映画「シルクハットの大親分 ちょび髭の熊」


若山富三郎                       橘ますみ

今回は鈴木則文監督1970年製作「シルクハットの大親分 ちょび髭の熊」をピックアップする。
本作は、”緋牡丹博徒シリーズ”でお馴染みの人気者熊虎親分(若山富三郎)を主人公にしたスピンオフ企画第ニ弾最終作になる。1970年前半に第一弾「シルクハットの大親分」が制作された。


伊吹吾郎                       白木マリ

【ストリー】
四国道後の大親分、熊坂虎吉(若山富三郎)は道後温泉発展のためにと、一家をひきつれて熱海にやってきた。この地は源田産業や農商務次官の芦沢(須賀不二男)、それに東京の顔役、剣持(名和宏)をバックにもつ横川組の縄張りであった。熊虎はさっそくくつろいだ宿の女房お幸(白木マリ)を横川組の魔手から救って、貫禄を示すのだった。その熊虎の度胸にゾッコン惚れ込んでしまったのは小栗公爵(北龍二)だった。彼は日本で最初に自動車の輸入に成功した人物で、天皇陛下に献上する第一号車の運搬と警備役を熊虎に頼んだ。剣持、横川(守田学哉)らは妨害の秘策を重ねた。しかし熊虎は技師クラウス(オスマン・ユセフ)や小栗の部下、伊庭新吾(伊吹吾郎)と共に無事大任を果し終えた。ところが、小栗は「輸入許可」を正式に得ると、熊虎との関係をたちきることを伝えた。源田たちは、妨害をあきらめず、自動車爆破を計画した。行動を開始した横川に襲われた新吾を救おうとした熊虎は源田の銃弾を太腿にうけ、危機に瀕した。だが、その時颯爽と登場した兄弟分緋牡丹のお竜(藤純子)の助力でことなきを得た。一難去ってまた一難。自動車は整備中のクラウスと共にダイナマイトで吹き飛んだ。小栗と家令重兵衛(石山健二郎)も横川組の刃に襲われた。熊虎とお竜の我慢もそれまでだった。喧嘩仕度に身を固めた兄弟は、源田、剣持、横川、芦沢と、悪の根源を葬り去った。


安部徹                       若山富三郎

題名:シルクハットの大親分 ちょび髭の熊
監督:鈴木則文
企画:俊藤浩滋、松平乗道
脚本:高田宏治
撮影:塚越堅二
照明:長谷川武夫
録音:荒川輝彦
美術:石原昭
装置:稲田源兵衛
装飾:柴田澄
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:高安彦司
擬斗:谷明憲臣
記録:牧野叔子
編集:堀池幸三
音楽:津島利章
進行主任:武久芳三
助監督:皆川隆之
スチール:杉本昭三
出演:若山富三郎、藤純子、伊吹吾郎、橘ますみ、白木マリ、石山健二郎、北龍二、名和宏、安部徹、オスマン・ユセフ、藤村有弘、守田学哉、須賀不二男、ルーキー新一、志賀勝、川谷拓三
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
シルクハットの大親分 ちょび髭の熊 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


シルクハットの大親分               藤純子、若山富三郎


「シルクハットの大親分 ちょび髭の熊」藤純子

「シルクハットの大親分 ちょび髭の熊」藤純子

映画「錆びたナイフ」


石原裕次郎                                                     北原三枝

今回は舛田利雄監督1958年製作「錆びたナイフ」をピックアップする。
本作は日活の看板俳優総出で石原慎太郎氏原作の小説を映画化したものだ。石原裕次郎さんが歌った同名主題歌は、184万枚を売り上げる大ヒットとなった。ロケーション撮影は、福岡県北九州市門司で行われたそうだ。


小林旭、白木マリ                北原三枝、石原裕次郎

【ストリー】
--さる新興の工業都市。勝又運輸の社長勝又(杉浦直樹)が、検察庁に召喚された。狩田検事(安井昌二)の鋭い追求も、後難を怖れた被害者と目撃者の沈黙の前には無力だった。その殺人事件はまたも迷宮入りとなった。が、5年前自殺した西田市会議長は他殺だという投書が届いた。投書の主、島原は目撃者として自分の他に橘、寺田という二人の男を知らせてきた。しかし、島原(宍戸錠)は西下の途中、何者かに列車から突き落されて死んだ。橘(石原裕次郎)は町はずれのバー・キャマラードの支配人だ。かつて、やくざであり、恋人のために人を殺した。前科者。彼は平凡な市民になることが念願だった。アナウンサーの啓子(北原三枝)がこのバーに遊びにきて、この男に惹かれた。彼女の許婚者は橘と学校友達で間野(弘松三郎)といい、紳士として評判の高い市会の実力者間野真吾(清水将夫)の息子だ。啓子が持参した街頭録音のテープで、橘は5年前の自分の恋人が暴行された事件は大勢の男が関係していることを知った。寺田(小林旭)が彼にかくれて、勝又から金を貰い、ズべ公の由利(白木マリ)と遊び廻っていたことを知り、橘は寺田を怒鳴りつけた。寺田は兄貴の恋人暴行事件の張本人は勝又だと捨ぜりふして飛び出して行った。勝又は何者かから無線機による指令を受けていた。小僧ヲ整理シロ。寺田は勝又に死のトラックに乗せられたが、橘が追ってきて救った。橘が勝又を縛り上げ、検察庁に着いたとき、先に知らせにきた寺田は、どこからか飛来してきた銃弾に倒れた、--護衛に高石刑事がいたのに。--新聞は勝又の逮捕で町が明るくなるだろうと一斉に書きたてたが、勝又が差し入れの毒まんじゅうで自殺し、あっけない幕切になった。が、はたして、そうか。橘は勝又の後に黒幕がいることに気づいた。彼は警察の裏庭で高石刑事が怪しい男と連絡しているのを見た。彼はイヌだったのだ。橘は無線機を使って、黒幕の男を海岸におびきだした。啓子は無線機のその声に思い当り、間野邸の真吾の居間へ行き、そこに無線機を見た。間野が仕込杖で高石を殺した直後、橘は海岸に着き、間野を面罵した。乱闘。彼が錆びたナイフを振り上げた時、啓子が必死にとめた。間野は自分の子分の車にひかれて死んだ。危く罪を重ねかけた自分、--橘は砂山をトボトボとたどった。啓子は狩田検事に励まされ、彼の後を追って行った。


宍戸錠                        杉浦直樹

題名:錆びたナイフ
監督:舛田利雄
製作:水の江滝子
原作:石原慎太郎
脚本:石原慎太郎、舛田利雄
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:橋本文雄
美術:松山崇
編集:辻井正則
音楽:佐藤勝 主題歌:石原裕次郎「錆びたナイフ」
製作主任:中井景
助監督:河辺和夫
出演:石原裕次郎、北原三枝、小林旭、宍戸錠、白木マリ、安井昌二、杉浦直樹、清水将夫、河上信夫、相原巨典、弘松三郎
1958年日本・日活/日活スコープ(シネスコサイズ)・モノクロ90分35mmフィルム
錆びたナイフ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石原裕次郎、北原三枝                石原裕次郎

映画「銀座無頼帖 銀座旋風児」

二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児
「銀座無頼帖 銀座旋風児」浅丘ルリ子
二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児
小林旭                        宍戸錠

今回は野口博志監督1959年製作「二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児」をピックアップする。
主演の小林旭さんをマイトガイと呼ぶ事は知られているが、本作で旋風児=マイトガイというルビが振っている事からの語源なのだろう。私はこの銀座旋風児シリーズは全く見た事がないが、テレビドラマ「月光仮面」の川内康範氏が脚本を担当している。1959~1963年までに日活製作野口博志監督で6作品が作られた。ちなみに本作の香港のシーンは、国内ロケ、日活撮影所内オープンセットとアリネガで作られている様だ。

監督:野口博志 主演:小林旭
1959年「銀座無頼帖 銀座旋風児」
1959年「銀座旋風児 黒幕は誰だ」
1960年「銀座旋風児 目撃者は彼奴だ」
1961年「銀座旋風児 嵐が俺を呼んでいる」
1962年「銀座無頼帖 帰ってきた旋風児」
1963年「銀座無頼帖 風が呼んでる旋風児」

二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児
二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児
二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児
南風夕子、稲垣美穂子                 小林旭

【ストリー】
銀座で装飾デザイナー事務所を営む二階堂卓也(小林旭)は王徳宝(芦田伸介)という謎の中国人がキャバレー建設資金として大粒のダイヤを売りさばいているのを知る。香港に発った王徳宝の後を追った卓也は、王を殺そうとしている村越明子(浅丘ルリ子)と出会う。明子は、戦中に父を王の仕掛けた罠によって殺害されたのだった・・・。

二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児
芦田伸介                       南風夕子

題名:二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児
監督:野口博志
企画:茂木了次
原作・脚本:川内康範
撮影:永塚一栄
照明:河野愛三
録音:高橋三郎
美術:小池一美
特技:日活特殊技術部
記録:桑原みどり
編集:辻井正則
音楽:小川寛興 主題歌:小林旭「銀座旋風児」
現像:日本色彩映画
製作主任:園山蕃里
助監督:柳瀬観
色彩計測:上田利男
マイトガイスタイルデザイン:長沢節
スチール:荻野昇
出演:小林旭、浅丘ルリ子、青山恭二、稲垣美穂子、宍戸錠、白木マリ、南風夕子、芦田伸介、藤村有弘、西村晃、菅井一郎、高品格、天草四郎
1959年日本・日活/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児
白木マリ                        小林旭

1 2 3