映画「男の紋章」


高橋英樹、轟夕起子                  和泉雅子

今回は松尾昭典監督1963年製作「男の紋章」をピックアップする。
本作は1963年~1966年まで作られた全10編シリーズの第一作であり、任侠大河ドラマの序章編だ。東映任侠映画「日本侠客伝シリーズ」「昭和残侠伝シリーズ」「緋牡丹博徒シリーズ」とは違う日活任侠映画の描き方に社風の違いを見るが、当時はシノギを削って競争していた事が分かる。


大坂志郎、石山健二郎              轟夕起子、名古屋章

【ストリー】
昭和5年、この港町一帯に羽振をきかす大島組の主、庄三郎(石山健二郎)の豪胆な顔に近頃淋しげな影がよぎるのは、一人息子の竜次(高橋英樹)に望みどおり医者への道を歩ませたものの、永年守りとおした組の将来を案じてであった。渡世人を嫌いながら、父親の苦悩を知る竜次は、自ら志望して山奥のダム工事現場の診療所へ赴任した。そこで作業員たちに苛酷な労動を強いる西野組に憤った竜次は、彼等の本拠に乗り込んだ。西野はドスをつきつけたが、一人の男が竜次の父親を明かすと色を失った。自分の力への疑問に竜次が思い悩んでいるとき、庄三郎が反目する斎賀(名古屋章)の手によって殺されたことを知った。庄三郎の懐刀といわれた勘三(大坂志郎)が、斎賀の背後にいる村田きよ(轟夕起子)という女親分は竜次の実母だと全ての事情を打ち明けた。庄三郎はきよの父親と出入りになった時、渡世人の義理からきよを実家に帰し、以来竜次一人を頼りに生きてきたのだ。その夜竜次は自分の肌に父親と同じ刺青を彫らせ、組を引き継ぐ決心をした。折から満州事変が勃発、竜次は大島組を率いて軍の工事を請負ったが、斎賀は卑劣な手段を弄して妨害した。はやり立つ勘三らをおさえていた竜次も、勘三が死体となって運び込まれたとき意を決した。ひとり斎賀の許へ乗り込んだ竜次が忽ち配下に囲まれた時、きよが現れ白刃を遮った。豪雨が双肌脱いだ竜次の刺青を洗う中母と子はじっと見つめあった。


和泉雅子、大坂志郎                  井上昭文

題名:男の紋章
監督:松尾昭典
企画:笹井英男
脚本:甲斐久尊
撮影:岩佐一泉
照明:吉田協佐
美術:横尾嘉良
録音:米津次男
記録:宍倉徳子
編集:井上親弥
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:園山蕃里
助監督:千野皓司
色彩計測:小栗準之助
スチール:浅石靖
出演:高橋英樹、和泉雅子、石山健二郎、大坂志郎、名古屋章、轟夕起子、井上昭文、富田仲次郎、近藤宏、小池朝雄、武藤章生、河上信夫、藤岡重慶
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
2017年8月現在、DVD販売・レンタルはありません。


「男の紋章」

映画「座頭市逆手斬り」

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
勝新太郎                         藤山寛美

今回は森一生監督1965年製作「座頭市逆手斬り」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第11作目になる。今作は松竹喜劇の名優藤山寛美さんが、ニセ座頭市として登場するが、脚本がその魅力を減衰させる内容にしているのが残念だ。だいたいニセ・ヒーローが出てくる様な内容になるとアイディアの枯渇が露呈される事が多い。この当時、勝新太郎さんは「兵隊やくざ」シリーズが始まり「座頭市」「悪名」と合わせて3本の人気シリーズを抱え、名実共に大映のドル箱スターになっている。

座頭市シリーズ

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
滝瑛子                         石山健二郎

【ストリー】
もぐりバクチの罪で捕った座頭市(勝新太郎)は、牢内で無実の罪で死刑を宣せられたやくざ島蔵(水原浩一)から、彼の無実を証明する兄弟分・黒馬の仙八(原田玄)か荒磯の重兵衛親分(石山健二郎)をたずねてくれるようにと頼まれた。翌朝牢を出た市は、若いやくざ百太郎(藤山寛美)と一緒になったが、市とは縁の深い青田の鎌十(玉置一恵)の許へわらじを脱いだ市が、下にもおかぬもてなしをうけるのに腹をたてて市と別れた。数日後、大洗の宿で黒馬の仙八を訪ねあてた市は、島蔵の身の上を話して協力を頼んだ。一度はこれをひきうけた仙八だったが、その夜市は黒馬一家に寝込みを襲われた。得意の居合斬りで刺客を蹴散らした市は仙八をしめあげ、役人を買収し島蔵をおとしいれたのは、荒磯の重兵衛であることを聞きだし、さらに黒馬一家に監禁されていた妖艶な女お米(滝瑛子)を救けた。その後お米は市を慕って、どこまでも後を離れようとはしなかった。それからまた数日、市は百太郎の扮するニセ座頭市に悩まされながらも、島蔵の身を案じて、荒磯の重兵衛の許に急いだ。そのころ島蔵の娘お千代(明星雅子)は、何とか島蔵を救おうと、必死の思いで重兵衛に嘆願した。しかし重兵衛は、そんなお千代の弱身につけこんでお千代の身体を奪おうとした。が、危機一髪かけつけた市は、必殺の逆手斬りで重兵衛の仔分をなぎたおし、重兵衛に島蔵の無罪を証明させる書付を書かせた。そこで市は、お千代から百太郎が島蔵の息子であることを聞かされた。市は早速重兵衛の書状を、刑場にはこばれる島蔵の許に届けた。無罪を証明されて涙を流してよろこぶ島蔵をあとに、市の孤影は鹿島灘の砂丘に消えていった。必死に後を追うお米をしたがえて……。

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
藤山寛美、勝新太郎

題名:座頭市逆手斬り
監督:森一生
企画:財前定生
原作:子母沢寛
脚本:浅井昭三郎
撮影:今井ひろし
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:吉見光男
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:大森盛太郎
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督: 大洲斉
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、藤山寛美、滝瑛子、明星雅子、村瀬幸子、石山健二郎、島田竜三、水原浩一、南部彰三、守田学、原田玄、玉置一恵、伴勇太郎
1965年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー77分35mmフィルム
座頭市逆手斬り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
座頭市逆手斬り

映画「悪名一番勝負」

悪名一番勝負悪名一番勝負
勝新太郎                        江波杏子
悪名一番勝負
「悪名一番勝負」江波杏子
悪名一番勝負悪名一番勝負
安田道代                        小川真由美

今回はマキノ雅弘監督1969年製作「悪名一番勝負」をピックアップする。
本作は”悪名シリーズ最終作”の第15作になる。今まで勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴えた”悪名シリーズ”だったが、唯一本作は、田宮二郎さんが出演していない。田宮二郎さんは1968年「不信のとき(監督:今井正)」」の宣伝ポスター序列で、大映首脳部と揉め退社する事になった為だ。”悪名シリーズ”最終作は、豪華俳優陣で補完する様に作られているが、異質なものとなっている。

悪名シリーズ

悪名一番勝負
「悪名一番勝負」安田道代
悪名一番勝負悪名一番勝負
田村高廣                     津川雅彦、勝新太郎

【ストリー】
朝吉(勝新太郎)は、大西の賭場で暴れ、長屋の住人たちの用心棒になった。そこへ放れ駒の政吉(田村高廣)が旅から帰ってきた。朝吉は、大西(河津清三郎)の賭場で負けた。旅の女賭博師おりん(江波杏子)が、いかさまを見破って金を返したが、朝吉は受け取らなかった。大西は、花島(山本学)の縄張りに新設される貨物の停車場の荷役の権利を狙って、関西鉄道の島田常務(内田朝雄)を抱き込み、花島を潰すため朝吉を子分にしようとしたが、朝吉は断わった。花島卯之助は渡世のことは何も知らず、代貸の白石(水島道太郎)が組を仕切っていた。白石も大西へ色目を使っていて、花島の女房お妙(小川真由美)だけが気をもんでいた。遂に長屋の測量を始めたので、住人たちは騒然となった。その頃朝吉は、河内の親分河徳(辰巳柳太郎)を訪ねて助力を頼んでいた。朝吉に心を寄せるやとなのお浜(安田道代)は、長屋を救うため、大西の女になる決心をしたが、なぜかおりんが助けた。そんな折、朝吉の弟分仙次(津川雅彦)がトラックにひかれて川に流された。それを見舞った花島は帰途、大西の許を訪ね、話をつけようとしたが、白石に斬られた。それを知った政吉は、殴り込みをかけたが、古傷の眼が痛みだし、何も見えず、大西の子分に斬り殺された。怒った朝吉は長屋を飛びだしたが、おりんが立ちはだかり、朝吉を傷つけて止めた。しかし、朝吉は傷をおさえ、大西の家に乗り込み、白石を斬り、大西を追いつめると長屋の連中のために誓約書を書かせた。

悪名一番勝負悪名一番勝負
芦屋小雁                        辰巳柳太郎 
悪名一番勝負悪名一番勝負
内田朝雄、河津清三郎                 水島道太郎
悪名一番勝負悪名一番勝負
江波杏子                     江波杏子、勝新太郎

監督:マキノ雅弘
企画:早川雅浩
原作:今東光
脚本:マキノ雅弘、宮川一郎
撮影:今井ひろし
照明:山下礼二郎
録音:海原幸夫
美術:加藤茂
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:稲垣雅彦
助監督:黒田義之
スチール:都筑輝孝
出演:勝新太郎、江波杏子、安田道代、田村高廣、津川雅彦、小川真由美、山本学、辰巳柳太郎、河津清三郎、水島道太郎、金子信雄、石山健二郎、内田朝雄、芦屋小雁
1969年日本・大映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
悪名一番勝負 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

1 2 3 4