映画「東京の暴れん坊」


小林旭                        浅丘ルリ子

今回は斎藤武市監督1960年製作「東京の暴れん坊」をピックアップする。
本作は当時共演が多かった小林旭さんと浅丘ルリ子さんの息の合ったマシンガン・トークが見ものだ。さらに銀座の銀座四丁目交差点 服部時計店などや文京区の後楽園球場(現:東京ドーム)、小田原市箱根町芦ノ湖のロケなど時代の貴重な背景にも価値がある様に思う。


小川虎之助、近藤宏

【ストリー】
銀座のキッチン「次郎」の若主人清水次郎(小林旭)は、パリー帰りのフランス料理の名人で、元レスリング選手の美男子である。銭湯松の湯で彼が鼻うたを歌うと、女湯ではバーのマダム、リラ子や他の女たちが大騒ぎである。松の湯の娘秀子(浅丘ルリ子)は次郎の大学の後輩である。彼女の一家は、銭湯を改造して大ソープランドを作ろうとする代議士浅井(三島雅夫)の誘惑をうけていた。浅井の息子隆三(相原巨典)は秀子に求婚していた。キッチン「次郎」に、元総理大臣で政界の黒幕である一本槍鬼左衛門(小川虎之助)がやってきた。新聞記者やお供などが彼を追いかけてきて大騒ぎである。次郎は厳然として彼の非礼をたしなめた。この事件で鬼左衛門はすっかり次郎が気に入ってしまった。翌日ぐれん隊台風くらぶの幹部千吉(近藤宏)と小西(弘松三郎)がが、このことをネタに鬼左衛門をユスリに出かけたが、やってきた次郎に撃退された。キッチン「次郎」は鬼左衛門のきもいりで日本一の料理店に改装された。開店祝いの日、リラ子(中原早苗)が店にかけこんできた。次郎は彼女をめぐる三人の男たちの争いをおさめてやった。ぐれん隊の千吉は次郎の部下になった。ある日、女給のトシ子(千代侑子)が中村清という男にすてられて自殺を計った。次郎はトシ子をなぐさめ、相手の男を探しに行った。ところが意外に中村は子もちで、女房のいる男だった。だが次郎は、中村が実は身代りの男で、実際のトシ子の相手は浅井隆三なのを見破った。次郎は策を用いて、秀子と隆三の結婚式に身代り花嫁としてトシ子を送りこんだ。一本槍老の計いでトシ子は隆三と結ばれた。浅井代議士は台風くらぶの連中を使って「次郎」の店をこわしたが、一本槍老は、再び丈夫な建物を作ってやると笑うのだった。


「東京の暴れん坊」銀座四丁目交差点(1960年)の実景

「東京の暴れん坊」日活撮影所内オープンセット

中原早苗、十朱久雄、小沢昭一、藤村有弘

題名:東京の暴れん坊
監督:斎藤武市
企画:岩井金男
原作:松浦健郎
脚本:石郷岡豪
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:米津次男
美術:中村公彦
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎 主題歌:小林旭「ノーチサヨン節」「東京かっぽれ」
現像:東洋現像所
製作主任:栗橋正敏
助監督:神代辰巳
色彩計測:幸田守雄
スチール:石川久宜
出演:小林旭、浅丘ルリ子、中原早苗、藤村有弘、近藤宏、小沢昭一、内田良平、小川虎之助、十朱久雄、三島雅夫、野呂圭介、森川信、相原巨典、弘松三郎、千代侑子
1960年日本・日活/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
東京の暴れん坊 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


東京の暴れん坊

映画「錆びたナイフ」


石原裕次郎                                                     北原三枝

今回は舛田利雄監督1958年製作「錆びたナイフ」をピックアップする。
本作は日活の看板俳優総出で石原慎太郎氏原作の小説を映画化したものだ。石原裕次郎さんが歌った同名主題歌は、184万枚を売り上げる大ヒットとなった。ロケーション撮影は、福岡県北九州市門司で行われたそうだ。


小林旭、白木マリ                北原三枝、石原裕次郎

【ストリー】
--さる新興の工業都市。勝又運輸の社長勝又(杉浦直樹)が、検察庁に召喚された。狩田検事(安井昌二)の鋭い追求も、後難を怖れた被害者と目撃者の沈黙の前には無力だった。その殺人事件はまたも迷宮入りとなった。が、5年前自殺した西田市会議長は他殺だという投書が届いた。投書の主、島原は目撃者として自分の他に橘、寺田という二人の男を知らせてきた。しかし、島原(宍戸錠)は西下の途中、何者かに列車から突き落されて死んだ。橘(石原裕次郎)は町はずれのバー・キャマラードの支配人だ。かつて、やくざであり、恋人のために人を殺した。前科者。彼は平凡な市民になることが念願だった。アナウンサーの啓子(北原三枝)がこのバーに遊びにきて、この男に惹かれた。彼女の許婚者は橘と学校友達で間野(弘松三郎)といい、紳士として評判の高い市会の実力者間野真吾(清水将夫)の息子だ。啓子が持参した街頭録音のテープで、橘は5年前の自分の恋人が暴行された事件は大勢の男が関係していることを知った。寺田(小林旭)が彼にかくれて、勝又から金を貰い、ズべ公の由利(白木マリ)と遊び廻っていたことを知り、橘は寺田を怒鳴りつけた。寺田は兄貴の恋人暴行事件の張本人は勝又だと捨ぜりふして飛び出して行った。勝又は何者かから無線機による指令を受けていた。小僧ヲ整理シロ。寺田は勝又に死のトラックに乗せられたが、橘が追ってきて救った。橘が勝又を縛り上げ、検察庁に着いたとき、先に知らせにきた寺田は、どこからか飛来してきた銃弾に倒れた、--護衛に高石刑事がいたのに。--新聞は勝又の逮捕で町が明るくなるだろうと一斉に書きたてたが、勝又が差し入れの毒まんじゅうで自殺し、あっけない幕切になった。が、はたして、そうか。橘は勝又の後に黒幕がいることに気づいた。彼は警察の裏庭で高石刑事が怪しい男と連絡しているのを見た。彼はイヌだったのだ。橘は無線機を使って、黒幕の男を海岸におびきだした。啓子は無線機のその声に思い当り、間野邸の真吾の居間へ行き、そこに無線機を見た。間野が仕込杖で高石を殺した直後、橘は海岸に着き、間野を面罵した。乱闘。彼が錆びたナイフを振り上げた時、啓子が必死にとめた。間野は自分の子分の車にひかれて死んだ。危く罪を重ねかけた自分、--橘は砂山をトボトボとたどった。啓子は狩田検事に励まされ、彼の後を追って行った。


宍戸錠                        杉浦直樹

題名:錆びたナイフ
監督:舛田利雄
製作:水の江滝子
原作:石原慎太郎
脚本:石原慎太郎、舛田利雄
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:橋本文雄
美術:松山崇
編集:辻井正則
音楽:佐藤勝 主題歌:石原裕次郎「錆びたナイフ」
製作主任:中井景
助監督:河辺和夫
出演:石原裕次郎、北原三枝、小林旭、宍戸錠、白木マリ、安井昌二、杉浦直樹、清水将夫、河上信夫、相原巨典、弘松三郎
1958年日本・日活/日活スコープ(シネスコサイズ)・モノクロ90分35mmフィルム
錆びたナイフ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石原裕次郎、北原三枝                石原裕次郎

映画「アカシアの雨がやむとき」

アカシアの雨がやむときアカシアの雨がやむとき
高橋英樹                       浅丘ルリ子

今回は吉村廉監督1963年製作「アカシアの雨がやむとき」をピックアップする。
本作は1962年第4回日本レコード大賞特別賞を受賞し大ヒットした西田佐知子さんの「アカシアの雨がやむとき」のMPVである。その様に見れば整合性のないメロドラマも豪華に観れた。この曲かどうか忘れたが、私は西田佐知子さんのドーナツ盤レコードを買った記憶がある。撮影は静岡県伊東市一碧湖、上野美術館、上野公園、日比谷公園、浜離宮、八丁堀・稲荷橋、調布神代植物園などで行われている。

アカシアの雨がやむときアカシアの雨がやむとき
葉山良二                       西田佐知子

【ストリー】
霧につつまれた湖の岸でカンバスに向っていた石崎秀夫(高橋英樹)は、一人の女を救った。女はファッションモデルの杉山恵子(浅丘ルリ子)といい、撮影のため湖に来てボートに乗ったが、突然挑みかかったカメラマンの中村を突き飛ばし、そのまま気を失なったという。恵子を元気づけていた石崎は、彼女の病身の母親と二人だけという淋しい生活を知り、いつかある感情を抱きはじめていた。東京へ帰った恵子を待っていたものは、中村の溺死とそれにまつわるスキャンダルの噂であり冷たく拒む舞台であった。仕事を探して歩き廻る恵子にとって心の支えは、フランス留学の希望に燃える石崎の激励だった。しかしそれが週刊誌に新進画家とモデルの醜聞として大きく扱われ、恵子は彼の将来のために姿を消した。悄然としている石崎を見て、ナイトクラブでピアノを弾きながら作曲を勉強している先輩の近藤(葉山良二)は彼をクラブへ案内した。石崎と踊った歌手の三好幸子(西田佐知子)は石崎のひたむきな瞳に惹かれた。一方、偶然近藤や幸子のクラブの踊り子となって母親との生活を支えていくようになった恵子を、それと知らぬ近藤は愛しはじめていた。とうとう母親が亡くなり、悲嘆にくれる恵子は“アカシアの雨に打たれて、このまま死んでしまいたい--”とペンを走らせていた。石崎が湖畔で描いた“霧の湖”が展覧会に入賞した。石崎が自分の画に見入っている恵子を会場で見つけたとき、連れ立って来た近藤と幸子にばったり会った。凝然と立ちつくす四人に突然襲いかかってきたのは、恵子に執着する元マネジャー木島配下のやくざである。石崎はやくざの一人がふるったチェーンに両眼を叩かれた。失明の恐怖に絶望する石崎を恵子は思い出の湖畔へ療養に連れていった。恵子の必死の看病の甲斐あって、石崎が絵筆を再び握る自信を取り戻したころ、近藤と幸子の“アカシアの雨”の哀愁に満ちた旋律が街に流れはじめていた。

アカシアの雨がやむときアカシアの雨がやむとき
葉山良二、浅丘ルリ子              西田佐知子、高橋英樹

題名:アカシアの雨がやむとき
監督:吉村廉
企画:柳川武夫
製作:浅田健三、柳川武夫
原作:川野京輔
脚本:棚田吾郎、砂山啓三
撮影:姫田真左久
照明:岩木保夫
録音:米津次男
美術:小池一美
編集:井上親弥
記録:桑原みどり
音楽:藤原秀行
主題歌:「アカシアの雨がやむとき(唄:西田佐知子)」「死ぬまで一緒に(唄:西田佐知子)」「いいじゃないか(唄:清原タケシ)」
現像:東洋現像所
製作主任:松吉信幸
助監督:坂口喜久男
色彩計測:安藤庄平
スチール:荻野昇
出演:浅丘ルリ子、高橋英樹、西田佐知子、葉山良二、菅井一郎、高野由美、佐野浅夫、原恵子、 相原巨典
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
アカシアの雨がやむとき -DVD-
2016年8月現在、DVDレンタルはありません。

アカシアの雨がやむときアカシアの雨がやむとき
浅丘ルリ子、西田佐知子
アカシアの雨がやむとき010