映画「悪名一番」

悪名一番
「悪名一番」田宮二郎、勝新太郎
悪名一番悪名一番
勝新太郎                       田宮二郎

今回は田中徳三監督1963年製作「悪名一番」をピックアップする。
全15作(1961~1969年)が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第8作になる。
今までとは趣を変えてオリンピック前の東京が舞台になっている。

悪名シリーズ

悪名一番
「悪名一番」江波杏子
悪名一番悪名一番
江波杏子                    芦屋小雁、芦屋雁之助

【ストリー】
年の瀬も押しつまった頃朝吉(勝新太郎)と清次(田宮二郎)のもとに、お照(藤原礼子)が店の朋輩のもめごとを、もちこんできた。大衆の零細な資金を集めて、町の金融業を営む大黒金融の不良社員が、預金を持ちにげ、支払不能に陥ったというのだ。話を聞いた朝吉と清次は、大阪支社にのりこみ、気の毒な預金者の依頼を引受け、東京本社に善後策をかけあうため、持逃げ犯人の大野平助(矢島陽太郎)を追ってトラックで東上した。平助の姉の妙子(雪代敬子)を訪ねた朝吉、清次の二人は、四国で名前をかたっていた偽せ者の一郎(芦屋小雁)と二郎(芦屋雁之助)に再会した。朝吉と清次は早速大黒金融の本社へ乗りこんだが、社長の郡(安部徹)は、彼等に会おうとしなかった。接待に出て来た美貌秘書圭子(江波杏子)に、くいさがった朝吉は、豪華なナイトクラブで郡を発見した。関東の顔役工藤(名和宏)らのいならぶ中、田舎者の朝吉は、その嘲笑に耐えた。一方清次は、上野でおぎん(茶川一郎)に会い工藤組にもぐりこんだ。しかもそこで、監禁されている平助を発見、彼の口から持送げの真相を聞いた。恋人の圭子が400万の分け前を約束に、1億円近い金の擬装拐帯犯人になって遁走中だというのだ。黒い悪の組織の動めく中、又朝吉の身のうえにも、工藤の手が動いているようだった。そんな時、使い込み金の唯一の証拠となる郡の手帖が金庫から消え、圭子が平助を求めて工藤事務所に来た所を、清次は、二人をさんざん痛めつけることで、工藤にとりいった。更に、二人をバラすことをたのまれた清次は、二人を連れて脱出する機会を待った。ついに朝吉が工藤を怪しいとにらんだ直後、平助は、川田組へ1,000万で売られることになった。単身、工藤事務所にのりこんだ朝吉は、平助と圭子をのがして監禁されている清次を救うため、一郎、二郎を伴って工藤事務所を奇襲した。郡も工藤も朝吉の鉄挙のもとに倒れ、朝吉、清次の二人は、感謝されて、大阪に帰った。

悪名一番悪名一番
名和宏、安部徹                 雪代敬子、勝新太郎
悪名一番
藤原礼子、伊井友三郎、江波杏子、矢島陽太郎、雪代敬子
悪名一番悪名一番
悪名一番                     田宮二郎、勝新太郎

題名:悪名一番
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:武田千吉郎
照明:中岡源権
録音:大谷巖
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:梶谷和男
擬斗:宮内昌平
編集:山田弘
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:土井茂
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、田宮二郎、江波杏子、藤原礼子、雪代敬子、安部徹、名和宏、遠藤辰雄、丸井太郎、茶川一郎、芦屋小雁、芦屋雁之助、伊井友三郎、矢島陽太郎
1963年日本・大映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
悪名一番 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名一番
「悪名一番」撮影風景

映画「第三の悪名」

第三の悪名第三の悪名
勝新太郎                       田宮二郎

今回は田中徳三監督1962年製作「第三の悪名」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第5作になる。
1963年1月3日に正月映画として封切りされた。シリーズ第2作「続・悪名」で死んだモートルの貞(田宮二郎=上画像右)の事件から10年が経過し、貞の仇であるカポネ(南道郎)との対決を軸に描いている。

悪名シリーズ

第三の悪名第三の悪名
月丘夢路                       長門裕之
第三の悪名
藤原礼子                          西村晃

【ストリー】
朝吉(勝新太郎)は死んだ弟分、貞の女房お照(藤原礼子)の家に、貞の弟清次(田宮二郎)と居候になっていた。或る日、朝吉は松島で、戦友粟津修(長門裕之)に出あった。修は天王寺の粟津一家の二代目だったが、わけあって朝吉も緑の深い松島組に身を預けていた。松島組の元締も、今は故人となっていたが、その法要の日、粟津一家の女親分お妻(月丘夢路)は、居合わせた朝吉の気っぷに惚れこみ、家に連れ帰った。お妻は、粟津一家の先代の親分の後妻で修にかたぎになってもらいたいばっかりに後目を相続したのだった。朝吉の口から修の居場所を聞いたお妻は、数日後彼に会ってかたぎになってくれるよう頼んだが、修はかえってお妻への恋心を明かした。修は白粉会社の登録商標をかたり取って新しい会社を作ろうというカポネ一味の企みを明かし、朝吉に手を貸せと申しでるが、朝吉はことわり二人は独自の行動をとることにした。朝吉はカポネ(南道郎)の経営するキャバレーにのりこんだが、代表名義人である小杉の息子の承諾を得たのだからとつっぱねられた。しかし、小杉の息子(矢島陽太郎)は、実は父親(菅井一郎)の信用している番頭垣内(天王寺虎之助)の二号の家に軟禁されていた。垣内こそ、カポネの黒幕だったのだ。憤然として帰ってきた朝吉は、カポネのキャバレーの支配人になったと報告する清次におどろいた。清次の兄は、カポネの子分によって殺されたからだ。怒った朝吉は、清次との縁を切った。だが朝吉と関係深い清次を邪推したカポネは、子分に清次の命を狙わせた。しかし、それをいち早く知った清次は、逆に小杉の息子を連れだし朝吉にわびを入れに帰ってきた。小杉の息子の一件を修の仕業と思いこんだカポネは修の不意をつき捕えて拷問した。だがこの時朝吉と清次が応援にかけつけた。証書を返すという証文を垣内に書かせた朝吉は、お妻に修の身を預け、お照の家に居候に戻るのだった。

第三の悪名第三の悪名
長門裕之、喜味こいし、夢路いとし         月丘夢路、勝新太郎
第三の悪名第三の悪名
勝新太郎、田宮二郎                第三の悪名

題名:第三の悪名
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:海原幸夫
音効:倉島暢
美術:内藤昭
装置:高地繁
擬斗:宮内昌平
衣裳考証:上野芳生
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:橋本正嗣
助監督:土井茂
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、田宮二郎、長門裕之、月丘夢路、藤原礼子、西岡慶子、西村晃、南道郎、天王寺虎之助、矢島陽太郎、菅井一郎、若杉曜子、夢路いとし、喜味こいし
1962年大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
第三の悪名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。