映画「女番長 玉突き遊び」


叶優子                                                                 叶優子、衣麻遼子

今回は関本郁夫監督1974年製作「女番長 玉突き遊び」をピックアップする。
本作は、女番長シリーズの第7弾にして最終作となった。本作撮影中に、主役の叶優子さんが怪我をして撮影が中断するアクシデントが起きたそうだ。その為に次回作を予定していた池玲子さん主演の「女番長 タイマン勝負」がクランクインしてしまう。その後、叶優子さんが復帰し撮影が再開され本作は完成するのである。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


衣麻遼子                                                         女番長 玉突き遊び

【ストリー】
山猫お今日こと牧今日子(叶優子)が少年院を出て2年ぶりに、大阪に戻って来た。今日子は、かつての仲間で、今は落ち目のユキ(藤山律子)、トン子(美和じゅん子)、かおる(碧川ジュン)、そして今日子の度胸に敬服した桃代(田島晴美)と弘子(城恵美)を集めて、新しい女番長グループを結成した。一方、2年前に今日子に負わされた顔の傷の復讐を誓うカトレア会の女番長三奈(衣麻遼子)は、暴力団立花興業の社員である情夫の小池(菅貫太郎)に頼んで今日子に闇討ちをかけるが、一匹狼を名乗る西条五郎(白石襄)に邪魔されてしまう。数日後、今日子は、カトレア会のマリのスポンサーである沖タイヤの経理部長・八木(名和宏)が社長の沖と結託して、会社を偽装倒産させ、10億円相当の密輸ダイヤを売りさばく事をつきとめた。そこで今日子はマリと八木の情事を写真に撮り、30万円をゆすり取るや、追って来たカトレア会を滅多打ちに倒してしまう。一方、密輸ダイヤの事を小池から知らされたボスの立花(安部徹)も動き出した。やがて、ユキたちが小池に捕われ、単身彼女たちを救い出した今日子が、今度は自分が捕われ、小池たちに次々と強姦された。心身ともに傷ついた今日子を五郎は、優しく労るのだった。五郎と組んでダイヤを手に入れる決意に燃える今日子は、まんまとダイヤを手に入れ、換金するために伊丹空港へ向かう。だが、途中でユキが殺されてしまい、空港に待ち伏せしていた立花たちにダイヤを奪われてしまった。復讐の鬼と化した今日子たちは、三奈を一撃のもとに倒すや、立花らが立てこもっている琵琶湖のホテルへと向う。モーターボート、水中ガンなとを駆使してホテルの真っ只中へ不意打ちをかけた今日子たちは、小池、立花を血祭りにあげるが、ダイヤは、モーターボートともども炎上してしまった。深手を負いながらもこの光景を見届けた五郎は、満足そうな微笑を残して息絶えた。


白石襄

題名:女番長 玉突き遊び
監督:関本郁夫
企画:三村敬三
脚本:松本功
撮影:鈴木重平、古谷伸
照明:井上孝二
録音:格畑学、中山重二
美術:竹川輝夫
装置:温井弘司
装飾:山田久司
背景:西村和比古
美粧・結髪:東和美粧
衣装:高安彦司、松田孝
擬斗:土井淳之祐
記録:牧野叔子、森村幸子
編集:神田忠男
音楽:クニ河内 挿入歌:星まり子「泣くなオッパイちゃん」
製作主任:上田正直
演技事務:伊駒実磨
助監督:河村満和、萩原将司
スチール:諸角義雄、中山健司
出演:叶優子、田島晴美、藤山律子、白石襄、衣麻遼子、星まり子、城恵美、大堀早苗、相川圭子、愛田純、碧川ジュン、美和じゅん子、菅貫太郎、金子信雄、大泉滉、安部徹、名和宏、成瀬正孝
1974年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
女番長 玉突き遊び -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


星まり子                                                                  叶優子

映画「監獄人別帳」


「監獄人別帳」渡瀬恒彦、大辻伺郎

渡瀬恒彦                        伊吹吾郎

今回は石井輝男監督1970年製作「監獄人別帳」をピックアップする。
「殺し屋人別帳」に続く人別帳シリーズ第2弾(最終)の本作は、過酷な豪雪の北海道を舞台にした脱獄劇である。
内容の途中からは「網走番外地 望郷篇」とほぼ同じ展開になっている。


大辻伺郎、渡瀬恒彦                   佐藤允

内田良平                       上田吉二郎、大泉滉

【ストリー】
酷寒の網走刑務所。その中には傷害罪の橘真一(渡瀬恒彦)。悪徳警察署長・岩倉(沢彰謙)に殺された父親の復讐に失敗した殺人未遂罪の吉岡誠吉(佐藤允)。そのほか、無期徴役刑の阿久田老人(嵐寛寿郎)、殺人犯モンマルトルの鉄(伊吹吾郎)、夜這いの松こと浅吉(大辻伺郎)、牢名主の異名をとる放火ダルマの剛造(上田吉二郎)ら、様々な囚人の顔があった。温情な典獄長・月形(内田良平)は別として、所長の緒方(千葉敏郎)と典獄たちは囚人たちを虫けら同然に虐待し脱獄者は皆無だった。そんなある日、誠吉の弟秀(尾藤イサオ)と妹珠枝(賀川雪絵)が、送られてきた。真一は吉岡兄妹が仇と狙う岩倉が道庁の警視総監として赴任してきたことを知り、脱獄のチャンスをうかがった。やがて、好機到来。この脱獄に参加したのは吉岡三兄妹と真一、鉄、浅吉の6人。脱獄のベテラン鉄をリーダーに吹雪の中に出た一行だが、浅吉の密告で脱獄は失敗、そして二人ずつ手錠をかけられた。だが、この危機を救ってくれたのは阿久田老人だった。左足に銃弾をうけた鉄は自分の左腕を自ら切断、秀を単身逃がした。一方、真一と誠吉は一度は改心した浅吉の犠牲で危機を脱するが、執拗に迫りくる追手に万事休す。だが、片手の鉄の出現で再び窮地を脱するのだった。こうして脱獄に成功した誠吉と珠枝は目ざす岩倉の屋敷にのり込むが、多勢に無勢。しかし、吉岡兄妹の安否を気づかってやってきた真一と鉄の協力で形勢は逆転、岩倉邸は修羅場と化した。やがて鉄は口笛を残して死んでいった。逃げまどう岩倉を追いつめた真一は、誠吉に無事仇を、とらせてやった。そして、吹雪が冷く舞う中を刑務所へもどってゆく真一の姿があった。


清川虹子                        嵐寛寿郎

尾藤イサオ                                                           沢彰謙

題名:監獄人別帳
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、掛札昌裕
撮影:古谷伸
照明:中山治雄
録音:中山茂二
美術:石原昭
装置:米沢勝
装飾:山田久司
美粧:田中利男
結髪:横田美佳代
衣裳:松本俊和
擬斗:三好郁夫
振付:藤間勘具次
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:鏑木創 主題歌:渡瀬恒彦「監獄ブルース」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:上田正道
監督補佐:荒井美三雄
助監督:依田智臣
スチール:中山健司
出演:渡瀬恒彦、伊吹吾郎、佐藤允、大辻伺郎、賀川雪絵、清川虹子、内田良平、尾藤イサオ、荒木一郎、嵐寛寿郎、沢彰謙、上田吉二郎、大泉滉、葵三津子、片山由美子、相川圭子、千葉敏郎
1970年日本・東映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
監獄人別帳 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


監獄人別帳

映画「必殺仕掛人 春雪仕掛」


緒形拳                          岩下志麻

今回は貞永方久監督1974年製作「必殺仕掛人 春雪仕掛」をピックアップする。
本作は、仇役に岩下志麻さんを迎えて制作され、劇場版第3作にしてシリーズ最終作。原作「春雪仕掛針」の名を冠しているが、原作の内容とは全く違うオリジナルストーリーである。


林与一                                                                   竜崎勝

【ストリー】
正月の雪の降る夜、漆器問屋の一家が惨殺された。この事件は、半年前、ここに後妻に入ったお千代(岩下志麻)が盗賊の首領であり、彼女の手引きによるものだった。この真相を知っているのは、昔は盗っ人で今は堅気となっている、お千代を育てた小兵衛(花澤徳衛)だけだった。小兵衛は千代を立直らすには彼女の子分たち--勝四郎(夏八木勲)、三上(竜崎勝)、定六(地井武男)--を殺すしかないと考え、仕掛人音羽屋半右衛門(山村聡)に三人の始末を依頼した。半右衛門の命を受けた梅安は、まず、定六を風呂屋の中で殺した。そして、三上は小杉十五郎の剣に倒れた。次に勝四郎を狙った梅安は、勝四郎が千代の情夫であるのを知ると同時に、千代は、昔、自分が女にした女であることを知った。千代が次に目をつけたのは大阪屋で、そこの手代幸太郎(村井国夫)の誘惑に成功するが、幸太郎は勝四郎に殺されてしまった。そんなある日、千代は梅安を尋ね、勝四郎殺害を依頼した。だが、これは千代と勝四郎の罠で、梅安は捕えられ、定六たちの殺しの依頼者を聞き出そうとする勝四郎の拷問を受けた。その時、梅安を救いに、小兵衛が現われ、自分は殺されてしまった。ある雪の夜、大阪屋の金蔵を勝四郎一味が襲った。しかし、金蔵の中に入っていたのは半右衛門と小杉。一転して修羅場と化した蔵の中で、盗賊たち、そして勝四郎が次々と死んでいった。一味の帰りを待つ千代の前に、梅安が立った。「梅安さんのお内儀さんになりたかった」とすがるように言う千代のうなじに、梅安の殺し針が突き刺さった。


岩下志麻、花澤徳衛                   夏八木勲、高橋長英

題名:必殺仕掛人 春雪仕掛
監督:貞永方久
製作:織田明
原作:池波正太郎「春雪仕掛針」
脚本:安倍徹郎
撮影:丸川恵司
照明:三浦礼
録音:平松時夫
調音:松本隆司
美術:梅田千代夫
装置:川添善治
装飾:印南昇
擬斗:湯浅謙太郎
衣裳:松竹衣装
かつら:八木かつら店
編集:太田和夫
音楽:鏑木創 主題曲:平尾昌晃
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製作進行:玉生久宗
助監督:熊谷勲
スチール:長谷川宗平
出演:緒形拳、岩下志麻、林与一、山村聡、夏八木勲、地井武男、花澤徳衛、竜崎勝、村井国夫、佐々木孝丸、高橋長英、相川圭子、荒砂ゆき
1974年日本・松竹京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
必殺仕掛人 春雪仕掛 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緒形拳、林与一                   山村聡、緒形拳

1 2