映画「ニュージーランドの若大将」

ニュージーランドの若大将ニュージーランドの若大将
ジェシカ・ピータース、加山雄三              酒井和歌子

今回は福田純監督1969年製作「ニュージーランドの若大将」をピックアップする。
本作は、若大将シリーズの第14作(社会人編の第2作)で、前作「フレッシュマン若大将」からは半年後の公開だったが、加山雄三さんの実年齢に近づけるために2年間の海外赴任をしていたという設定で、ニュージーランドとオーストラリアで長期ロケが敢行されたそうだ。

ニュージーランドの若大将ニュージーランドの若大将
田中邦衛                   江原達怡、飯田蝶子、中真千子

【ストリー】
田沼雄一(加山雄三)は2年間のオーストラリアの駐在生活を出勤前にシドニー湾でクルージングするなどエンジョイしていたが、急遽本社の日東自動車からの命令で帰国することになる。帰国早々の空港でライバル会社が出迎えた外国人を追おうとして偶然にニュージーランド産業振興会に勤める森川節子(酒井和歌子)と同じタクシーに乗り合う。節子から当の外国人がニュージーランドの実業家オハラ氏であることを知る。宣伝課に配属された雄一は、藤原課長(藤岡琢也)のもと同期入社の小山(小鹿敦)や大島昌子(岡田可愛)と会社に出入りする大学時代からの悪友で旅行代理店・世界航空社長の青大将こと石山(田中邦衛)らと楽しく再会を祝うのだった。雄一が再び出逢った節子に目をつけた青大将は猛烈にアタックをし始め、雄一にはモデルの朝吹マリ(中山麻里)が言い寄る始末。一方、実家の鋤焼き屋・田能久でも父親(有島一郎)が支店をおろそかにして女性にのめりこんでいることにおばあちゃん(飯田蝶子)や妹と大学時代からの親友の江口の夫婦(中真千子、江原達怡)らは怒り心頭である。そんな折、ニュージーランドでのライバル会社の攻勢に対抗するため雄一は、肉の買い付けのために同行する江口とともにニュージーランドに飛ぶことになった。そんな雄一を追って節子も、また節子について青大将もニュージーランドに赴くのだった。

ニュージーランドの若大将ニュージーランドの若大将
有島一郎、加山雄三                 藤岡琢也、加山雄三

題名:ニュージーランドの若大将
監督:福田純
製作:藤本真澄、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:宇野晋作
照明:佐藤幸次郎
録音:田中信行
整音:下永尚
美術:育野重一
大道具:高橋昭治
小道具:杉本茂、田代昭男、高津幸一
装置:蜷川修治
電飾:山口清
衣裳:田辺城三
結髪:上田美穂子
記録:小林孝子
編集:岩下広一
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「ニュージーランド若大将」「氷河の上を」
現像:東京現像所
製作担当:橋本利明
製作進行:西川紀之
演技事務:衣川一夫
監督助手:大森健次郎
監督助手:橋本幸治、今村一平
撮影助手:伊地智昭亘、五十畑幸勇、中尾成雄、関口芳則
照明助手:荒井定邦、村上修一、兼田晴雄、山口正春、斉藤進、増田勲、三上鴻平、山崎惣一郎
録音助手:大庭弘、金田清俊、川島洋次、里埜厚郎
美術助手:小方一男、本田清方、櫻木晶
宣伝:中須英男
協力:パンアメリカン航空、日産自動車
スチール:橋山直己
出演:加山雄三、酒井和歌子、田中邦衛、有島一郎、江原達怡、佐野周二、藤岡琢也、岡田可愛、小鹿敦、中山麻理、飯田蝶子、中真千子、うつみみどり、なべおさみ、ジェシカ・ピーターズ、コロンビア・トップ・ライト
1969年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー85分35mmフィルム
ニュージーランドの若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ニュージーランドの若大将ニュージーランドの若大将
酒井和歌子                     酒井和歌子、加山雄三

映画「フレッシュマン若大将」



加山雄三                        酒井和歌子

今回は福田純監督1968年製作「フレッシュマン若大将」をピックアップする。
本作は、1969年1月1日に公開された若大将シリーズの第13作になる。
今作より加山雄三さんのキャラクターが学生から社会人になり、社会人編の第1作でもある。恋人役は澄ちゃん(星由里子さん)から節ちゃん(酒井和歌子さん)に代わる。1966年の「レッツゴー!若大将」で酒井和歌子さんがスチュワーデス役で短く登場するが、カメラテストあるいは現場テストだったのだろうかと推測する。


田中邦衛、酒井和歌子                    江原達怡、中真千子

【ストリー】
田沼雄一(加山雄三)は、老人を連れた高木節子(酒井和歌子)にタクシーを譲ったために、日本自動車の就職試験に間にあわなかった。受験を拒否された雄一に話しかけたのは、社長の猪股(藤田進)だった。そこで雄一は、理由も聞かず追いたてた試験官の態度を非難した。それから間もなく、雄一は彼が社長と知ったが後の祭だった。が、猪股は、率直な雄一に好感を持ち、彼を採用した。一方、田沼家では婿養子の江口(江原達怡)が、“田能久”の暖簾を継ぎ、祖母のリキ(飯田蝶子)は大張切りだった。お蔭で、すっかり影のうすれた久太郎(有島一郎)は、うっぷん晴らしにスナック通いに明け暮れるのだった。さて、雄一が配属されたのはサービス課。早速、取引先東西オートの副社長就任祝いに出かけた。ところが、その副社長が落第生の石山(田中邦衛)だったのには驚いた。それから雄一は、日曜毎に自動車の修理工場に通いはじめた。それは整備士の免許をとることと節子に会える楽しみからだった。石山が節子に求婚したのは、そんな折りだった。それからの雄一は、何をやってもヘマばかり、心の動揺はぬぐえなかった。そんなある日、東北オートの得意先、北斗観光の竹内社長(高田稔)が上京した。雄一は、石山と空港に出向いたものの、石山は途中で出会った節子と雲隠れしてしまった。その結果は、さんざんだった。顔を知らない雄一は、お得意先を商売仇にさらわれ途方に暮れてしまった。そこへ、石山が竹内を連れて戻って商取引きは万事順調に運んだ。それから数日、竹内から取引き停止の知らせが東西オートに届いた。日東製の車が、車輌不良による事故を起したというのだ。これに驚いた日東自動車は雄一を、東西車輌は石山を派遣し、不良車の調査に当らせた。事故は、商売仇の陰謀によるものだった。意気揚々と羽田に降り立つ二人。そこで節子は、石山の求婚を断り、雄一と肩を並べて去って行った。


岡田可愛                         草笛光子

題名:フレッシュマン若大将
監督:福田純
製作:藤本真澄、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:逢沢譲
照明:森弘充
特機:藤田昭、高原定
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
美術:本多好文
装置:小川峰雄
装飾:早川信清、秋元和男、高津幸一
衣裳:田辺城三
結髪:中尾さかゑ
技髪:高橋勝三
記録:小林孝子
編集:氷見正久
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「フレッシュマン若大将」「いい娘だから」
製作担当:橋本利明
製作進行:石井幸一
助監督:渡辺邦彦
監督助手:奈良正博、小島不可止
撮影助手:伊地智昭亘、田辺博通、柿沼勝、牧村寿夫
照明助手:佐藤幸次郎、栗山孝三郎、池田泰平、望月英樹、北川忠利、乾勝人、本田弘明、中谷孝正
録音助手:山田守、池田昇
美術助手:小方一男、秋森直美
編集助手:加藤八重子、船沢昌介、宮田稔
演技事務:松尾武勲
製作宣伝:中須英男
スチール:岩井隆志
出演:加山雄三、酒井和歌子、田中邦衛、江原達怡、有島一郎、飯田蝶子、草笛光子、藤木悠、中真千子、岡田可愛、長慶子、高橋紀子、藤岡琢也、藤田進、小泉博、高田稔、左卜全
1968年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
フレッシュマン若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


田中邦衛、藤岡琢也                  藤木悠、加山雄三

長慶子、加山雄三                  酒井和歌子、加山雄三

映画「ハワイの若大将」


加山雄三                        星由里子

今回は福田純監督1963年製作「ハワイの若大将」をピックアップする。
本作は、若大将シリーズの第4作になる。ロケーションは、ハワイ・ワイキキビーチ、ホノルル国際空港、ポリネシアン・センター、アラワイ・ヨットハーバー、カラニアナオレ・ハイウェイ76号線、61号線、ヒルトン・ハワイアンビレッジなどで行われた。1963年8月、劇場公開時の同時上映作品は「マタンゴ」だった。


田中邦衛、ニ瓶正也、加山雄三            上原謙、左卜全

【ストリー】
京南大学ヨット部のキャプテン・若大将こと田沼雄一(加山雄三)は練習中、中里澄子(星由里子)の操るモーターボートに衝突され、ヨットの修理費捻出のためダンス・パーティを計画した。券を売り歩くうち、先輩平岩(中丸忠雄)と同じ化粧品会社の宣伝課に働く澄子と再会する。パーティが盛会だったのは、ヨット部入りを条件に青大将こと石山(田中邦衛)が券を買い占めてくれたからだ。学期末試験の日、雄一は青大将に答案を見せたことがバレて停学処分となり、父親(有島一郎)から勘当された。他方、父新介の指金でハワイの古屋老人に身柄を預けられ同地の大学に入ることになった青大将は、又もやカンニングが露顕して不合格。新介の懇望もだしがたく雄一は青大将をつれ戻すためハワイに向った。だが、青大将は古屋家を飛び出したあと、パスポートと財布を紛失して途方にくれている雄一に、ジェーン上田(ハヌナ節子)が10ドル紙幣を恵んでくれた。化粧品の宣伝のためハワイにきていた澄子と夏子に会い、雄一は地獄の仏の思いだ。翌日から青大将探しにかかり、やっと豪華なヨットにトグロを巻いていることが判った。奇縁にもジェーンの父・上田(上原謙)のヨットであり、彼女は古屋老人(左卜全)の孫娘でもあった。日本へ帰る旅費を作るため、雄一と青大将は古屋老人の経営する食堂で働くが、青大将は、澄子が雄一に心をよせているのに気がつかず夢中になった。そんなある日、澄子は赤まむしと異名をとった赤塚(堺左千夫)とドライブに出かけた。ハイウェイを突ッ走るスポーツカーを、雄一と青大将が追った。


中丸忠雄                        平田昭彦

題名:ハワイの若大将
監督:福田純
製作:藤本真澄、角田健一郎
脚本:笠原良三、田波靖男
撮影:内海正治、西垣六郎
照明:金子光男、西川鶴三
録音:斎藤昭
整音:下永尚
美術:竹中和雄
大道具:大谷益夫
背景:菅道男
衣裳:高畑耕次郎
技髪:山田順二郎
化粧:加瀬満江
編集:藤井良平
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「ハワイの若大将」「ラブリー・フラ・ガール」
現像:東京現像所 合成:泉実
製作担当:成田貫、井上卓之
製作進行:田代秀雄
製作経理:石井幸一
製作宣伝:白石剛敏
助監督:長野卓
監督助手:坂野義光、大森健次郎、松本正志
美術助手:本多好文、大竹久彌、白木勝彦
大道具助手:小川峰雄、坂口隆喜、山崎三郎、市村文雄、柴田馨、萩原昭広、阿久津近雄、斎藤光
協力:パンアメリカン航空
スチール:岩井隆志、秦大三
出演:加山雄三、星由里子、田中邦衛、中真千子、上原謙、飯田蝶子、有島一郎、中丸忠雄、平田昭彦、藤木悠、ニ瓶正也、左卜全、江原達怡、堺左千夫、柳川慶子、ハヌナ節子
1963年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー94分35mmフィルム
ハワイの若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ハワイの若大将                   星由里子、加山雄三

加山雄三                      ハワイの若大将 

1 2