映画「その男、凶暴につき」


ビートたけし                        白竜

今回は北野武監督1989年製作「その男、凶暴につき」をピックアップする。
本作は当初プロデューサーの奥山和由氏が、深作欣二監督に依頼した企画であり、深作監督が降板した事で、急遽ビートたけしさんが主演・監督をする事に至り、たけしさんは、脚本の書き直しを唯一の条件に引き受け、北野武名義で第1回監督作品を務める事となった。今までのバイオレンス映画と違い、時間の流れ、間の取り方が、秀悦な描き方をしており、その後の北野武監督作品を予感する思いだった。


芦川誠、ビートたけし                  平泉成

吉澤健                         音無美紀子

【ストリー】
一匹狼の刑事・我妻諒介(ビートたけし)は、凶暴なるがゆえに署内から異端視されていた。ある晩、浮浪者を襲った少年の自宅へ押し入り、殴る蹴るの暴行を加えて無理矢理自白させた。暴力には暴力で対抗するのが彼のやり方だった。麻薬売人の柄本(遠藤憲一)が惨殺された事件を追ううち、青年実業家・仁藤(岸部一徳)と殺し屋・清弘(白竜)の存在にたどり着いたが、麻薬を横流ししていたのは、諒介の親友で防犯課係長の岩城(平泉成)だった。やがて岩城も口封じのため、自殺に見せかけて殺されてしまう。若い菊地(芦川誠)は諒介と組むが、いつもハラハラのし通しだった。一方、清弘の仲間たちは知的障害の少女を諒介の妹(川上麻衣子)と知らずシャブ漬けにして輪姦する。諒介は刑事を辞めて、岩城の復讐のために仁藤を撃ち殺した。さらに清弘もアジトで射殺するが、その死体にすがるのは変わり果てた妹・灯の姿だった。諒介は最愛の妹にも引き金をひいたのだった。その時、背後から忍び寄った仁藤の部下・新開(吉澤健)が諒介を射殺、菊地に岩城の代わりをさせて麻薬の密売を引き継ぐことになったのだった。


佐野史郎                    岸部一徳、吉澤健

題名:その男、凶暴につき
監督:北野武
製作総指揮:奥山和由
製作:鍋島壽夫、吉田多喜男、市山尚三
原案:奥山和由
監修:黒井和男
脚本:野沢尚
撮影:佐々木原保志
照明:高屋齋
録音:堀内戦治
音効:帆苅幸雄(東洋音響)
МA:アオイスタジオ リーレコ:岩橋政志
美術:望月正照
装置:福田義昭
装飾:遠藤光男、毛尾喜泰
小道具:中島順子
特殊効果:納富貴久男、唐沢裕一
特殊メイク:原口智生
擬闘:菊地竜志、津川誠(菊地剣友会)
ガンエフェクト:BIGSHOT
カースタント:竹内雅敏(カースタントTAKA)
特殊機械:中村雅敏
美粧:浜田芳恵、博田佳子
配役:吉川威史
記録:中田秀子
編集:神谷信武 ネガ編集:大橋まさみ、錦織朱美
音楽:久米大作 音楽プロデューサー:佐々木麻美子 挿入歌:トレイシー「ガール・ユー・ニード」
現像:東京現像所 タイミング:福島宵行
製作担当:貝原正行
製作主任:黒田晃司
製作進行:中村秀康
進行助手:近藤信二
監督補:天間敏広
助監督:月野木隆
監督助手:加門幾生、宮島英紀、中西健二
撮影助手:図書紀芳、相馬健司、柳田裕男、小柴健二
照明助手:中村裕樹、清水康利、院瀬見昭佳、井上信治、内田浩策、鈴木敦子
録音助手:佐久間猛、石見洋
美術助手:沢路和範
編集助手:西岡容子、井山和彦
車両担当:西垣恵一、三浦了、斎藤重信
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
製作協力:森昌行、ライトヴィション
企画協力:末吉博彦
スチール:野上哲夫
出演:ビートたけし、白竜、川上麻衣子、佐野史郎、吉澤健、芦川誠、岸部一徳、平泉成、遠藤憲一、音無美紀子、上田耕一
1989年日本/ビスタサイズ・カラー103分35mmフィルム
その男、凶暴につき -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ビートたけし、川上麻衣子                ビートたけし

映画「夜逃げ屋本舗」

夜逃げ屋本舗夜逃げ屋本舗
中村雅俊                      大竹しのぶ

今回は原隆仁監督1992年製作「夜逃げ屋本舗」をピックアップする。
本作はパート3までシリーズ化した作品で1999年1月からテレビドラマとしても放映された。時代にマッチしたテーマで描かれているが、スタッフに法律顧問が付いているだけあり、或る程度のリアリティはあったが、物語の飛躍が多く興ざめるシーンも多く見られた。企画は良いと思うが脚本に無理があるのではないかと私は思う。

夜逃げ屋本舗夜逃げ屋本舗
高木美保                     蛭子能収、高橋ひとみ

【ストリー】
借金に苦しむ人々を救済すべく、正当な手段で夜逃げの斡旋をする“ミッドナイトラン”の社長・源氏(中村雅俊)は、康子(高木美保)、野口(益岡徹)、新藤(榊原利彦)ら社員の面々と様々な調査を行い、用意周到な計画を立てて客を逃がす。一方、大帝都信販調査室の芙美子(大竹しのぶ)は、彼らの行動を何とか阻止しようと挑んでくるが、源氏らはその後も様々な手段で任務を遂行していく。ある日、暴力金融を営む浜崎組組長(谷啓)が、彼らに夜逃げの依頼をしてきた。昨今の経済情勢によって大帝都信販から19億円にのぼる負債を抱えていたのだ。さっそく彼らは、浜崎を急病人に仕立てて計画を実行するが、そこへ芙美子が入り込んできたことにより、組員は大騒ぎで後を追ってくる始末。それでも何とか浜崎を逃がす源氏。ところが今度は、これまで彼らが逃がしてきた客の行方を芙美子が突き止めて、財産の差し押さえを決行。もはやこれまでと思いきや、突如大帝都信販のパソコンに入力された返済者の全てが破産宣告。実はこれも源氏があらかじめ計画していた最後の作戦だったのだ。

夜逃げ屋本舗夜逃げ屋本舗
石原良純、中村雅俊                大竹しのぶ、谷啓

題名:夜逃げ屋本舗
監督:原隆仁
企画・製作:鈴木光
製作:青木勝彦、三沢和子
脚本:真崎慎、長崎行男、原隆仁
撮影:前田米造
照明:矢部一男
特機:NK特機
録音:小野寺修
美術:いしいいわお
記録:森永恭子
編集:冨田功
音楽:大谷幸 主題歌:KAN「こっぱみじかい恋」
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:坂本忠久
助監督:中嶋竹彦
スチール:安保隆
出演:中村雅俊、高木美保、大竹しのぶ、益岡徹、榊原利彦、高橋ひとみ、蛭子能収、斎藤晴彦、谷啓、仲谷昇、石原良純、西村知美、レオナルド熊、いしのようこ、白竜、榊原利彦、菊池健一郎、渡嘉敷勝男、仲谷昇、SABU
1992年日本・光和インターナショナル/ビスタサイズ・カラー106分35mmフィルム
夜逃げ屋本舗 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

夜逃げ屋本舗
レオナルド熊、益岡徹                 中村雅俊

映画「岸和田少年愚連隊」

岸和田少年愚連隊岸和田少年愚連隊
岡村隆史、矢部浩之

今回は井筒和幸監督1996年製作「岸和田少年愚連隊」をピックアップする。
1975年「行く行くマイトガイ 性春の悶々」で監督デビューし1978年「熱くて深い交わり 肉色の海」から1984年「赤い復讐暴姦」までピンク映画を撮り続け、1981年「ガキ帝国」から一般映画に移行した井筒和幸監督が描いたノスタルジック青春コメディだ。脚本は先日お会いした我妻正義氏が担当している。

岸和田少年愚連隊岸和田少年愚連隊
秋野暢子                                                              大河内奈々子

【ストリー】
1975年、大阪・岸和田、リョーコ(大河内奈々子)は恋人のチュンバ(矢部浩之)を鑑別所まで送るためにバスに揺られながら、昨年の夏からのことを想い出していた。中学生の悪ガキコンビ・チュンバと小鉄(岡村隆史)は、仲間のガイラ(辰巳浩三)やアキラ(宮川大輔)とつるんでは喧嘩を繰り返す毎日を送っていた。ある日、岸和田西中の安藤(吉田敬)たちと大乱闘を繰り広げたチュンバたちは、安藤に加勢した高丘中の宿敵・サダ(木下ほうか)から付け狙われるようになる。チュンバたちがバラバラになったところを待ち伏せたサダは、数の力にものを言わせてチュンバたちを痛めつけるのだった。翌日、チュンバはサダを待ち伏せると、カバンに仕込んだ鉄板でキッチリと借りを返すが、サダはまたしても数で圧倒し、チュンバと小鉄、ガイラと間違われた双子のサンダ、鑑別所から戻ったばかりのサイの4人にヤキを入れる。チュンバたちはお礼参りにサダの学校に乗り込んで、今度こそ徹底的にサダをぶちのめした。この一件でチュンバは家庭裁判所の世話になったが、おかん(秋野暢子)の泣きの芝居で鑑別所送りだけは免れた。リョーコは飽きることなく喧嘩を繰り返すチュンバに呆れていたが、それでも内心では心配せずにいられないでいた。そんな彼らもなんとか卒業を迎え、チュンバと小鉄は工業高校へ進学し、リョーコはスーパーに就職、ガイラ(辰巳浩三)とサイはヤクザの仲間入りをする。入学初日に喧嘩を売ってきたゴリを叩きのめしたチュンバは、ある日、小鉄とつまらないことから仲たがいをしてしまい、小鉄が岸和田の町から姿を消した。ひとりになったチュンバは、サイ(宮迫博之)たちの誘いを受けてヤクザになろうかと迷っていたが、そんなころ、おかんが家を出てしまう。人生に思い悩んだチュンバは偶然再会した小鉄とともに、現状を打破するために住み込みでレストランで働くことにした。しかし、弟の仇を取るために現れたゴリの兄・ダイナマイトの薫(山本太郎)に喧嘩魂を再燃させられたチュンバと小鉄は、薫を見事返り討ちにするのだった。こうして、チュンバはついに鑑別所送りとなったのである。リョーコは、いつまで経っても反省しないチュンバを残して、ひとりバスを降りた。遠ざかるバスを見送りながら、リョーコはいつまでもチュンバのことを思っていた。

岸和田少年愚連隊岸和田少年愚連隊
山城新伍                                                               宮迫博之

題名:岸和田少年愚連隊
監督:井筒和幸
製作総指揮:中川滋弘、木村政雄
製作:中沢敏明、榎望、米山紳
原作:中場利一
脚本:我妻正義、鄭義信
撮影:浜田毅
照明:渡辺孝一
特機:NK特機
録音:鈴木肇
音効:中村佳央
美術:細石照美
衣裳:勝俣淳子
記録:広川貴美子
編集:冨田功
音楽:藤野浩一 主題歌:T-REX
フィルム:富士フィルム
撮影機材:ナック
照明機材:日本照明
現像:イマジカ
助監督:小笠原直樹
ラインプロデューサー:吉村光男
スチール:川澄雅一
出演:岡村隆史、矢部浩之、山城新伍、木下ほうか、八木小織、大河内奈々子、正司花江、原西孝幸、宮迫博之、宮川大輔、山本太郎、小林稔侍、秋野暢子、白竜
1996年日本/ビスタサイズ・カラー106分35mmフィルム
岸和田少年愚連隊 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

岸和田少年愚連隊岸和田少年愚連隊
吉田敬                                                       山城新伍、岡村隆史、矢部浩之

1 2