ジョージ、丹波哲郎、由利徹
1962年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
暗黒街の顔役 十一人のギャング -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
安部徹                         本間千代子
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
杉浦直樹、瞳麗子、鶴田浩二                江原真二郎

暗黒街の顔役 十一人のギャング(映画スチール)
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
鶴田浩二、木暮実千代、丹波哲郎          江原真二郎、 待田京介
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
鶴田浩二、丹波哲郎               暗黒街の顔役 十一人のギャング

映画「殺し屋人別帳」


「殺し屋人別帳」渡瀬恒彦

渡瀬恒彦                     賀川雪絵、吉田輝雄

今回は石井輝男監督1969年製作「殺し屋人別帳」をピックアップする。
本作は、当時の岡田茂東映企画製作本部長がスカウトした渡瀬恒彦さんの肝煎りのデビュー作である。渡瀬さん演じる主人公の名前は「網走番外地シリーズ」で、高倉健さん演じた主人公の名前と同じ橘真一である事も破格の待遇だった。
本作は、1970年1月に公開し、二作目「監獄人別帳」を4月に公開したが、三作目「悪党人別帳」は製作されなかったそうだ。
本作のラストである黒岩組と竜神一家の銃撃戦で、これほど撮影所内スタジオ棟を倉庫街に無理に見立てたシーンも見た事がない。東撮作品(東映大泉)では、No,11ステージ前の坂などを見かける事は多々あるが、特に大きな装飾もせず、倉庫街として映し出したのは、よほど時間がなかったのだろうか?


伊吹吾郎                     佐藤允、渡瀬恒彦

【ストリー】
浦波興業会頭・浦波(沢彰謙)は殺し屋の黒岩(田崎潤)と宇野木(小池朝雄)に金を積んで組長を消し、北九州一帯の組を傘下に修めた。目的を達した浦波は用済みの二人を消そうとして逆に射殺された。強欲な黒岩は相棒の宇野木をも殺し、浦波の縄張りを手中におさめ黒岩組と改称した。流れ者の真一(渡瀬恒彦)が長崎に現われたのは、黒岩組が竜神一家を潰そうとこの地に乗り込んで来たおりだった。ある日、真一は長崎港の岸壁で車に接触して転倒した松葉杖の娘ナオミ(太田ナオミ)を介抱した。この光景に感動した黒岩の娘ミッチー(小川ローザ)の世話で、真一は黒岩組の客分になった。鉄(佐藤允)が組に草鞋を脱いだのもその頃だった。やがて、黒岩は竜神一家の荷上げ作業妨害作戦に出た。苦境に立つ竜神統一(吉田輝雄)は、その暴挙を責め、黒岩は一切を賽の目で勝負をしようと持ちかけた。統一は勝負に敗けた。統一の妻久美(藤田佳子)は、自分の体を賭けて夫を黒岩に挑戦させた。統一は勝負に勝ったものの、彼のために細工をした壷振りの美枝(英美枝)は竜神一家の木口(中谷一郎)とともに斬殺されてしまった。ナオミも現場を目撃したことから黒岩組に捕われたが、彼女の面倒をみていた寅さんこと八人殺しの鬼寅(嵐寛寿郎)の機転で助けられた。黒岩は事の決着を急ぎ、竜神一家に喧嘩状を叩きつけ、凄絶な死闘が始った。統一は苦闘する竜神一家に加担し、黒岩の銃弾が黒岩を倒した。すべてが終った時、黒岩の客分鉄が真一に向った。二人の銃口は同時に火を吐き、弾丸は真一の脇腹と鉄の心臓に命中した。正義漢・鉄が勝ちを真一に譲った一瞬であった。


賀川雪絵                                                                       佐藤允、

小川ローザ
1969年、丸善石油のハイオクガソリンのCMに出演。猛スピードで走る自動車が巻き起こした風で小川のミニスカートがまくりあがり、「Oh! モーレツ」と叫ぶ内容で一世を風靡し、幼児の間でも「Oh! モーレチュ」と言い、スカートめくりが流行するほど社会現象にまでなった。
(ウィキペディア参照)


小川ローザ「丸善石油ハイオクガソリンCM」  「殺し屋人別帳」小川ローザ

藤田佳子                       太田ナオミ 

田崎潤、由利徹                    荒木一郎

題名:殺し屋人別帳
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、掛札昌裕
撮影:古谷伸
照明:長谷川武夫
録音:中山茂二
美術:矢田精治
装置:米沢勝
装飾:清水悦夫
美粧:鳥居清一
結髪:横山三佳代
衣裳:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:渡瀬恒彦「さすらい人別帳」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:武久芳三
監督補佐:荒井美三雄
助監督:依田智臣
スチール:藤本武
出演:渡瀬恒彦、吉田輝雄、伊吹吾郎、佐藤允、田崎潤、中谷一郎、賀川雪絵、嵐寛寿郎、太田ナオミ、小川ローザ、藤田佳子、荒木一郎、英美枝、三笠れい子、葵三津子、小池朝雄、由利徹、水島道太郎、沢彰謙
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
殺し屋人別帳 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


小池朝雄                          吉田輝雄、英美枝、田崎潤

中谷一郎                       嵐寛寿郎

1 2 3 18