映画「サンダカン八番娼館 望郷」


「サンダカン八番娼館 望郷」栗原小巻

栗原小巻                        田中絹代

今回は熊井啓監督1974年製作「サンダカン八番娼館 望郷」をピックアップする。
本作は、ボルネオの島へと売春の出稼ぎに渡った“からゆきさん”と呼ばれる日本人少女たちの、悲惨な実態を描き、事実の持つ圧倒的な説得力に感嘆する。本作が遺作となった日本映画を代表する女優、田中絹代さんが渾身の演技を魅せてくれる。


高橋洋子                        浜田光夫

【ストリー】
女性史研究家・三谷圭子(栗原小巻)は、今、ボルネオの北端にあるサンダカン市の近代的な街に感慨を込めて佇んでいる。ここは、その昔、からゆきさんが住んでいた娼館の跡であり、サキ(高橋洋子)が現在もそこにいるような錯覚すら覚えるのだった……。圭子とサキの出会いは3年程前になる。からゆきさんの実態を調べていた圭子は、天草を訪ねた時、身なりの貧しい小柄な老婆と偶然めぐりあった。それがサキ(田中絹代)であった。圭子は、サキがからゆきさんであった、との確信を強め、また、サキの優しい人柄にひきつけられ、波瀾に富んだであろう過去を聞き出すために、サキとの共同生活を始めた。やがて、サキはその重い口を徐々に開いて、その過去を語り出した……。サキの父は彼女が4歳の時に世を去り、母は父の兄と再婚した。サキが12歳の時、サンダカンで娼館を経営する太郎造(小沢栄太郎)はサキに外国行きをすすめ、前金300円を渡した。サキはその金を兄・矢須吉(浜田光夫)に送金し、人手に渡った畑を買い戻して幸福な生活をするように願い、村の仲間、ハナ(中川陽子)、ユキヨ(梅沢昌代)と共にサンダカンへと発った。当時のサンダカンは、英領北ボルネオにおける最大の港町で、日本人の経営する娼館が九軒あり、一番館、二番館と名づけられており、太郎造の店は八番館であった。八番館に着いて一年後、サキは客を取るように言い渡された。借金はいつの間にか2,000円にふくれあがり、13歳のサキにその借金の重みがズッシリとのしかかり、地獄のような生活が始った。だが、そんな生活の中にもサキは、ゴム園で働いている竹内秀夫(田中健)との間に芽生えた愛を大切に育てていった。そしてある日、太郎造が急死し、女将のモト(神保共子)はサキたち4人を余三郎(梅野泰靖)に売り渡した。余三郎はサキたちをプノンペンへ連れて行こうとするが、新しく八番館の主人となったおキクの尽力で、サキとフミだけはサンダカンにとどまることになった。おキク(水の江滝子)が主人となってからは、八番館は今までと違って天国のようだった。そして秀夫との愛に酔いしれたサキだったが、ある日突然、秀夫はゴム園の娘との結婚を告げ、サキに別れを告げた。サキの初恋は砂上の楼閣のように、もろくも崩れ去った。数年を経て、おキクはひょっこり現われた余三郎との口論の最中倒れた。おキクはサンダカンで死んだ日本人を弔うために共同墓地を作っていた。おキクを葬ったサキは帰国したが、母は既に死に、兄の矢須吉もサキが外国帰りということで外聞を気にして避けるようになっていた。天草はサキにとって、もはや故郷ではなくなっていた。その後渡満したサキは結婚、男の子を生んだ。だが戦争は夫も財産も奪った。やがて帰国したサキは、息子と京都で暮すが、彼が20歳を過ぎた頃、サキ一人で天草へ帰された。結婚するにはからゆきさんの母親が邪魔になるのだろう……。圭子とサキの生活は3週間続いた。だが、村人は二人への疑惑を燃え上がらせた。圭子がサキの実態を書けば村の醜聞が知れ渡るからだ。圭子は取材を断念するとともに、自らの素姓を明かしてサキに詫びた。だが、サキは圭子を慰め、温い愛情で勇気づけるのだった……。そして今、圭子はジャングルの中でおキクや秀夫の墓を発見した。望郷にかりたてられて死んでいった日本人たち。だが、それらの墓は、祖国・日本に背を向けて立てられていた……。


浜田光夫、高橋洋子               栗原小巻、中谷一郎

題名:サンダカン八番娼館 望郷
監督:熊井啓
製作:佐藤正之、椎野英之
原作:山崎朋子「サンダカン八番娼館- 底辺女性史序章」
脚本:廣澤栄、熊井啓
撮影:金宇満司
照明:椎葉昇
録音:太田六敏
美術:木村威夫
音楽:伊福部昭
編集:中静達治
現像:東洋現像所
製作担当:内山甲子郎
監督補:宮川孝至
助監督:相澤徹
スチール:岩井隆志
出演:栗原小巻、田中絹代、高橋洋子、浜田光夫、中谷一郎、水の江滝子、田中健、岩崎加根子、水原英子、小沢栄太郎、砂塚秀夫、岸輝子、山谷初男、梅野泰靖、菅井きん、藤堂陽子、柳川由紀子、中川陽子、梅沢昌代、神保共子、牧よし子
1974年日本・俳優座映画放送+東宝/スタンダードサイズ・カラー121分35mmフィルム
第25回ベルリン国際映画祭主演女優賞受賞(田中絹代)
サンダカン八番娼館 望郷 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


水の江滝子                       小沢栄太郎

山谷初男                        田中健

栗原小巻、田中絹代                 菅井きん、高橋洋子

映画「不良番長 暴走バギー団」


梅宮辰夫                        菅原文太

今回は内藤誠監督1970年製作「不良番長 暴走バギー団」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第9弾になる。
シリーズ途中から映画の内容を知った女優のマネージャーたちが、地方ロケがあるとビビって女優を出してくれなくなり、本作で主演女優が見つからず、止む無く「見た目は女の子だから分からないだろ」「カルーセルなら誰も手を出さないだろう」とカルーセル麻紀さんを起用したそうだ。カルーセル麻紀さんは「ズバリ脱いであげる。監督さん遠慮なさらないでね」と内藤監督に迫ったが、映倫関係がややこしくなるので、ハードなシーンは撮らなかったという。
(ウィキペディア参照)



谷隼人、山城新伍、梅宮辰夫             カルーセル麻紀

【ストリー】
集団万引事件の犯人に間違えられ、留置所入りしていたカポネ団の面々は、釈放されると、新宿にあるモデル住宅を根城にガセネタのテキヤ商売を始めるが、そこを縄張りとする暴力団拓心会の機ヤリが入って失敗。なんとか再起を計ろうと考えついたのが当られ屋。大日本ムチ打ち協会なるものを設立させ、事故後の補償金をせしめては儲けていたが、五郎(山城新伍)はホンモノのムチ打ちになり入院する始末。この商売にみきりをつけた神坂(梅宮辰夫)は、次に「東都畜犬協会」なるものを設立し、野良犬を集めては血統書付きの名犬に仕立てて、ホステスや奥様族に売りつけてボロ儲けをしていたが、これも拓心会の横車にあってやめざるをえなくなった。ある日、神坂の練鑑時代のダチ公五木勝(菅原文太)が、不動産屋の社員となって、けっこう儲けているのを知ると神坂らは「万博不動産」というこれまたインチキ不動産会社を新設、家のカラ売りをはじめた。そして都下の土地まで手をのばし、宅地造成で大儲けをたくらむが、ここでも拓心会と対立してしま今拓心会々会長で新日本土地の社長でもある二階堂修造(天津敏)は、兄の泰造(八名信夫)と組んで、計画倒産をもくろむマンション投資会社や、五木の会社が造成した別荘地の横取りを計画していた。その上、京子(永原和子)の伯母の土地まで手に入れようとしていたのだ。二階堂兄弟のために、ことごとく仕事の邪魔をされ、相棒のアパッチ(砂塚秀夫)、銀子(カルーセル麻紀)、それに五木の上司市村(上田吉二郎)まで殺されたカポネ団は、ここで一か八かの勝負に挑んだ。バギー車、そしてオートバイに乗り込んだカポネ団は撃音とともに拓心会に殴り込んでいった。


永原和子、植田峻                 藤村有弘、五十嵐じゅん

三原葉子                      八名信夫、天津敏

題名:不良番長 暴走バギー団
監督:内藤誠
企画:矢部恒、吉田達
脚本:松本功、山本英明
撮影:山沢義一
照明:川崎保之丞
録音:内田陽造
美術:北川弘
装置:吉田喜義
装飾:佐藤善昭
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修
音楽:河辺公一 主題歌:梅宮辰夫「ダイナマイト・ロック」「ウッシッシッ節」
現像:東映化学
進行主任:松本可則
助監督:岡本明久
スチール:遠藤努
出演:梅宮辰夫、菅原文太、谷隼人、山城新伍、鈴木ヤスシ、砂塚秀夫、カルーセル麻紀、植田峻、園佳也子、三原葉子、根岸明美、天津敏、八名信夫、中田博久、由利徹、藤村有弘、南利明、玉川良一、殿山泰司、浦辺粂子、五十嵐じゅん、相馬剛三
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
不良番長 暴走バギー団 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


梅宮辰夫                           不良番長 暴走バギー団

映画「殺人狂時代」


仲代達矢                            団令子

今回は岡本喜八監督1966年製作「殺人狂時代」をピックアップする。
本作は日活で企画されていたものだが、中断し撮影には至らなかった。その後、権利を東宝が買い取って、岡本監督が脚本に手直しを加えた上で、1966年にクランクインし完成した。しかし、東宝上層部の判断で公開直前でお蔵入りとなり、翌年に「インディレース・爆走(監督:勅使河原宏)」と併映で公開された。


天本英世                            砂塚秀夫

【ストリー】
犯罪心理学の大学講師桔梗信治(仲代達矢)はある日、驚くべき人物の訪問を受けた。男は「大日本人口調節審議会」の間淵で、信治の命を貰うと言う。しかし、間淵は信治の亡き母のブロンズ像を頭に受けてあっけなく死んだのだが、信治は単身「審議会」に対することになった。この団体は、実は人口調節のために無駄な人間を殺すのが目的で、会長はヒットラーに心酔する精神病院の溝呂木院長(天本英世)、それに元ナテスのブルッケンマイヤー(ブルーノ・ルスケ)が加わっていた。信治は、ブルッケンマイヤーが仕事の手始めとして電話帳から無差別に選んだ一人だったのである。一方、信治には特ダネを狙う記者啓子(団令子)と、コソ泥のビル(砂塚秀夫)が味方についた、啓子の肉体的サービスをおまけに。ところで、信治殺しに失敗した「審議会」は、その後次々と殺し屋をさし向けてきたが、その度に三人の返り討ちにあっていた。溝呂木はブルッケンマイヤーが執拗に信治を狙うのに疑問をもち問い質したところ、信治の背中の傷には戦争中ヒットラーの手から盗まれたダイヤモンド“クレオパトラの涙”が隠されているという。彼は、面子にかけてもと、義眼に毒針を仕込んだ女や、松葉杖からメスを発射する男を繰り出した。一方、信治は平和的武器を頼りに彼らの手を逃れていたが、啓子が捕われたことから危機に陥った。しかし、ビルの助けを得た信治は啓子を救い出し、ついに「審議会」を潰滅したのである。こうして、精神病患者を殺人狂に仕立て上げ、日本の人口を減らそうとした溝呂木たちのファナティックな野望は打ち砕かれたのであった。


仲代達矢、団令子、砂塚秀夫               団令子

題名:殺人狂時代
監督:岡本喜八
製作:田中友幸、角田健一郎
原作:都筑道夫「飢えた遺産」
脚本:小川英、山崎忠昭、岡本喜八
撮影:西垣六郎
照明:西川鶴三
録音:渡会伸
整音:下永尚
美術:阿久根巖
技斗:久世竜
編集:黒岩義民
音楽:佐藤勝
現像:キヌタ・ラボラトリー
製作担当:島田武治
監督助手:渡辺邦彦
スチール:副田正男
出演:仲代達矢、団令子、砂塚秀夫、天本英世、江原達怡、小川安三、富永美沙子、二瓶正也、川口敦子、ブルーノ・ルスケ
1966年日本・東宝/シネスコサイズ・モノクロ99分35mmフィルム
殺人狂時代 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


天本英世、仲代達矢                      殺人狂時代

殺人狂時代

1 2 3 5