映画「紅蓮華」

紅蓮華紅蓮華
秋吉久美子                      役所広司

今回は渡辺護監督1993年製作「紅蓮華」をピックアップする。
本作はピンク映画界の大御所である渡辺護監督が「冷血(1984年)」)以来の2作目の一般映画である。
田中うめの氏「梅一輪」の原作を映画化したもので、昭和から平成へと一人の女が時代に翻弄されながら理想の愛を追い求めて逞しく生きていった姿を、濡れ場シーンは1カットもなく描いたものだ。同じくピンク映画界の大御所である向井寛監督が1983年に製作した「四畳半色の濡衣」もそうであったが、撮影所のスタジオ・セットを使って構図・美術・照明を無駄なく使っている。

紅蓮華紅蓮華
武田久美子                     河内桃子

【ストリー】
昭和32年冬、中田さくら(秋吉久美子)はいとこの中田健造(役所広司)に求婚した。戦時中、軍人との不幸な結婚をしたが夫は戦死、戦後の動乱をどうにか生き抜き、成長した息子も高校受験の年頃になった今、改めて理想の結婚を求めていた。だが、いとこだったら子供を作らずに愛情ある生活ができると考えたさくらに対し、健造は愛人・洋子(武田久美子)との関係を捨て切れずにいた。新婚早々さくらは結核で倒れるが、それをきっかけに洋子が二人の新婚家庭に闖入してくる。耐え切れなくなったさくらは、健造の弟で言語障害をもつ勇造(倉崎青児)と洋子との結婚を持ちかけるが、健造は彼らの結婚後も洋子との関係を続けた。だがやがて勇造と洋子の間に子供が生まれ、ようやく愛人関係は終わるが、相変わらず健造はさくらに指一本触れようとしないまま17年の月日が過ぎていく。そんな時、健造の心のよりどころだった母・よしの(河内桃子)が死ぬ。自暴自棄になった健造はさくらへの愛に目覚めながらも、自らの死を選んだ。そして昭和が終わり、さくらの母も亡くなった今、さくらは改めて夫・健造のことや自分の生きてきた人生を振り返るのだった。

紅蓮華紅蓮華
役所広司、秋吉久美子                秋吉久美子

題名:紅蓮華
監督:渡辺護
製作:正木誠一
企画:さく良企画
原作:田中うめの「梅一輪」
脚本:沖島勲、佐伯俊道
撮影:鈴木史郎
照明:加藤松作
特機:NK特機
録音:細井正治
音効:渡部健一 リーレコ:中村洋
美術:菊川芳江
装飾:佐々木敬
組付:服部昌織
衣裳:川村優子
スタイリスト:鈴木智子
化粧:内山いほ子、藤原美保、小田久枝
記録:宮本依子
編集:田中修
音楽:渡辺俊幸 主題歌:松原のぶえ「紅蓮華」「愛冠岬のいのり」
撮影機材:日本映樹
現像:東映化学
プロデューサー:半沢浩、尾形充洸
製作担当:市村智保
製作進行:西島豊、益田隆時、森田良彦、中村和夫
演技事務:宮前寿美子
助監督:桜田繁
監督助手:成瀬活雄、桧山剛、広松靖智
色彩計測:阿部喜久雄
撮影助手:渡辺純一、御木茂則、田宮健彦
照明助手:鈴木達也、林信一、、原春男、井上愉斗志、鈴木正義、片桐正史
録音助手:楠本龍巳、横野一氏工、下野溜之
美術助手:吉見邦弘、大浦千鶴子
装飾助手:有村治、高島寿生、阿部智恵、小西和行
編集助手:田中昌江
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
製作協力:フィルム・シティ
スチール:竹内健二、田部井満
出演:秋吉久美子、役所広司、武田久美子、倉崎青児、河内桃子、小倉一郎、小松方正、石井富子、岡田秀樹、逗子とんぼ、稲野和子、吹田明日香
1993年日本・三協映画/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
紅蓮華 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

紅蓮華紅蓮華
秋吉久美子                         紅蓮華

 

映画「バージンブルース」


秋吉久美子                      清水里絵

今回は藤田敏八監督1974年製作「バージンブルース」をピックアップする。
撮影は1974年10月7日~11月9日に行われ11月19日に東洋現像所(現イマジカ)で初号試写、22日から「あばよダチ公」との併映で、全国日活系劇場で公開された。


秋吉久美子、長門裕之                 高岡健二

【ストリー】
お茶の水予備校女子寮生たちは灰色の浪人生活のうっ憤を晴らすため、時折徒党を組んで万引きをやっていた。が、四谷のスーパーマーケットで発覚し、畑まみ(秋吉久美子)と小林ちあき(清水理絵)だけが逃げのびた。寮に帰れず新宿界隈をうろついていた二人に声をかけたのは中年男の平田(長門裕之)だった。彼は脱サラを試みてラーメン屋を始めており、一年前スナックでちあきと知り合い関係を持ったことがあった。平田は二人をラブ・ホテルに誘ったが、バージンのまみが嫌がり、結局は諦めた。やがて二人は寮の近くの中華料理店の店員、橋本誠(高岡健二)の下宿にころがり込んだ後、二人の実家がある岡山に帰る事にした。旅費を平田から借りようとすると、まみの若い魅力に惹かれている平田も一緒に着いていくと言い出した。岡山駅前でまみとちあきは別れたが、平田は照れながらまみに着いて行った。しかしまみの実家にも警察の手が廻っており、やむなく二人は倉敷に行った。倉敷でまみはアングラ劇団をしている幼な友達の秋山正次(林ゆたか)に会った。まみと平田が宿なしだと聞いた正次は、合宿に合流させることにした。まみたちは「禁酒、禁煙、禁交」をモットーとするこの劇団の下働きをすることになった。まみを仲間に入れた正次には魂胆があった。劇場の小屋主は正次が若い女を沢山動かしているのを利用して、やがてストリップをやらせようとしているのだが、正次はそれを逆手に取って魅力あるまみを使い小屋主たちを誘惑し、小屋を乗っ取ろうと企んだのだ。これを知った平田は憤然となり、「俺にはバージンを守る義務があるんだ!」と叫び正次を殴り倒すと飛び出して行った。まみは脱兎の如く平田の後を追った。それから二人だけの旅が始った。そして、海辺のホテルで二人は激しく求めあった。翌朝、平田が目を覚ますとまみの姿が無い。寝巻がキチンとたたまれていた。まみの美しい肌が波打ちぎわで光っている。やがて、その影はまっすぐに、波に逆って沖に向っていく。「まみー」平田の叫ぶ声に、まみがニッコリと片手を上げた。平田の顔が安堵と不安にゆがんだ。波とたわむれるまみ。波打ちぎわを歩く平田……。


秋吉久美子、林ゆたか                  野坂昭如

題名:バージンブルース
監督:藤田敏八
企画:栗林茂
製作:伊藤亮爾
脚本:内田栄一
撮影:安藤庄平
照明:松下文雄
録音:紅谷愃一
美術:横尾嘉良
擬斗:田畑善彦
編集:井上治
音楽:武川行秀、ミッキー吉野 主題歌:野坂昭如「バージンブルース」
現像:東洋現像所
製作担当:青木勝彦
助監督:八巻晶彦
色彩計測:田村輝行
スチール:井上俊康
出演:秋吉久美子、長門裕之、清水里絵、高岡健二、林ゆたか、赤座美代子、多々良純、加藤嘉、吉井亜樹子、田中筆子、白石奈緒美、松井康子、野坂昭如
1974年日本・日活/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
バージンブルース -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤田敏八監督(中央)                  秋吉久美子

映画「八甲田山」


「八甲田山」高倉健

高倉健                          北大路欣也

今回は森谷司郎監督1977年製作「八甲田山」をピックアップする。
本作は、実際に真冬の八甲田山でロケを敢行し、日本映画史上類を見ない過酷なロケとして有名になった。遭難現場は八甲田山北東斜面だが、ロケは八甲田山北西の寒水沢、酸ヶ湯温泉付近や岩城山の長平、奥入瀬などでも行われたそうだ。徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンは、劇場版「八甲田山(169分)」ではカットされたが、それを追加した「八甲田山完全版(171分)」は、映画の公開から5年後に再編集された。


三國連太郎                        緒形拳

【デジタル修復について】
2018年に東京現像所が4K解像度によるデジタル修復を行った。木村大作氏が監修を務め、スキャニングによる高解像度マスターの取得、デジタル補修として傷の消去、光量の補正や空撮シーンの揺れをスタビライザーによる抑制などの改善が行われた。東京現像所によると「35mmフィルムには6K程度の情報量が眠っていると言われ、もともとネガフィルムに記録された情報量が多い為にその情報を十分に発揮出来る」との事だ。昭和52年(1977年)の公開当時、大ヒットした事で、各地の映画館に送るフィルムを何度も焼き付けた為、オリジナルネガに傷も多かった。その傷を物理的に修復した後、各コマを約24万枚のデジタルデータに変換した。


小林桂樹、神山繁                    秋吉久美子

【ストリー】
「冬の八甲田山を歩いてみたいと思わないか」と友田旅団長(島田正吾)から声をかけられた二人の大尉、青森第五連隊の神田(北大路欣也)と弘前第三十一連隊の徳島(高倉健)は全身を硬直させた。日露戦争開戦を目前にした明治34年末。第四旅団指令部での会議で、露軍と戦うためには、雪、寒さについて寒地訓練が必要であると決り、冬の八甲田山がその場所に選ばれた。二人の大尉は責任の重さに慄然とした。雪中行軍は、双方が青森と弘前から出発、八甲田山ですれ違うという大筋で決った。年が明けて1月20日。徳島隊は、わずか27名の編成部隊で弘前を出発。行軍計画は、徳島の意見が全面的に採用され隊員はみな雪になれている者が選ばれた。出発の日、徳島は神田に手紙を書いた。それは、我が隊が危険な状態な場合はぜひ援助を……というものであった。一方、神田大尉も小数精鋭部隊の編成をもうし出たが、大隊長山田少佐(三國連太郎)に拒否され210名という大部隊で青森を出発。神田の用意した案内人を山田がことわり、いつのまにか随行のはずの山田に隊の実権は移っていた。神田の部隊は、低気圧に襲われ、磁石が用をなさなくなり、白い闇の中に方向を失い、次第に隊列は乱れ、狂死するものさえではじめた。一方徳島の部隊は、女案内人を先頭に風のリズムに合わせ、八甲田山に向って快調に進んでいた。体力があるうちに八甲田山へと先をいそいだ神田隊。耐寒訓練をしつつ八甲田山へ向った徳島隊。狂暴な自然を征服しようとする210名、自然と折り合いをつけながら進む27名。しかし八甲田山はそのどちらも拒否するかのように思われた。神田隊は次第にその人数が減りだし、辛うじて命を保った者は50名でしかなかった。しかし、この残った者に対しても雪はとどめなく襲った。神田は、薄れゆく意識の中で徳島に逢いたいと思った。27日、徳島隊はついに八甲田に入った。天と地が咆え狂う凄まじさの中で、神田大尉の従卒の遺体を発見。神田隊の遭難は疑う余地はなかった。徳島は、吹雪きの中で永遠の眠りにつく神田と再会。その唇から一筋の血。それは、気力をふりしぼって舌を噛んで果てたものと思われた。全身凍りつくような徳島隊の者もやっとのことで神田隊の救助隊に救われた。第五連隊の生存者は山田少佐以下12名。のちに山田少佐は拳銃自殺。徳島隊は全員生還。しかし、2年後の日露戦争で、全員が戦死。


栗原小巻                         八甲田山

題名:八甲田山
監督:森谷司郎
企画:吉成孝昌、佐藤正之、馬場和夫、川鍋兼男
製作:橋本忍、野村芳太郎、田中友幸
原作:新田次郎「八甲田山死の彷徨」
脚本:橋本忍
撮影:木村大作
照明:高島利雄(セット)、大澤暉男(ロケーション)
特機:三沢一義
録音:吉田庄太郎
美術:阿久根巖
装飾:滋野清美、大光寺康
大道具:西田忠光
衣裳:長島重夫
美粧:高橋勝三
記録:米山久江
編集:池田美千子、竹村重吾
音楽:芥川也寸志
現像:東洋現像所
撮影機材:パナビジョン
製作担当:小山孝和
製作進行:三島巌、久保井修
助監督:神山征二郎、橋本信吾、永井正夫、桃沢裕幸
撮影助手:加藤雄大、岸本正弘、信坂利文、野村俊祐
照明助手:小山勲
録音助手:田中進
美術助手:小方一男
編集助手:竹村重吾、糸賀美保
スチール:藤巻健二
出演:高倉健、北大路欣也、加山雄三、三國連太郎、緒形拳、丹波哲郎、栗原小巻、加賀まりこ、秋吉久美子、小林桂樹、島田正吾、大滝秀治、藤岡琢也、前田吟、神山繁、森田健作、東野英心、下絛アトム、加藤嘉、花澤徳衛、山谷初男、菅井きん、田崎潤、浜田晃、加藤健一、江幡連、高山浩平、安永憲司、樋浦勉、広瀬昌助、早田文次、吉村道夫、渡会洋幸、金尾鉄夫、古川義範、荒木貞一、芦沢洋三、山西道宏、蔵一彦、新克利、海原俊介、堀礼文、森川利一、浜田宏昭、玉川伊佐男、竜崎勝、江角英明、井上博一、佐久間宏則、伊藤敏孝、石井明人、船橋三郎、丹古母鬼馬二、青木卓、永妻旭、大竹まこと
1977年日本・橋本プロダクション+東宝映画+シナノ企画/シネスコサイズ・カラー公開版169分完全版171分35mmフィルム
八甲田山 特別愛蔵版 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三國連太郎                        八甲田山


撮影:木村大作氏 監督:森谷司郎氏 脚本:橋本忍氏
八甲田山

1 2 3