映画「男はつらいよ・拝啓 車寅次郎様」


関敬六、渥美清                    かたせ梨乃

今回は山田洋次監督1994年製作「男はつらいよ・拝啓 車寅次郎様」をピックアップする。
第47作となる本作のロケ地は、新潟県上越市、滋賀県長浜市、西浅井町、神奈川県鎌倉市江ノ島電鉄線鎌倉高校前駅、長崎県雲仙市旧長崎県南高来郡小浜町、島原鉄道バス”雲仙バス停”、東京都渋谷区などで行われ、封切り時の観客動員は217万6,000人、配給収入は15億5,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は1,800円、併映は「釣りバカ日誌7(監督:栗山富夫 出演:西田敏行、浅田美代子、谷啓、名取裕子、三國連太郎)」であった。


吉岡秀隆、牧瀬里穂                小林幸子、渥美清

【ストリー】
地方都市の繁華街で歌う演歌歌手(小林幸子)の応援をした寅(渥美清)は、ふらりと柴又へ帰って来た。甥の満男(吉岡秀隆)は就職して半年が過ぎ、セールスマン仕事にすっかり嫌気がさしていたが、そんな彼を寅はやんわり諭す。ある日、長浜市で家業を継ぐ大学時代の先輩・川井信夫(山田雅人)から誘われ、満男は休日を利用して地元のお祭りを観に行った。そこで出会った信夫の妹・奈穂(牧瀬里穂)に町の案内をしてもらい、2人は急速に打ち解け合っていく。一方、寅も同じ長浜に来ていて、大きな撮影機材を抱えた宮典子(かたせ梨乃)がケガをしたのを助けた。年に一度撮影旅行に出かけるのを楽しみにしている典子と寅は周囲から見ると夫婦のように親しくなるが、ケガを聞いて典子の夫・幸之助(平泉成)が迎えに駆けつけ、典子は突然帰ることになった。何も言わず、送り出す寅。一方、地元の曳山祭りたけなわの夜、奈穂と二人きりになり、彼女に何げなく恋人はいるかどうか聞く。そんな満男の姿を見かけた寅は、満男にひと言声をかけて励ました後、すうっと人混みの中に消えていった。その晩、信夫から「よかったら妹をもらってくれないか」と言われ、驚きながらもまんざらでもない満男。だが、東京へ戻ってきた後、それが信夫のひとりよがりだったことを知らされがっくりし、やはり柴又に戻ってきていた寅と恋をめぐって語り合うことに。年が明け、もう会えないと思っていた奈穂がひょっこり満男の元を訪ねてきて、満男は大喜びする。そんな満男を知ってか知らずか、遠くまた旅に出た寅であった。


前田吟、下條正巳、渥美清、吉岡秀隆 渥美清、吉岡秀隆、太宰久雄、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子

題名:男はつらいよ・拝啓 車寅次郎様
監督:山田洋次
企画:小林俊一
製作総指揮:櫻井洋三
製作:野村芳樹、深澤宏
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影監督:高羽哲夫
撮影:池谷秀行
照明:野田正博
録音:鈴木功
調音:松本隆司
美術:出川三男、横山豊
編集:石井巌
音楽:山本直純、山本純ノ介 主題歌・唄:渥美清
撮影機材:パナビジョン
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:副田稔
助監督:阿部勉
撮影助手:近森真史
ステディカム:佐光朗
スチール:金田正
出演:渥美清、かたせ梨乃、牧瀬里穂、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、佐藤蛾次郎、下條正巳、吉岡秀隆、小林幸子、平泉成、河原崎長一郎、山田雅人、関敬六
1994年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー101分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・拝啓 車寅次郎様 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


渥美清、吉岡秀隆                                      江ノ電「鎌倉高校前」駅