映画「もっとしなやかに もっとしたたかに」


森下愛子                             奥田瑛二

今回は藤田敏八監督1979年製作「もっとしなやかに もっとしたたかに」をピックアップする。
ニューファミリージェネレーションの風潮の中で、苦悩し彷徨い80年代に向かう若者群像を描いたものだが、森下愛子さんのキャラクターなしには成立しない作品である。撮影は、1979年3月19日~4月16日に行われ、東洋現像所(現:イマジカ)での初号試写が1979年4月25日、28日には全国劇場公開をしたそうだ。


高沢順子                               赤座美代子

【ストリー】
24歳の若さで妻の君枝(高沢順子)に家出された勇一(奥田瑛二)は、カメラマンになる夢も捨てて、息子の大助(藤原友宏)を姉夫婦(赤座美代子、浜口竜哉)に預け、妻を捜すために運送屋に勤めていた。ある日、勇一はロックバンドの親衛隊同士のいざこざで危ないところだった彩子(森下愛子)を助けた。暫くして、勇一のアパートを訪ねて来た彩子は、そこで異常な出血をして勇一の世話になりながらも、勇一の大事にしているカメラを持って逃げてしまう。自分の親切にまんざらでもない勇一は愕然とするのだった。やがて、上司から君枝を青山で見かけたと聞いた勇一は、彩子のことも忘れて、君枝の勤めているというスーパーマーケットに向かった。勇一はスーパーの寮で君枝を激しく詰問し、抱きもしたが、結局、その日は一人で帰った。翌日、勇一がスーパーに行くと、君枝の姿はもうなかった。勇一は仕事もする気になれず、空地に車を止め、物思いにふけっていると、仲間と一緒に売春をしている彩子を見かけた。勇一は彩子にカメラの事を尋ねるが、彼女は身体で返すことしか出来なかった。二人はモーテルに入るが、勇一は君枝のことが忘れられず、彩子を抱くことは出来なかった。しかし、翌日カメラを持って勇一のアパートにやって来た彩子は大助とすぐに親しくなり、その日は三人で遊園地に行って楽しい時を過ごした。勇一にとって、こんなことは久しぶりのことだった。その夜、勇一は君枝を忘れるかのように彩子に挑み、彼女もそれに応じた。しかし、皮肉にも、「君枝が家にいるから会って欲しい」と彼女の兄(河原崎長一郎)が伝えにやってきた。君枝が帰ってくることを心配して、主婦然とする彩子に勇一は腹をたてる。君枝が帰って来た。彩子はいたたまれず、出て行った。行くあてのない彩子は、病院に入院している勇一の父(加藤嘉)の看病をすることにした。暫くして、父は危篤状態になり、姉夫婦、勇一、大助たちが病院にかけつけたが、君枝の姿はなかった。その時、君枝はアパートに訪ねて来た勇一の親友海野(風間杜夫)に求められ、交渉を持ってしまった。父は皆の名を呼び、君枝の名も呼ぶが、手を握ったのは彩子だった。そして君枝が訪れたとき、父はすでに息をひき取った後であった。彩子はいつの間にか病院から抜け出していた。数日後、飲み屋で彩子を見つけた勇一は彼女を抱く。そのあと、彩子を捜していた両親(蟹江敬三、根岸明美)がやって来た。彼女は口論の末、勇一、両親の前から姿を消す。残った両親を批判した勇一は、彩子の父親に突き飛ばされてしまい、通りかかったパトカーにひかれてしまう。その時、君枝は公園で、大助の遊ぶ姿を遠くから何も知らずに見つめているのだった。


「もっとしなやかに もっとしたたかに」森下愛子、奥田瑛二

風間杜夫                                                       河原崎長一郎、奥田瑛二

題名:もっとしなやかに もっとしたたかに
監督:藤田敏八
企画:進藤貴美男
製作:三浦朗
脚本:小林竜雄
撮影:前田米造
照明:川島晴雄
録音:橋本文雄
美術:徳田博
編集:井上治
音楽:篠崎コウヘイ 演奏:SOAP
現像:東洋現像所
製作担当:栗原啓祐
助監督:上垣保朗、根岸吉太郎
色彩計測:森嶋章雄
スチール:井本俊康
出演:森下愛子、奥田瑛二、高沢順子、風間杜夫、真木洋子、梅津栄、赤座美代子、河原崎長一郎、蟹江敬三、根岸明美、浜口竜哉、絵沢萠子
1979年日本・日活/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
もっとしなやかに もっとしたたかに -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「もっとしなやかに もっとしたたかに」森下愛子、奥田瑛二

奥田瑛二、梅津栄、真木洋子                 根岸明美、蟹江敬三、奥田瑛二

根岸明美、森下愛子                        高沢順子

映画「いつかギラギラする日」


萩原健一                      木村一八

今回は深作欣二監督1992年製作「いつかギラギラする日」をピックアップする。
本作は北海道を舞台に、爆破・カーチェイスを詰め込んだアクション・クライム作品で、ハリウッド映画に比べると物足りないが、製作費の掛け方は、他の日本映画よりも濃く反映されている。撮影当時、時期はずれの台風に見舞われ、北海道の他に神奈川県三崎漁港や木更津市でも撮影されたそうだ。問題は、当初3億円の予算だったのが、深作監督の粘りで4億8,000万円となり、さらにラストのパトカーを何十台も並べて壊すシーンが、車輌を買い取る事になってその他も含め最終的に約11億円の製作費に至った。結果として劇場興行は惨敗に終わり、制作会社の1社が倒産してしまったのだ。こうした事から、日本映画のアクション作品のスタッフ、とりわけスタント、カースタント、ガンエフェクト、火薬効果などの後継者が育つ経験の機会が失われる事を危惧してしまう。

【追記・訃報】
ドラマ「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」など数々の作品で知られる俳優で、グループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルも務めた萩原健一(はぎわら・けんいち、本名・敬三=けいぞう)さんが2019年3月26日午前10時30分、GIST(消化管間質腫瘍)のため都内の病院で死去したことが28日、分かった。68歳。埼玉県出身。所属事務所が発表した。「ショーケン」の愛称で親しまれ、一時代を築いた。
2019年3/28(木) 22:07配信 スポニチアネックス


荻野目慶子                    多岐川裕美、萩原健一

【ストリー】
うらぶれた産婦人科から出て来た女・美里の肩を抱いた神崎(萩原健一)は、10年来の愛人である美里(多岐川裕美)に「また仕事を始める」とつぶやいた。昔の仲間で現在うつ病で入院中の井村(石橋蓮司)に話を持ちかけ、2人そろってこれも昔の仲間である北海道の柴(千葉真一)のもとへ飛んだ。待ち受けていた柴は30歳年下の麻衣(荻野目慶子)と同棲しており、2人がよく出掛けるディスコのマネージャー、角町(木村一八)が今度の仕事の仕掛け人だった。角町は自分のライヴハウスを持つために5千万円を必要としていたのだ。計画は洞爺湖の温泉ホテルの売上金2億円を運ぶ現金輸送車を襲うというもので、角町が加わることに神崎は難色を示したが、計画は実行され成功、4人は廃屋になっているレストラン跡にたどり着いた。しかし2億円入っているはずのジュラルミンケースにあったのは、たった5千万の現金だけだった。イラつく角町、失望の井村をよそに神崎がそれを4等分し始めたとき、切羽詰まった井村が血迷い、銃を片手に狂ったように札束をかき集め始めた。そんな井村を神崎が諭した瞬間、角町が銃を発射、井村は即死し、柴も重傷を負った。柴を背負いからくも逃れた神崎は、身を案じて廃屋へやってきた美里の車で現場を離れた。柴は計画を知る麻衣を角町が襲うのではないかと案じたが、実は麻衣は柴を裏切り角町と組んでいたのだった。麻衣は角町が現金を独り占めするため彼女を襲いに来るのを察知し、逆に角町から現金を奪う。その頃札幌に戻った神崎は、角町の周辺を調べるうち、角町が室蘭のヤミ金融から多額の借金があることもわかった。突然、神崎のもとに麻衣から5千万を返すとの電話があり、指定の場所に出掛けたが、麻衣はショットガンを向けてきた。角町までもが銃を乱射しながら車で襲って来る。罠にはまった神崎は海中へ沈み、なんとか一命だけは取りとめアジトへ戻るが、重傷だった柴はついに帰らぬ人となった。そして函館のライヴハウスのオープンの日、怒りを押し殺した表情の神崎、ヤミ金融のヤクザ連中と殺し屋の野地が見つめる中、浮かれる角町と麻衣が現れた。神崎はライヴハウス前の路上に爆発物を仕掛け、付近を混乱に陥れる。警察をも巻き込み、神崎、角町、麻衣、野地(原田芳雄)らのカーチェイスが始まった。途中、角町はバスをジャックするなどエスカレート、麻衣はマシンガンを乱射するが、野地の凶弾に倒れ、野地も角町に倒される。ついに神崎と角町の一騎打ちとなり、夜の波止場で角町の車が横転、観念するふりをして神崎を倒そうとするが、逆に神崎の逆襲に遭いその若き命を散らした。そして取り囲むパトカーの群を乗り越えようとした神崎も車もろとも海に沈んだ。後日、金融街を走るバスの中には次の標的をさぐる神崎と美里の姿があるのだった。


千葉真一                    萩原健一、八名信夫

樹木希林                     石橋蓮司

題名:いつかギラギラする日
監督:深作欣二
企画:中川好久
製作総指揮:奥山和由
製作:杉崎重美、鍋島壽夫、斉藤立太
脚本:丸山昇一
撮影:浜田毅
照明:渡辺孝一
録音:信岡実
整音:紅谷愃一
美術:今村力
特殊メイク:織田尚、山木綾子
アクションコーディネーター:二家本辰巳
スタント&アクション:アーバンアクターズ、ジャパンアクションクラブ
カースタント:カースタントTA・KA
ガンエフェクト:BIGSHOT
火薬効果:テイクワン
記録:小山三樹子
編集:川島章正
音楽:菱田吉美 音楽プロデューサー:佐々木麻美子
撮影機材:ナック
照明機材:日本照明
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作管理:片岡毅允生、木村博人
助監督:初山恭洋
制作協力:堤康二
スチール:金田正
出演:萩原健一、木村一八、荻野目慶子、多岐川裕美、石橋蓮司、八名信夫、野口貴史、真木洋子、安岡力也、原田芳雄、樹木希林、千葉真一
1992年日本/ビスタサイズ・カラー108分35mmフィルム
いつかギラギラする日 -DVD-
2017年6月現在、DVDレンタルはありません。


原田芳雄                     多岐川裕美、萩原健一

映画「神戸国際ギャング」

神戸国際ギャング神戸国際ギャング
高倉健、石橋蓮司                   菅原文太

今回は田中登監督1975年製作「神戸国際ギャング」をピックアップする。
本作は、日活でロマンポルノの傑作を撮って来た田中登監督が、プロデューサーの俊藤浩滋氏に招かれて初めて東映で撮った作品である。豪華キャストに驚くが、高倉健さんと菅原文太さん、今となっては貴重な共演となった作品だ。

神戸国際ギャング神戸国際ギャング

【ストリー】
ジャズ、銃声、GI、パンパン、闇市、横暴極まる進駐軍、そして外国人の群れ……
昭和22年、神戸に雑草のように誕生した一組のギャング団があった。気性は荒いが情にもろい団正人をボスに、冷血漢の副首領大滝健三、復員兵あがりの中尾、そして五郎、ポチ、ノウガキ、丸山、保、さらに男勝りの紅一点、田島マキらで構成されたこのグループは、隠匿物質の強奪を初めとして悪事の限りを尽した。一味が盗んだ品物は、楊徳元会長が率いる九竜同盟がさばいていたが、この九竜同盟が、五郎の母親が店を出している闇市から場銭を取っていた事を知った団は怒り、同盟本部に殴り込みをかけた。楊は無条件降伏し、団一派を顧問として迎えることにした。一方、マキは団に秘かに惚れており、しつこく言い寄る大滝の誘惑をかわしているのだが、団は闇市で知り合った清楚な娘、美佐子に惚れていた。そんなある日、九竜同盟の幹部・洪哲文が、最近勢力を増して来た外国人同盟に連れ去られたため、団は、武力で洪を救出した。外国人同盟の朴林成と団はこの一件以来、激しく対立することになった。両者の抗争は日増しにエスカレートし、ついに大滝は朴を暗殺、居合せた一般人も殺害した。さしもの団も大滝の凶暴さに反発、二人の間には険悪な空気が流れた。数日後、突然、団は朴殺しの容疑で逮捕された。仲間をかばって単独犯行を主張した彼は、18年の刑を宣告され、加古川刑務所に入所した。それから半年後。朴殺しを密告したのは大滝である、という中島の伝言を団に伝える、ために警察病院に入院したポチと、仮病を装い病院へ移された団が脱走した。マキと五郎の協力で、二人は美佐子の家に隠れたが、美佐子が警察に密告、ポチが撃たれて死んだ。包囲陣を突破した団は大滝を追跡し始めた。しかし、団を密告したのは大滝ではなく保だったが、今となっては大滝の覚悟はできていた。その大滝は悪徳MPと刑事と組んで摩耶埠頭でダイヤ強奪計画の片捧をかついでいた。この情報をキャッチした団たちは埠頭を急襲、凄まじい銃撃戦がくり展げられた。丸山、ノウガキたちが次々と死んだ。やがて倉庫の中で対決した団と大滝は狂ったように撃ち合い、大滝の最後を見届けた団も、マキの胸の中で死んだ。涙にくれるマキは、団を抱え、ガソリン鑵をめがけて発砲した。倉庫へ突入寸前の包囲陣の目の前が、轟音とともに、炎上した。ギャング団の凄まじい生きざまを象徴するかのように……。

神戸国際ギャング神戸国際ギャング

題名:神戸国際ギャング
監督:田中登
企画:俊藤浩滋、三村敬三、橋本慶一
脚本:松本功、山本英明
撮影:赤塚滋
照明:増田悦章
録音:溝口正義
美術:井川徳道
編集:市田勇
音楽:青山八郎
助監督:皆川隆之
出演:高倉健、菅原文太、真木洋子、夏八木勲、和田浩二、石橋蓮司、田中邦衛、大滝秀治、ガッツ石松、丹波哲郎、菅井きん、戸浦六宏、絵沢萠子、磯野洋子、泉ピン子
1975年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
神戸国際ギャング【DVD】
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

神戸国際ギャング神戸国際ギャング
泉ピン子、菅原文太                    高倉健