映画「野良猫ロック 暴走集団’71」


「野良猫ロック 暴走集団’71」梶芽衣子

梶芽衣子                                                                   范文雀

今回は藤田敏八監督1970年製作「野良猫ロック 暴走集団’71」をピックアップする。
シリーズ最終作である本作は、これまでの野良猫ロックとは違う内容である。主演の梶芽衣子さん(振り子)が叛逆に絡まず受動的に描かれているのが残念だった。それにしても1970年の新宿西口の空地が多い事に、懐かしさを通り越して驚きだった。

【野良猫ロックシリーズ】
1970年「女番長 野良猫ロック」監督:長谷部安春/出演:和田アキ子、梶芽衣子
1970年「野良猫ロック ワイルド・ジャンボ」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、范文雀
1970年「野良猫ロック セックス・ハンター」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、安岡力也
1970年「野良猫ロック マシンアニマル」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、范文雀、黒沢のり子
1970年「野良猫ロック 暴走集団’71」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、原田芳雄、藤竜也(※公開は1971年)


「野良猫ロック 暴走集団’71」梶芽衣子

藤竜也、原田芳雄                                                       地井武男

【ストリー】
新宿のある公園の芝生に、寝袋で眠るユーモラスな集団があった。この集団はピラニア(原田芳雄)をリーダー格に、レモン(司美智子)、シンコ(青木伸子)、振り子(梶芽衣子)、隆明(地井武男)、マッポ(藤竜也)などがメンバーの、新宿をさすらう陽気で奇抜なフーテンたちだった。振り子と隆明が、早起きしてじゃれあっているところへ、真っ黒なミリタリールックに身をかためた黒い親衛隊ブラックSSの5人組が突然現われた。このブラックSSは、地方の町のボスで隆明の父親でもある荒木義太郎(稲葉義男)が、家出をした隆明を連れ戻すために差し向けたものだった。抵抗した隆明は、はずみでSSの一人(安岡力也)を刺し殺したが強引に連れていかれてしまった。振り子は隆明を庇うため殺人の罪を被り、鑑別所に入れられてしまったが、隆明会いたさに仲間と脱走し、隆明のいる町へと向った。一方、ピラニアたちも振り子を守るため、町へと出発した。町へたどり着いた振り子は、SSに捕えられ、荒木邸の地下室に閉じこめられてしまった。これを嗅ぎつけたピラニアたちは、振り子を救い出すために、町外れの無人別荘にアジトを構えた。しかし、荒木を始めとする町の住人たちが、異様なフーテン集団を見逃すはずがなく、一体となってピラニアたちを攻撃し始めた。隆明も一旦は父親の荒療治に変心したものの、振り子への愛が再び甦り、振り子と共に荒木邸を脱出し、ピラニアたちが立て籠もる荒れ果てた鉱山へと向った。やがて、町ぐるみの荒木対ピラニアたちの壮烈な銃撃戦が始まる。降服しようとした隆明は総統(郷鍈治 )に射殺され、駆け寄った振り子もまた、銃弾に倒れた。ダイナマイトを手にしたピラニアが総統に抱きつき、自爆、荒木もそれに巻き込まれて死んだ。生き残ったフーテンたちはダイナマイトを投げつけ町の住人を追い払う。やがて、鉱山は静寂さを取り戻した。


「野良猫ロック 暴走集団’71」モップス

藤木孝、郷鍈治                   戸浦六宏、 稲葉義男

題名:野良猫ロック 暴走集団’71
監督:藤田敏八
企画:佐々木志郎
製作:笹井英男、岩澤道夫、真下武雄
脚本:永原秀一、浅井達也
撮影:萩原憲治
照明:大西美津男
録音:杉崎喬
美術:千葉和彦
擬斗:渡井喜久雄
編集:丹治睦夫
音楽:玉木宏樹
現像:東洋現像所
製作担当:坂田則正
助監督:岡田裕
色彩計測:前田米造
スチール:浅石靖
出演:梶芽衣子、原田芳雄、藤竜也、范文雀、地井武男、司美智子、久万里由香、郷鍈治、藤木孝、戸浦六宏、稲葉義男、安岡力也、常田富士男、青木伸子、夏夕介、堺正章、モップス
1970年日本・ホリ企画制作+日活/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
野良猫ロック 暴走集団’71-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


野良猫ロック 暴走集団’71                梶芽衣子、原田芳雄

野良猫ロック 暴走集団’71

映画「忍ぶ川」



栗原小巻                        加藤剛

今回は熊井啓監督1972年製作「忍ぶ川」をピックアップする。
熊井監督が病気療養中に原作を読み1966年にシナリオを書きあげ、吉永小百合さん主演、日活での制作を企画するが、ヌードシーンなどの懸念で吉永さんの両親の反対があり、さらに日活自身がロマンポルノに転換して頓挫する。熊井監督は長い闘病生活のあと日活を退社してから東宝と俳優座の提携制作が11年を経て決まり、栗原小巻さんが志乃役に起用され、結果として成功した。
(ウィキペディア参照)


加藤剛、栗原小巻                   井川比佐志

【ストリー】
哲郎(加藤剛)と志乃(栗原小巻)は料亭“忍ぶ川”で知りあった。哲郎は“忍ぶ川”の看板娘だった志乃に、初めての合った時から惹かれ、“忍ぶ川”に通うようになった。ある夜、話が深川のことに及んだ時、志乃は、私の生まれた土地で、もう8年も行っていないと言う。哲郎は志乃を誘い、薮入りの日に深川を案内することになった。志乃は洲崎パラダイスにある射的屋の娘で、父は郭(信欣三)では“当り矢のせんせ”と呼ばれていが、志乃が12歳の時、戦争で一家は栃木へ移住したのだ。やがて志乃だけが、弟や妹たちをおいて東京に働きに出ていたのである。深川から帰った夜、哲郎は志乃に手紙を書いた。「今日、深川で言いそびれた私の兄弟のことを、ここに記します。私は六人兄弟の末っ子です・・・」哲郎には兄が二人、姉が三人いて、上の姉二人は自殺、長兄は失踪、次兄はしっかりもので、哲郎を大学へ入れてくれたが、3年前に自分で木材会社を設立するという名目で逐電していた。一番最初に次姉が自殺した日が、よりによって哲郎の6才の誕生日だったため、それ以来彼は誕生日を祝ったことがない。哲郎の身の上を打ち明けた手紙に、志乃からの返事が来た。「来月の誕生日には私にお祝いさせて下さい。」7月末、志乃に婚約者(滝田裕介)がいることを知らされた哲郎が志乃に問いただすと、婚約はしたけれど、気はすすまず、栃木の父も反対しているという。哲郎は志乃に、その人のことは破談にしてくれ、そして、お父さんにあんたの好みにあいそうな結婚の相手ができたと、いってやってくれと言うのだった。秋の終わり、志乃の父の容態が急変した。志乃からひと目、父に会ってくれとことづかった哲郎は、急ぎ栃木の志乃の元へ--。「いたらぬものですが、志乃のことはなにぶんよろしゅうお願い申します」といい残し志乃の父は死んだ。その年の大晦日、哲郎は志乃を連れて故郷へ帰って来た。体の悪い父(永田靖)、老いた母(瀧花久子)、そして目の不自由な姉(岩崎加根子)、残された哲郎の家族は皆、志乃を気に入ってくれた。そうしてあくる二日、哲郎の家族だけで哲郎と志乃の結婚式があげられた。初夜。馬橇の鈴のさえた音に、二人は裸のまま、一枚の丹前にくるまり、馬橇の通りすぎるのをいつまでも見ていた……。翌朝、新婚旅行に近くの温泉へ向かう汽車の中から志乃は「見える、見える、あたしのうち!」と子供のようにはしゃぐのだった。


信欣三                       栗原小巻、加藤剛

山口果林                         忍ぶ川

岩崎加根子                       滝田裕介

題名:忍ぶ川
監督:熊井啓
製作:佐藤正之、椎野英之
原作:三浦哲郎
脚本:長谷部慶次、熊井啓
撮影:黒田清巳
照明:岡本健一
録音:太田六敏
音効:東洋音響効果
美術:木村威夫
美粧:井上静枝
衣裳:東京衣装
記録:吉田榮子
編集:井上治、丹治光代
音楽:松村禎三
現像:キヌタラボラトリー
製作担当:森園忠
製作進行:藤澤穆
監督補佐:宮川孝至
助監督:佐川功
演出助手:森川一雄、相澤徹、鈴木光義、稲田直也
撮影助手:高尾義照、西條正、金徳哲
照明助手:佐澤仁郎、前田基男、尾村厚
美術助手:佐久間聡、上田文雄
演技事務:入澤清
製作宣伝:本間宏
題字:加茂牛道人
録音スタジオ:櫂の会
協力:米沢市役所、米沢新聞社
スチール:岩井隆志
出演:栗原小巻、加藤剛、永田靖、信欣三、岩崎加根子、滝花久子、稲葉義男、滝田裕介、井川比佐志、可知靖之、山口果林、菅井きん、木村俊恵、片山まゆみ、阿部百合子、鹿野浩四郎、大西加代子
1972年日本・東宝+俳優座/スタンダードサイズ・モノクロ120分35mmフィルム
忍ぶ川 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


瀧花久子、永田靖、岩崎加根子、加藤剛、栗原小巻       加藤剛、栗原小巻

加藤剛、栗原小巻

映画「蜘蛛巣城」


三船敏郎                         山田五十鈴

今回は黒澤明監督1956年製作「蜘蛛巣城」をピックアップする。
シェイクスピアの戯曲『マクベス』を日本の戦国時代に置き換えた内容の本作は、製作日数・製作費共に破格のスケールで作られ、1957年1月15日に劇場公開された。富士山の2合目・太郎坊の火山灰地に、蜘蛛巣城の巨大なセットを建設し、城の内側は東宝撮影所近くの農場にオープンセットを組み、室内は所内でスタジオ撮影をしたそうだ。


三船敏郎、千秋実                     志村喬

【ストリー】
戦国時代、難攻不落を誇る蜘蛛巣城の城内では城主都築国春(佐々木孝丸)を中に軍師小田倉則保(志村喬)ら諸将が北の館藤巻の謀叛に遭い籠城の覚悟を決めていた。その時、使者が駆込み、一の砦の鷲津武時(三船敏郎)と二の砦の三木義明(千秋実)が敵を破ったと報じた。主家の危急を救った武時と義明は主君に召され蜘蛛巣城に帰るべく城の前にある蜘蛛手の森に入った。ところが道に迷い雷鳴の中を森を抜け出そうと進むうち二人は一軒の小屋を見つけた。小屋の中から老婆(浪花千栄子)が現れた。驚く二人に老婆は「武時は北の館の主に、やがて蜘蛛巣城の城主になり、義明は一の砦の大将に、また義明の子はやがて蜘蛛巣城の城主になる」と不思議な予言をした。その夜、武時は北の館の主に、義明は一の砦の大将に任ぜられた。武時の妻浅茅(山田五十鈴)は冷い女。義明が森の予言を国春に洩らしたら一大事と、夫に国春を殺し城主になれと唆かす。悪魔のような囁きに武時は動揺するが、遂に国春を刺し蜘蛛巣城の城主となる。子のない武時は、予言に従いやがて義明の子義照を世継ぎにしようと考えた。ところが栄華の欲望にとりつかれた浅茅に反対され更に彼女が懐妊を告げて再び唆かすと武時は義明を討った。主君と親友を殺した武時は良心の呵責に半狂乱となり城中にも不安が漲った。大嵐の夜、浅茅は死産し重態に陥った。と、その時、一の砦から使者が来て、武時の手を逃れた国春の一子国丸(太刀川洋一)を奉じて小田倉則保と義明の子義照(久保明)が大将となって城に押寄せたと告げた。凶報相次ぐ蜘蛛巣城内の部将たちは戦意も喪失したが武時は、ふと森の老婆を思い出し武運を占わせようと蜘蛛手の森に駈け入った。老婆が現われ、「蜘蛛手の森が動き城へ押寄せぬ限り武時は敗れぬ」と再び予言した。狂喜した武時は城に帰った。が将兵は依然不安に戦き浅茅は遂に発狂した。時も時、城内に叫びが起った。蜘蛛手の森が城に押寄せたというのだ。軍兵たちは武時に裏切者の声を浴びせ、恐怖のうち矢を射られ城から転落した。蜘蛛巣城に朝日が輝いた。動く森と見えたのは全軍木の枝で擬装した則保の軍勢であった。


浪花千栄子                        三船敏郎

題名:蜘蛛巣城
監督:黒澤明
製作:黒澤明、本木荘二郎
原作:ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」
脚本:小国英雄、橋本忍、菊島隆三、黒澤明
撮影:中井朝一
照明:岸田九一郎
録音:矢野口文雄
音効:三縄一郎
特殊技術:円谷英二、東宝特殊技術部
美術:村木与四郎 美術考証:江崎孝坪
小道具:浜村幸一
衣裳:森太樹
結髪:松本好子
美髪:山田順二郎
記録:野上照代
編集:黒澤明
音楽:佐藤勝
現像:東宝現像所
製作担当:根津博
チーフ助監督:野長瀬三摩地
監督助手:清水勝弥、田実泰良、金子敏治、佐野健、坂野義光
撮影助手:斎藤孝雄、梁井潤
照明助手:羽田昭三
録音助手:上原正直
美術助手:本多好文
経理担当:橋本活道
スチール:副田正男
流鏑馬指導:金子家教(大日本弓馬会藩士)
出演:三船敏郎、山田五十鈴、志村喬、千秋実、久保明、太刀川洋一、浪花千栄子、佐々木孝丸、上田吉二郎、藤木悠、土屋嘉男、稲葉義男、井上昭文、小池朝雄、木村功、宮口精二、中村伸郎
1956年日本・東宝/スタンダートサイズ・モノクロ110分35mmフィルム
蜘蛛巣城 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三船敏郎                         蜘蛛巣城

1 2