映画「野獣刑事」


緒形拳                        いしだあゆみ

今回は工藤栄一監督1982年製作「野獣刑事」をピックアップする。
ロケハンに3か月を要した本作の主舞台となる恵子(いしだあゆみ)のアパートは、大阪十三の神崎川の縁に建っていた空家を借り切って撮影したそうだ。そのアパートで撮影中に、偶然対岸の伊丹空港近くの町工場が火事を起こして黒煙を上げて燃え始めた。工藤監督は即座にシナリオを書き換え、燃え上がる工場をバックに恵子と阪上(泉谷しげる)の芝居を撮り上げたという。”降りしきる雨の夜、恵子を抱き立ち尽くす大滝の姿”で終わる予定だった本作は、岡田茂東映社長の指示で追加撮影が行われた。それは”阪上(泉谷しげる)が、復讐のため大滝(緒形拳)の前に現れ、大バトルを繰り広げるという展開”で、大阪梅田の繁華街での暴走カーチェイスを三石千尋氏によるカー・スタントで行い、阪上が立て籠る家は、千里の新興住宅地で行ったそうだ。


泉谷しげる                    泉谷しげる、いしだあゆみ

【ストリー】
雨の夜、赤い傘をさした女子短大生の死体が発見された。ナイフで何度も刺された死体は西尾由美子(麻田三智子)と判明した。有能だがヤリ過ぎと評判の大滝刑事(緒形拳)もこの事件の捜査にかり出された。大滝はかつて逮捕した男、阪上(泉谷しげる)の情婦、恵子(いしだあゆみ)と同棲に近い暮しをしている。恵子には一人息子の稔(川上恭尚)がいるが、大滝には慣つこうともしない。大滝は独自の捜査で被害者由美子の隠された生活をつきとめた。彼女は昼はノーパン喫茶、夜はコールガールをしていたのだ。その頃、恵子の夫、阪上が出所し、彼女の所に転り込んできた。大滝には頭の上がらない阪上が加わった奇妙な三角関係の生活が始まった。数日後、大滝は死体の見つかった近くの茂みで、血の跡のついたいくつもの紙片を見つけた。紙を並べると一枚の女の絵になった。そして、阪上がその絵と同じものを売っている男を見つけ、大滝に通報する。その男、田中(益岡徹)を大滝は別件で逮捕、殴る蹴るの尋問をするが証拠不十分でシロ、大滝は捜査本部からはずされた。同じ頃、阪上は再びシャブに手を出すようになり、妄想状態で暴れることもしばしばで、ついに保護されてしまう。一人になった大滝は、恵子に囮になってもらうことを頼んだ。降りしきる雨の夜、恵子は赤い傘をさして歩いた。一台の車が近づくと、赤い傘を残して去っていった。大滝は必死の追跡のはてに犯人を捕えたが、代償はかけがえのない恵子の命だった。一ヵ月後。解放された阪上は、車を奪うと、稔を助手席に乗せ、暴走し、無差別殺人を始めた。そして、住宅街の一角に人質と共に立て篭ると「恵子を殺した大滝を呼べ!」と叫ぶ。包囲する警官の制止をふりきって、大滝は阪上の銃口に向って前進する。大滝は阪上を逮捕するが、その表情は阪上以上の苦悩が読みとれた。


藤田まこと、成田三樹夫              いしだあゆみ、泉谷しげる

題名:野獣刑事
監督:工藤栄一
企画:日下部五朗、本田達男
脚本:神波史男
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:栗山日出登
音効:永田稔
整音:荒川輝彦
美術:高橋章
装飾:窪田治
衣裳:黒木宗幸
美粧・結髪:太田とも子
擬斗:三好郁夫
カースタント:三石千尋 (スリーチェイス)
記録:梅津泰子
編集:市田勇
音楽:大野克夫 主題歌:大野轟二「泳ぐ人」挿入歌:内田裕也「ROLLING ON THE ROAD」
音楽プロデューサー:浅岡弘行
現像:東映化学
進行主任:長岡功
助監督:成田裕介
演技事務:寺内文夫
製作宣伝:丸国艦
スチール:金井謹治
出演:緒形拳、いしだあゆみ、泉谷しげる、川上恭尚、小林薫、成田三樹夫、芦屋雁之助、藤田まこと、川上恭尚、益岡徹、絵沢萠子、阿藤海、蟹江敬三、富永佳代子、麻田三智子
1982年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
野獣刑事 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


野獣刑事                                                      緒形拳


「野獣刑事」いしだあゆみ

映画「マルサの女2」


宮本信子                      大地康雄、津川雅彦、桜金造

今回は伊丹十三監督1988年製作「マルサの女2」をピックアップする。
本作は、日経平均株価が終値3万円代というバブル景気の時代背景に、マルサ(国税局査察部)の地上げ屋や宗教法人に対する戦いを描いたもので、前作よりスケールアップしている。
この作品で、まだ当時日本に1台しかなかった最新型のスタインベック編集機を使ってポジ編集をしたそうだ。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


35mm Steenbeck編集機                                       三國連太郎

三國連太郎、上田耕一                益岡徹、宮本信子

洞口依子                        笠智衆

【ストリー】
マルサこと国税局査察部査察官・板倉亮子に、東京大学を卒業したばかりという部下がついた。亮子はある地上げ屋の脱税を追求していたが、その裏にはもっと大きな力がうごめいていた。それはヤクザであり、宗教法人であり、さらに大物政治家までもが絡んでいた。宗教法人というのはいくらお金をもうけても税金はかからない。そこに目をつけた悪人たちは、宗教法人を隠れミノに金儲けを企む。亮子たちは地上げ屋を繰る鬼沢鉄平という天の道教団の代表に目をつけ調査を始めるが、なかなかシッポをつかまえることができない。亮子らはあるとき税務署員を装い教団へと潜入するが、教徒らによって追い出されてしまった。地上げ屋のマンションの住人や大衆食堂に対する横暴が続く中で、何億円という巨額な金が動いていた。しかし、亮子たちが証拠をつかもうとすると、次々にトカゲのシッポを切るように人が殺されていく。いよいよ脱税の確信をつかんだ査察部は、天の道教団へ乗り込み、証拠書類を押収。鬼沢鉄平を取り調べまで追い込んだ。しかし、最後まで鬼沢は口を割らず挙句の果てに自ら顔を壁にぶつけて血だらけになりながら、「国税局は納税者を拷問にかけるのか」とすごむ始末。しかし、そんなとき取り調べ室まで狙撃された。鬼沢までトカゲのシッポでしかなかったのか。やがて鬼沢の腹心・猫田が死体となって発見され、鬼沢は身重の愛人と巨額の財産を隠していた自分の墓に逃げ込み高笑いし続ける。鬼沢の地上げした土地ではビルの着工を前に地鎮祭が行われ、鬼沢を背後で操って自らは手を汚すことなく利益を得た大臣・代議士・企業幹部が談笑する。その姿を少数の同僚とともにフェンス越しに隠れて見つめていた亮子は、やりきれなさに唇を噛む。


加藤治子                           岡本信人

題名:マルサの女2
監督:伊丹十三
製作:玉置泰、細越省吾
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:桂昭夫
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斉藤昌利
美術:中村州志
装飾:山崎輝。石田登、富沢幸男
装置:木村浩之
美粧:小沼みどり、石垣昌子
衣装:小合恵美子、斎藤昌美
特殊効果:白組、サンク・アール
造形:江川悦子
擬斗:高瀬将嗣
カースタント:タカハシレーシング
スタント:ジャパン・アクション・クラブ
配役:笹岡幸三郎+N.C.P.
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄 ネガ編集:土井由美子
音楽:本多俊之 音楽プロデューサー:立川直樹
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:東洋照明 ゼネ:三穂電機
フィルム:イーストマンコダック(日本コダック)
現像:イマジカ
製作担当:山崎隆
製作進行:岩下真司、土井征一
助監督:久保田延廣
演技事務:朝妻秀明
演出助手:当摩寿史、片島章三、前田哲
撮影助手:高瀬比呂志、上野彰吾、石山稔、浮谷康至
特機助手:度合誠司
照明助手:橋本好和、島田正、石川和明
録音助手:桜井敬悟、高橋勝美
美術助手:沖山真保、佐々木修
衣装助手:神林泰子
編集助手:米沢幹一
グラフィックデザイン:佐村憲一
スチール:野上哲夫
出演:宮本信子、津川雅彦、三國連太郎、丹波哲郎、大地康雄、益岡徹、上田耕一、桜金造、洞口依子、マッハ文朱、岡本麗、中村竹弥、不破万作、南原宏治、洞口依子、加藤治子、きたろう、小松方正、結城美栄子、笠智衆、小鹿番、岡本信人
1988年日本・伊丹プロダクション/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
マルサの女2 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


津川雅彦、小松方正              丹波哲郎、津川雅彦、宮本信子

映画「夜逃げ屋本舗」

夜逃げ屋本舗夜逃げ屋本舗
中村雅俊                      大竹しのぶ

今回は原隆仁監督1992年製作「夜逃げ屋本舗」をピックアップする。
本作はパート3までシリーズ化した作品で1999年1月からテレビドラマとしても放映された。時代にマッチしたテーマで描かれているが、スタッフに法律顧問が付いているだけあり、或る程度のリアリティはあったが、物語の飛躍が多く興ざめるシーンも多く見られた。企画は良いと思うが脚本に無理があるのではないかと私は思う。

夜逃げ屋本舗夜逃げ屋本舗
高木美保                     蛭子能収、高橋ひとみ

【ストリー】
借金に苦しむ人々を救済すべく、正当な手段で夜逃げの斡旋をする“ミッドナイトラン”の社長・源氏(中村雅俊)は、康子(高木美保)、野口(益岡徹)、新藤(榊原利彦)ら社員の面々と様々な調査を行い、用意周到な計画を立てて客を逃がす。一方、大帝都信販調査室の芙美子(大竹しのぶ)は、彼らの行動を何とか阻止しようと挑んでくるが、源氏らはその後も様々な手段で任務を遂行していく。ある日、暴力金融を営む浜崎組組長(谷啓)が、彼らに夜逃げの依頼をしてきた。昨今の経済情勢によって大帝都信販から19億円にのぼる負債を抱えていたのだ。さっそく彼らは、浜崎を急病人に仕立てて計画を実行するが、そこへ芙美子が入り込んできたことにより、組員は大騒ぎで後を追ってくる始末。それでも何とか浜崎を逃がす源氏。ところが今度は、これまで彼らが逃がしてきた客の行方を芙美子が突き止めて、財産の差し押さえを決行。もはやこれまでと思いきや、突如大帝都信販のパソコンに入力された返済者の全てが破産宣告。実はこれも源氏があらかじめ計画していた最後の作戦だったのだ。

夜逃げ屋本舗夜逃げ屋本舗
石原良純、中村雅俊                大竹しのぶ、谷啓

題名:夜逃げ屋本舗
監督:原隆仁
企画・製作:鈴木光
製作:青木勝彦、三沢和子
脚本:真崎慎、長崎行男、原隆仁
撮影:前田米造
照明:矢部一男
特機:NK特機
録音:小野寺修
美術:いしいいわお
記録:森永恭子
編集:冨田功
音楽:大谷幸 主題歌:KAN「こっぱみじかい恋」
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:坂本忠久
助監督:中嶋竹彦
スチール:安保隆
出演:中村雅俊、高木美保、大竹しのぶ、益岡徹、榊原利彦、高橋ひとみ、蛭子能収、斎藤晴彦、谷啓、仲谷昇、石原良純、西村知美、レオナルド熊、いしのようこ、白竜、榊原利彦、菊池健一郎、渡嘉敷勝男、仲谷昇、SABU
1992年日本・光和インターナショナル/ビスタサイズ・カラー106分35mmフィルム
夜逃げ屋本舗 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

夜逃げ屋本舗夜逃げ屋本舗
レオナルド熊、益岡徹                 中村雅俊