映画「極道VSまむし」

極道VSまむし極道VSまむし
若山富三郎                      川地民夫、菅原文太

今回は中島貞夫監督1974年製作「極道VSまむし」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が作られたが、本作は、”まむしの兄弟シリース”第8作、”極道シリーズ”全11作中第10作のコラボ作品になっている。苦肉の策としての企画だった様だが、二つの東映看板キャラクターを美貌の西宮恭子(瞳順子)に一目惚れするというモチーフだけで、展開するのは無理がある様に思う。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。

極道VSまむし極道VSまむし
若山富三郎、瞳順子                若山富三郎、志賀勝

【ストリー】
前科9犯、島村組々長の島村清吉(若山富三郎)は、獄中にて組の解散を宣言、5年の刑期を終えて出所した。清吉は電車の中でスリにあった美貌の女性、西宮恭子(瞳順子)に一目惚れ。スリ団の一人を捕えた清吉は、その男がかつての自分の子分・カメこと林亀五郎(志賀勝)と知って呆然とする。女房のみね子(清川虹子)が経営するホルモン焼屋に居侯を決めこんだ清吉は、四散した子分たちの消息が気になり、神戸栄町で運送会社を営む元幹部の高村角三(成瀬正孝)を訪ねるが、角三は急死していた。角三の死に不審を抱いた清吉は、角三が出入りしていた北斗海運が組織暴力団、北斗会の系列に属する事から北斗海運に出向くが、会長の重光(遠藤太津朗)、顔見知りの坂垣組長(小松方正)らに堅気呼ばわりされ追い返されてしまう。神戸に腰を据えた清吉は、愚連隊の才八(川谷拓三)、サブ(町田政則)らを使って北斗会の縄張り荒らしを始め、角三の家を改造して“大日本ホルモン焼KK・神戸支店”の看板をかかげた。一方、41回目の出所をしたまむしのゴロ政(菅原文太)と不死身の勝(川地民夫)は無一文で古巣の新開地へ舞戻って来た。政は昼間出逢った養護施設、日の丸学園の美しい保母、恭子の事が脳裏にこびりつき離れない。偶然にも清吉の店で無銭飲食を決めこんだ政と勝は、清吉と一戦交えるが勝負は互格、いつしか両者は意気投合した。数日後、店の金を持ち出したサブをはじめ、勇、才八をこらしめようとした清吉だったが、恭子が現われ、サブたちが半年前に焼けた、日の丸学園の再建資金のために盗みを働いている事を聞かされて、清吉も協力を申し出た。だが、恭子が角三の許婚者だったと知って清吉はガックリ。やがて、北斗会が日の丸学園に、立ち退きをするか、2,000万円を払うか、と要求して来た。清吉は北斗会が覚醒剤を扱っていたため、それで北斗会を恐喝した。一方、政と勝は北斗会から清吉殺しを2,000万円で引き受けた。清吉とまむしの兄弟の凄まじい死闘……が、勝は傷つき、政もあっさり負けを認めた。政は名誉挽回とばかり、北斗海運の密輸品の横取りを計画するが失敗する。清吉は恭子から、角三が元やくざだった事から、北斗会に無理矢理麻薬の運送を強いられていたことを知らされた。やがて、恭子が北斗会の子分に殺された……。それぞれの怒りと復讐を胸に、清吉、政、勝は北斗会本部へと殴り込んだ……。

極道VSまむし極道VSまむし
石山律雄、若山富三郎、桜木健一、瞳順子          小松方正
極道VSまむし極道VSまむし
清川虹子                           川谷拓三

題名:極道VSまむし
監督:中島貞夫
企画:橋本慶一、松平乗道
脚本:松本功、山本英明、中島貞夫
撮影:鷲尾元也
照明:中山治雄
録音:野津裕男
美術:富田治郎
装置:米沢勝
装飾:松原邦四郎
背景:宮内省吾
美粧・結髪:東和美粧
衣装:杉本俊和
擬斗:三好郁夫
記録:森村幸子
編集:神田忠男
音楽:広瀬健次郎
進行主任:上田正直
演技事務:伊駒実麿
助監督:依田智臣
協力:A級京都・ミュージック劇場
スチール:諸角義雄
出演:若山富三郎、菅原文太、川地民夫、瞳順子、桜木健一、清川虹子、志賀勝、遠藤太津郎、戸浦六宏、睦五郎、小松方正、三島ゆり子、女屋実和子、石山律雄、初音礼子、川谷拓三、成瀬正孝、遠藤太津朗、町田政則
1974年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
極道VSまむし -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

極道VSまむし極道VSまむし
三島ゆり子、菅原文太、川地民夫、女屋実和子    若山富三郎、志賀勝、石山律雄

映画「新・仁義なき戦い 組長の首」


「新・仁義なき戦い 組長の首」梶芽衣子

「新・仁義なき戦い 組長の首」ひし美ゆり子

菅原文太                        梶芽衣子

今回は深作欣二監督1975年製作「新・仁義なき戦い 組長の首」をピックアップする。
本作は、実話を元にした”仁義なき”シリーズから通算6作目、フィクションとして作られた”新・仁義なき”シリーズから2作目となる。


ひし美ゆり子                     成田三樹夫

【ストリー】
昭和43年。覚醒剤を主とする密輸品は、古くから関門海峡の周辺を密輸基地に陸揚げされ、日本全国の暴力組織に捌かれていた。その莫大な利権をめぐって対立する大和田組と共栄会の二大組織があった。大和田組幹部・楠鉄弥(山崎努)は、親分・大和田徳次(西村晃)の命で、流れ者・黒田修次(菅原文太)、組員・須川(渡瀬恒彦)とともに、共栄会々長・正木を襲撃、黒田は自から単独殺人を認め殺人罪で刑務所へ収監、10年の刑を受けた。共栄会は組長の死以後、崩壊し、大和田組は勢力を拡大した。大和田の娘・美沙子(梶芽衣子)を妻にした楠の面会がとだえてから七年、黒田は仮出獄した。黒田はその足で楠を訪ねたが、楠はヒロポン中毒になっていた。一方、大組織化した大和田組にも派閥ができた。相原重彦(成田三樹夫)、赤松猛夫(室田日出男)、井関政治(織本順吉)、高山音松(睦五郎)、郷田猪之吉(汐路章)の各幹部である。久しぶりに大和田と対面した楠は黒田の懲役慰労金として500万円要求するが、その気のない大和田は逆に楠を破門した。そこで楠は黒田とともに大和田の妾宅を襲い、大和田と品子(中原早苗)を脅迫、五百万円出すことを約束させた。  数日後、相原は黒田にヒロポンを渡し、赤松組の縄張り内で売るように依頼した。赤松組の了解を得ているということで、黒田は舎弟分の志村(小林稔侍)と笹木(三上寛)に商売をさせたのだが、赤松組組員と乱闘事件を起こした。そして、この報復として笹木が赤松を刺殺、自分も殺されてしまった。これは、相原が大和田組から独立を企でていた赤松を抹殺するためにしくんだものだった。その相原は、秘かに、大阪の野崎組の後押しで、大和田組の二代目を狙っている。数日後、大和田組の幹部会が開かれ、大和田は二代目として井関を推した。そしてその場で、黒田との親子の盃、井関・黒田の兄弟分の盃もかわされた。怒った相原は、楠に、大和田が楠を狙っており、美沙子を黒田の妻にするらしい、とそそのかした。相原の言葉を信用した楠は、大和田を射殺した後、精神異常者として病院に運ばれた。大和田の通夜の日、井関らの前で、野崎は二代目として相原を推した。強力な組織を持つ野崎に、井関は従がわなければならなかった。相原は、井関に黒田殺しを要求した。兄弟分を殺すことはできぬ、と井関は所払いを願いでた。全てを知った黒田は、組のバッヂを投げ捨て、相原の首を殺ることを決意。二代目襲名の挨拶廻りのために、相原、井関たちは、大阪へと向かった。その後を、黒田、志村、須川が追った。“組長の首”を殺りに……。


室田日出男                      渡瀬恒彦

西村晃、梶芽衣子                    三上寛

題名:新・仁義なき戦い 組長の首
監督:深作欣二
企画:日下部五朗、橋本慶一、奈村協
脚本:佐治乾、田中陽造、高田宏治
撮影:中島徹
照明:若木得二
録音:中山茂二
美術:鈴木孝俊
装置:温井弘司
装飾:柴田澄臣
背景:平松数一郎
技斗:上野隆三
美粧:長友初生
結髪:白鳥里子
衣装:松田孝
記録:田中美佐江
編集:堀池幸三
音楽:津島利章
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:長岡功
助監督:清水彰
演技事務:西秋武司
スチール:木村武司
出演:菅原文太、梶芽衣子、ひし美ゆり子、中原早苗、成田三樹夫、内田朝雄、室田日出男、渡瀬恒彦、西村晃、川谷拓三、織本順吉、山崎努、三上寛、睦五郎、汐路章、小林稔侍、片桐竜次
1975年日本・東映/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
新・仁義なき戦い 組長の首 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「新・仁義なき戦い 組長の首」ひし美ゆり子

成田三樹夫、ひし美ゆり子              ひし美ゆり子

「新・仁義なき戦い 組長の首」梶芽衣子         菅原文太

映画「甘い罠」

今回は若松孝二監督1963年製作「甘い罠」をピックアップする。
本作はピンク映画というジャンル分けをされているが、短縮版を見る限り裸体シーンは出てこない。ピンク映画系列映画館で上映されたのでその分類になっているのだろうか?また作品の資料がほとんどなく追記で補完して行く予定です。
余談になるが、本作で私との接点は、撮影の門口友也氏に1970年代後半に東活プロというピンク映画制作会社で撮影助手として20本前後の作品に就かせて戴いた事があり、お世話になった。その後、1979年に若松孝二監督「餌食」でフォーカスマンを担当させて戴いた。

若松プロダクション (YouTUBEより)
若松孝二監督の生誕80年を記念して、若松孝二監督のデビュー作である「甘い罠」(1963年製作)を公開します。本作は長らく行方不明となっていましたが、フィルム収集家の方の寄贈により発見されました。公開情報では82分となっていますが、このフィルムは上映館によるとみられる編集がなされており、現存するのは54分のみとなります。ピンク女優・第一号ともいわれ、若松孝二監督の初期作品を支えた香取環が出演。

「甘い罠」について
1963年です。当時のお金で製作費が150万くらい。こんな低予算映画は、当時はどこを見渡してもなかった。(~略~)助監督が2人、撮影部が3人、照明が4人、スクリプターが1人、それと監督の俺。5社映画(東宝、東映、日活、松竹、大映)と比較したら、これで映画が作れるのか?って思われるほどの弱小スタッフだった。(若松孝二)

若松孝二監督プロフィール
宮城県出身。農業高校を中退して上京。TVドラマの助監督を経て、1963年にピンク映画「甘い罠」で映画監督デビューする。1965年、若松プロダクションを設立。反体制的な主張を込めた作品を数多く発表し、学生運動の高まりとあいまって若者の支持を得る。
大島渚監督の「愛のコリーダ(1976年)」では製作を務めた。その後も、権力や体制に対する怒りを原動力に社会派の作品を生み出し、国内外で評価を高める。2008年、「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」でベルリン国際映画祭のNETPAC賞(最優秀アジア賞)と国際芸術映画評論連盟賞を受賞。「キャタピラー(2010年)」では、主演の寺島しのぶに同映画祭の最優秀女優賞をもたらした。2012年10月12日、東京都内で交通事故に遭い、5日後の2012年10月17日に逝去。享年76歳だった。中上健次の小説を映画化した「千年の愉楽(2012年)」が遺作(2013年春公開)となった。

作品リスト

題名:甘い罠
監督:若松孝二
脚本:峰三千雄
撮影:門口友也
照明:
録音:
編集:
記録:
助監督:
撮影助手:
出演:五所怜子、 香取環、竹田公彦、睦五郎
1963年日本・東京企画/シネスコサイズ・モノクロ82分35mmフィルム
2017年3月現在、DVD販売・レンタルはありません。


甘い罠