映画「殺し屋人別帳」


「殺し屋人別帳」渡瀬恒彦

渡瀬恒彦                     賀川雪絵、吉田輝雄

今回は石井輝男監督1969年製作「殺し屋人別帳」をピックアップする。
本作は、当時の岡田茂東映企画製作本部長がスカウトした渡瀬恒彦さんの肝煎りのデビュー作である。渡瀬さん演じる主人公の名前は「網走番外地シリーズ」で、高倉健さん演じた主人公の名前と同じ橘真一である事も破格の待遇だった。
本作は、1970年1月に公開し、二作目「監獄人別帳」を4月に公開したが、三作目「悪党人別帳」は製作されなかったそうだ。
本作のラストである黒岩組と竜神一家の銃撃戦で、これほど撮影所内スタジオ棟を倉庫街に無理に見立てたシーンも見た事がない。東撮作品(東映大泉)では、No,11ステージ前の坂などを見かける事は多々あるが、特に大きな装飾もせず、倉庫街として映し出したのは、よほど時間がなかったのだろうか?


伊吹吾郎                     佐藤允、渡瀬恒彦

【ストリー】
浦波興業会頭・浦波(沢彰謙)は殺し屋の黒岩(田崎潤)と宇野木(小池朝雄)に金を積んで組長を消し、北九州一帯の組を傘下に修めた。目的を達した浦波は用済みの二人を消そうとして逆に射殺された。強欲な黒岩は相棒の宇野木をも殺し、浦波の縄張りを手中におさめ黒岩組と改称した。流れ者の真一(渡瀬恒彦)が長崎に現われたのは、黒岩組が竜神一家を潰そうとこの地に乗り込んで来たおりだった。ある日、真一は長崎港の岸壁で車に接触して転倒した松葉杖の娘ナオミ(太田ナオミ)を介抱した。この光景に感動した黒岩の娘ミッチー(小川ローザ)の世話で、真一は黒岩組の客分になった。鉄(佐藤允)が組に草鞋を脱いだのもその頃だった。やがて、黒岩は竜神一家の荷上げ作業妨害作戦に出た。苦境に立つ竜神統一(吉田輝雄)は、その暴挙を責め、黒岩は一切を賽の目で勝負をしようと持ちかけた。統一は勝負に敗けた。統一の妻久美(藤田佳子)は、自分の体を賭けて夫を黒岩に挑戦させた。統一は勝負に勝ったものの、彼のために細工をした壷振りの美枝(英美枝)は竜神一家の木口(中谷一郎)とともに斬殺されてしまった。ナオミも現場を目撃したことから黒岩組に捕われたが、彼女の面倒をみていた寅さんこと八人殺しの鬼寅(嵐寛寿郎)の機転で助けられた。黒岩は事の決着を急ぎ、竜神一家に喧嘩状を叩きつけ、凄絶な死闘が始った。統一は苦闘する竜神一家に加担し、黒岩の銃弾が黒岩を倒した。すべてが終った時、黒岩の客分鉄が真一に向った。二人の銃口は同時に火を吐き、弾丸は真一の脇腹と鉄の心臓に命中した。正義漢・鉄が勝ちを真一に譲った一瞬であった。


賀川雪絵                                                                       佐藤允、

小川ローザ
1969年、丸善石油のハイオクガソリンのCMに出演。猛スピードで走る自動車が巻き起こした風で小川のミニスカートがまくりあがり、「Oh! モーレツ」と叫ぶ内容で一世を風靡し、幼児の間でも「Oh! モーレチュ」と言い、スカートめくりが流行するほど社会現象にまでなった。
(ウィキペディア参照)


小川ローザ「丸善石油ハイオクガソリンCM」  「殺し屋人別帳」小川ローザ

藤田佳子                       太田ナオミ 

田崎潤、由利徹                    荒木一郎

題名:殺し屋人別帳
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、掛札昌裕
撮影:古谷伸
照明:長谷川武夫
録音:中山茂二
美術:矢田精治
装置:米沢勝
装飾:清水悦夫
美粧:鳥居清一
結髪:横山三佳代
衣裳:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:渡瀬恒彦「さすらい人別帳」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:武久芳三
監督補佐:荒井美三雄
助監督:依田智臣
スチール:藤本武
出演:渡瀬恒彦、吉田輝雄、伊吹吾郎、佐藤允、田崎潤、中谷一郎、賀川雪絵、嵐寛寿郎、太田ナオミ、小川ローザ、藤田佳子、荒木一郎、英美枝、三笠れい子、葵三津子、小池朝雄、由利徹、水島道太郎、沢彰謙
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
殺し屋人別帳 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


小池朝雄                          吉田輝雄、英美枝、田崎潤

中谷一郎                       嵐寛寿郎

映画「花と嵐とギャング」


「花と嵐とギャング」高倉健

高倉健                         鶴田浩二

今回は石井輝男監督1961年製作「花と嵐とギャング」をピックアップする。
本作は、1961年に新東宝が倒産した事で東映に移籍した石井輝男監督の第一作になる。新東宝で「女王蜂の怒り」「女王蜂と大学の竜」などの”女王蜂シリーズ”や「黒線地帯」「黄線地帯」「セクシー地帯」などの”地帯(ライン)シリーズ”などで磨き上げたキレのいい演出が継承されている。


「花と嵐とギャング」小宮光江

小宮光江                         新井茂子、清川虹子、小川守 

【ストリー】
母親をはじめ子供達全部が悪の世界で暮らしている悪党一家があった。母親まさ(清川虹子)は安宿を経営しているが、裏では凄腕の女傑で通っている。長男は香港ジョー(鶴田浩二)の異名をとる国際的大物。長女佐和(小宮光江)は女ながらも前科者、それにスマイリー健(高倉健)という河北組の兄貴株で刑務所帰りを亭主にしているこれまた大変な女。次男正夫(小川守)でさえ一ぱしやくざを気取っている。河北組のツンパの山藤(沖竜次)は、健を蹴落そうと銀行ギャングを計画、その指揮を健に指名した。健は厭がる正夫と、犬猿の仲の殺し屋、楽隊(江原真二郎)とウィスパー(曽根晴美)、それに権爺(打越正八)を加えて綿密な作戦をたてた。銀行ギャングは見事成功するが、そのドサクサにまぎれてウイスパーは、楽隊を撃って逃走した。楽隊は警察病院に収容され一命をとりとめるが、ウイスパーを狙って病院を脱走した。紙弊ナンバーが知られた札とあって、山藤は、略奪金をドルと交換に出かけるが香港ジョーに奪われてしまった。その頃、河北組組長(佐々木孝丸)の暗殺命令を正夫が拒否したため、佐和は正夫がもどってくるための人質となった。正夫は恋人の圭子(新井茂子)とある牧場に隠れていた。それを知った河北組は、山藤、ウイスパーが健を監視して牧場に乗りこんだ。牧場には正夫の身を案じた香港ジョーが、一足先に潜入していたが、佐和の身を思う健はジョーにまで拳銃を向けた。組長の秘密命令を持つウイスパーは、ジョー、正夫もろともに健まで葬り去ろうとした一瞬、突如、楽隊が出現、ウイスパーは倒された。そのすきをみて三兄弟は協力して射ちまくった。三人三様の見事なガンさばきは、山藤達を圧倒、断崖に追いつめられた山藤は、ジョーから取り返した略奪金を手にしたまま谷底に滑り落ちていった。


江原慎二郎                      曽根晴美、小宮光江

題名:花と嵐とギャング
監督:石井輝男
企画:斎藤安代、吉田達
原作:藤原審爾「花と嵐とギャング」
脚本:佐治乾
撮影:星島一郎
照明:原田政重
録音:小松忠之
美術:近藤照男
編集:鈴木寛
音楽:三保敬太郎
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学(ノンクレジット)
進行主任:白浜汎城
助監督:鷹森立一
スチール:山守勇
出演:高倉健、鶴田浩二、江原慎二郎、曽根晴美、小宮光江、新井茂子、小川守、佐々木孝丸、清川虹子、山本麟一、沖竜次、八代万智子、八名信夫、打越正八、鈴木志郎、潮健児、愛川かおる
1961年日本・ニュー東映(東京撮影所)/シネスコサイズ・モノクロ83分35mmフィルム
花と嵐とギャング -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


小宮光江                        高倉健

映画「ならず者」

ならず者ならず者
高倉健                         丹波哲郎

今回は石井輝男監督1964年製作「ならず者」をピックアップする。
本作は「東京ギャング対香港ギャング(1963年)」同様、香港とマカオにロケーションを敢行した新東宝調フィルム・ノワールである。海外ロケシーンが8割を占める映像は、観光映画にはならず、裏町の様子をリアルに捉えているのが良い。ジョン・ウー監督が本作にインスパイアされて「狼 男たちの挽歌 最終章(1989年香港)」を制作したそうだ。

ならず者ならず者
加賀まりこ                       三原葉子

【ストリー】
殺し屋の南条(高倉健)は、毛(安部徹)という男に殺しの仕事を頼まれて香港に来た。しかし目的の男を射殺し、指定されたホテルに金を受けとりにいってみると、彼を待っていたのは女の死体だった。警察の追求をのがれて毛を探すうちに、南条は遊園地の賭け台で缶詰めを射止め、そこで缶詰めをぜひ買いたいという中国服の女明蘭(三原葉子)に呼びとめられた。不審に思った南条が宿へ帰って調べて見ると、それは数億の値打ちの麻薬だった。翌日、南条は缶詰めを宿の少女小紅(高見理紗)に預けると明蘭が待つアパートを訪ねた。南条はそこで、麻薬と交換に明蘭のボス蒋(丹波哲郎)から、毛の居所を知らせてもらう約束をした。しかし明蘭は、麻薬の横取りを企み、南条をたくみにだまし、麻薬が小紅のところにあることを聞き出して小紅を殺して麻薬を強奪した。明蘭の情報から、毛が横浜にいることを探り出した南条は、横浜に帰るが、毛は一足ちがいで香港へ帰った後だった。再び香港へ戻った南条は、小紅を訪ねるが、そこで小紅が殺されたことを知る。毛を探して賭博場に来た南条は、そこで、勝った賭け金と交換に、毛の情報を聞き出すが、そこで蒋に会い、決闘を申しこまれた。蒋は南条が薬を持ち逃げしたと思い、又南条も、小紅殺しの張本人は蒋だと思っていたので、二人は怒り狂って闘う、がなお言い争ううちにそれが、明蘭の裏切りであることが解り二人は和解した。そして南条は蒋から毛のアジトを聞き出し、指定のホテルで、毛を待ちうけて復讐を果した。しかし南条も毛の手下に腹を射ち抜かれ、かけつけたパトカーの中で一人息を引きとるのだった。

ならず者ならず者
南田洋子                        杉浦直樹
ならず者ならず者
江原真二郎                   高倉健、加賀まりこ

題名:ならず者
監督:石井輝男
企画:関政次郎、片桐譲
脚本:石井輝男
撮影:林七郎
照明:川崎保之丞
録音:廣上益弘
美術:藤田博
編集:鈴木寛
音楽:八木正生
現像:東映化学工業
進行主任:門間安彦
助監督:高桑信
スチール:丸川忠士
出演:高倉健、丹波哲郎、杉浦直樹、江原真二郎、加賀まりこ、三原葉子、南田洋子、赤木春恵、今井健二、鹿内タカシ、千石規子、安部徹、高見理紗、高城丈二
1964年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
ならず者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ならず者ならず者
高倉健                        南田洋子 

ならず者

1 2 3 8