映画「緋牡丹博徒 花札勝負」



藤純子                       高倉健

今回は加藤泰監督1969年製作「緋牡丹博徒 花札勝負」をピックアップする。
本作は緋牡丹博徒シリーズ全8作の第3作だ。加藤監督の用いるローアングルとロングショット、効果的なクロースアップの演出が冴えわたっている。渡世人花岡(高倉健)が雪の中で見せる哀愁、魅かれるお竜(藤純子)の抑えた感情が、台詞にならなくても伝わって来る。


嵐寛寿郎

【ストリー】
明治の中頃、名古屋。渡世修行を積むお竜(藤純子)は、熊虎親分(若山富三郎)からの添書を持って、名古屋の西之丸一家へ草鞋を脱いだ。その頃、西之丸一家は熱田神宮大祭の勧進賭博をひかえ多忙をきわめていた。金原一家の組長金原鉄之介(小池朝雄)は、国会議員の古田(内田朝雄)と結託し、勧進賭博を仕切る名古屋一の貸元の座を狙っていた。そんな折、お竜は金原一家の賭場で自分の名を名乗る女賭博師お時(沢淑子)を捕えた。お時は、盲目の子お君(古城門昌美)の目を直したい一心にイカサマをやり、金原にその腕を利用されていた。西之丸一家の親分杉山(嵐寛寿郎)の息子次郎(石山律)は、金原の義理の娘八重子(柴田美保子)と恋仲だった。次郎が、八重子との結婚を申し出ると、金原はサイコロで事を決めようと持ちかけ、お時を相手に当らせた。お時は勝負に勝ったものの、人質にされた次郎を、恩を受けたお竜が、探していることを知り、次郎と八重子を逃した。この一件によりお時は斬られ、次郎と八重子はお竜に守られて大阪へ逃げた。金原一家に草鞋を脱いでいる一匹狼の渡世人花岡(高倉健)は、二人を追ったが、お竜から事情を聞いて見逃すのだった。やがて金原一家を尋ねたお竜が監禁された。杉山は勧進元とお竜の命の決着を勝負で決めようと提案。杉山の代人お竜は金原の代人バケ安(汐路章)との一本勝負に勝ったが難癖をつけられ熊虎にその場を救われた。花岡が金原に杉山を斬り捨てるよう命ぜられたのは、そんな折だった。花岡は、金原にあいそをつかせていたが、一宿一飯の義理から杉山を斬った。重傷を負った杉山は、勧進賭博の挨拶を終えると息をひきとった。やがて、熱田神宮へ奉納金を修めに行った西之丸一家の代貸久保寺(林彰太郎)ほか数人が、金原一家に殺され、金も奪われた。お竜の拳銃と花岡の白刃が金原一家の息の根を止めたのはそれから間もなくのことだった。


小池朝雄

題名:緋牡丹博徒 花札勝負
監督:加藤泰
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
原案:石本久吉
脚本:鈴木則文、鳥居元宏
撮影:古谷伸
照明:金子凱美
録音:中山茂二
美術:富田治郎
装置:稲田源兵衛
装飾:布部栄一
美粧:佐藤宇之助
結髪:妹尾茂子
衣装:松田孝
技斗:谷明憲
古武道:中島正義
記録:梅津泰子
編集:宮本信太郎
音楽:渡辺岳夫
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:福井良春
助監督:本田達男
スチール:木村武司
出演:藤純子(富司純子)、高倉健、待田京介、小池朝雄、清川虹子、内田朝雄、若山富三郎、山本麟一、嵐寛寿郎、沢淑子、南利明、藤山寛美、柴田美保子、汐路章、石山律、古城門昌美
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
緋牡丹博徒 花札勝負 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤山寛美                                                        藤純子、沢淑子

映画「関東女やくざ」

関東女やくざ
三条魔子、安田道代、渚まゆみ
関東女やくざ関東女やくざ

今回は井上昭監督1968年製作「関東女やくざ」をピックアップする。
本作は安田道代さん、渚まゆみさん、三条魔子さんと当時の艶女が、お色気アクションタッチで活躍するという内容で嬉しいのだが、出演者のレガシーだけで特に”ギターの底からナイフが飛び出す”はチープ過ぎた。東映の「野良猫ロック」の様なパワーがなく物足りなかった。

関東女やくざ関東女やくざ
渡辺文雄

【ストリー】
神崎みな子(大楠道代)は、兄の忠一の行方を探すために、同僚の白浜たまき(渚まゆみ)、藤川よし枝(三条魔子)と組んで関西の港街を流していた。ところが、この界隈を牛耳る畑中一家は、再三みな子たちの流しを妨害し、自分の経営するクラブの専属にしようとしていた。業を煮やしたみな子は、早速畑中一家の若親分吉蔵(渡辺文雄)を訪ねた。ダイスでその決着を挑まれたみな子は、鮮やな手捌きで勝負に勝った。が、その帰りを畑中一味が待伏せていた。みな子は危ういところを畑中一家の客分、天野(細川俊之)に救われたが、吉蔵の卑怯な仕打ちに、憤怒をおさえられなかった。そんな折、みな子は、ヒョンなことから兄に会った。みな子のボーイフレンドで、交通事故にあった作曲家志望の田村(石山律)を最初に見つけ、病院に運びこんだのが奇しくも探し求めていた忠一だったのだ。
忠一は、縄張り争いから花房一家の大幹部を刺し、その刑期を終えたものの、入獄中、彼の属する明星一家と花房一家との間に成立した、自分の身柄を花房一家の自由に任せるという手打ちに不満だった。そして、今は偽名を使ってホルモン焼屋を経営し、近く身二つになる洋子(水町由香里)と楽しい日々を送っていた。ところが、忠一は坂口はじめ畑中一家に追及を受けていた。畑中一家と花房一家とは兄弟分の関係にあったのだ。兄の危険を感じたみな子は、忠一に洋子の故郷である九州への里帰りを勧める一方、兄夫婦を守ってほしいと天野に頼んだ。しかし、天野の返事は意外に冷たかった。それもそのはず、彼は花房一家の刺客でもあったのだ。
忠一の居どころを知った天野は電話で呼びだした。忠一は翌朝五時の決闘に応じた。みな子は自分の軽率さを悔いたが、時すでに遅く、兄の目覚し時計を遅らせ、自らは男装をして現場へ現われた。みな子は軽傷を負った。相手をみな子と知って驚いた天野は、駆けつけた忠一とともに、黙って見逃してやるのだった。

関東女やくざ関東女やくざ
細川俊之                      石山律

題名:関東女やくざ
監督:井上昭
企画:辻久一
脚本:藤本義一
撮影:牧浦地志
照明:古谷賢次
美術:上里忠男
録音:林土太郎
技斗:楠本栄一
編集:山田弘
音楽:渡辺岳夫 主題歌:渚まゆみ「女ながれ者」
製作主任:小沢宏
スチール:藤岡輝夫
出演:安田道代(大楠道代)、渚まゆみ、三条魔子、細川俊之、石山律 渡辺文雄、亀石征一郎、水町由香里
1968年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ74分35mmフィルム
関東女やくざ-DVD-
2016年11月現在、DVDレンタルはありません。

関東女やくざ関東女やくざ