映画「黒の奔流」


「黒の奔流」岡田茉莉子

岡田茉莉子                       山崎努

今回は渡邊祐介監督1972年製作「黒の奔流」をピックアップする。
本作は、松本清張氏の推理小説「種族同盟」を映画化したものだ。先が読める筋立てだったが、山崎努さんと岡田茉莉子さんの上質な芝居にエンドロールまで安心して観れる作品だある。


松坂慶子、松村達雄                  谷口香、山崎努

【ストリー】
ある殺人事件の裁判が始まった。事件とは多摩川渓谷の旅館の女中、貝塚藤江(岡田茉莉子)がなじみの客(穂積隆信)を崖から突き落した、というのである。しかし藤江はあくまでも無罪を主張した、が、状況的には彼女の有罪を裏付けるものばかりだった。この弁護を担当したのが矢野武(山崎努)である。矢野はこの勝ち目の薄い事件を無罪に出来たら一躍有名になり、前から狙っている弁護士会々長・若宮正道(松村達雄)の娘朋子(松坂慶子)をものにできるかもしれない、という目算があったのである。弁護は難行したが、藤江に有利な新しい証人が現われ、矢野は見事、無罪判決を勝ら取る。そして矢野の思惑通り、マスコミに騒がれるとともに、若宮と朋子の祝福を受け、若宮は朋子の結婚相手に矢野を選ぶのだった。一方、藤江を自分の事務所で勤めさせていた矢野は、ある晩、藤江を抱いた。藤江は今では矢野への感謝の気持ちが思慕へと変っていたのである。やがて藤江は矢野が朋子と結婚するということを知った。藤江が朋子のことを失野に問いただすと、矢野は冷たく「僕が君と結婚すると思っていたわけではないだろうね」と言い放ち、去ろうとした。そこで藤江は、あの事件の真犯人は彼女であること、もし矢野が別れるなら裁判所へ行って全てを白状すると逆に矢野を脅迫する。矢野は憔悴の夜を送った。藤江はやりかねない。それは矢野の滅亡を意味する。やがて矢野は藤江に対して殺意をいだく。翌日、矢野は藤江に詫びを入れ、旅行に誘うと、藤江は涙ながらに喜び、数日後、富士の見える西湖畔に二人は宿をとった。藤江は幸福だった。翌朝、矢野は藤江を釣に誘った。人気のない霧の湖上を二人を乗せたボートが沖へ向った。矢野が舟を止めると矢野の殺意には既に気が付いていたと藤江がつぶやいた。矢野は舟底のコックを抜いた、奔流のように水が舟に入って来る。矢野が脱出しようとした瞬間、藤江の体が矢野の上にのしかかり、矢野の悲鳴が上った。「先生を誰にも渡さない!」藤江の頬には止めどなく涙が流れた。折りしも流れて来た濃い霧の中に慟哭とともにボートと藤江と矢野の姿は消えていった。


佐藤慶                          黒の奔流

題名:黒の奔流
監督:渡邊祐介
製作:猪股尭
原作:松本清張「種族同盟」
脚本:國弘威雄、渡邊祐介
撮影:小杉正雄
照明:佐久間丈彦
録音:中村寛
調音:小尾幸魚
美術:森田郷平
装置:森勇
装飾:宗田八郎
衣裳:松竹衣裳
編集:寺田昭光
音楽:渡辺宙明
現像:東映化学 オプチカル合成:石川智弘
製作主任:峰順一
製作進行:柴田忠
助監督:白木慶二
スチール:金田正
出演:岡田茉莉子、山崎努、松坂慶子、谷口香、佐藤慶、松村達雄、中村伸郎、穂積隆信、玉川伊佐男、菅井きん、谷村昌彦、高木信夫
1972年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
黒の奔流 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山崎努                       岡田茉莉子、山崎努

映画「白昼堂々」

白昼堂々白昼堂々
渥美清                        藤岡琢也

今回は野村芳太郎監督1968年製作「白昼堂々」をピックアップする。
本作はコメディと言うより人情劇になっているのは、名俳優達の心に残る演技が深みを持たせ、多くの登場人物が見事に描き分けられた演出が冴える作品だ。群像劇は散漫になりがちな作品が多いが、本作は例外である。

白昼堂々白昼堂々
倍賞千恵子                      生田悦子

【ストリー】
ワタ勝こと渡辺勝次(渥美清)は、名の通ったスリだった。しかし、敏腕なスリ係の刑事森沢(有島一郎)の説得もあり、堅気になって九州の炭坑で働いていた。ワタ勝は間もなくヤマがつぶれたのを機会に、仲間を集めてスリの集団組織をつくり上げたのだ。ワタ勝は東京のデパートに狙いをつけ、大仕掛けな万引きをやる計画を立てた。東京に向ったワタ勝は、盗品をさばくために昔のスリ仲間銀三(藤岡琢也)を口説いた。銀三は更生してデパートの警備員となり、女房の春子(三原葉子)は小さいながら洋品店を営んでいた。銀三は一人娘桃子(大貫泰子)のためにも、ワタ勝の誘いを断るべきだと思いながら、ついに自分の洋品店で盗品を捌くことになった。知恵者の銀三が仲間に加わったことで、万引集団の成果はうなぎ上りに上昇した。それも高級洋品の布地を一巻ごと万引きするという大掛りなものだった。東京、大阪、京都、北海道と、ワタ勝たちは全国を仕事場にしていたが、危なくなると九州のボタ山集落へ帰るという具合に、機動的である。デパート側が警備を強化しても、結局はワタ勝たちの素早さにかなわなかった。仲間が捕まると、専門の弁護士坂下(フランキー堺)に処理させるという具合。ある日、絶世の美人スリよし子(倍賞千恵子)が仲間に加わった。スリの鬼ワタ勝も彼女にはぞっこんまいり、見かねた銀三のとりもちでめでたく結婚した。一方、銀三やワタ勝がすっかり足を洗っていたものとばかり思っていた森沢は、万引集団が二人の手になるものと知って烈火の如く憤り、着々と捜査の輪をせばめていた。そんな時、ワタ勝は仲間があちこちで捕まり、しかも、よし子が仲間四人と名古屋で捕まったと知ってガックリした。盗品の捌きもストックがふえ出し、坂下が弁護料を大幅に値上げしてきている時でもあった。思いあまったワタ勝はデパートの売り上げ金二億円を奪うという、途方もない作戦を立てたのだ。デパートの警備員をやめた銀三は、その手助けは断ったがやはりなにかと援助するのだった。しかし、この計画は九分九厘まで成功しながら、森沢の炯眼の前に、あえなく潰えてしまった。銀三とワタ勝は逮捕された。しかし、二人ともくよくよしなかった。ワタ勝はよし子の手紙を読みながら、刑期の終るのを待っている。

白昼堂々白昼堂々
有島一郎                     フランキー堺

題名:白昼堂々
監督:野村芳太郎
製作:杉崎重美
原作:結城昌治
脚本:野村芳太郎、吉田剛
撮影:川又昂
照明:三浦礼
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
美術:梅田千代夫
編集:浜村義康
音楽:林光
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡博史
助監督:吉田剛
スチール:長谷川宗平
出演:渥美清、倍賞千恵子、藤岡琢也、有島一郎、生田悦子、田中邦衛、新克利、フランキー堺、穂積隆信、高橋とよ、三遊亭歌奴、コント55号、大貫泰子、桜京美
1968年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー81分35mmフィルム
あの頃映画 「白昼堂々」 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

白昼堂々白昼堂々
コント55号                    渥美清、藤岡琢也

映画「宇宙大怪獣ギララ」


宇宙大怪獣ギララ

和崎俊也                      ペギー・ニール

今回は二本松嘉瑞監督1967年製作「宇宙大怪獣ギララ」をピックアップする。
当時の日本映画界は、東宝が円谷英二氏の下で「ゴジラシリーズ」、大映が「ガメラシリーズ」が大ヒットしていた。これらに遅れて日活が「大巨獣ガッパ」を製作してから松竹が製作した唯一の怪獣映画が本作である。
国もこの怪獣ブームを背景に、海外で売れる怪獣映画での外貨獲得を目的に融資を行った。本作は「社団法人・映画輸出振興協会」による輸出映画産業振興金融措置の融資(1億5,000万円)を受けて製作されたそうだ。


岡田英次                      原田糸子

【ストリー】
19××年。日本宇宙局FAFCの誘導で火星ロケットを打ち上げた。それはAFC所長加藤博士(岡田英次)やバーマン博士(フランツ・グルーベル)の努力によるものだったが、佐野機長(和崎俊哉)の下にリーザ(ペギー・ニール)、宮本(柳沢真一)、それに塩田(園井啓介)などのベテランを乗せた宇宙船は、無事月ステーションに到着。しかし、月を離れて間もなく宇宙船は事故を起し、地球に戻った。エンジンに正体不明の発光胞子が付着していたのである。ところが、ある日この発光体が高圧電気や原子エネルギーを栄養源として、巨大な怪獣に成長したため、日本は大騒動になってしまった。怪獣はギララと名づけられ、早速、対策本部がつくられたが、陸、海、空による攻撃にもかかわらずギララは爆破エネルギーを吸収してますます巨大化し、さらに原子エネルギーを求めて都市を破壊していったのである。そしてギララは、次第に東海村の原子力発電所に近づいていった。一方、いかなる兵器もギララに効果はないと知って、宇宙開発局は科学物質を利用することを考えていた。宇宙空間に浮遊するギララニュームという物質が、ギララの細胞を破壊することが分ったのである。すぐさまギララニューム採取のため、佐野は再びリーザや宮本を伴って月に向った。そこを基地にギララニュームを採取した佐野が戻った時、火の玉怪獣と化したギララは、東京で暴れ回っていた。しかし、さしものギララもギララニュームの前に最期を遂げたのであった。が、広大な宇宙空間には人智を越える新事態が、これからも起こるだろうと考える佐野は、科学者としての決意をさらに固めるのだった。


宇宙大怪獣ギララ

題名:宇宙大怪獣ギララ
監督:二本松嘉瑞
特技監督:池田博
製作:島田昭彦
脚本:元持栄美、石田守良、二本松嘉瑞
撮影:平瀬静雄、大越千虎
照明:津吹正、高橋利文
美術:重田重盛
録音:中村寛
調音:松本隆司
編集:杉原よ志
音楽:いずみたく 主題歌:「ギララのロック」歌:ボニージャックス 「月と星のバラード」歌:倍賞千恵子
製作主任:内藤誠
製作進行:萩原辰雄
助監督:白木慶二
現像:東洋現像所
スチール:梶本一三、金田正
出演:和崎俊也、原田糸子、岡田英次、柳沢真一、園井啓介、ペギー・ニール、フランツ・グルーベル、穂積隆信、藤岡弘
1967年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
宇宙大怪獣ギララ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


宇宙大怪獣ギララ

1 2 3 4