映画「しなの川」


由美かおる                           岡田裕介

今回は野村芳太郎監督1973年製作「しなの川」をピックアップする。
由美かおるさんの瑞々しいヌードは話題になった本作は、昭和初期の信濃川を舞台に、名家の娘の波乱に満ちた愛の遍歴と彼女に思いを寄せる丁稚青年の心情を綴った内容だ。


仲雅美、由美かおる                    仲谷昇

【ストリー】
昭和3年、信濃川上流の山間集落に小作人の倅として育った朝田竜吉(仲雅美)は、十日町の高野家に丁稚奉公することになった。17歳の時だった。気苦労の多い丁稚生活の中で、竜吉の安らぎは、高野家の一人娘で女学校3年の雪絵(由美かおる)の美しい存在だった。ある日、雪絵は母(岩崎加根子)が13年前、番頭と駆落ちしたということを知った。問いつめても黙っている父(仲谷昇)に業を煮やした雪絵は、衝動的に竜吉を土蔵に引き入れ激しいキスを交わした。番頭の辰之助(山本豊三)の進言で、雪絵は長岡の女学校に転校することになった。雪絵は出発前に自分のすべてを竜吉に与えようとして二人は土蔵に入った、が、一足先に土蔵に入った竜吉は、中で雪絵の父と辰之助が男同志で抱き合っている姿を見た。雪絵が入ろうとするのを止めた竜吉は、雪絵には口が裂けても、このことは言うまいと誓うのだった。昭和5年、転校した雪絵は、情熱的な左翼シンパの国語教師・沖島雄介(岡田裕介)に急速に接近した。校長に呼び出された父は、雪絵を十日町へ連れ帰った。沖島は、結婚を申し込みに十日町まで来たが、父は即座に拒否した。沖島と雪絵は駆落ちした。その二人の姿を遠くで見ていた竜吉は、雪絵との思い出の写真を信濃川に捨てた。沖島と雪絵は刑事に捕わり、沖島は父のいる伊豆へ、雪絵は十日町へと強引に帰らせられた。途中、再び逃げた雪絵は伊豆へ行った。激情の中で抱き合う二人、雪絵は処女を捧げた。しかし、雪絵は何故か、沖島から離れて行く自分を感じていた。何事もなかったかのように十日町に帰って来た雪絵は、高野家が金融恐慌のため莫大な借金を背負っていることを知った。夏祭りの夜、雪絵と竜吉は再会した。「死にたい」雪絵が呟いた。「お嬢さんが死ぬなら私も死にます……」雪絵の頬に涙が流れ、二人は信濃川に身を投げた。が、幸か不幸か助けられた……。雪絵の青春は終りかけていた。塩沢の大きな買いつぎ店に政略結婚同様に嫁いだ。彼女の花嫁行列を、じっと見送る一人の青年がいた。単身満州へ渡ろうとする旅姿の竜吉だった。


岩崎加根子                          由美かおる、岡田裕介

題名:しなの川
監督:野村芳太郎
企画:西野皓三
製作:樋口清
原作:岡崎英夫、上村一夫
脚本:ジェームス三木、野村芳太郎
撮影:川又昂
照明:小林松太郎
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
美術:重田重盛
装置:川添膳治
装飾:印南昇
衣装:松竹衣装
衣装考証:柳生悦子
編集:太田和夫
音楽:富田勲 主題歌:由美かおる「しなの川」
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡博史
製作進行:柴田忠
助監督:大江英夫
スチール:長谷川宗平
出演:由美かおる、仲雅美、岡田裕介、仲谷昇、岩崎加根子、加藤嘉、財津一郎、穂積隆信、山本豊三、浦辺粂子、進千賀子、佐々木孝丸
1973年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
しなの川 -あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


由美かおる                              しなの川

映画「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」


池玲子                         杉本美樹

今回は鈴木則文監督1972年製作「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」をピックアップする。
本作は、女番長(スケバン)シリーズ第2作目になる。
温泉みみず芸者」で主演デビューした池玲子さんが、巨乳を惜しげもなく披露する東映ポルノ・アクションである。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


風間千代子                       小山明子

【ストリー】
ナオミ(渡辺やよい)、知子(杉本美樹)、軽子(潤まり子)、お良(東映子)、悦子(岡邦子)ら5人の団員を指揮する京都パール団の女番長真紀(池玲子)は、愚連隊の荒木(荒木一郎)と手を組んで修学旅行売春、枕捜しなとで盛り場一帯を荒しまわり、その名を京都中に轟かせていた。ところが、大阪を根城とするズべ公グループ黒百合会が京都に勢力を伸ばしてきたため、両派の激突が相次いで起こり始めた。真紀は黒百合会の番長ユリ(風間千代子)とグループの運命を賭けて勝負するが、レーサーを夢みる栄三(宮内洋)の仲裁で一時引き分ける。栄三はユリの幼友達だったのだ。数日後、真紀達は好色坊主玄海を(由利徹)たらし込んで数百万円を捲き上げるが、地元の暴力団黒地組にバレてしまう。黒地租は牝犬狩りを実施して一大売春組織を作る計画をたてていたのだ。パール団と黒百合会の決戦で真紀に敗れたユリは、栄三の心が真紀に傾いたと誤解して黒地組に接近、黒地(小池朝雄)の情婦となってパール団と対抗しようとした。黒地組は、時をうつさず黒百合会を解散させ、いやがる団員をコールガールに仕立てあげていった。また黒地組にのりうつった一郎がパール団の根城をバラしたため真紀たちにも魔手がしのびより、真紀は軟禁されてしまう。その頃、栄三の兄貴分で今は一流レーサーとして名をあげている宮原明(梅宮辰夫)は、栄三を東京に連れ戻すために京都にやってきた。しかし、栄三は真紀、ユリの二人の身を案じてか、東京行をやめるのだった。一方、挙銃ブローカー宮内(穂積隆信)らの取引きに、黒地は、真紀を求うことを条件に、栄三を利用しようとする。これが黒地の罠とも知らず、真紀を求うために仕事を引きうけてしまった栄三は、影山たちのむごいリンチを受け、右目を失明、レーサーへの夢は断念しなければならなくなってしまう。また黒地組にあやつられていたユリは自分のあやまちに目をさまし、傷ついた真紀を救出し、脱走をくわだてる。しかし計画は発覚し、ユリは影山に殺されてしまう。翌日、ユリの助力で脱出に成功した真紀は、ユリが犠牲になって殺されたことを知ると、ズベ公の意地を見せるため、単身、黒地組に殴り込みをかけるのだった。


梅宮辰夫、宮内洋                   小池朝雄

岡八郎、荒木一郎                 山城新伍、由利徹

題名:女番長ブルース 牝蜂の挑戦
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:皆川隆之、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:北口光三郎
録音:荒川輝彦
美術:吉村晃
装置:近藤幸一
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:高安彦司
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:八田富子「女番長ブルース」
製作主任:俵坂孝宏
助監督:皆川隆之
演技事務:森村英次
スチール:杉本昭三
出演:池玲子、小山明子、宮内洋、風間千代子、渡辺やよい、杉本美樹、女屋実和子、潤まり子、小池朝雄、荒木一郎、岡八郎、由利徹、山城新伍、穂積隆信、梅宮辰夫、東映子、岡邦子
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
女番長ブルース 牝蜂の挑戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」池玲子

「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」池玲子

「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」池玲子

女番長ブルース 牝蜂の挑戦                             宮内洋、風間千代子

映画「必殺仕掛人」


田宮二郎                      高橋幸治、田宮二郎、山村聰

今回は渡邊祐介監督1973年製作「必殺仕掛人」をピックアップする。
本作は、1972年9月から1973年4月まで朝日放送と松竹京都撮影所で制作された人気テレビ映画(16mm)「必殺仕掛人(全33話)」を映画化したものだ。藤枝梅安役は、テレビ版の緒形拳さんから田宮二郎さんが映画第1作で演じている。その後1973年に映画版「必殺仕掛人 梅安蟻地獄」1974年「必殺仕掛人 春雪仕掛針」で再び藤枝梅安役を緒形拳さんが演じている。


川地民夫、野際陽子                    森次晃嗣

【ストリー】
鍼医者・藤枝梅安(田宮二郎)は、仕掛人の元締・音羽屋半右衛門(山村聡)から前金二十五両と引換えに日本橋蝋燭問屋・辻屋文吉の後添いお照(川崎あかね)を殺した。お照は、盗っ人稼業駿府の音蔵の娘で、音蔵が乾分の徳次郎(浜田寅彦)に殺された後は、孫八(川地民夫)と組んで悪事を重ねていた。その上、老い先短い文吉(穂積隆信)をたぶらかして後妻に入り込み辻屋の身代を狙っていた。文吉がお照の仕掛を依頼したのもそのためであった。翌日、梅安は血の匂いを消すため、今では梅安の助っ人となっている徳次郎を連れて甲州へ旅立った。二人の後を、梅安のお照殺しを目撃していた孫八が尾けていた。その夜、徳次郎は裏切者として孫八に殺された。仕掛人西村左内(高橋幸治)は研師を稼業としていたが、その喧嘩さばきを買われて、八丁堀同心峯山又十郎(室田日出男)から町方同心になることをすすめられていた。ただし、与力、組頭への手土産として三十両が必要だという。だが、それは又十郎の地位利用のユスリタカリだった。街はずれの私娼宿の女将・お吉(野際陽子)は、上野界隈を縄張りとする香具師・三の松の平十(河村憲一郎)の妾だが、今では平十の乾分になっている孫八とも深い仲であった。やがて、病弱な平十は、度々難癖つけてユスっていた又十郎の殺しを音羽屋に依頼して息を引き取った。平十の弟分・聖天の大五郎(三津田健)もあらためて又十郎殺しと、そしてお吉の仕掛を依頼した。音羽屋は、又十郎を左内に、お吉の仕掛を梅安に命じた。左内の大刀が一閃した。又十郎は愛妾の絶叫を聞きながら死んでいった。一方、梅安は、お吉と孫八が情欲の後、熟睡している時を狙って殺した。平十の遺児・為吉(森次晃嗣)は、お吉、孫八、又十郎と邪魔者が亡くなって平十の縄張りを継いだ。ところが、大五郎はかねてからの計画通りに、為吉を殺し、縄張りを手中にした。だが、大五郎に利用されたと知った音羽屋は、大五郎を許さなかった。音羽屋の白扇の柄からスッと抜かれた細い刃が一閃した……。数日後、音羽屋、梅安、左内が酒を交わしていた。そして、梅安が淋しそうに言った。「あのお吉の目が、おふくろの目にそっくりだったんですよ……。」


野際陽子                                                                  浜田寅彦

題名:必殺仕掛人
監督:渡邊祐介
製作:織田明
原作:池波正太郎
脚本:安倍徹郎、渡邊祐介
撮影:小杉正雄
照明:佐久間丈彦
録音:中村寛
調音:小尾幸魚
美術:森田郷平、佐藤之俊
装置:小島勝男
装飾:宗田八郎
衣裳:松竹衣装
かつら:八木かつら店
刺青:北島一男
擬斗:湯浅謙太郎
編集:寺田昭光
音楽:鏑木創 主題曲「荒野の果てに」
現像:東映化学
製作主任:峰順一
製作進行:柴田忠
助監督:白木慶二
スチール:長谷川宗平
出演:田宮二郎、高橋幸治、山村聰、野際陽子、川地民夫、津坂匡章(秋野太作)、森次晃嗣、浜田寅彦、三津田健、室田日出男、谷村昌彦、穂積隆信、川崎あかね
1973年日本・松竹京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
必殺仕掛人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高橋幸治、室田日出                   必殺仕掛人

1 2 3 4