映画「夜の診察室」


「夜の診察室」松坂慶子

松坂慶子                      峰岸隆之介(峰岸徹)

今回は帯盛迪彦監督1971年製作「夜の診察室」をピックアップする。
1942年から1971年まで存在した大映(大日本映画製作株式会社)末期の作品である。大映倒産後、徳間書店が2003年まで映画事業を引き継いだ。その後事業は角川映画に譲渡され、角川大映映画と称して現在に至っている。本作は、撮影所が映画を制作したプログラム・ピクチャー終焉を象徴する様な作品で、裸体描写はない。一方、日活は1971年からロマン・ポルノ制作で路線変更し、1988年まで作り続けた。

※ 日活ロマン・ポルノは、1971年11月にスタートし「団地妻 昼下りの情事(白川和子主演)」と「色暦大奥秘話(小川節子主演)」が第1作であった。


「夜の診察室」松坂慶子

真山知子                            高橋昌也、長谷川待子

【ストリー】
商品化されたセックスが氾濫する今日、人々は楽しみよりも苦しみを、喜びよりも悩みをもたらされる。この様な人人のために、あるマンションの一室に医学博士麻生周造(高橋昌也)が経営する性相談室がある。梢(松坂慶子)は大学で心理学を専攻している一方、その父の手伝いをしている女の子である。今日もまた、柳田民代(真山知子)が訪ねてきた。父が留守なため、梢は民代の話を聞いた。民代は夫の浩司(早川雄三)が性不能者であることをぶちまけ、その原因は、以前は住んでいた狭い家に妹と同居していたのに比べ、新しい広い家に移った今、二人では刺激が無さすぎるためと考え、浩司の従弟である自称ポルノ作家榊達郎(峰岸隆之介)に代役を頼んだり、いろいろ手段を用いるが矢張り駄目であったことなどを語った。翌日、麻生は気落ちした民代を慰めながら話を聞いている内、新しい家が原因だとわかり、今の寝室を元通りにするように薦めた。その夜は、柳田夫婦にとって素晴らしい夜であった。民代の電話を受けている間、中沢ルミコ(後藤ルミ)が入ってきた。ルミコの夫和彦(富川徹夫)は非常に嫉妬深く、眠る前には夫婦を手錠でつなぎ、昼間は二時間おきに電話するという非常識極まる男である。和彦の上司である殿村(藤村有弘)は、梢から中沢夫婦の問題を知らされ、和彦を麻生の所へ連れてきた。和彦は麻生に短小の悩みを話すが、それは和彦の思い違いであることがわかる。かくして、中沢夫婦にも素晴らしい二度目の新婚一夜がやってくる。数日後、梢は民代を観察している時知り合った榊と合い、性相談をしにくるいろいろな患者のことを自分自身のことの様に話したが、未経険者の耳学問とからかわれ、腹を立てた。そして榊を心理試験にかけるが、意外にも彼が選んだ写真は清潔なものばかりだった。梢は、真の愛情にうえている榊の心を知った。翌日、榊は、麻生が梢の父親だとも知らずに診察室にやってきて、死んだ妹を愛し、理想化していたため他の女性を愛せなかったが、初めて妹に似た人を愛したと告白し、それについてアドバイスを受けて帰っていった。その話を父から聞いた梢は、榊の後を追い、彼の胸に飛び込んでいった。


夜の診察室」松坂慶子

早川雄三                         藤村有弘

題名:夜の診察室
監督:帯盛迪彦
企画:林万夫
脚本:長谷川公之
撮影:中川芳久
照明:上原正一
録音:高橋温生
美術:山口煕
編集:中静達治
音楽:伊部晴美
現像:東京現像所
製作主任:井上信彦
助監督:伊藤昌洋
スチール:柳沢英雄
出演:松坂慶子、峰岸隆之介(峰岸徹)、高橋昌也、真山知子、藤村有弘、長谷川待子、小野川公三郎、早川雄三、小峯美栄子、富川徹夫、後藤ルミ
1971年日本・大映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
夜の診察室 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


松坂慶子、高橋昌也            松坂慶子、峰岸隆之介(峰岸徹)

夜の診察室

映画「おさな妻」


関根恵子(高橋惠子)

関根恵子                      新克利

今回は臼坂礼次郎監督1970年製作「おさな妻」をピックアップする。
本作は女優、関根恵子(現:高橋惠子)さんのデビュー作品として決定していたが、「高校生ブルース」の主演予定だった女優が怪我をしたことから、代役に抜擢され1970年8月封切の「高校生ブルース」がデビュー作となった。

【ストリー】
黛玲子(関根恵子)は数カ月前、母(坪内ミキ子)を病気でなくし、みなし子になってしまった。親族会議の結果、伯母静江の家に引き取られることになった。母をなくした悲しみを、静江(近江輝子)は優しくいたわり、今まで通り高校に通わせてくれたが、静江の息子淳一(炎三四郎)だけは、いかがわしい眼つきで玲子を見ていた。ある日、淳一が静江の留守中、学校から帰った玲子に乱暴しようとしたため、玲子はこの家を出る決心をする。行くあてもなく町をブラブラしている玲子に声をかけたのは由紀子(渡辺美佐子)というあまり売れない、小劇場の舞台女優だった。由紀子に事情を説明すると、こころよく、彼女のアパートにとめてくれ、翌日、安いアパートを紹介してくれた。静江の反対を押し切ってアパートでの一人暮しを始めた玲子は、再会した幼稚園時代の先生の紹介で通学のかたわら保育園で子供たちの面倒をみるアルバイトを始めた。生活のためとはいえ、学校を抱えてのアルバイトは苦しかったが、やがてそれもなれた。園児たちはすぐ玲子になつき、ことに母のないまゆみ(佐藤久里子)は、玲子を母のようにしたうようになった。やがてまゆみを間にはさみ、父親の吉川(新克利)と玲子は食事をしたり、買い物をしたりする、楽しい時間を持つようになった。玲子は、吉川をまゆみの父親としてよりも、男性として愛情を感じ始めていた。吉川の強引な求婚に、玲子は高校生という自分の立場と吉川との年齢の開きに躊躇しながらも結婚に合意する。幸せな結婚生活が続いた。しかし、ふとしたきっかけで吉川の昔の恋人(真山知子)を知り、いまもなおその恋人が吉川を愛していることを知った玲子は、大人の愛憎の複雑さが理解できず自暴自棄になって結婚を後悔し、家庭を棄てようとするが、吉川の強い愛情を感じ、やがてまゆみと吉川との静かで平和な生活にもどっていった。


真山知子

題名:おさな妻
監督:臼坂礼次郎
企画:藤井浩明、川崎治直
原作:富島健夫
脚本:白坂依志夫、安本莞二
撮影:上原明
照明:久保江平八
録音:飛田喜美雄
美術:間野重雄
編集:糸井敬男
音楽:八木正生 主題歌:関根恵子「はじめての愛」
現像:東京現像所
製作主任:川村清
助監督:山本洋
スチール:大葉博一
出演:関根恵子(高橋惠子)、新克利、渡辺美佐子、近江輝子、坪内ミキ子、真山知子、福田豊土、八代順子、炎三四郎、佐藤久里子
1970年日本・大映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
おさな妻 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


京王井の頭線神泉駅前3000系(1970年)

映画「でんきくらげ」

でんきくらげ
渥美マリ

今回は増村保造監督1969年製作「でんきくらげ」をピックアップする。
私は主演の渥美マリさんが好きだったので、彼女の”軟体動物シリーズ”を何作品か見た覚えがある。

でんきくらげでんきくらげ
渥美マリ                   玉川良一、渥美マリ

「いそぎんちゃく(1969年弓削太郎監督)」
「続・いそぎんちゃく(1970年臼坂礼次郎監督)」
「でんきくらげ(1970年増村保造監督)」
「夜のいそぎんちゃく(1970年弓削太郎監督)」
「でんきくらげ・可愛い悪魔(1970年臼坂礼次郎監督)」
「しびれくらげ(1970年)増村保造監督」
と6作品が大映調布撮影所で作られ、どれがどれだかは分からないが、本作は増村保造監督と小林節雄キャメラマンという大御所スタッフで作られた作品だと知る。俳優陣も川津祐介、玉川良一、西村晃、根岸明美、真山知子とベテランの演技を魅せ”お色気もの”の挌を上げている。そこには現在の同ジャンルには到底及ばない良さが存在した。

でんきくらげでんきくらげ
根岸明美、渥美マリ、川津祐介
でんきくらげでんきくらげ
川津祐介、渥美マリ

【ストリー】
由美(渥美マリ)は19才の洋裁学校へ通う平凡な娘だった。女手一つで育てあげた母親のトミ(根岸明美)にとって、由美は何ものにもかえがたい宝であった。だが、長年水商売を渡り歩いて来たトミは男っ気がとぎれたときがほとんどなかった。吉村(玉川良一)もそんなトミの何人目かの男だったが、吉村は由美の見事な身体に食指を動かし、ある晩由美を犯した。帰宅したトミは興奮のあまり、吉村を包丁で刺殺した。刑務所へ入った母親のもとへ由美はせっせと通ってはげまし続けたが、自分の生活のためにトミの勤めていた場末のバーを手伝うようになった。トミは自分と全く同じ道をたどろうとする由美を案じて、バー勤めをやめるように説くが、由美の決心は固かった。由美に目をつけ、執拗に追い回すやくざの風間(木村元)から彼女を救ったのは、銀座の高級クラブのマネージャー野沢(川津祐介)だった。野沢は由美の身柄をクラブのママで自分の愛人でもある衣子(真山知子)にあずけた。銀座に出た由美は水を得た魚のように、着実に得意客をふやしていった。しかし、由美は母親の悲しみを見てきただけに肉体の安売りだけはしたくなかった。それは野沢のどこかくずれたインテリ臭さにひかれるものがあったせいでもある。やがて、由美を手に入れようとする男が何人か出てきた。由美はポーカーの勝負で負けたら、言いなりになるともちかけ、玄人はだしの腕前で、たちまち数十万円を稼いだ。だが、この賭博も仲間のホステスの密告で、警察の取調べをうける破目になった。そんな時、野沢は由美をクラブの社長加田(西村晃)に紹介した。加田には妻子がなかったが、妻になれと言い、野沢もこれをすすめるのだった。由美は野沢の言葉が哀しかったが、かえってふんぎりをつけることにもなった。莫大な日々の手当と豪華なマンションと加田のあくなき愛撫をうける由美の生活。こうした由美を刑務所のトミは複雑な気持ちで見つめていた。この生活も長くは続かなかった。加田が脳溢血で急死した。由美は加田の子を妊娠していれば、身寄りのない加田の遺産が相続できることを知ると、野沢の前に身体を投げ出した。こうして、懐妊証明書をたてに、地団駄を踏む親類を尻目に大金を手に入れた由美は結婚を迫る野沢をも振り切って、トミのもとにもどってゆくのだった。

でんきくらげでんきくらげ
西村晃

題名:でんきくらげ
監督:増村保造
企画:関幸輔
原作:遠山雅之
脚本:石松愛弘
撮影:小林節雄
録音:須田武雄
照明:渡辺長治
美術:渡辺竹三郎
編集:中静達治
音楽:林光
現像:東京現像所
製作主任:真鍋義彦
出演:渥美マリ、川津祐介、西村晃、玉川良一、根岸明美、永井智雄、中原早苗、真山知子、笠原玲子
1969年日本・大映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
でんきくらげ [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

でんきくらげでんきくらげ
川津祐介、真山知子
渥美マリ
渥美マリ