映画「悲しい色やねん」


仲村トオル                       高嶋政宏

今回は森田芳光監督1988年製作「悲しい色やねん」をピックアップする。
本作は、”新しいヤクザ映画”を志向している様だが、失敗している。カタルシスが皆無であり、高揚感も同様である。”新しい”コンセプトが陳腐であり退屈する内容だった。ちなみに本作は、石田ゆり子さんのデビュー作だったそうだ。


石田ゆり子                      藤谷美和子

【ストリー】
夕張トオル(仲村トオル)は大阪のヤクザ夕張組の一人息子だが、家業を継がず銀行員として働いていた。ある日、組長の父(高島忠夫)が四国でライバルの三池組系元ヤクザと喧嘩をした。しかし、トオルの活躍でコトは大きくならずにすんだ。一方、トオルの高校の同級生で三池組の桐山恵(高嶋政宏)も無意味な争いはしたくなかった。トオルは夕張組をゲーム用品の製造会社にして後を継ぎ大きなビジネスを目指していた。恋人ミキ(石田ゆり子)の父で御殿山コンツェルン総裁(北村和夫)の援助も期待できる。夢は黒浜を日本のラスベガスにすることだった。友情厚いトオルと恵はビジネスで組みたいと考えていたが、三池組組長(小林薫)は夕張組をつぶすことしか考えていなかった。立場の悪くなった恵は襲われ、トオルの父も暗殺された。トオルは、三池のいる病院へ乗り込んで撃ち殺した。しかし、恵も堂上マコ(藤谷美和子)というトオルに異常な愛をよせる女の凶弾に倒れたのだった。


小林薫、江波杏子                  北村和夫、高島忠夫

題名:悲しい色やねん
監督:森田芳光
企画:藤峰貞利
製作:黒澤満、青木勝彦
原作:小林信彦
脚本:森田芳光
撮影:前田米造
照明:矢部一男
特機:落合保雄、度合誠司(NK特機)
録音:橋本文雄
音効:斎藤昌利 リーレコ:河野競司
美術:中澤克巳
装飾:山崎輝、小林聖樹、長谷川圭一、佐々木義博、森本常雄
スタイリスト:勝俣淳子、久我知子
衣裳:山田実
配役:飯塚滋、三沢和子
擬斗:高瀬将嗣
記録:森永恭子
編集:冨田功
音楽:梅林茂 主題曲:上田正樹「悲しい色やねん」
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:トライ・アーツ
現像:東映化学
製作担当:望月政雄
製作進行:岩下真司、土門征一
演技事務:河合啓一
監督補:原隆三
助監督:鈴木元、明石知幸、篠原哲雄
撮影助手:高瀬比呂志、上野彰吾、石山稔
照明助手:高柳清一、長井広義、小川満、重田全史、平田孝浩
録音助手:柴山申広、田中靖志、横野一氏工、細井正次
美術助手:沖山真保、加藤典子 セット付:金丸浩
編集助手:田中慎二、堀口正則
音楽プロデューサー:高桑忠男
企画事務:木村典代、横田深幸
製作コーディネイター:坂東譲
ゲーム指導:野口秀明、針谷恵歴史
イラスト:上田三根子
制作協力:セントラルアーツ
スチール:井本俊康
出演:仲村トオル、藤谷美和子、高嶋政宏、江波杏子、石田ゆり子、小林薫、高島忠夫、橘ゆかり、森尾由美、秋野太作、イッセー尾形、阿藤海、上田正樹、松居一代、加藤武、北村和夫
1988年日本・サンダンス・カンパニー+東映/ビスタサイズ・カラー102分35mmフィルム
悲しい色やねん -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


阿藤海                        森尾由美

高島忠夫、仲村トオル                 悲しい色やねん

【追記・訃報】
映画やテレビで幅広く活躍した俳優の高島忠夫(たかしま・ただお、本名高嶋忠夫)さんが2019年6月26日午後1時1分、老衰のため東京都内の自宅で死去した。88歳。妻で女優の寿美花代((み・はなよ=88)の意向もあり、27日に自宅で密葬を行った。2人はおしどり夫婦として知られており、最期も寿美が自宅でみとった。お別れ会などは予定していない。息子の高嶋政宏(53)、高嶋政伸(52)も含めた芸能一家“高島ファミリー”として、晩年はバラエティーでも活躍したやさしいパパが静かに去った。
2019年6月29(土) 5:59配信 日刊デイリー


悲しい色やねん

撮影:前田米造氏                   特機:落合保雄氏
※キャメラは、Panaflex Golden 35mm(1,000Feetマガジン装着)

映画「北の零年」


吉永小百合                       渡辺謙

今回は行定勲監督2004年製作「北の零年」最悪作品賞をピックアップした。
本作は、明治初期に北海道を開拓した武士たちの姿を時代の変遷と共に描いたもので、15億円の製作費をかけて北海道長期ロケを行った大作だが、脚本が製作委員会に難癖を付けられ悪くなったのか、そもそも元からダメだったのか分からないが、冗長の極みとステロタイプな感動の押し売りに終始した内容で、とても2時間25分の尺数は耐えられない。主演級の名優達や技術スタッフは、15億円の習作に付き合ったに過ぎない作品で、確実に日本映画の劣化を感じずにいられなかった。


石原さとみ                     豊川悦司

【ストリー】
明治3年。庚午事変により、明治政府から北海道移住を命ぜられた淡路の稲田家主従546名。半月に及ぶ船旅の末、静内へと上陸した先遣隊は、家老・堀部賀兵衛(石橋蓮司)と家臣・小松原英明(渡辺謙)を中心に、未開の地に自分たちの国を作るべく理想と希望に燃えていた。だが、様々な困難が彼らの前に立ちはだかる。稲はなかなか育たず、第二次移住団を乗せた船は難破、更に廃藩置県によって彼らの土地が明治政府の管轄となってしまったのだ。絶望の中、英明たちは自ら髷を落とし、新政府には頼らない道を選択。そして、英明は妻・志乃(吉永小百合)と娘・多恵(石原さとみ)を残し、静内でも育つ稲を求めて札幌の農園へと旅立った。ところが、半年以上が経っても英明は帰らず、人々は深刻な食糧不足に見舞われる。志乃に対する風当たりも冷たい。しかし、夫を信じる彼女は、アイヌと共に暮らす謎の男・アシリカ(石原さとみ)や牧畜指導者のダン(アリステア・ダグラス)らに助けられ、危機を乗り越えていくのだった。5年後、志乃と多恵はダンのアドヴァイスを受けて牧場を経営。かつての家臣たちは、詐欺紛いの手口で権力を手にした元商人の戸長・倉蔵(香川照之)の下、政府の役人となっていた。そんなある日、英明が開拓使の役人として戦の為の馬の徴用にやって来る。5年前、札幌に辿り着いたものの病に倒れた彼は、命を救ってくれた人と再婚し、今は三原と名乗って新しい生活を送っていたのだ。動揺を禁じえない志乃は、しかし英明の立場を思い、馬を差し出す決意をする。とその時、人々が英明の行く手を阻み、箱館戦争の残党であったアシリカこと高津政之が馬を放った。折しも、イナゴの大群の襲来で稲が全滅。この上、馬を召し上げられては生きる術を失ってしまう。農民たちの命懸けの抵抗だ。果たして、その気迫に押された英明は撤退を余儀なくされ、志乃たちは再び希望を胸に自分たちの国作りに挑むのだった。


石橋蓮司                     北の零年

題名:北の零年
監督:行定勲
企画:遠藤茂行、木村純一
製作:岡田裕介、坂本眞一
脚本:那須真知子
撮影:北信康
照明:中村裕樹
録音:伊藤裕規
音効:柴崎憲治、齋藤昌利
美術:部谷京子
装飾:大庭信正
配役:福岡康裕
衣装:宮本まさ江、長岡志寿、真霜和生、佐藤百合香
技斗:所博昭
記録:工藤みずほ
編集:今井剛
音楽:大島ミチル 音楽プロデューサー:北神行雄、津島玄一
撮影機材:パナビジョン
フィルム:イーストマンコダック
現像:東映ラボテック(東映化学)
Fレコ:Arri Media
プロデューサー:角田朝雄、天野和人、冨永理生子
製作:広瀬道貞、塚本勲、後藤亘、鶴田尚正、堀鐵蔵、黒澤満、西村嘉郎、浜本孝久、瀬戸由紀男、権藤満、橋本宗利、菊池育夫、福田貞男、沢田喜代則、深津修一、佐藤陽紀、箱島信一、長野隆、土方清
製作担当:黛威久、小松功
VFXプロデューサー:尾上克郎
VFXスーパーバイザー:道木伸隆
演出補佐:川原圭敬
助監督:大野伸介、宮村敏正
スチール:大木茂
出演:吉永小百合、渡辺謙、豊川悦司、石原さとみ、柳葉敏郎、香川照之、石田ゆり子、石橋蓮司、鶴田真由、平田満、阿部サダヲ、アリステア・ダグラス
2004年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー145分35mmフィルム
北の零年 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


吉永小百合、石原さとみ             北の零年

映画「極道の妻たち 最後の戦い」


岩下志麻                        かたせ梨乃

今回は山下耕作監督1990年製作「極道の妻たち 最後の戦い」をピックアップする。
本作は家田荘子氏の原作ルポルタージュをベースにした新しいタイプの任侠映画として、極妻(極道の妻)に焦点を当てたヒットシリーズ第4作で、内容的には第1作に劣るが、見事な嵌り役を魅せた岩下志麻さんの凄みが素晴らしい。本作以降、岩下志麻さん主演で以下の6作品が作られた。

1991年「新極道の妻たち(監督:中島貞夫)」
1993年「新極道の妻たち 覚悟しいや(監督:山下耕作)」
1994年「新極道の妻たち 惚れたら地獄(監督:降旗康男)」
1995年「極道の妻たち 赫い絆(監督:関本郁夫)」
1996年「極道の妻たち 危険な賭け(監督:中島貞夫)」
1998年「極道の妻たち 決着[けじめ](監督:中島貞夫)」


小林稔侍                         中尾彬

津川雅彦                       かたせ梨乃、岩下志麻

【ストリー】
関西地区を牛耳る広域暴力組織の中松組が跡目相続問題で分裂した。5年後、枝分かれをした川越会本部では病床の川越会長(須賀不二男)をはじめ、幹部連中が集まっていた。その中に服役中の瀬上組々長瀬上雅之(小林稔侍)の妻芙有(岩下志麻)の姿もあった。彼女は夫の服役中、気丈の強さで組織の運営を務めているのだ。そんな時、5年前に中松組の銃弾で夫を失った伊勢夏見(かたせ梨乃)という女が残った組員の根津豊(哀川翔)を連れて大阪へやって来る。そしてふとした事件で出会った芙有と夏見は固い友情で結ばれるのだった。亡き夫の復讐に燃える夏見は、瀬上組を中松組と互角に張り合える組織へ拡大しようとする芙有に協力するが、川越会系組長の光石(品川隆二)の裏切りにあい、夏見は乱闘の末光石を射殺しそのまま身を隠してしまう。夏見からの連絡も途絶え、妹分の安否が気にかかった芙有は確たるあてもなく夏見の故郷である美浜へと足を向けた。だがそんな芙有の心配をよそに夏見は仇である中松組々長田所亮次(中尾彬)を射めようとするが、逆に銃弾を浴び息絶えてしまうのだった。それは中松組に丸め込まれた川越会が解散をした直後であった。出所後、中松組におだてあげられていた瀬上は結局自分がただの道化役であったことに気付き、戦争を再開しようとするが、芙有は豊らを連れて組を去って行く。そして夏見の死に決着をつけるべく、芙有は田所を射止めるのだった。


石田ゆり子                        森永奈緒美

哀川翔、石田ゆり子                   中尾彬、岩下志麻

題名:極道の妻たち 最後の戦い
監督:山下耕作
企画:日下部五朗
製作:奈村協、天野和人
原作:家田荘子
脚本:高田宏治
撮影:木村大作
照明:増田悦章
録音:伊藤宏一
整音:荒川輝彦
音効:堀池美夫、栗山日出登
美術:井川徳道
装置:梶谷信男
装飾:極並浩史
背景:西村三郎
衣裳:宮川信男
美粧:田中利男
結髪:山田真左子
擬斗:菅原俊夫
配役:葛原隆康
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:津島利章
現像:東映化学
製作主任:長岡功
製作進行:尾崎隆夫
助監督:鈴木秀雄
監督助手:長岡鉦司、石川一郎
演技事務:藤原勝
撮影補佐:信坂利文
撮影助手:田中勇二、松本嘉通、木子尚久、村上喜代美
照明助手:磯野雅宏、三上日出志、魚住俊哉、矢島俊幸、永坂良一、山口晴弘
録音助手:山口勉、近藤義兼
美術助手:今井高瑞、秋好泰海、後藤雄一郎
編集助手:坂口由美、藤田和延
装置助手:平始 装飾助手:宮村敏正、岩花学
衣装助手:中村恵 結髪助手:生長幸子
スタイリスト:市原みちよ、金丸照美
ヘアメイク:小島大誠(岩下志麻)、早藤みちよ(かたせ梨乃)、村上景子(石田ゆり子)
刺青:毛利清二
スチール:中山健司
出演:岩下志麻、かたせ梨乃、小林稔侍、哀川翔、津川雅彦、石田ゆり子、森永奈緒美、中尾彬、西村和彦、曽根晴美、三上真一郎、平泉成、品川隆二、中村美律子、緒形幹太、浜田晃、須賀不二男、野口貴史
1990年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー116分35mmフィルム
極道の妻たち 最後の戦い -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岩下志麻                      極道の妻たち 最後の戦い