映画「不良番長 一網打尽」


梅宮辰夫                         藤竜也

今回は野田幸男監督1972年製作「不良番長 一網打尽」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第15弾になる。
脱ぎっぷりの良さを見せてくれた私の好きな女優 “ひし美ゆり子”さんは、1972年に東宝との専属契約が切れ、引退するつもりだったが、本作の吉田達プロデューサーからオファーを受けた。
同時期にATGで、新藤兼人監督が撮る谷崎潤一郎原作「讃歌」の主役オファーもあったそうだが、東映製作陣に脅されてこちらに出演したそうだ。


【追記・訃報】
映画「仁義なき戦い」シリーズなどで知られる俳優の梅宮辰夫さんが2019年12月12日午前7時40分、神奈川県内の病院で亡くなった。享年81。死因は慢性腎不全だった。

梅宮辰夫さんが言い残したこと

芸能界というのは「大衆から常に憧れる世界でならなければならない」というのが持論だった梅宮さんにとって〝平成〟という時代の芸能界は歯がゆさだけが残った。「もう〝令和〟の芸能界なんかには期待していない。俺のいた芸能界からは、もっともっと距離が離れていくだろうな」 さらに「今さら懐かしむわけじゃないけどね」としながらも「今とは比べられないほど個性的で、しかも格好のいい素敵な映画スターが多かった。そんな時代のことを語ると古いって言われるかもしれないけど、これは、やっぱり映画からテレビの時代になっちゃったのかもしれないね。ほとんどの俳優というか芸能人が、それこそテレビCMのために存在しているようになっちゃったってことだよ。みんな商品の宣伝のために出ている…それこそ薬品とか化粧品とかね、もちろん、それが悪いって言っているわけじゃないけど、宣伝ばかりやっているような、そんな連中がゴロゴロしてきちゃってね、本当、つまらない世界になっちゃったってことなんだよ、そうとは思わないか?」


「不良番長 一網打尽」ひし美ゆり子

「不良番長 一網打尽」山城新伍

ひし美ゆり子                      真理アンヌ
【ストリー】
一匹狼の神坂弘(梅宮辰夫)にとって生まれ育った新宿を我もの顔縄張りを張る暴力団、大東共友会の存在を認めることはできなかった。そこで神坂は、アパッチ(安岡力也)、シック(久保浩)、ジャブ(鈴木ヤスシ)等グレン隊とカポネ団を結成、自らリーダーとなって共友会と対抗することにした。グループの初仕事として故買品を隠してある倉庫へ警察官に扮して襲い、なんなく盗品を押収してしまった。数日後、神坂たちが豪遊していたキャバレーが突然火事となり、大騒動。そしてそのキャバレーのマネージャー、五郎(山城新伍)と知り合う。この五郎という男、ガメツさにかけては神坂をも舌をまくほどで、焼け残ったツケ伝票を利用して次々と金を賭いでいった。そんな時、神坂と刑務所仲間だった力石(藤竜也)がカポネ団の前に現われた。共友会の幹部である力石は、出所後には共友会々長の大滝にけむたがられていた。神坂は力石の態度から殺しの命を受けていることを察知したが、力石は自分を裏切った共友会に抵抗するかのように神坂を屁い、自ら組員の銃弾を浴びて倒れた、そして、神坂に共友会の麻薬の取り引き場所を口走って息を引き取った。散々痛めつけられた共友会への仕返しにカポネ団は沸き立った。翌日、神坂以下、八人のカポネ団は、オートバイに乗り、揃いのライダールックに身を固めてライフル、マシンガン、ダイナマイトを携えて立ち向って行った。


室田日出男、八名信夫                 安岡力也

梅宮辰夫                       福富太郎

題名:不良番長 一網打尽
監督:野田幸男
企画:吉田達
脚本:松本功、山本英明
撮影:山沢義一
照明:川崎保之丞
録音:小松忠之
美術:北川弘
装置:小早川一
装飾:佐藤善昭
美粧:住吉良倉
美容:宮島孝子
衣裳:宮下貞子 衣装デザイン:安斉慶子
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修
音楽:八木正生 挿入歌:梅宮辰夫「ウッシッシッ節」
現像:東映化学
進行主任:松本可則
演技事務:石原啓二
助監督:小平裕
スチール:藤井善男
出演:梅宮辰夫、藤竜也、ひし美ゆり子、真理アンヌ、山城新伍、安岡力也、久保浩、鈴木やすし、室田日出男、堀田真三、八名信夫、内田朝雄、京唄子、鳳啓助、大泉滉、由利徹、福富太郎、渡瀬恒彦
1972年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
不良番長 一網打尽 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ひし美ゆり子                    不良番長 一網打尽

映画「コント55号 世紀の大弱点」


坂上二郎、萩本欽一(コント55号)              水垣洋子

今回は和田嘉訓監督1968年製作「コント55号 世紀の大弱点」をピックアップする。
本作は、当時人気上昇中のコント55号(坂上二郎、萩本欽一)の東宝初主演作で、クレイジー・キャッツ”日本一シリーズ“第6作「日本一の裏切り男(須川栄三監督/1968年)」の併映作品でもある。


真理アンヌ                         三浦恭子

天本英世                          内田裕也

【ストリー】
週刊誌「ウィーク・ポイント」の記者矢島周作(萩本欽一)と、カメラマンの北川洋太(坂上二郎)は、年中遅刻をしたり、原稿を取りにいってはそれを忘れるなどの破廉恥コンビだった。今日の仕事は、竹村(由利徹)に原稿をもらうこと。ふたりは勢いよく竹村を訪れたものの、ここ20年も女性の手を握ったことがない純情作家竹村の筆は、さっぱり走らなかった。たまりかねた矢島・北川コンビは、竹村を引っばりだし特訓を開始した。ソープランド、アルサロそしてストリップやブルーフィルムの見学と特訓を続けた。ところが、最後の打ち止めに入ったバーで、竹村はホステスの君子と交渉を成立させ雲がくれしてしまった。原稿とりに失敗したふたりは、その帰途タクシーの中で、作者名のない小説原稿を捨った。ごれが凄い傑作、ふたりは窮余の一策として竹村の替りに山吹咲代という架空女流作家を仕たてて売りだした。しかし、これが読者の熱狂的な支持を得て、売上げは倍増、次の作品を依頼される始末だった。ふたりは、写真だけでも何とかしようとバーのホステス須永糸美(水垣洋子)を山吹咲代に仕立てた。一方で姿なき作者を探求するふたりはドヤ街に赤石銅幹(上田吉二郎)をつきとめた。次の作品の執筆を懇願するふたりを前に、銅幹は名前を架空にするという条件で、書くことに同意した。女房(曽我町子)から逃れている銅幹は、住所の知れることを心配していたのだ。これには二人は大喜び、仕事は順調にはかどった。山吹咲代なる作家は、次々に作品を発表し山吹咲代こと須永糸美は遂に新人文学賞を受賞して脚光を浴びた。だが、前々から糸美に不信を抱いていた週刊ロマンの記者小森麻子(真理アンヌ)は、彼女とテレビタレントとのスキャンダルをスクープ。その上、麻子の計略にのってホテルにカンヅメにされた糸美は、短篇を書かされるはめになってしまった。矢島と北川は、糸美を助けにホテルに直行したが、すでに遅かった。度重なる失敗にふたりはクビになりかけた。ところが、糸美の書いた短篇が評論家や文学者に高く評価され彼女は女流文学賞を受けて一段と名をあげた。これで、クビをつないだ矢島と北川は、今日もまた編集長に怒鳴られながら原稿とりに街の中へ消えていくのだった。


曽我町子                   上田吉二郎、萩本欽一、坂上二郎

森光子                            前田武彦

題名:コント55号 世紀の大弱点
監督:和田嘉訓
企画:浅井良二
製作:安達英三郎
脚本:松木ひろし
撮影:中井朝一
照明:山口虎男
録音:吉沢昭一
整音:小沢渡
美術:加藤雅俊
小道具:西川達男、深沢重雄
美粧:本田文子
衣裳:小林正光
振付:土居甫
記録:岡本キミ子
編集:岩下広一
音楽:山本直純 主題歌:坂上二郎「そいつに一番弱いんだ」
現像:東洋現像所 合成:三瓶一信
製作担当:坂井靖史
製作進行:川口倫二、三古谷俊一
演技事務:渋谷英男
助監督:合月勇
スーチル:田中一清
出演:萩本欽一・坂上二郎(コント55号)、真理アンヌ、水垣洋子、三浦恭子、天本英世、上田吉二郎、曽我町子、由利徹、内田裕也、大竹省二、森光子、前田武彦
1968年日本・浅井企画+東宝/ 東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー87分35mmフィルム
コント55号 世紀の大弱点 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「コント55号 世紀の大弱点」※新宿駅西口

映画「殺しの烙印」

殺しの烙印
宍戸錠   

【追記・訃報】
「エースのジョー」の愛称で親しまれ、アクションスターとして日活の黄金期を支えた俳優の宍戸錠(ししど・じょう、本名同じ)さんが2019年1月21日に死去した。86歳。大阪市生まれ。関係者によると、都内の自宅で倒れていたという。あくの強さを出すため豊頬(ほうきょう)手術を受け、膨らんだ頬がトレードマークだった。日大芸術学部在学中の1954年、日活の第1期ニューフェイスに合格。翌55年に「警察日記」で本格デビューし、二枚目スターとして売り出されたが、自ら進んで豊頬手術を受け、敵役として活路を開いた。小林旭主演の「渡り鳥」「流れ者」シリーズや故赤木圭一郎さん主演の「拳銃無頼帖」シリーズに敵役として登場。時に主役を食う人気を博した。70年代になるとテレビにも進出し、「巨泉×前武のゲバゲバ90分」「カリキュラマシーン」「元祖どっきりカメラ」などのバラエティーにも出演。1982~83年にはフジテレビ系「くいしん坊!万才」にレポーターとして出演し、長男で俳優の宍戸開ものちにレポーターを務めた。10年4月に元女優でエッセイストの宍戸游子(ゆうこ)さんががんのため77歳で死去。2013年2月には東京・世田谷区上祖師谷の自宅が全焼する被害に遭うなど、晩年は悲しい出来事が続いた。
最終更新:2020/1/821(火) 16:45 スポニチアネックス

殺しの烙印殺しの烙印
宍戸錠                                                                 真理アンヌ

今回は鈴木清順監督1967年製作「殺しの烙印」をピックアップする。
本作を最後に日活の専属契約を解消され、監督は10年間も劇映画を撮れなかった経緯があった。脚本を書いた具流八郎とは大和屋竺、木村威夫、田中陽造、曽根中生、岡田裕、山口清一郎、榛谷泰明、各氏の共同ペンネームだ。その中で助監督をしていた(No4の殺し屋を演じている)大和屋竺氏は、本作後に日活を退社してフリーになり、若松孝二監督の若松プロダクションで「裏切りの季節」で監督デビューする。本ブログでは名作「荒野のダッチワイフ」を紹介した。

殺しの烙印殺しの烙印
南原宏治                                                              小川万里子

【ストリー】
プロの殺し屋としてNo3にランクされている花田(宍戸錠)は、500万円の報酬である組織の幹部を護送する途中、No2とNo4らの一味に襲撃された。花田の相棒春日(南廣)は倒れたが、組織の男の拳銃の腕前はすばらしいもので、危うく危機を脱した花田は、その男を無事目的地に送り届けた。仕事を終えたあとの花田は緊張感から解放されたためか、妻の真美(小川万里子)と野獣のように抱き合うのだった。ある日、花田は薮原(玉川伊佐男)から殺しの依頼を受けた。しかも、四人を殺して欲しいというのだ。花田は自分の持つ最高のテクニックを用いて、次々と指名の人間を消していった。しかし、最後の一人である外国人を殺すのに手間どり、結局失敗してしまった。殺し屋に失敗は許されない。
組織は女殺し屋美沙子(真理アンヌ)を差向けてきた。家に逃げ帰った花田に妻の真美が拳銃を向けた。真美も殺し屋だったのだ。九死に一生を得た花田は美沙子のアパートに転げこんだ。そんな花田を美沙子は射つことが出来なかった。その夜、二人は殺し屋の宿命におびえながらお互いを求めあった。やがて花田殺しに失敗した美沙子は組織に捕われ、彼女を救いに行った花田は組織の連中と対決したが、そこに現われたのは、かつて花田が護送した男大類(南原宏治)だった。大類こそ、幻の殺し屋といわれるNo1なのだ。
大類は対決の場所として後楽園ジムを指定した。花田は腕は大類の方が一枚上であることを悟り、捨身戦法で対決しようと覚悟した。それが効を奏し、大類は花田に倒されたが、花田も大類の一弾を受けていた。ジムの中によろめき立っている花田の前に美沙子が現われたが、すでにその見分けのつかない花田は彼女を射った。そして花田も、「No1は誰だ!」と絶叫してその場に崩れ落ちていった。

殺しの烙印
真理アンヌ

題名:殺しの烙印
監督:鈴木清順
企画:岩井金男
脚本:具流八郎
撮影:永塚一栄
照明:三尾三郎
録音:秋野能伸
美術:川原資三
編集:丹治睦夫
音楽:山本直純
スチール:坂東正男
出演:宍戸錠、南原宏治、玉川伊佐男、真理アンヌ、小川万里子
1967年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ91分35mmフィルム
殺しの烙印 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

殺しの烙印殺しの烙印
殺しの烙印
殺しの烙印殺しの烙印
殺しの烙印