映画「遊星王子」


遊星王子(梅宮辰夫)                                梅宮辰夫

今回は若林栄二郎監督1959年製作「遊星王子」「遊星王子 恐怖の宇宙船」をピックアップする。
本作は、1958年から1959年に日本テレビ系列で放映された「遊星王子(制作:宣弘社)」の劇場版である。私は「遊星王子」をテレビで見た記憶がないのだが、前シリーズの「月光仮面」は憶えている。1950年代の特撮ものは「プラン9・フロム・アウタースペース」をどうしても思い起こしてしまう。本作と同年に作られた作品だが、”クールなチープさ”が、双方良いのである。俳優陣は理不尽な物語を大真面目で演じている。それがまた良い味になっている。それにしても梅宮辰夫さんが主演とは驚いた。


峰博子                      まぼろし大使(岡譲司)

【ストリー】
銀星から宇宙船でやってきたまぼろし大使(岡譲司)は、テレビを使って日本中に、自分の意図を妨害せぬよう警告した。警官隊や自衛隊の防衛陣は、まぼろし大使が宇宙船から発射する火焔によって、ひとたまりもなく消えてしまった。その時、流星のように飛んできた円盤に乗って現れたのが、日本の平和を愛する遊星王子(梅宮辰夫)だった。日本人の真城博士(明石潮)が発明したロケット燃料を奪おうとするまぼろし大使と、遊星王子の死闘がはじまった。真城博士の息子一郎君(朝見朗)と、その親友で靴みがきのワクさん(梅宮辰夫)に育てられる誠君(小森甲二)と君子ちゃん(都築みどり)の三人は、遊星王子に応援した。王子は一郎君に、もしもの時はボタンを押すように言って小箱をあずけた。ロケット燃料研究を助けている芝崎(成瀬昌彦)という男が、まぼろし大使のロボットにされて妹の幸子さん(峰博子)を悲しませ、そのうえ燃料の秘密書類を盗み出そうとした。またまた大使と遊星王子の死闘がはじまった。だが大使は、博士のロケットに逃げこみ、ロケットは大爆発してしまった。一郎君や誠君の呼び声をあとに、遊星王子の円盤は、平和になった地球を去っていった。

題名:遊星王子
監督:若林栄二郎
企画:園田実彦
原作:伊上勝
脚本:森田新
撮影:飯村雅彦
特撮 : 宝来正三
照明:銀屋謙蔵
録音:広上庄三
美術:中村修一郎
音楽:服部克久 主題歌:大江洋一「遊星王子の歌」
編集:長沢嘉樹
製作主任:西井剛
助監督:佐藤肇
出演:梅宮辰夫、峰博子、神田隆、明石潮、長谷部健、増田順司、岡譲司、山本麟一、織本順吉、都築みどり、朝見朗、小森甲二
1959年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・モノクロ57分35mmフィルム
遊星王子/第1部 遊星王子篇 [3巻セット] [DVD]
2018年6月現在、DVDレンタルはありません。


遊星王子 恐怖の宇宙船

遊星王子(梅宮辰夫)                         まぼろし大使(岡譲司)


ノースアメリカン F-86F セイバー(実機)     都築みどり、梅宮辰夫、小森甲二

【ストリー】
真城博士(明石潮)をはじめとする地球の一流科学者たちを銀星の奇巖城にさらったまぼろし大使(岡譲司)は、彼等を通じて地球に降服を要求してきた。だが地球には、平和と正義を愛する遊星王子(梅宮辰夫)がいた。王子は、いつもはワクさんという靴みがきの姿をして普通の日本人として生活していた。そしてワクさんの姿でいる時には、威力を発揮できないのだった。それを知ったまぼろし大使はワクさんを追った。必死に逃れた彼は、遊星王子に姿をかえて円盤に乗り、ラケット号で逃げようとする大使を追跡した。星雲の間をぬって奇巖城に逃れたまぼろし大使は、巨人(山本麟一)を王子にたち向わせた。巨人を倒し、なおも迫る王子や科学者たちを、大使は鋼鉄室にとじこめた。王子は奇巖城の動力源を射光銃でこわして科学者たちをつれ、ブラケット号で脱出した。奇巖城は一瞬にしてふき飛んでしまった。王子と科学者たちは無事に地球にかえりつくことができた。一郎君(朝見朗)、誠君(小森甲二)、君子ちゃん(都築みどり)たちが一行を迎えた。行方不明になっていたワクさんも、ひょっこりみんなの前に現れるのだった。

題名:遊星王子 恐怖の宇宙船
監督 : 若林栄二郎
企画 : 岡田実彦
脚本 : 森田新
原作 : 伊上勝
撮影 : 飯村雅彦

特撮 : 宝来正三
照明 : 銀屋謙蔵
録音 : 広上庄三
美術 : 中村修一郎
音楽 : 服部克久 主題歌:大江洋一「遊星王子の歌」
編集 : 長沢嘉樹
製作主任:西井剛
助監督 : 佐藤肇
出演:梅宮辰夫、峰博子、神田隆、明石潮、長谷部健、増田順司、岡譲司、織本順吉、山本麟一、都築みどり、朝見朗、小森甲二
1959年日本・東映東京撮影所シネスコサイズ・モノクロ64分35mmフィルム
遊星王子/第1部 遊星王子篇 [3巻セット] [DVD]
2018年6月現在、DVDレンタルはありません。


山本麟一                                                   遊星王子 恐怖の宇宙船

映画「やさぐれ刑事」


原田芳雄                        大谷直子

今回は渡邊祐介監督1976年製作「やさぐれ刑事」をピックアップする。
本作は藤本義一氏の同名小説を映画化したもので、物語の展開が良い作品になっている。70年代の原田芳雄さんの存在感が最も出ている作品ではないかと思う。松竹らしからぬ作風も新鮮だった。


高橋悦史                        清水章吾

【ストリー】
全国制覇をたくらむ関西十文字組の策謀に呼応して、各地で一斉に同系列の暴力団が動き始めた。当然、警察の動きも活発になった。北海道・札幌。暴力団取締りの中心にいた大西警部(神田隆)が殺されるという事件が起きた。犯人は、十文字系列の組の幹部・杉谷(高橋悦史)で、彼はすでに女連れで札幌から姿を消していた。大西警部直属の部下である西野警部補(原田芳雄)は、杉谷を追って北海道の最南端まで辿り着いたが、杉谷は下北半島に渡った後だった。しかも、杉谷と共に逃げているのは西野の妻・真穂(大谷直子)である事が判明した。職務に追われる西野にかまってもらえない妻はいつも寂しい思いをしていた、そこに情報を集めていた杉谷がとり入ったのだ、と西野は思った。西野は杉谷を、妻を、激しく憎んだ。二人を追う決心をした西野は警察を辞めた。法を守っていたのでは二人を追いつめることはできない、刑事でありながら法を破ることはできないからだった。西野の復讐の旅が始った。青森--。西野は真穂と再会した。西野は真穂を犯しながら、十文字組の情報を流すように命じた。相馬--。杉谷の臭いをかいで十文字組の事務所に侵入した西野はチンピラたちがブルー・フィルムに写る真穂の裸身をなめるように見ているのに出くわした。血が逆流する思いの西野は、ガスのコックを全開し、事務所ごと爆破した。東京--。西野は十文字組の背後に、政界に陰然たる影響力を持つ野村昭蔵(大滝秀治)の存在を知り、真穂は野村付きの高級コールガールとしてあてがわれていた。大阪・神戸--。真穂の情報をもとに、西野は十文字組の若衆頭を射殺、3億円にのぼる麻薬を押収した。鹿児島--。西野は十文字組の麻薬ルートの連絡中継点である浅見俊江(赤座美代子)の家を見つけ出した。だが、杉谷は沖縄に麻薬の取り引きに出て留守だった。「杉谷が抱いた女は、すべて犯す」西野は冷たい眼差しで俊江を犯した。遂に杉谷から坊ノ津港に来る、という連絡が入った。西野は杉谷と坊ノ津港の突堤で対峠した。西野のリボルバーが火を吹き、杉谷の眉間をぶち抜いた……。その頃、枕崎のとあるバーで、真穂は涙で頬を濡らしながら客を引いていた。夜目にも白く光る窓外の海、刑事二人に護送される西野は「あいつも可哀想な奴だった」と咳いた。それは、西野の一番愛していた真穂のことにちがいなかった。


絵沢萠子                         大谷直子

「やさぐれ刑事」大谷直子、原田芳雄

「やさぐれ刑事」原田芳雄、絵沢萠子

「やさぐれ刑事」赤座美代子、原田芳雄

題名:やさぐれ刑事
監督:渡邊祐介
企画:松本常保、大志万恭子
製作:猪股尭
原作:藤本義一
脚本:渡邊祐介、国弘威雄
撮影:丸山恵司
照明:三浦礼
録音:鈴木功
調音:小尾幸魚
美術:重田重盛
装置:新映美術工芸
装飾:宗田八郎
衣裳:松竹衣装
擬斗:美山晋八
編集:寺田昭光
音楽:鏑木創
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製作進行:柴田忠
助監督:白木慶二
スチール:石田康男
出演:原田芳雄、大谷直子、高橋悦史、清水章吾、赤座美代子、絵沢萠子、大木実 、大滝秀治、花澤徳衛、佐藤蛾次郎、下川辰平、谷村昌彦、本郷直樹、神田隆、梓ようこ、ひろみどり
1976年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
やさぐれ刑事 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


原田芳雄、大谷直子                   原田芳雄

映画「妖怪百物語」


藤巻潤                      吉田義夫、高田美和

今回は安田公義監督1968年製作「妖怪百物語」をピックアップする。
当時妖怪ブームを巻き起こした作品で、油すまし、ろくろ首、ぬらりひょんなど日本古来の妖怪たちが勢揃いするが、全く怖くない内容だったが、光学合成(オプチカル)処理はレベルが高い。


坪内ミキ子、高田美和                 ルーキー新一

【ストリー】
豪商利右衛門(神田隆)は豊前守(五味龍太郎)や町内の権力者を招き、百物語という怪談の会を催した。これは、怪談がひとつ終るごとに灯をひとつずつ消していくもので、最後の灯が消えたとき妖怪が出ると言われている。そのため、終りには、必ず、つきもの落しのおまじないをすることになっていた。利右衛門は寺社奉行の豊前守と結託して、貸した金のかたに下町の甚兵衛(花布辰男)の長屋を取り壊し、岡場所をつくろうとしていたのだが長屋の人たちの反対にあっていた。そこでこの会を催したのだが、百物語が終っても利右衛門はおまじないもせず、来客に小判の包みを土産にして帰した。異変はすぐに起った。来客はその帰途、“おいてけ堀”の不気味な声におどされ小判はすべて堀の中に吸い込まれていったのだ。一方、忍び込んでいた長屋の浪人安太郎(藤巻潤)は話の終る前に、小判の包みを持ち出して甚兵衛に渡していた。甚兵衛はその金で借金を返したが、利右衛門は甚兵衛を重助に殺させて証文を奮ってしまった。一方、甚兵衛の娘おきく(高田美和)は、好色な豊前守の餌食になりかけていたところを、安太郎に救われた。しかし、長屋は、作業員たちによって取り壊されようとしていた。その時、様々な妖怪が作業員の目にうつり、彼らはおびえて逃げ出してしまった。その知らせに、利右衛門と重助(吉田義夫)は現場に急いだが、甚兵衛を殺した場所から巨大な“大首”が現われ、この妖怪に翻弄されて、二人はお互に相手を刺して死んでしまった。ちょうどその頃、豊前守の家にも妖怪が現われていた。狂ったように妖怪を斬ろうとする豊前守を見ていた安太郎は、寺社奉行の不正の証拠書類をつきつけたが、絶望した豊前守は自害して果てた。安太郎は幕府の目付役だったのだ。


妖怪百物語

題名:妖怪百物語
監督:安田公義
企画:八尋大和
脚本:吉田哲郎
撮影:竹村康和、田中省三
照明:伊藤貞一、美間博
録音:大角正夫
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信、加藤茂
造型:八木正夫、エキスプロダクション
線画:ピー・プロダクション
技斗:楠本栄一
特技監督:黒田義之
特撮:森田富士郎
編集:菅沼完二
音楽:渡辺宙明
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:太田昭和
スチール:小山田輝男
出演:藤巻潤、高田美和、坪内ミキ子、平泉征、ルーキー新一、林家正蔵、吉田義夫、浜村純、神田隆、五味龍太郎、花布辰男
1968年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
妖怪百物語 -DVD販売-
妖怪百物語[DMMレンタル]


妖怪百物語                  坪内ミキ子、藤巻潤、高田美和

1 2 3