映画「紅蓮華」

紅蓮華紅蓮華
秋吉久美子                      役所広司

今回は渡辺護監督1993年製作「紅蓮華」をピックアップする。
本作はピンク映画界の大御所である渡辺護監督が「冷血(1984年)」)以来の2作目の一般映画である。
田中うめの氏「梅一輪」の原作を映画化したもので、昭和から平成へと一人の女が時代に翻弄されながら理想の愛を追い求めて逞しく生きていった姿を、濡れ場シーンは1カットもなく描いたものだ。同じくピンク映画界の大御所である向井寛監督が1983年に製作した「四畳半色の濡衣」もそうであったが、撮影所のスタジオ・セットを使って構図・美術・照明を無駄なく使っている。

紅蓮華紅蓮華
武田久美子                     河内桃子

【ストリー】
昭和32年冬、中田さくら(秋吉久美子)はいとこの中田健造(役所広司)に求婚した。戦時中、軍人との不幸な結婚をしたが夫は戦死、戦後の動乱をどうにか生き抜き、成長した息子も高校受験の年頃になった今、改めて理想の結婚を求めていた。だが、いとこだったら子供を作らずに愛情ある生活ができると考えたさくらに対し、健造は愛人・洋子(武田久美子)との関係を捨て切れずにいた。新婚早々さくらは結核で倒れるが、それをきっかけに洋子が二人の新婚家庭に闖入してくる。耐え切れなくなったさくらは、健造の弟で言語障害をもつ勇造(倉崎青児)と洋子との結婚を持ちかけるが、健造は彼らの結婚後も洋子との関係を続けた。だがやがて勇造と洋子の間に子供が生まれ、ようやく愛人関係は終わるが、相変わらず健造はさくらに指一本触れようとしないまま17年の月日が過ぎていく。そんな時、健造の心のよりどころだった母・よしの(河内桃子)が死ぬ。自暴自棄になった健造はさくらへの愛に目覚めながらも、自らの死を選んだ。そして昭和が終わり、さくらの母も亡くなった今、さくらは改めて夫・健造のことや自分の生きてきた人生を振り返るのだった。

紅蓮華紅蓮華
役所広司、秋吉久美子                秋吉久美子

題名:紅蓮華
監督:渡辺護
製作:正木誠一
企画:さく良企画
原作:田中うめの「梅一輪」
脚本:沖島勲、佐伯俊道
撮影:鈴木史郎
照明:加藤松作
特機:NK特機
録音:細井正治
音効:渡部健一 リーレコ:中村洋
美術:菊川芳江
装飾:佐々木敬
組付:服部昌織
衣裳:川村優子
スタイリスト:鈴木智子
化粧:内山いほ子、藤原美保、小田久枝
記録:宮本依子
編集:田中修
音楽:渡辺俊幸 主題歌:松原のぶえ「紅蓮華」「愛冠岬のいのり」
撮影機材:日本映樹
現像:東映化学
プロデューサー:半沢浩、尾形充洸
製作担当:市村智保
製作進行:西島豊、益田隆時、森田良彦、中村和夫
演技事務:宮前寿美子
助監督:桜田繁
監督助手:成瀬活雄、桧山剛、広松靖智
色彩計測:阿部喜久雄
撮影助手:渡辺純一、御木茂則、田宮健彦
照明助手:鈴木達也、林信一、、原春男、井上愉斗志、鈴木正義、片桐正史
録音助手:楠本龍巳、横野一氏工、下野溜之
美術助手:吉見邦弘、大浦千鶴子
装飾助手:有村治、高島寿生、阿部智恵、小西和行
編集助手:田中昌江
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
製作協力:フィルム・シティ
スチール:竹内健二、田部井満
出演:秋吉久美子、役所広司、武田久美子、倉崎青児、河内桃子、小倉一郎、小松方正、石井富子、岡田秀樹、逗子とんぼ、稲野和子、吹田明日香
1993年日本・三協映画/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
紅蓮華 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

紅蓮華紅蓮華
秋吉久美子                         紅蓮華

 

映画「まむしと青大将」


菅原文太                        川地民夫

今回は中島貞夫監督1975年製作「まむしと青大将」をピックアップする。
まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作は最終第9作になる。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「まむしと青大将」緑魔子

荒木一郎                     川谷拓三、佐藤蛾次郎

菅原文太、悠木千帆(樹木希林)、川谷拓三         安部徹、室田日出男、志賀勝

【ストリー】
日本全国の刑務所を寝城としているまむしのゴロ政(菅原文太)が久々にシャバに出て来た。一方、政の弟分・不死身の勝(川地民夫)は、大阪で政神会という一家の親分になっていた。政はすぐにでも勝に会いたかったが、手土産の一つも欲しい。そこで土地の暴力団抗争に眼をつけ、抗争相手の組長殺しを引き受けるが、その組長に200万円で命乞いされる。その金でソープランドに行き刑務所のアカを落した政は、欣一(川谷拓三)というチンピラにマージャンに誘われ、欣一の兄貴分でイカサマ師の健(荒木一郎)らと麻雀に興じるが、たちまちトラの子の200万円を取られてしまった。だが、イカサマを見破った政は、健の持ち金数百万円を無理矢理奪い取った。しかし気のいい政はその金も、麻雀気違いで生活費もスッてしまった電気商の坊本(金子信雄)に泣き落されて全額くれてやった。再び無一文になった政は、一億円を貯め込んでいるという風俗嬢・沙織(緑魔子)に目をつけた。早速、政は彼女を麻雀に誘うが、健ともども負けてしまう。実は沙織もイカサマ師だったのだ。健と沙織の仲が密接になり、二人は近く大阪で行なわれる全日本麻雀大会に出場することにした。一方、政は欣一を連れて大阪の勝を訪ねた。勝は暴力団と抗争を続けながら縄張りを拡大していたが、政神会は、会長・元村(安部徹)が引きいる大阪東邦連合会に面倒をみてもらっているため勝手な行動はできなかった。数日後、政は健と沙織に会ったが、沙織は株の失敗で一億円を失っていた。健は沙織に惚れている政を利用して政に資金調達を頼む。政は勝と組んで東邦連合会から3,000万円を横取りし、政神会は東邦連合会から脱会した。全日本麻雀大会の日、健と沙織は3,000万円を持って出場した。その頃、政と健は東邦連合会に捕われ私刑を受けるが、玄竜会々長・藤山(渡辺文雄)を殺せば勝の命を救けると言われた政は、可愛い弟分のために決意した。その藤山は健、沙織の麻雀の相手で、政がその会場に殴り込んだ時、丁度、健、沙織のイカサマが見破れた瞬間だった。政は藤山から一億円を奪い沙織と逃げだし、その金を手渡した。しかしその直後、沙織が連合会に捕われた。政は勝を連れて、東邦連合会に殴り込んだ……。


坊屋三郎                       三島ゆり子

金子信雄、石井富子                 渡辺文雄

志賀勝、菅原文太                     緑魔子

題名:まむしと青大将
監督:中島貞夫
企画:橋本慶一、佐藤雅夫
脚本:高田宏治
撮影:赤塚滋
照明:北口光三郎
録音:荒川輝彦
美術:吉村晃
装置:温井弘司
装飾:柴田澄臣
背景:西村三郎
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩谷保
擬斗:三好郁夫
記録:梅津泰子
編集:市田勇
音楽:広瀬健次郎
進行主任:長岡功
助監督:篠塚正秀
演技事務:上田義一
麻雀指導:小島武夫
スチール:中山健司
出演:菅原文太、川地民夫、緑魔子、荒木一郎、悠木千帆(樹木希林)、室田日出男、川谷拓三、三島ゆり子、橘麻紀、名和宏、坊屋三郎、潤ますみ、汐路章、佐藤蛾次郎、安部徹、金子信雄、石井富子、渡辺文雄、志賀勝、林彰太郎、成瀬正孝
1975年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
まむしと青大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


菅原文太、川地民夫

映画「吹けば飛ぶよな男だが」


「吹けば飛ぶよな男だが」緑魔子

緑魔子、なべおさみ              芦屋小雁、なべおさみ、佐藤蛾次郎

今回は山田洋次監督1968年製作「吹けば飛ぶよな男だが」をピックアップする。
本作は、山田監督が”男はつらいよシリーズ“を開始する1年前に撮った作品で、”寅”さんより”サブ”の方がシビアで悲哀度は深い。
この秀悦な脚本は、森崎東氏が係わっているからだろうか? 本作は山田監督作品で最優秀作ではないだろうか!
また緑魔子さんの何とも言えない摩訶不思議な魅力と、なべおさみさんの渾身の芝居は、渥美清さんとは別質の、情感豊かな魅力を出し切っている。特に素晴らしいのは、配役と美術が作品の底上げをしている事だと思った。


有島一郎、ミヤコ蝶々                      石井富子、犬塚弘

【ストリー】
サブ(なべおさみ)は偉い大幹部を夢見るちんぴらやくざ。ひと儲けを企んで兄弟分の鉄(芦屋小雁)やガス(佐藤蛾次郎)と共に神戸駅で張込んだ。三人が狙っているのは家出娘。そこへ現われた家出少女花子(緑魔子)は、彼らの誘惑にまんまと乗ってしまった。三人は早速兄貴株の喜やん(上方柳次)を先頭に花子を人里離れた林に連れだした。彼らの企みとは、ブルーフィルムの製作だったのだ。花子は撮影を泣いてこばんだ。そんな彼女を不憫に思った見張り番のサブは、仲間を裏切り花子とともに逃走した。連れ込み宿で夜を共にしたサブは、不幸な花子の境遇を知って親近感をもちはじめた。一夜明けて金がなくなると、サブは次のゼニ儲けにとりかかった。サブとガスは、エロ映画のポスターを見入っている中年男(有島一郎)を花子の待つ連れ込み宿に引っ張りこんだ。ところがこの男はいんねんをつけられた二人にビールをふるまうお人好し。サブは先生をやっているこの男とすっかり意気投合してしまった。そんなある日、サブは先生から、花子が妊娠していることを知らされた。だがそれは、サブの子ではなかった。頭にきたサブは大荒れ、チンピラと大喧嘩をやり、一人を刺して拘置所送りになってしまった。拘置所で平静さをとり戻したサブは、面会に来た花子と将来を誓いあった。だがサブの出所を待っていたのは、花子のはかない死だった。花子は自分のために罪を犯したサブを心配し、それがもとで流産し、その衰弱がひどく世を去ったのだ。ひとりぼっちになったサブは、花子の墓前でまともに生きることを誓った。それから数日後船員姿のサブを乗せて南方へ出発する船が港に見られた。


ミヤコ蝶々、有島一郎、なべおさみ                    なべおさみ

題名:吹けば飛ぶよな男だが
監督:山田洋次
製作:脇田茂
脚本:森崎東、山田洋次
撮影:高羽哲夫
照明:戸井田康国
録音:小尾幸魚
調音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:小野里良
編集:石井巌
音楽:山本直純
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製作進行:柴田忠
監督助手:大嶺俊順
スチール:久保哲男
出演:なべおさみ、緑魔子、犬塚弘、芦屋小雁、佐藤蛾次郎、有島一郎、ミヤコ蝶々、上方柳太、上方柳次、佐山俊二、石井均、石橋エータロー、安田伸、石井富子、小沢昭一、長門勇
1968年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
吹けば飛ぶよな男だが -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緑魔子、なべおさみ、佐山俊二            吹けば飛ぶよな男だが

1 2