映画「ハナ肇の一発大冒険」


ハナ肇                               入川保則、倍賞千恵子

今回は山田洋次監督1967年製作「ハナ肇の一発大冒険」をピックアップする。
本作は「喜劇 一発勝負」に続く”一発シリーズ”の第二弾になる。
1968年「ハナ肇の一発大冒険」1969年「喜劇 一発大必」と松竹大船撮影所で制作された。


野村昭子、武智豊子                         桜井センリ、犬塚弘

【ストリー】
東京の下町で肉屋を営む間貫一(ハナ肇)は、陽気な好人物で、客に人気があった。ある日、レストランで好物の特大ビフテキを食べている時、貫一は美しい女性亜子(倍賞千恵子)と会い、鞄の中のダイヤを悪漢の手から守ってほしいと頼まれた。平凡な日常の中で、美女を助ける役目などは、そうざらにあることではない。貫一は喜んで引受け、ライトバンで逃避行を開始した。悪漢の目をくらますため、千葉に出て、さらにフェリーボートで横須賀に渡り、横浜に向かった。彼女の目的地は富山で、そこで相手側にダイヤを渡せばいいのだった。しかし、悪漢は執拗に二人を追っていた。やがて、二人を乗せた車は信濃路に入った。貫一は美人を乗せ、晩秋の美しい紅葉の中で車を走らせているのでごきげんだった。途中、二人は腹痛で苦しんでいる登山者真田(入川保則)を助け、近くの温泉場に連れていった。その夜、ダイヤの入った鞄が悪漢に奪われてしまった。責任を感じた真田は単身悪漢を追跡し、格闘の末、鞄を取戻して帰ってきた。この騒ぎで悪漢は警察に逮捕された。亜子はもう鞄を狙われる心配がなくなったと、安堵の胸をなでおろした。真田と亜子を乗せた貫一の車は、一路、新雪に輝くアルプスの麓を富山に向かった。三人は途中で一軒の山小屋にたどり着いた。ところがそこには警察に追われた殺人犯が潜んでいて、真田は彼の銃弾に殺されてしまった。貫一と亜子は危うくその場を逃れ、警察に事件を報告した。やがて、車は富山に着いた。亜子は別れを悲しむ貫一の頬に優しく接吻すると去って行った。貫一は再び平凡な日々の生活に帰って行った。一力月後、フランスにいる亜子から美しい絵葉書が届いた。貫一はそれを見るたびに、亜子との冒険旅行を思い出すのである。


ハナ肇、なべおさみ                           中村晃子、ハナ肇

題名:ハナ肇の一発大冒険
監督:山田洋次
製作:脇田茂
脚本:山田洋次、宮崎晃
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:小尾幸魚
調音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:川添善治
編集:石井巌
音楽:坂田晄一
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製先進行:池田善徳
監督助手:大嶺俊順
スチール:長谷川宗平
出演:ハナ肇、倍賞千恵子、入川保則、石井均、なべおさみ、野村昭子、武智豊子、久里千春、飯田蝶子、犬塚弘、桜井センリ、中村晃子、倍賞美津子
1967年日本・松竹+渡辺プロダクション/シネスコサイズ・カラー35mmフィルム
ハナ肇の一発大冒険 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


倍賞美津子                          ハナ肇の一発大冒険

映画「ハレンチ学園」


児島みゆき                        雷門ケン坊

今回は丹野雄二監督1970年製作「ハレンチ学園」をピックアップする。
本作は、週刊少年ジャンプに連載(1968年11号から1972年41号)された永井豪氏の人気漫画「ハレンチ学園」を実写映画化したものである。以降、1970年「ハレンチ学園 身体検査の巻(監督:丹野雄二)」1970年「ハレンチ学園 タックルキスの巻(監督:林功)」1971年「新・ハレンチ学園(監督:林功)」が日活で制作された。


宍戸錠                          小松方正

【ストリー】
今日は「聖ハレンチ学園」の卒業式。居並ぶ在校生の中には、山岸(雷門ケン坊)、袋小路(大谷潤)、風間(渡辺史郎)、柳生みつ子(児島みゆき)の顔が、一方教師側には校長(上田吉二郎)以下荒木(小松方正)、吉永(藤村俊二)、木戸(大泉滉)の神妙な顔がみえる。「仰げば尊し」の歌声は流れているものの、歌っているのは教師だけで生徒たちはまったく無視した態度。そこへ教育委員到着の知らせが入ったが校長はこの醜態を見せては、補助金打ち切りになりかねぬと無事卒業式は終了したと報告し、教育委員の目をごまかすのだった。山岸たちはこの事実をネタに、教師を強迫、全員にオール5を認めさせた。しかし、その反動として、荒木は男生徒を檻に入れ、木刀をふりまわした。そこに現われ、生徒の人望を集めたのは新任の体操教師マカロニ(宍戸錠)だった。一方、吉永は女生徒にビキニを着せて楽しんでいたが、それを知って学園内をデモる山岸たちと対決した。そんなハレンチぶりは美人でミニスカートのよく似合う西尾みどり(うつみみどり)が赴任してきて、頂点に達した。みどりのスカートをめくることに端を発したイタズラの数々は、エスカレートし校内は大騒動となった。その騒動もおさまらぬまま、修学旅行の日がやってきた。その趣旨はただ喰い、踏み倒しを実践し、悪いことを身をもって教えるというもので、生徒からの旅行代はすべて芸者代になった。大広間での餐会は、教師、先生、芸者入りみだれての野球拳大会に変貌し、大俗場では、みどり以下女生徒のストリップとハレンチきわまる旅行とあいなった。そして、その延長が学園まで持ち込まれ、いまでは全く手のつけられない状態となっている。


由利徹、上田吉二郎、大泉滉               藤村俊二

うつみみどり                      左卜全

小桜京子、石井均                  武智豊子、十朱久雄 

児島みゆき                         小松政夫

題名:ハレンチ学園
監督:丹野雄二
企画:園田実彦
原作:永井豪
監修:阿部進
脚本:山崎巌、鴨井達比古
撮影:高村倉太郎
照明:三尾三郎
録音:高橋三郎
美術:川原資三
擬斗:渡井喜久雄
編集:近藤光雄
音楽:山本直純
現像:東洋現像所
製作担当:大橋和男
色彩計測:舟生幸
助監督:小沼勝
スーチル:土屋豊
出演:児島みゆき、雷門ケン坊、宍戸錠、小松方正、藤村俊二、うつみみどり、川口恒、岡崎二郎、十朱久雄、武智豊子、石井均、小桜京子、ミッキー安川、なべおさみ、由利徹、大泉滉、上田吉二郎、左卜全、小松政夫、大谷潤、渡辺史郎、星野みどり、増田ひろ子
1970年日本・日東プロダクション+ピロ企画/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
ハレンチ学園 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ハレンチ学園

映画「吹けば飛ぶよな男だが」


「吹けば飛ぶよな男だが」緑魔子

緑魔子、なべおさみ              芦屋小雁、なべおさみ、佐藤蛾次郎

今回は山田洋次監督1968年製作「吹けば飛ぶよな男だが」をピックアップする。
本作は、山田監督が”男はつらいよシリーズ“を開始する1年前に撮った作品で、”寅”さんより”サブ”の方がシビアで悲哀度は深い。
この秀悦な脚本は、森崎東氏が係わっているからだろうか? 本作は山田監督作品で最優秀作ではないだろうか!
また緑魔子さんの何とも言えない摩訶不思議な魅力と、なべおさみさんの渾身の芝居は、渥美清さんとは別質の、情感豊かな魅力を出し切っている。特に素晴らしいのは、配役と美術が作品の底上げをしている事だと思った。


有島一郎、ミヤコ蝶々                      石井富子、犬塚弘

【ストリー】
サブ(なべおさみ)は偉い大幹部を夢見るちんぴらやくざ。ひと儲けを企んで兄弟分の鉄(芦屋小雁)やガス(佐藤蛾次郎)と共に神戸駅で張込んだ。三人が狙っているのは家出娘。そこへ現われた家出少女花子(緑魔子)は、彼らの誘惑にまんまと乗ってしまった。三人は早速兄貴株の喜やん(上方柳次)を先頭に花子を人里離れた林に連れだした。彼らの企みとは、ブルーフィルムの製作だったのだ。花子は撮影を泣いてこばんだ。そんな彼女を不憫に思った見張り番のサブは、仲間を裏切り花子とともに逃走した。連れ込み宿で夜を共にしたサブは、不幸な花子の境遇を知って親近感をもちはじめた。一夜明けて金がなくなると、サブは次のゼニ儲けにとりかかった。サブとガスは、エロ映画のポスターを見入っている中年男(有島一郎)を花子の待つ連れ込み宿に引っ張りこんだ。ところがこの男はいんねんをつけられた二人にビールをふるまうお人好し。サブは先生をやっているこの男とすっかり意気投合してしまった。そんなある日、サブは先生から、花子が妊娠していることを知らされた。だがそれは、サブの子ではなかった。頭にきたサブは大荒れ、チンピラと大喧嘩をやり、一人を刺して拘置所送りになってしまった。拘置所で平静さをとり戻したサブは、面会に来た花子と将来を誓いあった。だがサブの出所を待っていたのは、花子のはかない死だった。花子は自分のために罪を犯したサブを心配し、それがもとで流産し、その衰弱がひどく世を去ったのだ。ひとりぼっちになったサブは、花子の墓前でまともに生きることを誓った。それから数日後船員姿のサブを乗せて南方へ出発する船が港に見られた。


ミヤコ蝶々、有島一郎、なべおさみ                    なべおさみ

題名:吹けば飛ぶよな男だが
監督:山田洋次
製作:脇田茂
脚本:森崎東、山田洋次
撮影:高羽哲夫
照明:戸井田康国
録音:小尾幸魚
調音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:小野里良
編集:石井巌
音楽:山本直純
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製作進行:柴田忠
監督助手:大嶺俊順
スチール:久保哲男
出演:なべおさみ、緑魔子、犬塚弘、芦屋小雁、佐藤蛾次郎、有島一郎、ミヤコ蝶々、上方柳太、上方柳次、佐山俊二、石井均、石橋エータロー、安田伸、石井富子、小沢昭一、長門勇
1968年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
吹けば飛ぶよな男だが -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緑魔子、なべおさみ、佐山俊二            吹けば飛ぶよな男だが