映画「鉄砲玉の美学」


渡瀬恒彦                              渡瀬恒彦、杉本美樹

今回は中島貞夫監督1973年製作「鉄砲玉の美学」をピックアップする。
本作は東映東京撮影所のスタッフ、キャストを勢揃いで制作されたA.T.G作品だ。
仁義なき戦い」シリーズの群像劇とは真逆で個人を中心に据え、抗争シーンや大物ヤクザがほとんど出てこず、電話や会話のセリフで済ましているのは、A.T.G予算だという事は分かるが、つまらないのは、脚本が良くないのではないかと思う。
せっかく頭脳警察を使っているのに画が追いついていない。
公開時に新宿のA.T.Gで観たが、印象がない作品だった事を思い出した。


森みつる                                荒木一郎

【ストリー】
関西を拠点にする暴力団・天佑会は南九州への進出を狙い、血気盛んな若いチンピラを鉄砲玉として宮崎へ送り込むことにする。白羽の矢が立てられたのは小池清(渡瀬恒彦)。野心だけは人一倍だが肝心の商売はパッとせず、情婦のトルコ嬢よし子(森みつる)の部屋へ転がり込んでヒモ状態。せびった金で博打を打ってもすってばかりで、挙句の果てには喧嘩して部屋を追い出されてしまった。もはや捨てるもののない清は、鉄砲玉の仕事を一言返事で引き受ける。渡されたのは自由に使える現金100万円とハジキ一丁。本音を言うと緊張で膝も震えんばかりだったが、精いっぱい威張り散らして宮崎の繁華街を暴れまわる。ところが、地元ヤクザからの反撃は全くない。実は九州の暴力団関係者も、既に関西から鉄砲玉が送り込まれたという情報を手にしていたが、暫くは様子見で泳がせておこうということになっていたのだ。そうとは露も知らず、手にした100万円で夜な夜な派手に遊び、女たちからチヤホヤされて上機嫌の清。地元暴力団・南九会の幹部・杉町(小池朝雄)からも手厚くもてなされ、すっかり気分は大物だった。するとある晩、血気走った南九会の若いチンピラ(川谷拓三)に襲われる。報復として相手を殺すことも出来たが、拳銃を手にした清は発砲出来ない。人を殺したことがないということもあるが、それ以上にいきがった小心者の若いチンピラが自分のように思えたのだ。もはや鉄砲玉の役目など忘れてしまった清は、杉町が謝罪のため差し向けた愛人・潤子(杉本美樹)に惚れ込む。権力のある男が好きな潤子も、大物のように振舞う清に興味を示す。使いたい放題の金があって、最高にいかした女と付き合って、これこそ人生ってもんだと有頂天になる清だったが、しかしその頃、関西連合が九州をバックアップすることとなり、天佑会の九州進出も中止。清は用済みになってしまう。そうと知ってすぐさま清を見限り、ホテルから姿を消してしまう潤子。呆然とする清の前によし子が現われ、一緒に逃げようというのだが…。


碧川ジュン、渡瀬恒彦                          川谷拓三

題名:鉄砲玉の美学
監督:中島貞夫
企画:天尾完次
脚本:野上龍雄
撮影:増田敏雄
照明:金子凱美
録音:格畑学
整音:荒川輝彦
美粧:東和美粧
記録:田中美佐
編集:市田勇
音楽:荒木一郎 主題歌:頭脳警察「ふざけるんじゃねえよ」挿入歌「銃を取って叫べ!」
フィルム:富士フィルム
監督助手:依田智臣、服部公男、佐野直樹、佐々木一彦
撮影助手:松井由守、信坂利文
照明助手:井口雅夫、日高継光
出演:渡瀬恒彦、杉本美樹、森みつる、碧川ジュン、小池朝雄、松井康子、荒木一郎、川谷拓三、片桐竜次、城恵美、望月節子
1973年日本・白楊社+ATG/シネスコサイズ・カラー100分35mmフィルム
鉄砲玉の美学 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


杉本美樹                               渡瀬恒彦

映画「恐怖女子高校 女暴力教室」


杉本美樹                           池玲子

今回は鈴木則文監督1972年製作「恐怖女子高校 女暴力教室」をピックアップする。
本作は”恐怖女子高校 シリーズ”第1作で、私は初見であるが、凄い作品を発見してしまったと思う。
今言う”コンプライアンス”なんてものは存在せず、セクハラ・パワハラのオンパレードで時代に挑戦している作品である。
時代を体現した杉本美樹さん、池玲子さんという女優は、好きにならずにはいられない。

【恐怖女子高校シリーズ】
1972年「恐怖女子高校 女暴力教室」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」監督:志村正浩 出演:池玲子、叶優子
1973年「恐怖女子高校 アニマル同級生」監督:志村正浩 出演:池玲子、一の瀕レナ
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


成瀬正孝                         大泉滉

【ストリー】
小高い丘にそびえたつある私立女子高校。“賢き妻となり、愛しき母となろう”をモットーに創設された女子高校。だが実際には、教員は事勿れ主義、学園理事は私利私欲の徒、生徒はズべ公揃い。そして、学園で番長を張る中田迪子(杉本美樹)、彼女に従うプー子(須藤リカ)、メイ子(丘ナオミ)、初枝(碧川ジュン)たちと、澄子(衣麻遼子)をボスとする一派が事あるごとに対立していた。ある日、迪子たちのクラスに、前の高校では総番長だったという尾野崎由紀(池玲子)が転入して来た。ところが由紀は、迪子たちのリンチにもなすがままで、反抗しなかった。そして由紀は特待生の岬洋子(三浦夏子)と親しくなった。一方、澄子は理事長郡大作(金子信雄)の妾絹子の娘で、クラスメートを売春させていたが、学校側では黙認していた。洋子は絹枝(三原葉子)の経営するクラブのホステスとしてアルバイトをしていたが、大作の息子で学園理事の丈夫(名和宏)が洋子に目をつけ、妊娠させてしまった。そこで丈夫は澄子たちをけしかけて洋子に凄絶なリンチを加え、堕胎させた。ショックのあまり洋子は自殺してしまった。迪子たちは、澄子グループを徹底的に痛めつけ、強制堕胎の事実を白状させた。一方、由紀は、好色な丈夫に近づき、郡父子の数々の不正の証拠を握った。由紀には昔、高利貸としての郡の為に両親や兄弟が一家心中に追いつめられ、彼女だけが生き残ったという過去があったのだ。やがて、復讐のため由紀は、迪子たちの協力を得て郡父子を破滅させ、虚偽に満ちた学園を破壊して、自ら揃って退学していくのだった……。


由利徹                           杉本美樹

題名:恐怖女子高校 女暴力教室
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:掛札昌裕、関本郁夫、鈴木則文
撮影:鈴木重平
照明:金子凱美
録音:溝口正義
美術:雨森義允
装置:温井弘司
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
擬斗:三好郁夫
記録:梅津泰子
編集:堀池幸三
音楽:八木正生 主題歌:須藤リカ「女子高生哀歌」
進行主任:長岡功
助監督:志村正浩
演技事務:森村英次
スチール:諸角義雄
出演:杉本美樹、池玲子、三浦夏子、成瀬正孝、衣麻遼子、女屋実和子、須藤リカ、碧川ジュン、金子信雄、名和宏、三原葉子、松井康子、大泉滉、由利徹、岡八郎
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
恐怖女子高校 女暴力教室 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


名和宏、三原葉子、金子信雄                杉本美樹

1 2 3