映画「鬼畜」


岩下志麻

今回は野村芳太郎監督1978年製作「鬼畜」をピックアップする。
本作は松本清張氏の原作を映画化したもので、昭和32年にあった事件を基にしているそうだ。愛人に生ませた子供3人を一人ずつ始末していく夫婦の鬼畜に走る姿を、ベテラン俳優達が鬼気迫る演技で魅せてくれる。
現在でも子供への虐待事件は後を絶たないが、こういう事件は昔からあったのだ。本作は親子の複雑な心情までを深く掘り下げて描いている。


緒形拳                       岩下志麻

小川真由美

【ストリー】
竹下宗吉(緒形拳)と妻、お梅(岩下志麻)は川越市で印刷屋を開いていた。宗吉は小金が貯ったところで、鳥料理屋の菊代(小川真由美)を囲い七年間に三人の隠し子を作った。おりあしく、火事と大印刷店攻勢で商売は凋落した。手当を貰えなくなった菊代は、利一(六歳)良子(四歳)庄二(一歳半)を連れて宗吉の家に怒鳴り込んだ。菊代はお梅と口論した挙句、三人を宗吉に押しつけて蒸発した。お梅は子供達と宗吉に当り散らし、地獄の日々が始まった。そして、末の庄二が栄養失調で衰弱した。ある日、寝ている庄二の顔の上にシートが故意か偶然か、被さって死んだ。シートのあった位置からお梅の仕業と思い乍ら宗吉は口に出せない。「あんたも一つ気が楽になったね」お梅の言葉にゾーッとする宗吉だが、心中、ひそかな安らぎをも覚えるのだ。その夜、二人は久しぶりに燃え、共通の罪悪感に余計、昂ぶった。その後、宗吉は良子を東京タワーへ連れて行き、置き去りにして逃げ帰った。長男の利一には「よそで預かって貰った」といい訳した。お梅は利一を一番嫌っている。兄弟思いで利口な利一の白目がちな目が、お梅夫婦のたくらみを見抜いているようだ。何日か後、宗吉は、こだま号によろこぶ利一をのせ、北陸海岸に連れて行った。断崖上の草原で蝶採りに遊び疲れ眠りこけた利一を宗吉は崖下に放り出した。翌朝、沖の船が絶壁の途中に引掛っている利一を発見、かすり傷程度で助けだした。警察の調べに利一は父親と遊びにきて、眠っているうちに落ちたと云い張った。名前、住所、親のことや身許の手がかりになることは一切いわなかった。しかし警察は利一の服のメーカーのマークが全部切りとられていたことから、事故ではなく、利一は突き落とした誰かをかばっていると判断した。利一の黙秘に警察はお手上げになった時、偶然、入ってきた名刺屋が、利一の持っていた小石に注目した。利一が“いしけりの石”と話すそれは、石版用の石で、インキをこすれば、消えた版が再現できるかもしれない。警察の捜査が開始された。移送されてきた宗吉が警察で親子の対面をした。「坊やのお父さんだね?」警官の問いに利一が激しく拒否した。「よその人だよ、知らないよ、父ちゃんじゃないよッ」手錠がかかった手を合掌するように上げて、涙を流して絶叫する宗吉の声が部屋いっぱいに響いた。「利一ッ……かんべんしてくれ!」


岩下志麻                    岩下志麻、緒形拳

鈴木瑞穂、大竹しのぶ               蟹江敬三

題名:鬼畜
監督:野村芳太郎
製作:野村芳太郎、野村芳樹
原作:松本清張
脚本:井手雅人
撮影:川又昂
照明:小林松太郎
録音:山本忠彦
調音:松本隆司
美術:森田郷平
装置:横手輝雄
装飾:磯崎昇
編集:太田和夫
音楽:芥川也寸志
撮影機材:パナビジョン
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡博史
製作補佐:吉岡博史
製作進行:小松護
助監督:松原信吾
スチール:長谷川宗平
出演:岩下志麻、緒形拳、小川真由美、鈴木瑞穂、蟹江敬三、加藤嘉、浜村純、三谷昇、山谷初男、穂積隆信、大竹しのぶ、大滝秀治、田中邦衛、岩瀬浩規、吉沢美幸、石井旬
1978年日本・松竹/ビスタサイズ・カラー110分35mmフィルム
鬼畜 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緒形拳、大滝秀治                  田中邦衛、緒形拳

映画「ゼロの焦点」

ゼロの焦点
高千穂ひづる、久我美子
ゼロの焦点ゼロの焦点
久我美子                      有馬稲子

今回は野村芳太郎監督1961年製作「ゼロの焦点」をピックアップする。
松本清張氏原作の本作は、北陸地方を舞台に、太平洋戦争直後に端を発する時代の傷痕が生んだ連続殺人事件を描いたものだが2009年に犬童一心監督(出演:広末涼子、中谷美紀)でリメイクされた。
本作を観て確信を持った事がある。1970年代から今に於いても作り続けているテレビサスペンスドラマで、必ず犯人が断崖絶壁で事件の真相を告白して結末を迎えるというステロタイプのパターンは、本作のラストシーンの焼き増しである。視聴率があるから何の懐疑もなく粗製乱造する安物の映像=ビデオで撮ったテレビドラマとはそんなものだ。
本作は映画として脚本が良いだけでなく、シャープな演出、重厚なモノクロトーン、引き込まれる芝居 …. 優秀な作品である事は間違いない。今のテレビドラマを見る時間があれば、例えDVDでも特に邦画は1960年代の作品を観るべきだと思った。

ゼロの焦点ゼロの焦点
南原宏治、高千穂ひづる               西村晃

【ストリー】
禎子(久我美子)は新婚七日目に、社用で金沢へ旅立つ夫・鵜原憲一(南原宏治)を上野駅まで送っていった。それが、禎子が夫の姿を見た最後になってしまった。憲一はある広告社の金沢出張所長だったが、結婚を機会に東京本社に栄転となり、今度は後任の本多と事務引継ぎをするための金沢行きだった。予定の十二日をすぎても憲一は帰ってこなかった。十一日の夜金沢を発ったということなのに。会社で憲一の同僚(穂積隆信)を事情調査に金沢へ派遣することになったので、禎子も同行することにした。
しかし、憲一が金沢在任中に暮らしていたはずの下宿の所在さえ分らなかった。憲一が親しかったという室田耐火煉瓦の社長室田(加藤嘉)を訪ねた。室田も、夫人の佐知子(高千穂ひづる)も禎子を慰めてくれるだけで憲一の失踪については心当りがないという。手がかりが掴めないので、禎子は一旦帰京した。後のことは義兄の宗太郎(西村晃)が金沢へ来たので任せることにした。禎子は憲一が広告社に勤める前に一年半ほど立川署の巡査をしていたのを知った。憲一が風紀係としてパンパンの取締りに当っていたのも分った。禎子にはすべて初耳だった。金沢にいた宗太郎が死んだ。青酸カリ致死量による中毒だった。禎子はこの事件が憲一の失踪に関係があると思った。犯人がパンパン風の女だということは、憲一が風紀係だったことに結びつく。禎子は室田の会社を訪ねた時、受付にいた女がパンパン独特の癖のある英語を使っていたことを思い出した。室田の会社へ行ったが、その女田沼久子(有馬稲子)は三日ばかり前から休んでいるということだった。久子には曽根益三郎という内縁の夫があったが、十二月十二日に死亡しているという。憲一が失踪した日だった。曽根の生前の住所は能登の高浜町であった。禎子は高浜の町へ赴いた。曽根とは他ならない憲一であった。憲一は佐知子の秘密を握っているために殺されたのだった。佐知子は憲一が風紀係をしていた頃パンパンをやっていたのだ。今は名士となった彼女は、秘密を知る憲一を、秘密をかぎつけた宗太郎を殺したのである。禎子と佐知子は能登金剛の断崖で対決した--。

ゼロの焦点
能登金剛の断崖
ゼロの焦点
加藤嘉、高千穂ひづる、久我美子

題名:ゼロの焦点
監督:野村芳太郎
企画:若槻繁
製作:保住一之助
原作:松本清張
脚本:橋本忍、山田洋次
撮影:川又昂
照明:佐藤勇
録音:栗田周十郎
整音:堀川修造
美術:宇野耕司
装置:山本金太郎
装飾:宗田八郎
衣装:長嶋勇治
編集:浜村義康
音楽:芥川也寸志
製作主任:池田善徳
制作進行:沼尾鈞
監督助手:杉岡次郎
撮影助手:坂巻佐平
照明助手:高橋利丈
録音助手:小林英雄
スチール:小尾健彦
出演:久我美子、高千穂ひづる、有馬稲子、南原宏治、西村晃、沢村貞子、加藤嘉、永井達郎、桜むつ子、穂積隆信、十朱久雄、織田政雄、佐々木孝丸、高橋とよ
1961年日本・松竹/シネスコサイズ・モノクロ95分35mmフィルム
ゼロの焦点-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ゼロの焦点ゼロの焦点
久我美子、沢村貞子

映画「砂の器」

砂の器砂の器
丹波哲郎                    丹波哲郎、森田健作

今回は野村芳太郎監督1974年製作「砂の器」をピックアップする。
本作は、東宝での製作を内定とていたが、松竹が1973年に設立された橋本プロダクションと製作費をと折半する事でクランクインしたそうだ。撮影は、1973年の冬から1974年の初秋まで約10カ月間、原作に登場する蒲田や出雲地方以外にも阿寒湖、竜飛崎、北茨城など日本各地で行われた大作である。

「ハンセン病患者を父に持つ本浦秀夫は、戦後の混乱に乗じて身元を偽造し、和賀英良になり替わる事に成功する。苦労して手に入れた現在の地位を守るた めに、自身の正体を知る恩人の三木謙一を殺害した。しかし嘘で作り上げた彼の栄光は脆くも崩れて行く。まるで砂で作った器のように。」

本作はハンセン病への偏見と差別という社会問題を背景にしたサスペンスドラマだが、事件の解明が日本の四季折々の風景と交響曲「宿命」の演奏を織り交ぜながら描かれ、逃れられない父子の宿命を観客の心情に訴えかける。原作の松本清張氏は、クライマックスの構成を「小説では表現できない」と語り、自身の原作映画の中でも1番良いと絶賛したそうだ。

砂の器砂の器
加藤剛                        森田健作

【追記・訃報】
俳優の加藤剛(かとう・ごう、本名たけし)さんが2018年6月18日に死去していたことが7月8日、分かった。80歳。静岡県出身。俳優座を拠点に、映画やドラマで活躍した。関係者によれば、葬儀・告別式は既に家族葬で執り行い、後日お別れの会を営む。昭和の名優がまた1人逝った。早稲田大学文学部演劇科で学び、4年時の1960年に20倍の難関を突破して俳優座の養成所入り。1962年にTBSドラマ「人間の条件」で主人公の梶を演じて一躍注目を集めた。1964年に養成所を卒業して俳優座の座員となり、翌1965年1月に安部公房作の「お前にも罪がある」で舞台デビュー。知性あふれる二枚目ぶりは映画界やドラマ界からも注目され、野村芳太郎監督の「五辯の椿」(1964年)や小林正樹監督の「上意討ち・拝領妻始末」(1967年)に出演。平幹二朗さん、長門勇さんと共演したフジ「三匹の侍」では見事な剣さばきで魅了した。以降も多くの映画、ドラマに出演。映画は熊井啓監督の「忍ぶ川」()1972年や和賀英良を演じた野村監督「砂の器」(1974年)で存在感を示した。とりわけ、過去のあるピアニスト和賀英良を演じた「砂の器」は日本映画史にも残る名作として名高い。

映画「羅生門」や「砂の器」などの名作を手がけた戦後の日本映画界を代表する脚本家の橋本忍氏が2018年7月19日に東京都内の自宅で死去した(享年100歳)。橋本忍氏は脚本家で映画監督の伊丹万作に師事。1950年の「羅生門」で、黒澤明監督との共同脚本でデビューした。この後も、黒澤監督らとの共同脚本で、「生きる」「七人の侍」など数々の黒澤作品に携わった。1973年には橋本プロを設立。製作者、脚本家として「砂の器」「八甲田山」など日本映画史に残る大ヒット作を次々に送り出し、他に、松本清張原作の「張込み」「日本のいちばん長い日」「日本沈没」など。手がけた映画の脚本は数十本に及ぶ。

【ストリー】
6月24日早朝、国鉄蒲田操車場構内に扼殺死体が発見された。被害者の年齢は50~60歳だが、その身許が分らず、捜査は難航をきわめた。警視庁の今西栄 太郎刑事(丹波哲郎)と、西蒲田署の吉村正刑事(森田健作)らの必死の聞き込みによって、前夜、蒲田駅前のバーで被害者と酒を飲んでいた若い男が重要参考 人として浮かび上った。そしてバーのホステスたちの証言で、二人の間に強い東北なまりで交わされていた“カメダ”という言葉に注目された。カメダ……人の 姓の連想から東北各県より六十四名の亀田姓が洗い出されたが、その該当者はなかった。しかし、今西は「秋田県・亀田」という土地名を洗い、吉村とともに亀 田に飛ぶが、手がかりは発見できなかった。その帰途、二人は列車の中で音楽家の和賀英良(加藤剛)に逢った。和賀は公演旅行の帰りらしく、優れた才能を秘 めたその風貌が印象的だった。8月4日、西蒲田署の捜査本部は解散、以後は警視庁の継続捜査に移った。その夜、中央線塩山付近で夜行列車から一人の女が白 い紙吹雪を窓外に散らしていた。その女、高木理恵子(島田陽子)を「紙吹雪の女」と題し旅の紀行文として紹介した新聞記事が、迷宮入りで苛だっていた吉村 の触角にふれた。窓外に散らしていたのは、紙なのか? 布切れではなかったか? 早速吉村は、銀座のクラブに理恵子を訪ね、その事を尋ねるが、彼女は席を はずしたまま現われなかった。だが、その店に和賀英良が客として現われた。和賀英良。和賀は音楽界で最も期待されている現代音楽家で、現在「宿命」という 大交響楽の創作に取り組んでいる。そしてマスコミでは、前大蔵大臣の令嬢田所佐知子(山口果林)との結婚が噂されている。八月九日。被害者の息子が警視庁 に現われた。だが被害者三木謙一(緒形拳)の住所は、捜査陣の予測とはまるで方角違いの岡山県江見町で、被害者の知人にも付近の土地にもカメダは存在しな い。しかしそれも今西の執念が事態を変えた。彼は調査により島根県の出雲地方に、東北弁との類似が見られ、その地方に「亀嵩」(カメダケ)なる地名を発見 したのだ。なまった出雲弁ではこれが「カメダ」に聞こえる。そして三木謙一はかつて、そこで二十年間、巡査生活をしていたのだ……。

砂の器砂の器
島田陽子                       山口果林

今西は勇躍、亀嵩へ飛んだ。そして三木と親友だった桐原老人(笠智衆)の記憶から何かを聞きだそうとした。一方、吉村は山梨県塩山付近の線路添いを猟犬のように這い廻って、ついに“紙吹雪”を発見した。それは紙切れではなく布切れで、被害者と同じ血液反応があった。その頃、とある粗末なアパートに理恵子と愛人の和賀がいた。妊娠した彼女は、子供を生ませて欲しいと哀願するが、和賀は冷たく拒否するのだった。和賀は今、佐知子との結婚によって、上流社会へ一歩を踏み出す貴重な時期だったのだ。一方、今西は被害者が犯人と会う前の足跡を調査しているうちに、妙に心にひっかかる事があった。それは三木が伊勢の映画館へ二日続けて行っており、その直後に帰宅予定を変更して急に東京へ出かけているのだ。そして、その映画館を訪ねた今西は重大なヒントを得た……。

砂の器砂の器
殿山泰司、丹波哲郎                   笠智衆

本庁に戻った今西に、亀嵩の桐原老人から三木の在職中の出来事を詳細に綴った報告書が届いていた。その中で特に目を引いたのは、三木があわれな乞食の父子 を世話し、親を病院に入れた後、引き取った子をわが子のように養育していた、という事だった。その乞食、本浦千代吉の本籍地・石川県江沼郡大畑村へ、そし て一転、和賀英良の本籍地・大阪市浪速区恵比寿町へ、今西は駆けめぐる。今や、彼の頭には、石川県の片田舎を追われ、流浪の旅の末、山陰亀嵩で三木巡査に 育てられ、昭和十九年に失踪した本浦秀夫と、大阪の恵比寿町の和賀自転車店の小僧で、戦災死した店主夫婦の戸籍を、戦後の混乱期に創り直し、和賀英良を名 乗り成人した、天才音楽家のプロフィルが、鮮やかにダブル・イメージとして焼きついていた。理恵子が路上で流産し、手当てが遅れて死亡した。そして、和賀 を尾行していた吉村は理恵子のアパートをつきとめ、彼女こそ“紙吹雪の女”であることを確認した。今や、事件のネガとポジは完全に重なり合った。伊勢参拝 を終えた三木謙一は、同地の映画館にあった写真で思いがけず発見した本浦秀夫=和賀英良に逢うべく上京したが、和賀にとって三木は、自分の生いたちと、父 との関係を知っている忌わしい人物だったのである。和賀英良に逮捕状が請求された。彼の全人生を叩きつけた大交響曲「宿命」が、日本音楽界の注目の中に、 巨大なホールを満員にしての発表の、丁度その日だった。

砂の器砂の器
緒形拳

題名:砂の器
監督:野村芳太郎
企画:川鍋兼男
製作:橋本忍、佐藤正之、三嶋与四治
原作:松本清張
脚本:橋本忍、山田洋次
撮影:川又昂
照明:小林松太郎
録音:山本忠彦
調音:吉田庄太郎
音効:福島幸雄
美術:森田郷平
装置:若林六郎
装飾:磯崎昇
衣裳:松竹衣裳
編集:太田和夫
音楽:芥川也寸志 作曲・ピアノ演奏:菅野光亮 指揮:熊谷弘 演奏・特別出演:東京交響楽団
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡博史
製作補佐:杉崎重美
製作進行:長嶋勇治
監督助手:熊谷勲
スチール:金田正
出演:丹波哲郎、加藤剛、森田健作、島田陽子、山口果林、加藤嘉、春田和秀、笠智衆、夏純子、松山省二、春川ますみ、穂積隆信、山谷初男、佐分利信、緒形拳、渥美清、殿山泰司
1974年日本・松竹+橋本プロダクション/シネスコサイズ・カラー143分35mmフィルム
砂の器 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

砂の器砂の器
春田和秀、加藤嘉

1 2 3 4